第三銀行カードローンの3つの特徴と注意点について

第三銀行カードローンには、「SUN」、「エグゼクティブOne」、「PRECIOUS ONE」の3つのタイプが有ります。それぞれにそれぞれの特徴があるので、しっかりと理解したうえで申し込みを行わなければなりません。

こちらでは、それぞれのカードローンお特徴を明らかにします。更に毎月の返済額と返済日を明らかにして、返済についても深く考察していきます。

銀行カードローンは金利などのメリットも有りますが、全く問題がないわけではありません。最後に第三銀行カードローンの注意点を紹介します。メリットばかりではなく、デメリットを理解することも大切なのです。

カードローン「SUM」の特徴とは?

・金利が低めであり最大利用限度額が高い

最低実質年利率・・・4.8%

最高実質年利率・・・14.5%

最大利用限度額・・・1,000万円

銀行カードローンとしては一般的な金利に見えるかもしれません。しかし、消費者金融やクレジットカードのキャッシング金利よりも低めに設定されているので、有利な借り入れができるのです。

利用限度額も銀行カードローンとして最高峰の1,000万円を達成しています。誰にでも高額の利用限度額が設定されるわけではありませんが、設定されるチャンスはあります。

・最短即日融資が可能である

銀行カードローンは審査に時間がかかってしまう、といった特徴があります。しかし、第三銀行カードローン「SUN」に関しては、最短即日融資が可能です。

カードを利用した即日融資には対応していないので、基本的に振込融資をしてもらうことになります。振り込みに関しては、平日の午後2時から3時くらいまでが限界となっているので、即日融資を受けたい場合には平日のなるべく早い時間帯に申し込みを終えましょう

・収入証明書がほとんどのケースで不要である

カードローンの申込をする時に、気になってしまうのが収入証明書類です。各銀行カードローンによって方針が異なっています。

「SUN」に関しては、利用限度額設定が500万円以内であれば収入証明書類の提出は不要、としています。ほとんどの方が、500万円以内の限度額で足りるのではありませんか。ですから、「SUN」のケースは、収入証明書類を用意しなくて良いケースが多いのです。

カードローン「エグゼクティブOne」の特徴とは?

・圧倒的な低金利

最低実質年利率・・・4.4%

最高実質年利率・・・8.6%

第三銀行カードローン「エグゼクティブOne」に関しては、最低実質年利率は「SUN」と同程度と思うかも知れません。しかし、最高利用限度額設定が500万円なのです。500万円で4.4%の実質年利率が設定されるチャンスもあるので、大きなメリットがある、と言っても過言ではありません。

さらに注目して欲しいのが、最高実質年利率です。10.0%を大幅に下回っている。8.6%です。最も悪い条件であったとしても、8.6%で借り入れできるのが「エグゼクティブOne」の大きな強みです

・利用条件が厳しくなっている

  • ・第三銀行の口座に給与振込を行っていること(毎月10万円以上)
  • ・第三銀行で住宅ローンを利用していること
  • ・前年の税込み年収が400万円以上であること
  • ・自営業の方は事業所得が400万円以上であること

上記のうち、いずれか一つには該当しなければなりません

「SUN」の場合には設定されていない条件が加えられているので、審査は厳しく判断される、と考えて間違いありません。

「エグゼクティブOne」の場合は、パート・アルバイトの方の利用は不可とされています。基本的に正社員の方の利用を想定しているカードローンなのです。

・借り換えやおまとめ利用に適しているカードローン

「エグゼクティブOne」に関しては、最高でも実質年利率8.6%です。

消費者金融やクレジットカードの実質年利率は、18.0%に設定されているケースが多いですよね。

仮に、消費者金融やクレジットカードの借金を「エグゼクティブOne」にまとめることができれば、実質年率で10.0%前後有利になることも十分に考えられます。返済総額を一気に減らすことも可能です。

「エグゼクティブOne」は、「他社ローンお顔借り換えもOK!」と明記しています。借り換え利用やおまとめ利用を考えている方は利用を検討しましょう。

カードローン「PRECIOUS ONE」の特徴とは?

・実質年利率・利用限度額ともに条件が素晴らしい

  • ・最低実質年率・・・4.8%
  • ・最高実質年率・・・8.8%
  • ・最低利用限度額・・・50万円
  • ・最高利用限度額・・・1,000万円

実質年率に関しては、「エグゼクティブOne」とほぼ同じ設定になっています。最高実質年利率でも10.0%を切っているので、有利な借り入れができます。

もちろん、おまとめ利用もできるのできます。融資金使途は自由に設定されているのです。使い方は限定されません(事業資金としての利用は不可)。

利用限度額に関しては、最低利用限度額に注目すべきです。最低でも50万円に設定されているので、比較的高額設定がされやすい、といったことが理解できます。

「PRECIOUS ONE」は最高利用限度額が1,000万円に設定されているので、高額の利用も可能です。

融資金額が300万円までであれば収入証明書類は不要、とされています。300万円までであれば、比較的簡単に限度額設定ができるのではないか、といったことも見えてくるのです。

・申し込み条件がそれほど厳しくない

「エグゼクティブOne」では、以下のうちいずれかに当てはまらなければ利用できませんでした。

  • ・第三銀行の口座に給与振込を行っていること(毎月10万円以上)
  • ・第三銀行で住宅ローンを利用していること
  • ・前年の税込み年収が400万円以上であること
  • ・自営業の方は事業所得が400万円以上であること

一方の「PRECIOUS ONE」には、上記の条件は一つも関係ありません。

  • ・第三銀行の営業区域内に住んでいる、または務めていること
  • ・安定継続した収入があること
  • ・保証会社(オリックス・クレジット(株))の保証を受けられること

上記の3つの条件だけです。特に難しい条件が設定されているわけではないので、申し込みのハードル自体はそれほど高くありません。

毎月の返済額と返済日について

毎月の返済額に関しては、各カードローンによって違いがあります。毎月の返済金額が高額設定されているローンもあれば、少額設定にされているローンもあるのです。

・「SUN」の毎月の返済額とは

利用残高に応じた返済額が設定されます。ずっと一定ではなく、利用をしたり、返済が進んでいったりすると、返済額が変動していくのです。

利用残高の基準日は前月末です。その時点で残高がどの程度の金額になっているかによって、当月の返済額が決まります。

【前月末残高と返済額設定】

  • ・前月末残高が10万円以下のケース・・・2,000円
  • ・前月末残高が10万円超20万円以下のケース・・・5,000円
  • ・前月末残高が20万円超50万円以下のケース・・・10,000円
  • ・前月末残高が50万円超100万円以下のケース・・・20,000円
  • ・前月末残高が100万円超200万円以下のケース・・・30,000円
  • ・前月末残高が200万円超300万円以下のケース・・・40,000円
  • ・前月末残高が300万円超400万円以下のケース・・・50,000円
  • ・前月末残高が400万円超500万円以下のケース・・・60,000円
  • ・前月末残高が500万円超600万円以下のケース・・・70,000円
  • ・前月末残高が600万円超700万円以下のケース・・・80,000円
  • ・前月末残高が700万円超800万円以下のケース・・・90,000円
  • ・前月末残高が800万円超900万円以下のケース・・・100,000円
  • ・前月末残高が900万円超1,000万円以下のケース・・・110,000円

・「エグゼクティブOne」の毎月の返済額とは

エグゼクティブOneに関しても「SUN」と同じように、利用残高によって毎月の返済額に違いが出てきます。

ただし、SUN」よりも最低毎月返済額は高額に設定されています。

【前月末残高と返済額設定】

  • ・前月末残高が100万円以下のケース・・・20,000円
  • ・前月末残高が100万円超200万円以下のケース・・・30,000円
  • ・前月末残高が200万円超300万円以下のケース・・・40,000円
  • ・前月末残高が300万円超400万円以下のケース・・・50,000円
  • ・前月末残高が400万円超500万円以下のケース・・・60,000円

・「PRECIOUS ONE」の毎月の返済額とは

「SUN」、「エグゼクティブOne」と同じように前月末の残高によって返済金額が決まる設定となっています。

毎月の返済額については「SUN」と同じです。

【前月末残高と返済額設定】

  • ・前月末残高が10万円以下のケース・・・2,000円
  • ・前月末残高が10万円超20万円以下のケース・・・5,000円
  • ・前月末残高が20万円超50万円以下のケース・・・10,000円
  • ・前月末残高が50万円超100万円以下のケース・・・20,000円
  • ・前月末残高が100万円超200万円以下のケース・・・30,000円
  • ・前月末残高が200万円超300万円以下のケース・・・40,000円
  • ・前月末残高が300万円超400万円以下のケース・・・50,000円
  • ・前月末残高が400万円超500万円以下のケース・・・60,000円
  • ・前月末残高が500万円超600万円以下のケース・・・70,000円
  • ・前月末残高が600万円超700万円以下のケース・・・80,000円
  • ・前月末残高が700万円超800万円以下のケース・・・90,000円
  • ・前月末残高が800万円超900万円以下のケース・・・100,000円
  • ・前月末残高が900万円超1,000万円以下のケース・・・110,000円

・返済日について

毎月6日が返済日に設定されています。

6日になると、返済用預金口座から自動引落が行われます。仮に6日が銀行休業日であった場合には、翌営業日が返済日となります。

第三銀行カードローンを利用する際の注意点

・第三銀行の営業区域内に住まいか職場がないと利用できない

第三銀行カードローンは全国対応しているわけではありません。基本的に、第三銀行の営業区域内に生活圏がなければ利用できない、としているのです。

【第三銀行の営業区域】

  • ・三重県・・・全体をカバー
  • ・愛知県・・・一部利用できない地域あり
  • ・岐阜県・・・一部利用できない地域あり
  • ・奈良県・・・一部利用できない地域あり
  • ・和歌山県・・・一部利用できない地域あり
  • ・大阪府・・・一部利用できない地域あり

三重県にある地方銀行が第三銀行ですが、その他の地域でも一部利用可能です。近畿・東海地区が生活圏であれば、利用できる可能性があります。しかし、他の地域を基盤としている方の利用はできません。

・専業主婦が利用できないカードローンあり

  • ・SUN・・・専業主婦の借り入れ可能
  • ・エグゼクティブOne・・・専業主婦の借り入れ不可
  • ・PRECIOUS ONE・・・専業主婦の借り入れ不可

SUNについては、配偶者に収入のある専業主婦の利用は可能としています。しかし、エグゼクティブOneとPRECIOUS ONEに関しては貸出不可となっているのです。

銀行カードローンは専業主婦の貸出を行っているイメージもありますが、第三銀行ではカードローンごとに設定が変わってくるので注意して下さい。