オリックス銀行カードローン

オリックスクレジットカードローンの特徴と融資までの流れ、毎月の返済額について

オリックスクレジットカードローンは多くの方に選択されています。その中でもオリックスVIPローンカードの人気は高まっており、しかも素晴らしい特徴が多くあるのです。

今回は、オリックスVIPローンカードの利用前に把握しておくべき情報を網羅します。どのような特徴があるローンなのでしょうか。金利や限度額情報といった基礎的な情報についても紹介します。

カードローンの利用を考えている方は、オリックスVIPローンカードの利用をこの機会に考えてみませんか。

続きを読む

オリックス銀行カードローンは基本的に学生申し込み不可です

学生の方でも、一人暮らしの生活費が足りなくなったり、急な飲み会や旅行に誘われたり、一時的にお金が必要になることはあると思います。

お金に困ったときにスピーディーに融資してもらえるのがオリックス銀行カードローン。学生さんも、オリックス銀行カードローンが気になっているのではないでしょうか?しかし、残念ながら、オリックス銀行カードローンでは、学生の利用はできません。

ここでは、学生がカードローンを利用する上で注意しておきたいことについてまとめています。これからお金を借りようと考えている学生さんは、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

オリックス銀行カードローンの契約時に送られてくる郵送物について

急にお金が必要になったとき、手軽に借りられるカードローンは便利です。けれど、カードローンでお金を借りるのはやっぱり恥ずかしいし、家族には内緒にしたいという人も多いのではないでしょうか?

カードローンを申し込んだ後で、自宅に郵送物が送られてくるようなことがあれば、借金したことが家族にバレてしまう可能性があります。ですから、カードローン申込み前には、どんな郵送物が送られてくるのかを確認しておきましょう。

ここでは、オリックス銀行カードローンの郵送物を例に、カードローンの郵送物についてまとめています。

続きを読む

オリックス銀行カードローンで完済後に解約する方法とデメリット

オリックス銀行カードローンに申し込みをし、お金を借りて返済を続けていたけれど、今はもう完済しているという人もいると思います。

カードローンで借りたお金を完済しても、自動的に解約にはなりません。オリックス銀行カードローンでも、解約するには申し出して手続きをとる必要があります。

ここでは、オリックス銀行カードローンを例に、金融機関におけるカードローンの解約方法について説明します。

続きを読む

オリックス銀行カードローンで主婦が借入できる条件とは?

毎日家計をやりくりしている主婦だからこそ、急にお金が必要になることもあると思います。お金に困ったときに頼りになるのがキャッシングです。

オリックス銀行カードローンは低金利で借りられると評判のカードローン。コンビニ提携ATMをはじめとした提携ATMを手数料無料で利用できるなど利便性も高くなっています。

ここでは、オリックス銀行カードローンを主婦が利用する場合の注意や、専業主婦がカードローンの審査に通る基準について見ていきたいと思います。

続きを読む

オリックス銀行カードローンの返済額を増やし一括返済を目指すには

業界最低水準の低金利で借りられるオリックス銀行カードローンは、お金に困ったときに頼りになるカードローンです。低金利と言っても長く借りていれば支払う利息は増えますので、お金を借りたときにはできるだけ早く返すのが賢明です。

ここでは、オリックス銀行カードローンの返済額や返済方法、一括返済などについてまとめていますので、借入残高を減らす参考にしてください。

続きを読む

オリックス銀行カードローンの申し込み審査や増額審査に通る条件と申し込みの流れについて

オリックス銀行カードローンの申込条件と審査通過条件について

・年齢が満20歳以上69歳未満

オリックス銀行カードローンの申し込みができるのは、20歳以上69歳未満の人となっています。未成年者は、たとえ働いていて収入があったとしても申し込みできません。69歳を超える高齢者の場合にも、年金も含めて安定した収入があっても借りられないということになります。

・毎月安定した収入があること

オリックス銀行カードローンの申し込み条件として、毎月安定した収入も必要とされています。安定した収入があれば、正社員に限らず、パートやアルバイト、派遣社員などの人でも、申し込みができます。なお、主婦の場合には、無収入の専業主婦は申し込みできませんが、パートなどで安定した収入があれば申し込みできます。

・日本国内に住んでいること

オリックス銀行カードローンの申し込みができるのは、日本国内在住の人となっています。今はインターネットがあり、海外からでも申し込み手続き自体はできそうに思いますが、海外在住の人の申し込みは受け付けてもらえません。

なお、日本に住んでいる外国籍の人は、永住者または特別永住者のみ申し込み可能となっています。

・指定の保証会社の保証が受けられること

銀行カードローンでは、連帯保証人を立てなくても良い代わりに、その銀行が指定する保証会社の保証を受けなければなりません。なお、保証会社に債務を保証してもらうには、保証会社の審査に通過する必要があります。

オリックス銀行では、オリックス・クレジット株式会社及び新生フィナンシャル株式会社の2つの保証会社と提携しています。2社のうちどちらかの保証会社の審査に通れば、オリックス銀行カードローンの申し込みが可能になります。

審査には属性が重視される??

オリックス銀行カードローンに限らず、カードローンやキャッシングの審査では、属性が重視されます。また、属性による審査のほかに、個人情報信用情報機関への照会や勤務先への在籍確認も行われます。

・カードローン審査で重視される「属性」とは

カードローンの申し込み時には、年齢、性別、職業、勤務先、雇用形態、家族構成、居住年数などの情報を申告します。この1つ1つの情報のことを、申込者の「属性」と呼びます。

カードローンの審査では、まず、属性による判断が行われます。属性というのは、誰が見ても客観的に判断できるものですから、コンピュータにより自動的に審査することも可能になっています。

・属性を点数化して判断基準にする

カードローンで属性審査を行うときには、スコアリング方式と言って、属性を点数化することにより判断を行います。たとえば、職業については、公務員や大手企業の社員なら高得点になりますが、自営業やアルバイトなら低い得点になってしまいます。また、勤続年数は長ければ長いほど高得点、年収は多ければ多いほど高得点になります。属性スコアリング方式では、このように点数をつけていくことで、申込者に対してどれくらいの融資が可能かの判断を行います

・金融機関は個人信用情報も確認する

カードローンの審査では、属性スコアリングで高得点だったら審査に通るというわけではありません。属性スコアリングでは形式的な情報しかわからず、個別の事情まではわりません。ですから、金融機関では、本当に融資して問題ない人物かどうかを審査するために、個人信用情報機関で必ず信用情報を確認します。

個人信用情報機関とは、個人の信用情報を集めている会社で、各金融機関は必ずどこかの個人信用情報機関に加盟しています。個人信用情報機関は複数ありますが、相互が提携しているため、他の機関の情報もわかるようになっています。

個人信用情報機関に情報照会することにより、個人の住所や勤務先などの情報だけでなく、他社での借入状況や借入残高、返済状況、過去の延滞などの事故情報などもわかります。そして、属性から判断すれば高得点の人でも、過去に金融事故を起こしていれば、お金を貸してもらえないことになります。

・審査の際には在籍確認もある

カードローンの審査では、勤務先への在籍確認も行われます。オリックス銀行カードローンでも、申し込み時に電話による在籍確認が行われています。なお、在籍確認の際には、担当者が個人名で勤務先に電話をかけてきますので、キャッシングをしたことが会社にバレるというようなことはありません。

審査にはどれくらいの日数がかかるのか

・消費者金融に比べて時間がかかる

大手消費者金融では、即日審査によるスピード融資に力を入れています。しかし、オリックス銀行カードローンでは、特にスピード審査を行っているわけではわりません。申し込み後、審査が完了するまでは通常23日程度、土日祝が入るときには5日程度かかります。今日申し込みして今日どうしても借りたいという人にとっては、消費者金融の方が利用しやすいということになります。

・最短即日審査が可能

オリックス銀行カードローンでは、できるかぎりスピーディーに審査を行うよう努めており、最短で即日審査も可能とされています。ただし、混雑状況によっては即日対応は難しくなっています。

なお、オリックス銀行では現在のところ、即日審査が完了しても、即日キャッシングはできない状況です。実際の借入れは、審査完了後、ローンカードが届いてからからになります。

審査に通過するための対策とは?

・必要以上の金額を借りようとしない

オリックス銀行カードローンでは、利用限度額に応じて、100万円未満コース、100万円コース、150万円コース、200万円コース、300万円コース、400万円コース、500万円コース、600万円コース、700万円コース、800万円コースに分かれており、それぞれのコースで金利が違います。申し込み時には希望するコースを選択しますが、実際の極度額は審査の結果10万円単位で決定されます。

・信用情報に問題ないかどうか確認

オリックス銀行カードローンを申し込んだら、審査の際には個人信用情報機関に情報照会が行われます。過去に返済日に遅れて2ヶ月以上の長期延滞をしてしまったり、債務整理を行ったりしていれば、個人信用情報機関に事故情報が残っている可能性があります。もし事故情報が登録されていればブラックということになりますから、審査に即落ちてしまいます。

個人信用情報機関に登録されている事故情報は5年程度で削除されます。個人信用情報機関に登録されている自分の情報については開示請求ができますので、心配な場合には事故情報が削除されているのを確認してから申し込みしましょう。

審査に通りづらい人の特徴について

・勤続年数が少ない

カードローンの審査では、勤務先よりもむしろ勤続年数が重視されます。オリックス銀行カードローンでも、勤続年数が1年未満の場合には審査に通りづらくなっています。転職して間もない場合などには、できれば1年以上勤務を続けてから申し込みするのが良いでしょう。

・嘘の申告をする

オリックス銀行カードローンの申し込み時には、氏名や住所のほか、家族構成や居住形態、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収などの情報を申告します。ここで、少しでも審査に通りやすくなるよう、嘘の情報を申告してしまう人もいますが、絶対に避けましょう

カードローンの審査では、個人信用情報機関で必ず情報の確認を行いますから、嘘を申告してもバレてしまいます。正直に申告していれば審査に通るケースでも、虚偽の申告をしたばっかりに信用を失い審査に落ちてしまうということがあります。

・同時に複数の会社に申し込みしている

カードローンを申し込みするときに、どこかの審査に通れば良いと、複数の会社にいっぺんに申し込むのは禁物です。短期間に複数の会社に申し込みしている人は、「申し込みブラック」と呼ばれ、審査に通りづらくなります

カードローンの申し込みをしたという情報は、6ヶ月程度個人信用情報機関に登録されます。他社にも申し込みをしている場合には、「他社に申し込みして何らかの理由で断られた」「お金に相当困っている」などのネガティブな事情が考えられますから、貸す側も慎重になるのです。

目安として、1ヶ月に3社以上申し込みをしていると、申し込みブラックと判断される傾向があります。他社に申し込みをして審査に落ちた場合にも、少なくとも1ヶ月以上、できれば6ヶ月以上間をあけてから申し込みするのが安心です。

増額審査に通過する条件とは?

・カードで借り入れしていることは最低限の条件

カードローンで設定されている利用限度額とは、金融機関側の融資限度額ということです。オリックス銀行に限らず、カードローンの利用限度額を増額してもらうためには、申し込み後、カードを使って実際に借入れをしていなければなりません。カードを作ったものの、一度も利用したことがないというのであれば、通常、増額は認められません。

カードローンでは、金融機関にとって良い顧客ほど良い待遇を受けることになります。金融機関にとって良い顧客というのは、たくさんお金を借りて、約束どおりの利息を払ってくれる人になります。利用限度額を増額してほしいなら、まず、借入れし、返済を行った実績を作ることが大切です。お金を借りてもきちんと返してくれる人だということがわかれば、金融機関側は喜んで増額してくれるはずです。

・少なくとも半年程度の利用が必要

カードローンでは、カードを申し込んだ後、とりあえず一度借りて一度返済したというだけでは、増額はしてもらえません。ある程度の利用実績を積んでこそ、金融機関から信用されることになりますから、増額の申し込みも受け付けてもらえることになります。

オリックス銀行カードローンでも、増額の条件としては、だいたい6ヶ月以上の利用が必要とされています。増額を申し込むのは、契約後半年以上経ってからにするのが審査にも通りやすくなります。

・延滞することなくきちんと返済しているか

オリックス銀行カードローンの増額のためには、カードを使って借入れをしておくことが大切ですが、借入れだけでして返済をきちんとしていないというのは論外です。

カードローンで長く取引していれば、何らかの事情で返済が数日遅れてしまうということもあると思いますから、延滞が全くゼロでなくてもかまいません。けれど、増額の申し込みの前半年程度は、延滞がない方が安心です。

・増額と総量規制との関係

貸金業法では、個人の借入残高が年収の3分の1を超える場合には、消費者金融などの貸金業者は追加融資を行うことを禁止されています。これは、いわゆる「総量規制」と呼ばれるものです。

キャッシングやカードローンを利用している場合には、利用可能額として設定されている金額が借入残高とみなされます。もし増額により総量規制に引っかかるようなことがあれば、増額が認められないことになります。


増額審査は何を調べるの?

・オリックス銀行カードローンでの返済状況を確認

オリックス銀行カードローンの増額を申請したら、これまでの返済状況を見て増額を認めるかどうかの審査が行われます。オリックス銀行カードローンの増額審査では、延滞が多ければ、当然ですが審査に通りません。過去6ヶ月から1年くらいの返済実績をチェックされますから、この間に延滞がないことが望ましいと言えます。

・他社の返済状況もチェックされる

オリックス銀行カードローンの増額審査の際には、他社での借入状況や返済状況も問題になります。たとえば、オリックス銀行カードローンの返済をするために他社から借入れをしているような場合には、オリックス銀行カードローンで延滞がなくても、借入件数が増えたり他社で延滞したりしている可能性があります。

増額審査の際にも、申し込み時と同様に個人信用情報機関で利用者の信用情報を確認しますから、他社の借入状況はわかってしまいます。前回契約時に比べて借入件数が増えているようであれば、審査には通りにくくなってしまいます。他社で長期延滞している場合にも、信用情報機関に情報が登録されていますから、オリックス銀行カードローンの増額審査には通りません。

・連絡先等の変更の届出をしているか

オリックス銀行カードローンの増額審査では、連絡先等の変更がないかどうかも確認します。もし、住所や電話番号を変更しているのに届出していなければ、審査に落ちる可能性も出てきます

連絡先が変わっても届出をしていないような人は、連絡がとれなくなってしまう危険性がありますから、増額の申し込みはなかなか受け付けてもらえません。連絡先変更の届出をしていない場合には、先に届出をしてから増額の申し込みをした方が良いでしょう。

増額審査の申込方法について

・カードローンの問い合わせはカードデスクへ

オリックス銀行カードローンでは、インターネットからの増額申込は受け付けていません。カードローンの増額を希望する場合には、オリックス銀行に電話で問い合わせる必要があります。

オリックス銀行には、カードローン専用の窓口である「カードデスク」が設けられていますから、増額の申し込みはカードデスクに電話して手続きするようにしましょう

・申込しなくても増額の案内が来ることもある

オリックス銀行カードローンでは、利用実績に問題がない優良顧客に対しては、積極的に増額する扱いをしています。利用者側で申込しなくても、対象者には増額の案内が来ます。増額案内があったタイミングで増額を申し込むと、ほとんどの場合審査にも通りますから、問題なく利用可能枠が増えることになります。

増額の申し込みから、審査通過までの流れ

1.カードデスクへ増額の相談・申し込み

オリックス銀行カードローンの増額を希望する場合には、オリックス銀行のカードデスクに電話しましょう。

オリックス銀行カードデスク 電話 0120-890-693

(受付時間 9時~18時、土日祝および12/31~1/3休)

2.増額審査

申し込み後に増額のための審査が行われます。

審査の際には、勤務先の会社等への在籍確認も行われます。

3.審査結果の連絡

審査の結果、増額が認められた場合には、増額後の利用限度額を通知してもらえます。

4.新たな利用限度額まで借入れOK

増額後は、既に手持ちのカードを使って、新たな利用限度額までの借入れが可能になります。

増額のメリット、デメリット

・契約し直すことなく借りられる

オリックス銀行カードローンでは、申し込み時の契約で、利用限度額の増額や減額が可能な旨も明記されています。ですから、増額のために新たに契約し直す必要がないというメリットがあります。

新規契約をするとなると、氏名や住所、勤務先をはじめとした申込情報を入力したり、本人確認書類を提出したりと、非常に手間がかかります。カードを受け取るまでにも時間がかかりますから、スピーディーに融資を受けることができません。

増額申込の場合には、電話による申し込みでOKです。審査が完了すれば既に持っているカードですぐに借入れができますから、他社から借入れするよりも早くお金を手にすることができる場合が多くなっています。

・金利が下がる場合がある

オリックス銀行カードローンでは、利用限度額に応じて借入利率が変わります。利用限度額が高くなるほど借入利率は低くなりますので、増額により金利が低くなる可能性があります。

・借入件数を増やさずにすむ

キャッシング業界では、借入額よりも借入件数が問題になることが多くなっています。新たにカードを作ったりローンを組んだりしたい場合には、審査の過程で必ず他社借入件数をチェックされます。一般に、借入額が同じ場合には、借入件数が多い方が不利になりますから、先のことを考えると借入件数はできるだけ少なくしておくにこしたことはありません。

カードローンの限度枠を増額するだけなら、借入件数が増えることはありません。必要なお金を他社から借入れするよりも、後々のことを考えるとメリットになります。

・増額すると返済ノルマも増える

オリックス銀行カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビング方式となっています。残高スライドリボルビング方式は、借入残高に応じて段階的に返済金額が変わるもので、借入残高が多くなるほど毎月の返済額も多くなります。

利用限度額を増額し、借入残高が増えると、毎月の返済ノルマもアップします。お金を借りることはできても、毎月の返済能力を超えた返済額になってしまえば困りますから、借入れは慎重に行いましょう。

オリックス銀行カードーンの特徴について

・業界最低水準の低金利

オリックス銀行カードローンは、業界最低水準の実質年利率1.7%~17.8%という低金利になっています。1.7%という金利は800万円コースのみになりますが、100万円未満コースでも12.0%で借りられる場合があります。

貸金業者から100万円未満の借入れをする場合、消費者金融では利息制限法の上限金利である18%が、他の銀行カードローンでも14%前後の金利になりますから、オリックス銀行カードローンでは少額を借り入れる場合にも低金利の恩恵が受けられると言えます。

・保証会社が2社ある

銀行カードローンを利用する場合には、無担保、無保証で借りられる代わりに、提携している保証会社の保証を受けることが要求されます。たいていの銀行で提携している保証会社は1社ですが、オリックス銀行ではオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社と提携しています。1社で保証が受けられなくてももう片方から保証が受けられる可能性があります。

・提携ATM利用手数料が無料

オリックス銀行カードローンで利用可能な提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行の提携ATMのほか、コンビニ・スーパー設置の提携ATMなど、全国にたくさんあります。さらに、借入・返済の提携ATM手数料は終日無料。利息以外に余計な手数料がかかりませんから、大変お得なカードローンとなっています。

まとめ

オリックス銀行カードローンを利用しているけれど、利用限度額を超えて借入れをしたい場合には、他社から借入れする以外に、オリックス銀行カードローンの増額審査を申し込みする方法があります。

お金が必要になった場合には、他社のカードローンやキャッシングに申し込めば、借入件数が増えてしまいます。借入件数が増えれば、その後の借入れで不利な扱いを受けてしまう可能性があります。オリックス銀行カードローンで増額審査を申し込めば、借入件数が増えることはありません。契約をし直す必要もありませんから、スピーディーにお金を借りることができます。

計画的なキャッシング利用を行っていれば、増額審査で問題になることはありません。他社を含めてきちんと返済した実績を積み重ねた上で、オリックス銀行カードローンの増額審査を申し込みましょう。

 

オリックス銀行カードローンの在籍確認と会社バレの危険性について

キャッシング審査で避けては通れないのが在籍確認。オリックス銀行カードローンに申し込みした場合にも、審査の過程で在籍確認が行われます。

在籍確認では勤務先に電話がかかってきますから、キャッシングが初めての人などは特に、何を聞かれるのかと緊張してしまうかもしれません。ここでは、オリックス銀行カードローンの在籍確認は、どういった形で行われるのかについて説明していますので、申し込みの際の参考にしてください。

続きを読む