免許証だけでお金借りる事ができるカードローン一覧

すぐにでもお金が欲しい、手間をかけずに借入をしたい…そんな時に免許証だけで簡単に借入が出来るところがあったら便利ですよね。実は、探すと免許証だけで借入が出来る金融機関は存在します。

面倒な書類を用意しなくても、すぐに借り入れが可能な金融機関の一覧、免許証だけで借りるメリット、デメリット、注意点も徹底的に解説します。

 免許証だけでお金が借りられる金融機関一覧

すぐに現金が必要な方にとって、キャッシングはとても便利なサービスです。しかし、融資には必要な書類が主に2つあります。本人確認書類と収入証明書です。本人確認書類は、基本的に免許証、収入証明書は源泉徴収票や直近数か月分の給料明細などです。

免許証を持っている方ならすぐに用意出来るけど、源泉徴収票や給料明細は保管していない方も多いのではないでしょうか。そんな時に免許証だけで借入が出来れば便利ですよね。実は、金融機関によって免許証だけで借入が可能です。

・免許証だけで借入が可能な金融機関一覧

以下が免許証だけで借入が可能な金融機関一覧です。

  1. 楽天銀行スーパーローン
  2. じぶん銀行じぶんローン
  3. ソニー銀行カードローン
  4. イオン銀行カードローン
  5. 住信SBIネット銀行カードローン
  6. プロミス
  7. アイフル
  8. レイク
  9. ノーローン

ただし、免許証だけでは借りられる金額が限られてしまいます。カードローン会社と一言で言っても大きく分けて2つの種類に分類されます。銀行系カードローンと非銀行系カードローンです。

一覧で見ると、1~5までは銀行系カードローンで、6~9は非銀行系カードローンです。

この2つは適用される法律が異なります。非銀行系カードローンは、貸金業法という法律の対象となり、銀行系カードローンは対象外となります。貸金業法は、年収の3分の1までしか貸付が出来ない決まりで、貸出金額が50万円を超える場合、もしくは他社との合計金額が100万円を超える場合に収入証明書を提出しなければいけないとされています。

貸金業法の対象外の銀行はこの縛りがないので収入証明書の提出は原則不要です。ただし、300万円以上の借入など、金額が大きくなると収入証明書が必要になるところが多くなります。

 免許証でお金を借りるメリットとデメリット

免許証だけでお金を借りられるのは便利ですが、もちろんデメリットもあります。免許証だけキャッシングが出来るメリット、デメリットを確認してみましょう。

・メリット

メリットで一番大きいのは書類を用意する手間がいらいないことです。免許証を持っている人であれば大抵の方は身分証明書としてお財布に入れているでしょう。消費者金融は即日融資のところが多いので、免許証だけで、即日現金を手にできます。

・デメリット

便利なものには、危険もあります。顔写真付きの身分証明書を提出するので、情報漏洩の心配は多少ですがあります。最近では大手の会社でも情報漏洩が問題となっています。どこでも個人情報を提示する場合は注意が必要です。

また、最近ではセキュリティが強化され少なくはなっていますが、借入した会社が闇金業者だった場合、免許証を悪用されるケースもあります。免許証だけで借入が可能な世の中だから提示する場合はもちろん、紛失なども気を付けなければいけません。何か被害に遭った場合、気が付いたらすぐに警察に被害届をだし、専門家などに相談をしましょう。

 必要書類が少ないからといって、安心できるわけではない

免許証だけでキャッシングは可能ですが、だからと言って借入が簡単なわけではありません。どこの金融機関も必要事項の記入、本人確認書類の提出、審査、融資決定という流れでキャッシングが可能になります。

例え50万円以下の借入でも、収入が不安定だったり、勤務先での在籍確認が取れない場合は本人確認書類以外の書類が必要となります。特に自営業者の方は収入の証明がしにくいので、審査の際に確定申告書の写しなど、収入証明書が必要となる場合があります。

 免許証の提出方法

店舗や無人契約で借入申込みをする場合は、その場でコピーを取ることが多いです。郵送や電話の場合は、免許証をご自身でコピーして郵送またはFAXします。インターネットの場合は、携帯やスマホのカメラ機能を利用して添付したり、アプリを使って送信します。

住所変更や氏名変更している場合は、裏面の情報も必要になります。また、現住所などが免許証と異なる場合は、現住所が確認できる別の書類が必要になります。警察署に行けばすぐに住所変更が出来ますので、変更点があったらあらかじめ手続きをしておきましょう。

 免許証以外の身分証明書

免許証を持っていない場合、その他の書類で代用します。代表的なのが、保険証とパスポートです。どちらかすぐに用意できるものを持っていきましょう。

ただし、公務員の方や大企業に勤めている方は保険証の方が収入の安定さなどをアピールできます。有利な保険証の順番は、公務員の共済組合、大企業の組合保険、中小企業の全国健康保険協会、国民健康保険です。

場合によっては、免許証の提示より保険証の提示の方が審査に有利になります。保険証を用意するのは簡単だと思うので、共済組合や大企業の組合保険に加入している人は保険証も一緒に持っていきましょう。

 免許証だけでお金を借りたい!即日融資の注意点

即日融資を受けたい人は、免許証のみで借入出来る金額、または金融機関を選択しましょう。50万円以下または、他社との合計が100万円以下であれば基本的にどこの金融機関でも免許証だけで借りられます。

高額な金額を借入する場合は、銀行系カードローンで申込みをしましょう。ただし、銀行系カードローンは審査も厳しく、消費者金融に比べると融資までに時間がかかるところもあります。即日融資希望の場合は、じぶん銀行のじぶんローンなど最短即日融資可能と記載されている銀行で申込みすると良いでしょう。

もちろん返済できる範囲で借入をすることが一番大切です。急いでいても無理のない返済計画を立ててから申込みを行いましょう。