アイフルの自動契約機の営業時間と借入ができる時間帯について

世の中には「24時間営業」のお店も少なくありません。コンビニがその代表例ですが、キャッシングの場合は24時間営業している店舗はまず無いでしょう。そうなると、営業時間内に出向かないと窓口を利用することができなくなります。そこで、アイフルの営業時間について解説していきます。

アイフル自動契約機、ATMの営業時間について

アイフルが提供している「自動契約機」と「ATM」には、それぞれ利用可能な時間帯が設定されています。自動契約機の場合は、大体8時~22時までのところが多く、ATMについては7時~23時のところが多いです。もちろん、個別に細かく時間は異なりますが、平均して考えると上記の時間帯になります。

基本的に「夜遅く」と「朝早く」には利用できないということがわかります。仕事が終わる時間が遅い場合だと、自動契約機でキャッシングの申し込みをすることは難しいでしょう。また、出勤前にアイフルATMでお金を引き出すことも、時間帯によっては難しいと言えます。日中の利用に関しては問題ないのですが、「仕事中ではない時間帯」となると非常に限定的な時間帯になってしまいます。

営業時間外で申込みたい場合はネットで

自動契約機での申し込みは、出勤前や退勤後の帰宅途中の時間帯には利用できないことが多いです。加えて、店頭窓口はさらに利用時間が短くなっていますので余計に難しいです。ですが、仕事の昼休憩には時間が足りませんし、なかなか時間が取れないとなると「時間に余裕をもって、落ち着いて申込をしたい」と思っても実現することが難しいように感じてしまいます。

そこで利用したいのは「インターネットを利用した申込」です。アイフルのホームページにアクセスすると、すぐにインターネットでのボタンを見つけることができます。これをクリックすると専用の入力フォームに移動し、必要事項を入力して送信することで審査の申し込みが完了します。

インターネットでの申込は24時間いつでも受付しています。なので、仕事から帰ってきて遅くなった時間でも、パソコンやスマートフォンでインターネットさえ利用できる状況なら、すぐに申込の手続きを済ませることができます。ただし、申込の受付をしているのが24時間というだけであって、キャッシングの申込でよくあるような「最短30分審査」の対象に、常に該当するわけではありません。どういうことかといえば、申し込みフォームへのアクセスと、それに入力したデータの送信自体は24時間いつでも利用できるのですが、送信されたデータを基にして審査を行うのは24時間いつでも、とは行かないのです。

なので例えば「22時に帰宅してネットでアイフルに申込→30分で審査回答、そのままキャッシングの即日利用」という流れはまず不可能です。そもそも、キャッシング用のカードを受け取るにも契約機が必要で、そうでなければ郵送になるので即日は余計に不可能です。即日融資を受けたいのであれば日中でなければならないのですが、受付を済ませておけば翌営業日には審査回答を得られる可能性が高いので、次の日に審査回答を受けてから退社後になんとか自動契約機まで出向いてカードを受け取ることができれば、2日でキャッシングの利用にこぎつけることはできます。

そのため、インターネットでの申込は「申し込みに必要な時間」と「審査結果通知後、カードを受け取るまでの時間」を2分割することで、忙しい人でも時間を捻出しやすくなるのです。もしくは、帰宅から翌日の出勤までの間に申し込みを済ませてその日の日中に審査回答、退社後に契約機で本契約とカード受け取りという流れでも良いでしょう。どちらにしても、利便性の高い方法であることには間違いありません。

便利なアイフルアプリの利用方法

スマートフォンをお持ちの方は、アイフルが提供している「アプリ」を利用してみることをオススメします。このアプリを使うことで、キャッシングの申込とそれに伴う書類の撮影及び画像データの送信まで行うことができます。申込の手続きはインターネットの手続きと同じものですので、24時間いつでも申し込みが可能になっています。

また、アプリにはその他にも「一秒診断」「ローン計算」「会員ログイン」「店舗・ATM検索」の機能も搭載されています。店舗検索を利用することで、自分が利用する予定の店舗やATMの場所と、利用可能時間を調べることができます。時間外に出向いて「この時間は利用できなかったのか…」と無駄足になってしまうことを避けることができます。アプリの利用自体はアイフルの会員登録をしていなくても利用することができますので、これからアイフルでキャッシングを利用したい、利用しようかなと考えているスマートフォンユーザーは、是非ともこのアプリを利用してみてください。

借り入れができる時間帯

アイフルでのキャッシングの利用可能時間は、どの方法で借り入れを行うのかによって異なります。例えば、銀行振込で借り入れを行う場合は14時10分までに申込を完了させる必要があります。アイフルのATMは前述のとおり7時~23時であり、提携ATMの場合はATMごとに異なります。店頭での融資に関しては「不動産担保ローン」に限り、10時~18時まで利用することができます。

借り入れの時間に関しては、お金を借りる目的に応じて時間を厳密に考えておく必要があります。例えば「今日の昼食代を用意していないから少しだけ借りたい」という場合や、「今週末のレジャー費用を借りたい」という場合、あるいは「明日の昼までに◯万円用意しなければならない」というように、お金を必要とする目的には「必要になる日にち・時間」というものがあります。

例えば一番最初の「今日の昼食代」というのであれば、その日の昼食の時間までに金を借り入れておく必要があります。そうなると、例えばその日の朝出勤前に思い立ったとすると、出勤前に用意しておきたいのか、昼食の時間帯に用意できれば良いのか、それによって利用できる方法が異なります。特に「朝、早い時間帯」となると利用できる方法が限定されます。「いつまでにお金を用意しなければならないのか」を考慮して、それに間に合うようにお金を借り入れておきましょう。

返済ができる時間帯

返済できる時間帯も、方法によって利用可能な時間帯が異なります。借り入れと違って店頭でも返済が可能で、営業時間である10時~18時が利用可能な時間です。ATMの利用時間は、借り入れと同様にATMごとに異なります。銀行振込の場合は15時までに手続きした分がその日の返済として扱われ、それ以降は翌営業日扱いとなります。時間を気にしなくても良いのは「口座振替」ですが、引き落としされる日までに十分なお金を入金しておく必要があります。

返済の時間は、「延滞の発生」に繋がる要素になります。返済期日ギリギリになって返済を行おうとしても、利用する返済方法が時間外になってしまえば他の方法を探さざるを得ず、最終的に延滞を起こしてしまう可能性が高まります。延滞すればその分だけアイフルから「優良な顧客とはいえない」という評価を受け、同時に「遅延損害金」の支払いというわかりやすいデメリットも生じてしまいます。もし、「返済するのを忘れてしまう」とか「時間外のことを気にしたくない」というのであれば、口座振替で返済をできるようにしておけば問題が解決できます。

しかし、口座振替にする場合は常に余裕を持って口座の残高を確認しておく必要があります。例えば残高スライドの結果、毎月の返済額が30,000円であれば、常に数カ月分(9万円以上あると安心)は口座にお金があるようにしておいて、ある程度の残高まで減少したら数カ月分を振り込んでおくと安心できます。「口座振替にしてあるから安心」と思って油断していると、口座に十分なお金が入っていなくてアイフルから催促の連絡が来ることになります。金銭的に余裕が無いという場合は別としても、常に数ヶ月は忘れていても引き落としができるように口座を管理しておきましょう。

口座振替を利用しないというのであれば、自分が利用する返済方法が何時から何時まで利用できるのかをきちんと把握しておきましょう。その際、単一の方法だけ把握するのではなく、メインの返済方法とは別に1,2個の返済方法とその利用可能時間をきちんと調べておきましょう。ATMであればメンテナンス等で使えなくなることもあり、その方法しか時間を調べていないといざという時に困ります。近所で返済に利用できる提携ATMをいくつかピックアップしておき、携帯電話等にメモとして利用可能時間を記録しておけば、いざという時に別の返済方法で間に合わせることができます。

まとめ

コンビニとは違って「いつでも好きなタイミングで」というわけには行きません。しかし、利用可能な時間帯をきちんと把握しておけば、いざという時に困ることは少なくなるはずです。もちろん、他にもアクシデント等の要素は加味する必要がありますが、おおまかな利用可能時間だけでも把握しておけば柔軟に対応することができます。

時間を調べるのであればスマートフォンがあると便利です。アプリから店舗・ATMの検索が可能なので、利用可能時間を忘れてしまったり、慣れない場所でのATMの場所を調べるのにも適しています。真っ当なキャッシングの利用は、真っ当な返済によって成すことができます。そのためには、利用可能な時間とそれを調べることのできる方法をきちんと揃えておくことが重要なのです。