主婦など女性向けキャッシングでのお金の借り方とメリットについて

女性でも、生活費のやりくりに困ったり、急な出費が続いたりして、「お金を借りたい!」と思うことはあるでしょう。けれど、借金するとなると、女性は戸惑ってしまうこともあります。

キャッシングを活用すれば、ショッピングもおしゃれも我慢することなく、アクティブな毎日を過ごすことができます。実は女性のキャッシング利用者は多数。初めての女性でも利用しやすいサービスを知っておき、困ったときに役立てましょう。

 女性向けのキャッシングってあるの?

・女性が利用しやすいキャッシングサービスの条件

女性がキャッシングするときには、いろいろな不安があると思います。女性が借金をするときには、複雑な事情があることが多いはず。生活費のやりくりに困っている、友達に旅行に誘われて断りにくい、彼氏にお金を貸してと頼まれた…など人に言いにくいこともあると思います。

たとえ知らない相手でも、借金することを男性に知られるのは恥ずかしいもの。キャッシングの申し込みのときに、男性スタッフ相手に事情を話さなければならないとなると、それだけで気が進まないでしょう。

たとえば、女性スタッフが親身になって話を聞いてくれるようなキャッシングサービスなら、女性でも利用しやすいのではないでしょうか?お金にまつわる悩みは複雑ですから、女性スタッフが相手なら、やりくりの方法から恋愛相談まで、何でも気軽に相談できるはずです。

女性が気軽にキャッシングできるのは、女性向けの窓口が別に設けられていて、女性スタッフが相談者の細かい悩みまで聞いてくれるサービスです。女性顧客獲得を目指す金融業者は、こうした女性向けサービスの充実に力を入れています。

・女性専用のレディースローン

女性が利用しやすいキャッシングとして、「レディースローン」と呼ばれるサービスを提供している金融会社があります。レディースローンは、女性を対象としたカードローンやキャッシングサービスのこと。「レディースキャッシング」と呼ばれていることもあります。

レディースローンを提供している会社は、女性だけに融資を行っているわけではなく、通常の融資窓口とは別に女性専用窓口を設けています。レディースローンでは、電話や窓口でも女性スタッフが対応するので、女性も安心して申し込みができます。

なお、レディースローンと言っても、女性だから特に有利な条件で貸付が受けられるわけではありません。レディースローンは、女性向けの接客を売りにしているもので、審査基準などは通常のキャッシングと同じになっています。

・大手消費者金融の女性向けサービス

大手消費者金融や銀行も、女性顧客獲得のため、女性向けキャッシングサービスに力を入れています。

アコムでは、「働く女性のカードローン」として、女性専用ダイヤルを設置。女性スタッフが申し込みや問い合わせに対応しています。

プロミスでも、「レディースキャッシング」として女性のお客さま専用ダイヤルを用意し、女性オペレーターが申し込みや取引の相談を受け付けています。

アイフルでも女性専用ダイヤルでの申し込みが可能。また、アイフルでは2015年より女性向けの「SuLaLi」という利用限度額10万円のカードローンの販売を開始し、女子力の高いおしゃれなデザインのカードで人気を集めています。

レイク(新生銀行カードローン)でも、女性向けキャッシングは「レディースレイク」として女性専用申し込みフリーダイヤルで受付しています。

・女性向けフリーローンを用意している銀行もある

銀行のローンサービスの中でも、目的を限定せずに利用できるのがフリーローンです。女性だからこそ、買物や海外旅行、エステ、資格取得、結婚資金など幅広い目的のためにお金を借りたいはず。こうしたことから、銀行の中には、女性をターゲットにしたフリーローンのサービスを用意しているところもあります。

女性向けフリーローンでも、女性だから有利な条件で借入できるというようなことはありません。けれど、女性向けフリーローンでは、借入や返済の条件について女性スタッフに相談できたり、提携施設を割引利用できるクーポンをもらえたりするなど、女性に嬉しい特典がついてきます。

 男性と女性ではやっぱり男性の方が借りやすいの?

・お金を借りるときには性別は関係ない

キャッシングの審査では、男か女かという性別は、基本的には関係ありません。お金を借りられるのは、安定した収入があり、返済能力のある人です。男性でも女性でも、安定した収入がある人であれば、キャッシングは可能になっています。

男性に比べると、女性は結婚や出産などの事情で仕事を辞めて収入が途絶える機会も多くなりますから、「女性の方が信用されにくいのでは?」と思う人もいるかもしれません。けれど、キャッシングの申し込みの際には「いつまで勤務を続けるか?」といった事情は聞かれません。たとえ近いうちに退職するつもりでも、今現在安定した収入があれば、キャッシングの審査には通るのです。

・キャッシングを活用している女性は多い

消費者金融は、サラ金、すなわちサラリーマン金融と呼ばれていますから、サラリーマンである男性が利用するものというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、キャッシングの利用者のうち女性の割合は増え続けており、近年ではキャッシング利用者の約3~4割程度は女性であると言われています。

現代は働く女性が多くなり、女性でもキャッシングを活用してアクティブにお金を使う人が増えているのです。女性だからこそ、おしゃれにも恋にも積極的にお金を使いたいもの。今の時代、OLから風俗嬢まで、多少なりとも借金している女性は珍しくありません。

また、主婦にも門戸を開いているキャッシング業者もありますから、キャッシングを活用して家計をやりくりしている主婦もたくさんいます。女性向けキャッシングサービスも充実してきており、昔に比べて格段に女性がお金を借りやすい状況になってきています。

 初めてキャッシングをする女性が選ぶべき金融機関とは

・女性専用ダイヤルのある大手消費者金融

初めてのキャッシングなら、できるだけ安心感のある会社を利用したいと思うでしょう。CMをしているような大手消費者金融なら、親近感も感じられますから、キャッシング初心者でも借りやすいはずです。

大手消費者金融各社では通常の受付ダイヤルのほかに女性専用ダイヤルを設置していますから、女性も安心して申し込みができます。アコムやプロミスでは初回は30日間無利息のサービスを行っていますから、初めてのキャッシングではぜひ活用しましょう。

・銀行のカードローンは主婦からも人気

消費者金融で借りるのに抵抗がある人も、利用しやすいのが銀行のカードローンです。各銀行では無担保・無保証で使途を限定せずに借りられる銀行カードローンを用意しています。いつも取引している銀行のカードローンなら、気軽に申し込みができます。既に口座を持っている銀行であれば、ネットや電話で申し込みするだけで、キャッシュカードにカードローン機能を付けられる場合もあります。

銀行カードローンは運営しているのが銀行なので、信頼性も高くなっています。専業主婦でも借りられる銀行カードローンも多数ありますから、キャッシングが初めての女性でも抵抗なく借りられます。

 主婦がキャッシング審査に通る方法

・パートなどで収入のある主婦なら借りられる

キャッシングするときに、「自分は主婦だけど本当にお金を貸してくれるのだろうか?」と心配な人もいると思います。主婦と言っても、パートやアルバイト、もしくはフルタイムで継続的に収入を得ている場合には、キャッシングの審査でも特に不利になることはありません。消費者金融でも銀行でも、通常どおりキャッシングやカードローンの申し込みができます。

・専業主婦は消費者金融からは借りられない

収入のない専業主婦の場合には、借りられる金融機関が限られてしまいます。専業主婦は、原則的に消費者金融からお金を借りることはできません。貸金業法には、年収の3分の1を超える貸付を禁止する総量規制があります。消費者金融の貸付は、貸金業法の総量規制の対象となりますから、収入のない専業主婦は借りられないのです。

ただし、総量規制の例外として、配偶者貸付という制度があります。配偶者貸付は、配偶者と合算して夫婦の年収の3分の1まで貸付を可能にするものです。配偶者貸付には様々な条件がありますが、配偶者貸付を利用すれば、専業主婦が消費者金融からお金を借りることも可能です。

配偶者貸付は一見便利ですが、業者側にとっても手間がかかるため、大手消費者金融各社では採用されていません。セディナ、ベルーナノーティス、エレガンスなど一部の消費者金融では配偶者貸付を行っていますから、専業主婦がこうした消費者金融を利用してキャッシングすることは可能です。

・専業主婦なら銀行カードローンがおすすめ

銀行には貸金業法が適用されませんから、銀行カードローンからの借入は、総量規制の対象外です。銀行カードローンでも原則的には安定した収入があることが申し込み条件になりますが、銀行によっては、収入のない専業主婦にも貸付を行っていることがあります。

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りるには、配偶者である夫に安定した収入がなければなりません。収入がある夫がいることで、無職の専業主婦でも返済能力があるものとみなされるのです。なお、専業主婦の場合にはカードローンの利用限度額は低めになっており、借りられる金額は30~50万円程度になっています。

 旦那に内緒でキャッシングしたい

・ネット完結型のサービスなら家族にバレない

働いていて収入のある主婦の場合には、自分一人でキャッシングの申し込みをして自分名義でお金を借りることができますから、夫に内緒でキャッシングするのはそれほど困難ではありません。けれど、カードや明細が自宅に郵送されてくるようなことがあれば、キャッシングしたことがバレてしまう可能性があります。

キャッシング契約の際に、店舗窓口や無人契約機で必要書類を提出し、同時にカードを受け取るようにすれば、自宅にカードが郵送されてくることはありません。また、キャッシング業者では必要書類をメールなどで送信し、ネットで契約できるWeb完結サービスを導入しているところもありますから、できる限りこうしたサービスを利用するのが安心です。

ネットで申し込みをし、審査回答もメールで知らせてもらえば、必要書類はネットで送信するか自分で窓口に持ち込むかすることができます。利用明細もパソコンやスマホを使ってネットで閲覧できるように設定すれば、自宅へ郵送物が届くこともありません。カードを発行してもらわず、振込入金してもらうようにすれば、どこへも行かずにキャッシングすることも可能です。

女性は、家族や恋人に内緒でキャッシングしたいということが多いはずです。ネット完結型、郵送物なしのサービスに対応しているキャッシング業者を選ぶことで、誰にも内緒でお金を借りることができます。

・専業主婦でも夫の同意書不要で借りるには

専業主婦がキャッシングするには、一部の消費者金融で採用している配偶者貸付を利用するか、銀行カードローンを利用するかのどちらかになります。

配偶者貸付を利用する場合には、夫の同意が必須条件になりますから、夫に同意書を書いてもらわなければなりません。一方、銀行カードローンでお金を借りる場合には、夫の同意書は不要の場合がほとんどです。銀行カードローンでは、夫の収入証明書も要求されませんし、夫の勤務先に在籍確認が行われることもありません。ネット完結型サービスのある銀行カードローンを利用すれば、自宅に郵送物が届くこともなく、こっそりお金を借りることができます。