学生がアコムでキャッシング申し込みをするときに知っておきたいこと4選

アコムはアルバイト収入のある学生でも借りられるの?

学生ともなると、高校生の頃以上に生活においてお金を使う場面が多くなります。中には「友人の結婚祝い」とかも、この時期に有り得る話です。お金を使う際に十分な貯金があれば良いのですが、常にそうであるとも限りません。そこで有効な手段が「キャッシング」で、アコムなどの消費者金融で利用することができます。

ですが気になるのは「学生でもアコムでキャッシングできるのか?」ということです。学生は利用できないのであれば、キャッシングという選択肢は消えることになります。

アコムの場合、貸付条件(申し込むための条件)は「20歳以上安定した収入と返済能力を有する方」と明記されています。なので、学生の場合は20歳を超えていて、安定した収入がある、つまり「アルバイトをしている」場合であれば、アコムの貸付条件を満たすことになります。

安定収入のある学生でも審査落ちする可能性はある

ですが、20歳を超えてアルバイトをしている学生であっても、アコムの審査に落ちる可能性があります。アコムの貸付条件には「当社基準を満たす方」とあります。これは、アコムが設定している審査基準をクリアしている人でないと、キャッシングを利用できないということになります。

アコムのキャッシングに申し込む場合、学生も社会人と同じ審査基準で審査されることになります。つまり、社会人に比べてさまざまなポイントで不利になリます。不利になるおおまかなポイントとしては「就労形態」「年収」「勤続年数」あたりが考えられます。

まずは「就労形態」です。これは「一般社員」「契約社員」「パート・アルバイト」などが該当するものであり、基本的に一般社員で役職のある人か、公務員が最も有利になります。学生の場合はアルバイト一択となりますが、これは就労形態の中でも最も不利になる属性です。

次に「年収」です。基本的に年収が多いほど審査に通りやすく、限度額も高く設定することができます。学生のアルバイトではそこまで多くのお金を稼ぐことは難しく、社会人に比べてそれなりに不利になります。アコムは消費者金融なので、「総量規制」の制限もあります。そのため、年収の3分の1までなので、そこまで多くのお金を借りることも難しいです。

最後に「勤続年数」が挙げられます。これは、どれだけその会社・お店で働き続けているかということで、基本的に勤続年数が長いほど審査では有利になります。学生のアルバイトは、学生になってから始めたのであれば長くても3~4年という計算になります。1年を超えていればそこまで不利になることもありませんが、5年、10年と勤続している社会人に比べれば不利であることには変わりません。

こういったポイントは、その人の「返済能力」を見ています。要するに「この人に貸して、きちんと利息込みで返済してくれるのか」ということを調べているのです。学生のアルバイトでは、この点でどうしても不利になるポイントがありますので、審査に落とされてしまう可能性もそれなりにあります。ですが、「絶対に審査に落とされる」ということはありませんので、きちんと20歳以上とバイトによる安定した収入があるのであれば審査に申し込んでみても特に問題はありません。

在籍確認はアルバイト先にかかってくるのか?

キャッシングの審査を行う場合、その過程において「在籍確認」を行います。これは仕事に関することであり、申し込み者が申告した勤め先で「その人が本当に働いているのか」ということを確認する作業になります。基本的に、申告した勤め先に「電話」をして在籍の確認を行います。これに何か問題があれば、審査に落とされる可能性が高くなります。

さて、学生のアルバイトであっても、この在籍確認はきちんと行われます。その際に問題となるのは「どこに電話がかかるのか」ということです。一般的な正社員であれば、勤め先に普通に電話をかければ済む話ですが、アルバイトとなると「どういったバイトをしているのか」で異なります。一般的な商店等に勤めている場合であれば、その勤め先に電話連絡が行われます。イレギュラーとなるのは、例えば「派遣」による就労形態です。この場合は「派遣先」ではなく「派遣元」に連絡が行われます。もう一つは「個人的な家庭教師」のように、特定の勤め先ではない場合です。この場合は家庭教師している家庭に電話するわけにもいきませんから、別の方法で在籍確認を行うことになります。

電話以外の在籍確認方法について

一般的に、キャッシングに伴う在籍確認は電話連絡を行います。しかし、前述の個人的な家庭教師のような就労形態の場合であれば、電話での連絡ができません。また、他にも勤め先の都合等もあって電話連絡が適さないという場合もあります。その場合は申込時に申告することで、別の申込方法を実行することになります。

具体的には「働いている・安定した収入を得られている」ということを確認できるものを提出することになります。例えば「収入証明書」や「契約書」がこれに該当しますが、取り扱いに関しては金融機関ごとに異なります。

在籍確認以外にも、電話連絡が向かう先はあります。それは「自宅」です。これは「申告した連絡先が正しいものかどうか」を確認するためのものであり、最終的に審査結果の通知のためにも電話連絡は行われます。ここで注意したいポイントは「家族バレ」です。アコムでのキャッシングの存在を家族にバレたくない場合だと、自宅への電話連絡は避けなければなりません。

自宅への電話連絡を避ける方法はきちんと存在します。まず「自宅の電話番号を申告しない」ということです。最近は携帯電話およびスマートフォンの普及によって自宅に固定電話をひいていない家庭も珍しくありません。なので、「自宅に固定電話はない」として自分の携帯電話番号だけ申告しておけば、自宅に電話連絡が向かうことはありません。

他にも「自宅への郵送物」も家族バレの可能性を持ちます。ローンカードの郵送はカードを自分で受け取るようにして、延滞等の問題を起こさなければ催促の郵送物なども送られてくることはありません。こうした工夫をこらすことで、電話連絡や郵送物による家族バレや周囲バレを起こすリスクを可能な限りゼロに近づけることが可能になります。

学生が借りられる限度額について

キャッシングを利用するにあたって気になるポイントの一つとして「いくらまで借りることができるのか?」ということが挙げられます。これを一般的に「限度額」というのですが、学生の場合はそこまで多くの金額を借り入れることは難しいといえます。

その理由として、まず先ほども少し触れた「総量規制」が挙げられます。これは消費者金融の貸付に関する法律であり、これには「年収の3分の1までしか貸付できない」というルールが有ります。例えば年収が150万円であれば、その3分の1までの50万円までしか借りることができないというわけです。なお、この金額は「融資全体の合計」なので、例えば年収の3分の1が50万円で1社から50万円を借り入れている場合、他の消費者金融からはそれ以上の融資を受けることができません。なので、年収の多さが、そのまま限度額の上限を引き上げることにつながります。

限度額は、年収の3分の1がそのまま適用されるというわけではありません。限度額は「そこまで借りることができる金額」であり、金融機関側としては「最悪の場合はその全額が貸し倒れになる」という金額です。なので、返済能力が十分であり、貸し倒れのリスクの少ない人手あれば安心して融資することができますが、逆の場合は年収の3分の1よりも少ない金額が限度額として設定されることになります。

返済能力については前述のとおり、その人の属性や年収を見て判断します。学生の場合、社会人に比べて返済能力に関わる属性が不利になることが多く、なおかつ年収もそこまで多くはありません。仮に毎月8万円稼いでいたとしても、年間で96万円なので、約30万円ほどしか借り入れることができません。審査の結果、何か問題があるのであればそれよりも少なくなります。

他社借入額等の借金の状況については「信用情報機関」から情報を引き出すので、申し込みにあたって虚偽の申請をしてもバレてしまいます。もし、申し込みにあたって嘘の申告を行い、それが担当者にバレてしまった場合は審査結果は絶望的な結果となることでしょう。

アコムのキャッシングが「学生ローン」ではないので、学生も社会人と同じ基準で審査されることになります。なので、どうしても不利になることは否めません。それは限度額にも影響します。総量規制以上の金額を借り入れたいというのであれば、総量規制の対象外である「銀行カードローン」に申し込むことも一つの手段ですが、銀行カードローンは消費者金融よりも審査基準が厳しいので、それなりの覚悟をもって臨むことをおすすめします。

まとめ

学生でもアコムでキャッシングすることは可能ですが、社会人に比べるとそれなりに不利になることは否めません。ですが、可能性はゼロではありませんので、きちんとアルバイトして20歳の誕生日を迎えていれば、チャンスは十分にあります。

不利だからと、審査に申し込む際に嘘の申告をすることだけは絶対にしてはいけません。ほぼ確実に審査に落とされますし、その履歴は今後もアコムに残り続けることになる可能性もあります。どう考えても自分をさらに不利にするだけなので、正直に申告することを第一に考えてください。それでも審査落ちしてしまうのであれば、どこかに問題があるということです。仕事に関することか、在籍確認に問題があったのか、他の消費者金融にキャッシングの申し込みをする際にも参考になりますので、その場合はきちんと分析してから次の申し込みに臨むようにしましょう。