アイフルの店舗の利用方法と店頭窓口のメリットについて

最近のキャッシングの申し込みでは「インターネットで完結、店舗に行く必要なし」という謳い文句で申し込み者を集めている部分も大きいです。確かに、誰かに会うことなく申込の手続きを済ませる事ができるのであれば大きなメリットに感じます。ですが、店舗に行くメリットは完全に失われてはいないのです。そこで、アイフルの店舗について解説していきます。

アイフルの店舗はどこにあるの?検索方法と営業時間について

アイフルの店舗は、全国各地に点在しています。実際に店舗の場所や営業時間等を調べる場合は、アイフルの公式サイトのトップページから少し下にスクロールして、「返すときは」という項目の中に「店舗・ATM検索」とありますので、そちらをクリックしてください。

店舗検索用のページに移動しますので、好きな方法で検索を行ってください。具体的な検索方法としては「地図から検索」「キーワード検索」「リストから検索」「条件から店舗を検索」「店舗名から検索」「都道府県を絞り込んで検索」「路線図から検索」という方法があります。基本的には「地図」もしくは「都道府県を絞り込んで検索」のどちらかで事足りるはずです。

地図での検索の場合、お住まいの住所に該当する都道府県と市町村をクリックして、周辺の地図を表示させます。地図は拡大することもできますので、エリアの狭い地域の場合は地図を拡大してクリックしてください。地図が表示されたら、地図上にアイフルのハート型のロゴが表示されていますので、そちらをクリックすると店舗の詳細情報が表示されます。ビルの中に店舗がある場合だと店舗名だけではなく備考欄にもビルの情報等が掲載されているので、迷うこと無く店舗まで足を運ぶことができると思われます。

店頭窓口に足を運ぶメリットについて

最近では、さまざまなキャッシング関連のサイトで「申し込みはインターネットがお得」みたいなことを書いていますが、だからと言って店舗での申し込みが時代遅れというわけではありません。確かにインターネットでの申し込みにはさまざまメリットが有りますが、店舗での申し込みにも当然ながらメリットは有ります。

最大のメリットは「担当者の説明を聞きながら申し込みができる」ということです。特に、キャッシングの申し込みが初めてだという人の場合、有り体に言えば「借金の申し込み」なので何かと不安も大きいのではないかと思います。店舗では担当者と会話をしながら申し込みができるので、何かわからない点や不安なことがあれば、それを確認しながら手続きを進めておくことができます。どういった内容をどれだけ話し合ったかにもよりますが、基本的に店頭での申込手続きも最短30分で終了するので、質問等してもそこまで時間がかかってしまうということもありません。

もちろん、デメリットも有ります。例えば「営業時間の制限を受ける」ということです。店舗検索で調べるとわかると思いますが、店舗は夕方から夜にかけて営業時間が終了しているのがわかります。つまり、仕事から帰る時間になると申し込みができないということです。しかし、電話よりも質問もしやすいでしょうし、そのまま申込手続きを済ませてしまえばあっという間です。休日に時間を作ることができれば、店舗の利用も問題ありません。

自動契約機の操作方法について

アイフルの契約方法には「自動契約機」という方法もあります。アイフルの自動契約機は他の消費者金融とは異なる特徴を持っています。それは「電話によって担当者と直接話しながら操作できる」という点です。

通常、無人契約機は自動音声ガイダンスによって操作するようになっています。ですが、前述のとおりキャッシングの申し込みには何かと不安を抱えている人も多いでしょう。アイフルの自動契約機の場合、無人契約機の個室に入り、個室のカギを閉めます。中には固定電話が用意されており、ボタンを押すことで担当者に直接電話がつながります。あとは、担当者の指示に従って契約機の操作を進めていくことになります。

契約機にはスキャナーが備わっていて、これで本人確認書類や収入確認書類等をスキャンしてアイフルに提出します。それと申し込み内容を基にしてアイフルでは審査が行われており、その間は電話で契約内容の確認が行われます。審査結果は同様に電話で通知され、キャッシング用のカードが契約機から発行されます。あとは、確認した書類に署名を行えば契約は完了します。

「電話」という方法に抵抗を感じる人もいるかもしれません。機械を前にするのであればまだしも、誰かに話しかけながら操作をしなければならないということに不安を覚えることも理解はできます。しかし、自動音声では不安を解消できないということも多く、問題を抱えたまま手続きを進めておくということはオススメできません。他にはない特徴だからこそ、そのメリットを利用してみるべきではないでしょうか。

インターネットでの申し込み方法

では、インターネットで申し込みをする場合はどういった流れになるのでしょうか。まず、アイフルの公式サイトから「いますぐお申し込み」というボタンを探し、クリックします。申し込み用の専用フォーマットのページに移動するので、表示されている必要事項を全て入力します。一番下のボタンは、全ての必要事項を入力しないとクリックすることができません。なお、インターネットは24時間いつでも受付していますが、遅い時間に申し込んだ場合は翌日の取り扱いとなります。

申込手続きが完了したら、送信した内容を基にしてアイフルで審査を行います。審査の結果は電話かメールにて通知されます。キャッシング用のカードは、郵送で受け取るか、店舗への来店で受け取るという方法があります。郵送の場合は自宅で手続きが完結し、店舗の場合はその日のうちにカードを受け取ることができるというメリットが有ります。

なお、融資を急いでいるという場合には、申し込みが完了してから「0120-337-137」に電話することで、優先的に審査を行ってもらえる可能性があります。早くに審査結果の通知を受けたいという場合には、この方法が適しています。

ネット申込で注意すべきこと

インターネットで申し込みをする場合は、いくつか注意しなければならないポイントが有ります。まずは「審査は24時間受け付けしていない」ということです。インターネットでのキャッシングの申し込み受付は、サイトがメンテ中ではないかぎり基本的に24時間受け付けしています。しかし、これはあくまでも「申し込みの受付」であり、審査に関しては異なります。審査は最終的に人間の手で行われますので、機会が自動的に処理できる部分までは24時間いつでも対応していますが、そうでない部分はスタッフがいない時間には処理できません。夜遅くに申し込んだ場合は、翌日の処理になることを理解しておきましょう。

次に、「即日融資を受けたい場合は店舗か契約機に行かなければならない」ということです。申し込みと審査が完了し、審査結果の通知を受けた後は、本契約とカードの受取が必要になります。その際に選択できる方法は「郵送」と「店舗・契約機」のどちらかです。前者の場合は自宅で誰にも会わずに手続きを完了させることができますが、郵送の手間がかかるのでその分だけ融資を受けるのに時間がかかってしまいます。なので、即日融資を受けたい場合であれば店舗か契約機に出向く必要があります。

次に「必要書類を間違えると即日融資が難しくなる」ということです。実際に店舗か契約機に着いても、そこで申し込みにトラブルがあれば即日融資は受けられません。インターネットの場合はほとんど電話で審査結果が通知されますが、その際には必要書類についても言及されます。ですが、店舗や電話での申込手続きとは違って申し込み者が質問することを忘れてしまうことも考えられます。間違いだと気が付かないまま、間違った書類を持って行ってしまうと、本契約の際にトラブルが発生してカードを受け取ることができない可能性があります。もちろん、審査結果通知の際にきちんと聞ければよいのですが、審査に通ったことに浮かれて忘れないようにしなければなりません。

インターネットでの申し込みは「自宅で完結させることもできる」「24時間いつでも受付している」というメリットが有りますが、時と場合によってはそのメリットが損なわれてしまう事も考えられます。店舗での申し込みであれば、不安な点を解消しながら安心して契約手続きを進めていくことができるので、初心者でも安心です。今までキャッシングを利用したことがない、あるいは何らかの不安を抱えているという場合には、面倒だと思わずにお近くの店舗に出向いてみるのもメリットが有ります。

まとめ

インターネットでの申し込みが増加しつつありますが、店舗で申し込みをすることもメリットが失われているというわけではありません。キャッシングという、決して小さいことではない出来事に対する申し込みをネットで済ませられるというメリットを享受できるという人も多いでしょう。

しかし、すべての不安や問題を解消しながら手続きを済ませ、無事にキャッシングの利用まで漕ぎ着けたいという人も少なくないはずです。そうであれば、店舗での申し込みという選択肢も有効な方法であるということを十分に理解しておきましょう。後でトラブルになるよりはメリットが大きいのではないかと思います。