ソニー銀行カードローンの審査申し込み条件と審査基準について徹底解説

ソニー銀行カードローンの借入条件とは?

・ソニー銀行カードローンの申込条件

ソニー銀行カードローンでお金を借りることができるのは、次の条件をみたす人になります。

(1)ソニー銀行の円普通預金口座を持っている人(同時申し込み可能)

(2)申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の人

(3)原則、安定した収入がある人

(4)日本国籍の人、もしくは外国籍で永住権を持っている人

(5)保証会社であるアコムの保証を受けられる人

・専業主婦でも借りられる

ソニー銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申し込みができます。この場合にも、配偶者の同意書等は不要です。なお、専業主婦の場合には、利用限度額の上限は50万円になります

・学生でも借りられる

20歳以上の学生は、アルバイト等で収入があれば、ソニー銀行カードローンの申し込みができます。

ソニー銀行カードローンの審査の流れについて

ソニー銀行カードローンに申し込む場合、申込から審査、契約までの流れは次のようになります。

1.申込

ソニー銀行には店舗や無人契約機はないので、カードローン申込方法はインターネットのみになります。

ソニー銀行ホームページの「カードローンお申し込み」から、必要事項を記入して送信すれば申し込みができます。

既にソニー銀行の口座を持っている人は、サービスサイトの「カードローン」→「仮審査申込」から申し込みができます。

2.仮審査結果の連絡(メール)

申込から最短60分で仮審査結果の連絡がメールで届きます。

仮審査に通過した後、ソニー銀行の口座を持っていない人は、インターネットで口座開設の手続きを行います。

3.在籍確認及び意思確認(電話)

勤務先への在籍確認と申込者本人への意思確認の電話がかかってきます。

既にソニー銀行の口座を持っている人は、在籍確認のみになります。

4.必要書類の送付(FAXまたは郵送)

申し込み時に必要書類のある人は、FAXまたは郵送で提出します。

5.本審査結果の連絡(メール)

登録メールアドレスに本審査結果の連絡があります。

既にソニー銀行の口座を持っている人は最短で申込当日、ソニー銀行の口座を持っていない人は最短で申込翌日の連絡になります。

6.契約完了

インターネットを利用してサービスサイトから借入、返済が可能になります。

ローン専用カードやキャッシュカード発行がある場合には、郵送で届きます。

ソニー銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利でお金を貸してくれますから、その分審査も厳しくなっています。ソニー銀行カードローンの保証会社はアコムとなっており、アコムが審査を行っていますが、だからと言ってアコムと同様の審査基準になるわけではありません。アコムの審査に通る人でも、ソニー銀行カードローンの審査に落ちることはあります。なお、ソニー銀行カードローンでは、以下のような審査基準をもとに審査を行います。

・安定した収入の有無

ソニー銀行カードローンの審査に通るかどうかで重要な基準になるのは、安定した収入があるかどうかです。安定した収入があるとは、必ずしも正社員でなければならないという意味ではありません。パートやアルバイトでも、毎月コンスタントに給与が入ってきている人であれば、ソニー銀行カードローンの審査に通ります。逆に、正社員であっても、休職中で給与が途絶えているような場合には、審査に通らないことになります。

安定した収入というのはいくら以上という基準は特に設けられていませんが、基本的に借りたい額とのバランスによって決まります。つまり、収入が多い人ほど多くの額を借りられるということです。ただし、カードローンでは、初回から多くの額を借りることはどのみち難しいですから、収入の低い人でも比較的審査に通りやすくなっています。

例外的に、専業主婦の場合には、自らに収入がなくても、配偶者である夫に安定した収入があれば、ソニー銀行カードローンの審査に通ります。専業主婦が借りる場合には利用限度額50万円という制限がありますが、夫の同意書や収入証明書もなしで借りられますから、夫に内緒で借りたいという人にとっても利用しやすくなっています。

・勤務先・勤続年数

ソニー銀行カードローンの審査の際には、勤務先についても審査されます。公務員や大手企業勤務のサラリーマンであれば、審査に通りやすくなります。なお、勤務先だけでなく、勤続年数も重要になります。転職回数が多い人は、今の会社もまたすぐに辞めるかもしれないと銀行側にも思われてしまいます。一ヶ所に長く勤めている人であれば、この先も安定した収入が継続して入ってくるものと銀行側も判断しますから、お金を貸してもらいやすくなります。

・他社借入残高・件数

ソニー銀行カードローンでは、他社からの借入残高や借入件数も審査します。銀行カードローンでは、消費者金融のような総量規制による制限はありません。そのため、他社で年収の3分の1相当の額を既に借りていても、ソニー銀行カードローンから追加で借入れができる可能性はあります。

ちなみに、カードローンの審査では一般に、借入残高よりも借入件数の方が重視されます。たとえば、1社から150万円借りている人よりも、3社から合計100万円借りている人の方が審査では不利になることがあるということです。既に2社以上から借りている人は審査に通りにくいと考えておいた方が良いでしょう。

なお、ソニー銀行カードローンは資金使途が自由ですから、借金一本化のための借り換え(おまとめローン)として利用することも可能です。ただし、ソニー銀行側では、おまとめローン前提での個別の審査には対応していません。たとえ借り換え目的でも、他社借入件数が多い状態で申込すれば、結局審査に落ちてしまう可能性があります。心配な方は、おまとめローンの対応をしている金融機関に申し込んだ方が良いでしょう。

・ブラックリストに載っていないか

ソニー銀行カードローンでは、保証会社のアコムが審査を行っていますので、アコムが加入している株式会社日本信用情報機構(JICC)や株式会社シー・アイ・シー(CIC)に申込者の信用情報の照会が行われます。これらの信用情報機関の登録情報からは、過去の消費者金融系キャッシングやクレジットカードの利用状況(クレジットヒストリー)がわかります。過去57年以内に債務整理や長期延滞などのトラブルを起こしたことがあれば、その情報が残っていてブラックリストに載った状態ですから、審査に通らないことになります

審査申し込み時に必要な書類について

必要書類

【300万円を超える利用限度額を希望しているケース】

・源泉徴収票のコピー

・住民税課税決定通知書または課税証明書のコピー

・確定申告書のコピー

・納税証明書(その1・その2)のコピー

※前年度のものでなければなりません。

※いずれか1通が必要になります。

【「初回振込サービス」を希望しているケース】

※申込時にソニー銀行口座を持っていない方のみ

・振り込み口座の普通預金通帳、またはキャッシュカードの券面コピー

・本人確認資料のコピー・・・各種健康保険証、運転免許証(いずれか1通)

※上記の2つの書類提出が必要になります。

【外国籍の方が申し込みをするケース】

・在留カードのコピー

・特別永住者証明書のコピー

※いずれか1通が必要になります。

必要書類を送付するときには、記入が必要な書類もあります。ソニー銀行のサービスサイト「MONEYKit」にPDFファイルがあるので、そちらをコピーして使ってください。

審査に通りやすい人の特徴とは?

カードローンの審査では、これまで一度も借金をしたことがない人が通りやすいということはありません。借金をしたことがないということは、クレジットヒストリーもないということですから、金融機関側も信用できるかどうかの判断ができないのです。つまり、カードローンの審査に通りやすいのは、借金をしたことが全くない人よりも、ある程度借金をしてきちんと返済した実績がある人の方になります。

カードローンの審査に通りやすい人というのは、クレジットカードでよく買物している人です。これまでキャッシングをしたことがなくても、クレジットカードでショッピングを頻繁にしていれば、クレジットヒストリーが蓄積されています。ショッピング代金の支払いも滞納することなくきちんと行っていれば、カードローンの審査の際には有利になります。

ただし、クレジットカードのリボ払いを利用し、ショッピング限度額ギリギリまで借りているような場合には、「リボ天」と呼ばれる状態で、逆に審査に落ちやすくなってしまいます。

ソニー銀行カードローンの特徴について

・銀行カードローンの中でも低金利

ソニー銀行カードローンの金利は、年2.5%~13.8%となっています。銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低くなっていますが、それでも上限金利で14~15%程度が一般的ですから、ソニー銀行カードローンの金利は銀行カードローンの中でも低金利と言えます。

・300万円まで収入証明書不要で借りられる

消費者金融のカードローンでは、1社で50万円を超える借入の場合や他社と合わせて100万円を超える借入となる場合には収入証明書を提出しなければなりません。ソニー銀行カードローンでは、300万円までの借入であれば収入証明書の提出は不要です。既にソニー銀行の口座を持っている人なら、本人確認書類の提出も不要ですから、スピーディーに申込手続きができます。

・即日融資に対応

ソニー銀行カードローンではアコムが保証会社になっており、消費者金融のノウハウを活かしたスピード審査を行っているため、既にソニー銀行に口座を持っている人なら最短で即日融資が受けられます。大手消費者では常識となっている即日融資ですが、銀行カードローンで即日融資に対応しているところは少なく、三菱東京UFJ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローンレイクなどごく一部です。

・初回は他行口座に振込してもらえる

ソニー銀行カードローンでは、ソニー銀行の口座を持っていない場合には、初回振込サービスとして他行口座への振込融資も行ってくれます。初回振込サービスを利用すれば、本審査結果の連絡を受けた後すぐに振込してもらえますから、スピーディーにお金を手にすることができます。

・提携ATMがほぼ手数料無料で利用できる

ソニー銀行は無店舗で営業を行っており、自行ATMというのもありません。そのため、ローンカードを使った借入や返済の際には、提携ATMを利用することになります。

提携ATMを利用するとなると利用者が気になるのは手数料ですが、ソニー銀行カードローンの場合、セブン銀行・イオン銀行ATMでの借入・返済は手数料無料となっています。また、他のコンビニATM(E-net、ローソンATM)や銀行ATM(ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行)でも、返済の際の手数料は無料になっているほか、借入の際の手数料も月4回までは無料です。つまり、ソニー銀行カードローンは、ATM手数料を気にせず利用できるということです。

・返済は月々2000円から

ソニー銀行カードローンでは、前月のローン返済日の利用残高をもとに毎月の返済額が決まります。利用残高10万円以下の場合には、月々の返済額はわずか2000円ですから、無理なく返済を行っていくことができます。

・毎月の約定返済は口座振替

ソニー銀行カードローンの支払方法は、毎月の返済日に行う約定返済についてはソニー銀行の普通預金口座からの引き落としのみとなっています。提携ATMからの入金は随時返済となり、随時返済した場合にも毎月の約定返済分の引き落としは行われます。

・利用明細の郵送なし

カードローンの利用明細が自宅に送られてくると、家族に借金したことがバレるのではないかと気になる方は多いと思います。ソニー銀行カードローンでは、サービスサイトを利用してWebで利用明細を確認できますので、利用明細が自宅へ郵送されてくる心配もありません。

・総量規制の対象外

ソニー銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードではありません。銀行カードローンなので、年収に縛られずにお金を借りる事ができます。

消費者金融やクレジットカードの場合は総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超える借入ができません。しかし、ソニー銀行カードローンは、総量規制の対象範囲外なので年収の制限なくお金を借りる事ができます。

専業主婦の申し込みも認められています。ただし、専業主婦が申し込みを実行する場合には、配偶者に収入があることが条件です。利用限度額は50万円までと限定されています。

ソニー銀行カードローンはこんな人におすすめ

・安心して借り入れたい人におすすめ

ソニー銀行は、その名の通りに大手の電機メーカーであるソニーが出資してできた銀行です。ネット銀行ではありますが、大企業が関わっている、といった安心感があります

・低い金利で借り入れしたい方におすすめ

銀行カードローンの中でもかなり低金利です。

最低実質年利率は2.5%で最高実質年利率は13.8%になっています。

一般的な銀行カードローンの最高実質年利率は、14.0%から15.0%程度です。お得に借り入れできるのがよくわかると思います。

・すぐに借り入れしたい方におすすめ

ソニー銀行カードローンは、銀行カードローンでありながら最短即日融資を可能としています

申し込みから仮審査、そして必要書類の提出から本審査、そして契約手続きが終了すれば借り入れできる状態になります。即日融資の依頼方法はホームページや電話から実施するか、ソニー銀行のキャッシュカードを利用してATMから引き出します。

即日融資を受けるためにはいくつかの条件があり、その一つが申込時にソニー銀行の口座を持っていることです。

・専業主婦で融資をしてもらいたい方

銀行カードローンなので総量規制に関係なくお金を借りられます。

配偶者に収入があることが大前提となりますが、専業主婦でも最大の利用限度額が50万円で利用可能です。

※他の銀行カードローンも専業主婦の利用を認めているケースは有りますが、最大の利用限度額が30万円に限定されているケースが多いです。

ATM手数料をカットしたい方

キャッシングをする時にネックとなってくるのがATM手数料です。銀行カードローンは提携ATMを利用すると、毎回手数料がかかってしまいます。

ソニー銀行カードローンに関しては、提携ATMを利用したとしても手数料は完全無料です。お得な借り入れや返済ができる、といっても過言ではありません。

・返済日を自由に設定したい方

完全に自由に設定できるわけではありませんが、毎月の約定返済日はいくつかの候補の中から自由に設定できる、といったメリットがあります。

【返済日に設定できる日】

・毎月2日

・毎月7日

・毎月12日

・毎月17日

・毎月22日

・毎月27日

上記のうち好きな日程を選択してください。

※返済日が土曜日・日曜日・祝日などの銀行の休日である場合は翌営業日が返済日となります。

・少額返済を実行したい方

毎月の最低返済額は2,000円に設定されています。ただし、前月のローン残高によって返済額は決まってくるので、残高が高い方は返済額もしばらくは高額設定となります。返済が進みローン残高が少なくなってくると、少額返済ができるようになるのです。

【前月ローン残高と設定される返済額】

・10万円以下・・・毎月の返済額:2,000円

・10万円超20万円以下・・・毎月の返済額:4,000円

・20万円超40万円以下・・・毎月の返済額:6,000円

・40万円超60万円以下・・・毎月の返済額:8,000円

・60万円超80万円以下・・・毎月の返済額:10,000円

・80万円超100万円以下・・・毎月の返済額:12,000円

・100万円超150万円以下・・・毎月の返済額:15,000円

・150万円超200万円以下・・・毎月の返済額:20,000円

・200万円超300万円以下・・・毎月の返済額:30,000円

・300万円超400万円以下・・・毎月の返済額:35,000円

・400万円超500万円以下・・・毎月の返済額:40,000円

・500万円超600万円以下・・・毎月の返済額:50,000円

・600万円超700万円以下・・・毎月の返済額:60,000円

・700万円超・・・毎月の返済額:70,000円

まとめ

ソニー銀行カードローンでは、スピード審査を行っており、最短60分で仮審査が完了します。さらに、ソニー銀行の口座を持っている場合、即日融資を受けることも可能になっています。

ソニー銀行カードローンは、安定した収入があれば、パートやアルバイトの人でも利用できます。ただし、銀行カードローンの審査は消費者金融に比べて厳しくなっていますから、他社借入件数が多い人や、他社の利用履歴に問題がある人は審査に通らないこともありますから注意しておきましょう。