ソニー銀行カードローンは総量規制対象外? 総量規制の対象になる基準について

総量規制とは

貸金業法には、過剰貸し付け禁止という条文があります。この条文には貸金業法により営業を許可されている金融機関は、個人過剰貸付契約を締結してはいけない旨が記載されています。ここで言う過剰貸付契約とは、法律で定める一部のローン(住宅・自動車ローン等)を除いたローンの総額が年収の3分の1を超える貸し付けと規定しており、貸し付けの総量を規制していると言う事から、「総量規制」と呼ばれています。

すなわち、「総量規制」とはそれ自体が法律ではなく、貸金業法により規定された「総貸付額が年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけない」という規則の呼称となります。

また、「総量規制」は貸金業法で営業を許可されている、消費者金融と信販会社に適用される基準となります。

ソニー銀行カードローンは総量規制の対象外

ソニー銀行は、その名の通り、銀行法で営業を許可されている金融機関になります。その為、貸金業法の制限を受ける事がありません。

また、銀行法には、「総量規制」と呼ばれるような規制はありません。すなわち、全ての銀行は「総量規制」の対象外になります。

ソニー銀行カードローンも、当然「総量規制」の対象外になります。

総量規制の対象となる、ならない、の判断基準について

「総量規制」の対象となる、ならないについては、前述のとおり貸金業法の規定により分類されます。総量規制の対象について、分りやすく下記の表にまとめてみましたので参考にして下さい。

総量規制の内容 総量規制は、総量規制対象金融機関からの総借入額(数社で借り入れている場合は、各社で借りている額の合計額に、これから借りようとする額を足した合計額)が年収の3分の1を超えてはいけないという規則
総量規制対象の金融機関 ・消費者金融
・信販会社(クレジットカード会社)
※住宅ローンや自動車ローンなど、法律で規制されている一部のローンは規制の対象外になります。
総量規制対象外の金融機関 ・銀行
・信用金庫
・信用組合
・労働金庫
・保険会社
・証券会社

総量規制対象の借り入れについて

総量規制対象の借り入れについては、消費者金融のカードローンや信販会社のキャッシング等があげられます。

総量規制対象借り入れの特徴としては、審査がスムーズに行われて、即日融資に向いている消費者金融での借り入れが対象となっていることです。

総量規制対象外の借り入れについて

総量規制対象外の借り入れについては、貸金業法により営業をしている金融会社以外の借り入れと、貸金業法により営業をしている金融会社が下記の貸し付けをした場合になります。

しかし、大手の消費者金融等は、一般の利用者に対して、総量規制除外貸し付けや例外貸し付けは行っていないため、消費者金融と信販会社以外の貸し付けが総量規制対象外といえます。

・総量規制除外貸し付け

貸金業法により総量規制の除外事項は下記のとおりです。

  • ・不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • ・自動車購入時の自動車担保貸付け
  • ・高額療養費の貸付け
  • ・有価証券担保貸付け
  • ・不動産担保貸付け
  • ・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • ・手形(融通手形を除く)の割引
  • ・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • ・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
    (施行規則第10条の21第1項各号)
  • ・総量規制例外貸し付け

貸金業法により総量規制の例外事項は下記のとおりです。

  • ・顧客に一方的有利となる借換え
  • ・緊急の医療費の貸付け
  • ・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • ・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • ・個人事業者に対する貸付け
  • ・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
    (施行規則第10条の23第1項各号)

総量規制の対象、対象外どっちがおすすめ?

総量規制の対象となる借り入れと、対象外を比較した場合、断然対象外の借り入れをオススメします。

総量規制の対象となる、消費者金融のカードローンは、即日融資が受けやすく、借り入れがしやすいと言うメリットはありますが、金利が高い、総量規制により少額しか借り入れができない等のデメリットがあります。

それに対して、総量規制対象外の、銀行系カードローンは、金利も低く、目的にあった金額まで借り入れることができ、長期利用に向いているといったメリットがあります。

ソニー銀行カードローンのメリット、デメリット

ソニー銀行カードローンは資金使途や利用方法によってメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットについて下記のとおりです。

【ソニー銀行カードローンのメリット】

  • 総量規制対象外
  • 低金利
  • コンビニATMで利用可能
  • 口座があると最短即日融資が受けられる

・総量規制対象外

ソニー銀行は総量規制の対象外となるので、年収の3分1を超える借り入れができます。

・低金利

ソニー銀行は、他のカードローンと比較しても金利が低く、長期で利用できます。

・コンビニATMで利用可能

ソニー銀行は、コンビニATMと提携しているため、基本的には24時間の利用が可能(日曜日は21:00~7:00まで利用出来ません)です。

・口座があると最短即日融資が受けられる

ソニー銀行に口座がある場合、最短60分の審査で即日融資が受けられます。

【ソニー銀行カードローンのデメリット】

  • 口座が無いと即日融資が受けられない
  • 約定返済日前の返済はすべて随時返済になる

・口座が無いと即日融資が受けられない

ソニー銀行に口座が無いと、仮審査は最短60分で完了しますが、本審査の回答は翌営業日以降になるため、即日融資を受けることができません。

・約定返済日前の返済はすべて随時返済になる

ソニー銀行の返済は、毎月返済日に口座から引き落しで行われます。返済日前にあらかじめ返済をしてしまうと、約定返済として扱われず、また返済日に口座から引き落としがされてしまいます。

ソニー銀行カードローンは総量規制対象外なのでこんな用途におすすめ

ソニー銀行カードローンは総量規制対象外なので以下の用途で利用することをオススメします。

  • 自己投資・教育資金として

資格の取得、子供の塾、習い事、入学金、海外留学など。

  • 結婚資金・新生活資金として

大切な人へのプレゼント、披露宴、新婚旅行、家具や家電の購入など。

  • リフォーム資金・引越し資金として

ご自宅のリフォーム、お引越しの費用、敷金、礼金など。

  • 家族の急な医療費として

突然のアクシデント、入院、保険適用外の医療費など。

  • 趣味・レジャー資金として

車やバイクの買い替え、楽器の購入、海外・国内旅行など。

  • 飲み会・パーティー資金として

職場の歓送迎会、友人の結婚式、断りづらい急なイベントなど

まとめ

今回、総量規制について記載してきました。そもそも、なぜ総量規制が設けられたかというと、消費者金融は審査がスムーズで非常に利用しやすい金融機関となっていますが、総量規制導入前は、利用者の与信判断が甘くなってしまい、返済能力を超える貸し付けが横行していました。この過剰貸し付けが社会問題となり総量規制が導入されました。

この様な背景からみても、消費者金融は総量規制の対象となっていますが、スムーズにお金を借りることができるというメリットがあります。

しかし、総量規制があることにより、消費者金融は高額の融資ができなくなってしまい、利用者のニーズに合わなくなってしまいました。

そこで、総量規制対象外のソニー銀行カードローンであれば、利用者の目的にあった金額までの融資が可能なのでオススメができます。