ソニー銀行カードローンの在籍確認時の対処法について

在籍確認とは?

カードローンを申し込むと、審査で勤務先の確認をされます。その時に直接勤務先に電話が入り確認される事を在籍確認といいます。

金融会社が与信(利用者にお金を貸すのに妥当だと思われる範囲)判断を行う上で、職業属性が重要になります。属性とは、職業や年齢、居住地等で大まかな分類をして、審査時にある程度の指針とするものです。この属性の中でも審査において影響するのが職業属性になります。

金融会社の審査は、本人が申し込み時に申告した職業属性と信用情報機関の情報を基に与信判断をします。ここで審査はほぼ終了していますが、本人の申告が事実である確認をしてから、審査結果を本人に伝えます。

本人の申告が事実である事の確認の為、勤務先に直接電話をして本人が在籍しているかの確認を行います。

・ソニー銀行カードローンは在籍確認があるか?

ソニー銀行カードローンの申し込みをした場合、ソニー銀行も当然在籍確認をします。在籍確認は「ソニー銀行」名で勤務先に電話が掛かってきます。

ただし、前述したとおり在籍確認は審査の最終段階で行われる事が多く、在籍確認が取れ次第審査が通る事が一般的です。そのため、審査に通らないときは、在籍確認はほとんどありません。

なぜ在籍確認を実施するのか

審査において、一番重要な部分は貸したお金が戻ってくるかということになるため、返済能力を担保する勤務先についてはキッチリと調べる事項になります。そのため、在籍確認を実施して申込者本人が申告した勤務先に本当に勤めているのか確認します。

ローンの申し込みで残念ながら、お金を借りたいがゆえにウソをつく人もいます。以前勤めていた会社を勤務先として申告する人もいます。金融会社の審査で、多少の過剰申告は許容の範囲ですが、勤務先等の虚偽申告だけは許容されません。

在籍確認の対処法について

基本的に在籍確認について、必要以上に構えて対処する必要はありません。ソニー銀行は勤務先に電話をかけますが、「ローン審査の為、電話をかけました」とは絶対に言いません。ソニー銀行はネット銀行で色々な商品を取り扱っています。カードローン以外の商品で電話がかかってくることもあるため、電話がかかって来たから、カードローンの審査とはなりません。

職場の人に「ソニー銀行から電話があったよ」等と言われたときに堂々と対応するのが良いです。

・バレないためにあらかじめしておくべき事!

在籍確認でバレたくないというときは、あらかじめ準備をしておくことも有効です。バレないための具体的な対応を紹介します。

  • ・在籍確認の時間指定をする

あらかじめ、担当者に在籍確認の時間を指定しておきます。電話に出てもらいたくない人がいない時間を指定しましょう。

  • ・電話を取る人にあらかじめソニー銀行から電話がある旨を伝えておく

電話を取る人にあらかじめソニー銀行から電話がある旨を伝えておくと良いです。例としては、「振込を間違えてしまい確認してもらっているので、もし外出中にソニー銀行から電話があったら掛け直すと伝えておいて下さい」等と伝えておけば、ソニー銀行から電話があっても怪しまれる事は無いかと思われます。

・疑われた時の対応!

在籍確認の電話を受けたときに、勘の良い人は結構いますので、銀行からの電話があったから、ローンの申し込みをしているのではないかと疑われる可能性は否定できません。そのような場合の具体的な対応を紹介します。

  • ・電話に出た人から「何の電話?」等と聞かれた時の対応

電話に出た人から「何の電話?」等と聞かれた時は、「口座開設の書類不備で電話がかかってきた」とか、すでに口座を持っている事を知られている場合は「保険商品の案内」といった回答をすると良いです。

  • ・電話に出た人から「ソニー銀行から電話があったけど在籍確認?」等と聞かれた時の対応

電話に出た人から「ソニー銀行から電話があったけど在籍確認?」等と聞かれた時は、堂々と「クレジットカードを作った」といった回答をすると良いです。

現代はインターネット時代となっており、決済等にクレジットカードを持っていないと非常に不便です。クレジット情報はネット上で身分証明の代わりにもなりますので、最低1枚は持っていたいものです。この様にクレジットカードを持つことは一般化してきており、9割近い人が保有しています。

そのため、クレジットカードを作ると言うことは、誰に知られても困ることではありません。

在籍確認でキャッシングが会社にバレたらどうなるの?

前述したとおり、在籍確認で勤務先にキャッシングがバレるということは、本人が「カードローンを借りているよ」と言わないかぎり、まずあり得ません。

万が一会社にキャッシングがバレても動じることはありません。「銀行でローンを組んではいけない」という会社は無いはずです。カードローンも、住宅ローンもクレジットの買い物も結局はお金を借りるという点では同じことです。

ただし、消費者金融で借りていることがバレると、イメージ的に悪いことはあります。消費者金融は以前、「サラ金」と呼ばれていた時代もあり、その当時のイメージが強く残っている人にはあまり良い感情は与えません。

しかし、ソニー銀行は銀行なので、そのようなイメージはありません、安心して取引ができます。

在籍確認では何を聞かれるのか?

在籍確認は電話で聞き取りをする事が目的ではありません。あくまでも、その勤務先に、申込者が勤めているかの確認になる為、本人が電話にでれば、確認が取れた旨を伝えて電話が終了します。

また、本人が電話に出られない場合も、事務員等より、本人が在籍している旨の確認が取れれば問題ありません。

まとめ

今回は、カードローンを申し込む上で一番気になる在籍確認について解説してきました。基本的に在籍確認でキャッシングの事実がバレることはほとんどありません。

しかし、全くバレないかと言うと、本人の対応でバレてしまうケースもあります。ソニー銀行の場合、勤務先に電話をかける時は銀行名で電話がある為、堂々と対応する事が重要です。

また、銀行から電話がかかってくるケースとして、ローンの在籍確認の電話もありますが、書類不備や、振込の間違い、保険商品の案内等、様々な要件があります。しかし、勤務先に電話がかかってくると多くの場合は、在籍確認の可能性があります。

在籍確認が疑われる場合は、下手に隠すと余計に怪しまれるため、あらかじめ、勤務先の人に、「ソニー銀行のクレジットカードを申し込んだから在籍確認があるよ」と伝えるのも一つの方法です。クレジットカードを持つことは一般化してきているため、隠すことではありません。クレジットカードを作るときも在籍確認がされますので自然な対応といえます。

そもそも、銀行からお金を借りることは、それほど隠すことでもないと思われますので、ソニー銀行カードローンは、在籍確認が心配という人にオススメのカードローンといえます。