ソニー銀行カードローンの返済額と返済方法、返済日の変更について

毎月の返済額はどうやって決まるのか?

・ソニー銀行カードローンの返済方式

ソニー銀行カードローンでお金を借りた場合には、毎月の返済額を自分で決められるわけではなく、返済額はあらかじめ決まっています。返済額を決める基準になるのが返済方式ですが、ソニー銀行カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビング方式となっています。残高スライドリボルビング方式は、借入残高に応じて毎月の返済金額が段階的に変わるもので、残高が多いほど返済額も多く、残高が減るにつれて返済額が減っていくしくみになっています。

・ソニー銀行カードローンの返済額

ソニー銀行カードローンでは、前月の約定返済日の利用残高を基準に返済額が決まります。具体的には、以下のようになっています。

利用残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 10,000円
80万円超100万円以下 12,000円
100万円超150万円以下 15,000円
150万円超200万円以下 20,000円
200万円超300万円以下 30,000円
300万円超400万円以下 35,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円

返済方法と返済時の注意点について

・約定返済は口座引落のみ

カードローンの返済には、約定返済と随時返済があります。約定返済は、金融機関と取り決めた方法による返済で、毎月1回必ず行わなければならないものです。一方、随時返済は約定返済以外に自分の好きなタイミングで返済できるものです。

ソニー銀行カードローンでは、約定返済の返済方法は口座引落のみになっています。ソニー銀行カードローンの申し込み時には、毎月の返済日を指定したうえで、ソニー銀行の口座からの口座引落の手続きをします。これにより、毎月、指定した日に、利用残高に応じた返済額がソニー銀行の普通預金口座から引き落としされることになります。

・提携ATMから随時返済も可能

ソニー銀行カードローンでは、ローン専用カードを発行してもらえるほか、キャッシュカードにカードローン機能を付けることもできます。このカードを使って、提携ATMからいつでも返済ができます。なお、提携ATMから入金した返済金は、あくまで随時返済の扱いとなり、約定返済は通常どおり口座引落で行われることになります

・残高不足なら延滞になるので注意

ソニー銀行カードローンでは、残高不足で返済日に返済金の口座引落ができなかった場合には、約定返済ができなかったことになりますから、延滞になってしまいます。口座残高が足りないからと言って、返済日に提携ATMから返済しても、約定返済の扱いにはなりません。延滞を防ぐためには、口座残高が不足しないように注意しておく必要があります。

・提携ATMからは利息の返済はできない

ソニー銀行カードローンでは、提携ATMから随時返済を行った返済金については、全額元本の扱いになります。利息については毎月の約定返済の際に清算されますから、提携ATMから利息分を支払うことはできません。

カードローンの借入残額をATMから全額返済した場合にも、利息については返済されてないことになってしまいますから、約定返済日に利息分が引き落としされてしまいます。全額返済して借金を完済したい場合には、サービスサイトから手続きする必要があります。

・一体型カードは挿入する方向に注意

ソニー銀行カードローンでは、カードローン一体型のキャッシュカードも発行しています。一体型カードの場合には、キャッシュカードとカードローンでカードの挿入方向が違います。

返済日に約定返済をするためには、キャッシュカードを使って普通預金口座に返済額を入金しなければなりません。もしカードローン方向で入金してしまった場合、普通預金口座には入金されず、残高不足となり延滞してしまう可能性があります。

・随時返済を活用して早めに完済するのがおすすめ

ソニー銀行カードローンの返済額は、残高10万円以下の場合にはわずか2000円と、業界最低水準になっています。専業主婦が借りる場合なども、毎月の返済が家計の負担になるようなことはあまりなく、利用しやすいカードローンと言えます。

ただし、返済額が少ないということはなかなか元本が減らず、延々支払いを続けてしまう可能性もあるということです。手元資金に余裕があるときには、随時返済を行い、早期完済を目指すのがおすすめです。

返済日や返済額を変更することはできるのか?

・返済日を変更する方法

ソニー銀行カードローンの申し込み時には、毎月2、7、12、17、22、27の6つの中からいずれかの日を返済日に指定することができます。自分の都合の良い日を選べますから、給料日に合わせて返済しやすい日を設定できます。

一度決めた約定返済日を途中から変更することもできます。約定返済日を変更したい場合には、サービスサイトへログインし、「カードローン」→「返済日・月の変更」から手続きします。なお、約定返済日の変更の際には手数料540円(税込)がかかります。

ソニー銀行では、利用者が契約している全てのローンの返済日は同一の扱いになっています。ソニー銀行で住宅ローンや目的ローンを利用している人は、カードローンの返済日を変更することにより、他のローンの返済日も一律に変更されてしまいますから、注意しておきましょう。

・返済額を変更する方法

ソニー銀行カードローンの返済額は、前月の約定返済日の利用残高を基準に自動的に決まります。ですから、基本的には返済額の変更というのはできません。そもそも、約定返済額は最低返済額ですので、返済額を減らすということはできません。なお、返済額を増やしたい場合には、約定返済とは別に、随時返済を行う方法があります

随時返済したい場合には、提携ATM、サービスサイト、テレホンバンキングという3つの方法があります。提携ATM利用の場合には、現金で入金することになります。サービスサイトまたはテレホンバンキングで返済手続きをすれば、ソニー銀行の口座から返済金が引落される形になります。

返済が遅れそうなときにすべきこと

・滞納を防ぐには返済日までに入金が必要

ソニー銀行カードローンでは、返済日に普通預金口座に返済額の入金がない限り、約定返済の扱いになりません。返済日に口座残高が不足している場合には、たとえ翌日に返済金を入金しても引き落としされないということです。

ソニー銀行カードローンの滞納を防ぐためには、返済日までに返済金を用意する必要があります。もし返済日に遅れそうな場合、次回の返済日には確実に返済できるようにしておかなければ、どんどん滞納を重ねてしまうことになります。

・口座の残高管理にさえ気を付ければ良い

ソニー銀行カードローンでは、毎月の返済額は業界最低水準になっていますから、支払いが困難になるということはあまりないと思います。ですから、滞納しないためには、とにかく口座残高が不足しないよう気を付けておくに尽きるということです。

残高不足を防止するために、給与受取口座をソニー銀行の口座にして返済日を給料日直後にするという方法もあります。また、ソニー銀行では、毎月他の銀行から指定された額をソニー銀行の口座へ自動的に手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も実施しています。給与受取口座の変更ができない場合には、おまかせ入金サービスを利用して残高を確保するという方法も検討してみましょう。

・約定返済日中に入金すれば間に合う

ソニー銀行カードローンでは、約定返済日の2359分までにソニー銀行の口座に返済金を入金すれば引き落としされます。返済日当日になって残高不足に気付いた場合にも、焦らずキャッシュカードを使って入金しましょう。なお、他の金融機関から振込で入金する場合には、締め切り時間を過ぎてしまうと当日中に入金されません。返済日当日の入金は、24時間利用可能なコンビニATMを利用するのが安心です。

滞納したらどうなるの?

・口座引落できなければ遅延損害金が発生

約定返済日に約定返済額の引き落としができなかった場合には、返済日の翌日以降引き落としが完了するまでの間、遅延損害金がかかります。ソニー銀行カードローンでは、口座引落は毎月1回になりますから、少なくとも次回の約定返済日までは遅延損害金がかかってしまうということです。

なお、残高不足で返済できなかった場合に、提携ATMから返済する方法もあります。ただし、この場合には返済金は全額元本に充てられますから、遅延損害金を払うことはできません。遅延損害金については、次回の約定返済日の口座引落の際に清算される形になります

・ソニー銀行カードローンの遅延損害金

返済日に返済ができず、翌月の返済日まで遅延損害金がかかってしまうとなると不安になる方も多いと思います。しかし、ソニー銀行カードローンの遅延損害金は年14.6%となっており、他社が20%に近い遅延損害金をとっているのに比べてかなり低い利率になっています

実際のところ、一度残高不足で返済ができなかったとしても、翌月に引き落としができれば、それほど大きな損失にはなりません。ただし、延滞したという記録は残ってしまいますし、こうした延滞を何度も重ねることにより、信用情報に登録されてしまう可能性もあります。ソニー銀行カードローンを利用するなら、返済日に残高不足にならないよう注意が必要です。

・滞納はメールで連絡が来るだけ

ソニー銀行カードローンの返済金を滞納してしまった場合、督促されるのではないかという不安もあると思います。ソニー銀行カードローンでは、返済日に口座引落ができなかった場合、メールで連絡が届きます。連絡があったら次回は引き落としされるよう口座に入金しておけば良いだけですから、一度滞納しただけなら特に不安になる必要はありません。

ただし、次回以降も引き落としができず、滞納を重ねてしまえば、電話や郵送で督促が来る可能性があります。くれぐれも滞納しないように気を付けておきましょう。

・滞納が続けば強制解約になる

ソニー銀行カードローンで借りたお金の滞納が続けば、やがて強制解約になってしまいます。強制解約になった場合には、ソニー銀行カードローンの利用ができなくなるだけでなく、ブラックリストに載ることになりますから、他社からの借入れも困難になってしまいます。カードローンで借りたお金はきちんと返済できるよう、計画的な利用を心がけましょう。

まとめ

ソニー銀行カードローンの返済方法は、口座振替が原則になっています。返済日に口座残高が不足していれば、滞納してしまうことになりますから、口座残高の管理には十分気を配らなければなりません。ソニー銀行カードローンを利用するなら、ソニー銀行の「おまかせ入金サービス」を活用するなどし、返済日に口座残高が不足しないようにしておきましょう。

なお、ソニー銀行カードローンの返済額は業界最低水準なので、毎月の約定返済だけでは元本がなかなか減りません。ATMやサービスサイトから積極的に随時返済を行い、元本を早く減らして完済することを目指しましょう。