三井住友銀行カードローンの申し込み時、利用時に届く郵送物について

何らかの契約等に基づいて連絡を行う場合、電話やメール以外にも「郵送」という方法があります。特に複数の印刷物を送信したい場合だと、郵送を利用します。最近ではこれがメールなどの電子サービスに取って代わられていますが、全ての郵送物がメール等に変わっているわけでもありません。

銀行カードローンでも同様です。契約に際して、利用に際して、さまざまなタイミングで郵送物による連絡を行うことがあります。これが一人暮らしであれば問題ないのですが(紙ゴミは増えますが)、問題は同居している家族がいる場合です。消費者金融と違ってまだ言い訳もききますが、内容を見られてしまったらカードローンの存在が家族に露見してしまう可能性もあります。そこで、三井住友銀行カードローンにおける郵送物について解説していきます。

カードローンの契約において郵送物が利用されるのは「ローン専用カードの送付」の際に行われます。具体的には、申し込みを行って、その内容を基にして審査を行い、結果が通知された後のプロセスになります。カードローンと銘打っている以上、三井住友銀行カードローンには「ローン専用カード」というものが存在します。ローン専用カードは、三井住友銀行のATMおよび提携ATMからお金を引き出すために必要になります。銀行における「キャッシュカード」のようなもので、これがなければATMからキャッシングでお金を引き出すことはできません。

審査結果の通知の後、申込方法にもよりますが2種類の方法のどちらかを選んでローン専用カードを受け取ることになります。具体的な受取方法は「ローン契約機でカードを受け取る」か、もしくは「郵送受け取り」になります。後者の場合に、郵送物が発生します。

郵送でローン専用カードを受け取る場合だと、他にも「契約書類」なども同時に送られてきます。これは、それまでの申込手続きでは完了していない本契約のための書類であり、これに本人確認書類などの必要書類を含めて三井住友銀行に返送します。この方法でローン専用カードを受け取る場合、返送した書類の内容を三井住友銀行で確認してから、初めてローン専用カードを使ってATMからお金を引き出すことが出来るようになります。

  • 郵送物が届かないようにすることはできるの?

上記の場合だと、ローン専用カードを受け取るために郵送物が発生してしまいます。とは言え、ローン専用カードだけではなく契約書類も含まれているので、これを受け取らないようにするということは不可能です。なので、申込方法そのものを確認して見る必要があります。

三井住友銀行カードローンの場合、「パソコン・スマートフォン」「インターネットバンキング」「ローン契約機」「電話」「窓口」そして「郵送」です。この中で、確実に郵送物が発生しないのは「ローン契約機」です。何故かといえば、郵送するまでもなくその場で契約が完了し、ローン専用カードの受け取りも可能だからです。

残りの方法の場合、審査に通った後にローン専用カードの受取方法を「郵送」にした場合だと、郵送物が発生します。これを「ローン契約機での受け取り」にすると、郵送物が発生することなくローン専用カードを受け取ることができます。なお、申込方法を「郵送」にする場合でも、申込書類を用意して、受取方法を契約機にすることで自宅への郵送物はなくすことができます。

問題となるのは「ローン契約機に行くことができない」という場合です。申し込み自体はパソコンや郵送でも行えます。しかし、ローン専用カードを受け取る段階になれば、ローン契約機に行かなければ郵送での受け取りだけになってしまいます。ここで活用したいのは「インターネットバンキング」での申し込み方法です。

厳密には、三井住友銀行のインターネットバンキングである「SMBCダイレクト」というサービスです。この申し込み方法は、SMBCダイレクトに登録していることを条件として、簡易的な申し込みと、ローンカードを作らない申し込み完結が可能になります。そのSMBCダイレクトへの登録の条件が「三井住友銀行の口座を保有している」ということであり、この場合は口座のキャッシュカードにローンカードの機能を追加することで、ローン専用カードを送付することなく手続きが完了するのです。この場合、審査通過の通知がなされた時点でキャッシュカードにローンカードの機能が追加され、その時点からATMでのキャッシングが可能になります。「三井住友銀行の口座を持っている」ことを条件としますが、インターネットと電話さえあれば申し込みが完了し、郵送物が発生しないという点は大きなメリットとなります。

  • 郵送物以外から家族にバレる可能性はある?

しかし、郵送物以外の存在から、家族にカードローンの存在がバレる可能性は残されています。郵送物が無いからといって油断していると、思わぬところから家族バレを引き起こしてしまう可能性があります。

まずは「ローンカードの存在」です。前述のインターネットバンキングでのキャッシュカードとの同一化であれば問題ないのですが、他の申込方法やインターネットバンキングでもローンカードを申し込むこともできるので、その場合だとローンカードが手元に残ることになります。それを使ってキャッシングをするのですが、同時に「ローンカードを保有している=キャッシングを利用できる」ということです。もし、ローンカードを見られてしまえばキャッシングの存在が即座にバレてしまいます。「いや、昔使っていたもので既に解約している」と言い訳しても「なら、目の前で破棄して欲しい」と言われたら、面倒なことになります。破棄しても一応、再発行自体はできるのですが、その後に再びローンカードが見つかってしまえば、もはや言い訳はできません。

次に「通帳」です。通帳だけなら何も不審な点はなく、仮に三井住友銀行の通帳を持っていてもカードローンの利用にはつながらないでしょう。しかし、カードローンの借り入れや返済に関する履歴が残っている場合、それによってカードローンの利用がバレてしまいます。本人専用の銀行口座の通帳であれば、日頃誰かに見せるような機会も少ないでしょう。しかし、どんなきっかけで通帳の中身を見られてしまうかわかりません。履歴には取引の内容も簡潔に書かれています。なので、カードローンの利用に関しても隠すことができません。本人専用の通帳なので、厳重に保管しておき、家族にも見られないような場所に隠しておけば問題無いでしょうが、何かの都合で通帳を必要として、その際にちょっと置いていた際に見られるということは十分に想定できます。なので、通帳の取り扱いには十分に注意しなければなりません。もっとも、ATMからの利用だけに限定していれば、この点については問題ないという特徴もあります。ですが、カードローンの利用に銀行口座が関わっている場合であれば、十分注意しなければならない対象となります。

最後に「滞納の連絡」についてですが、これについては後述します。

  • 滞納は絶対にNG!!

家族バレを避けたいと本気で思っているのであれば、「滞納」だけは絶対に避けなければなりません。滞納とは、期日までに規定の金額を返済できないことを言います。当然ながら、お金を融資した側としてはあまり発生してほしくないことでもあります。延滞を発生させた場合には「遅延損害金」として、いわゆるレンタルビデオの「延滞金」のような形で、利息とは別に年間20%程度に相当する金額を追加で支払わなければならなくなります。ペナルティはそれだけではありません。下手をすれば、これが原因で家族にキャッシングの存在がバレてしまう可能性が高いのです。

まず、延滞をしてしまった場合、即座に本人へと電話連絡もしくはメールで延滞の発生と、早めに返済して欲しい旨が通知されます。大抵の場合は、この時点で何らかのアクションを起こし、これ以上その月の延滞に対する連絡は行われません。ですが、中には延滞通知と返済催促の連絡を無視してしまう人がいます。あるいは、本人への連絡先を変更したにも関わらず、銀行側にその旨を連絡していなかったために連絡がつながらなかったという可能性もあります。ともかく、そうなると債権者は次のアクションに移ります。

ここからは金融機関ごとに起こすアクションが異なるかと思いますが、大抵の場合は次に「自宅」もしくは「勤務先」に電話連絡を行います。これらも申し込みの際に申告している内容であるため、金融機関は把握しています。本人に関わる連絡先に電話を行い、本人に取り次いでもらおうとします。ここでも本人に連絡が及ばなかった場合には、金融機関は郵送物で延滞分の支払いの催促を行います。ここまでになると、もはや隠しきれなくなる可能性が高くなります。

本人以外への電話連絡や郵送物は、可能な限り金融機関名を避ける傾向にありますが、これは「消費者金融」に関してです。銀行の場合、そこまで配慮してくれない可能性があります。もともと、銀行からの連絡であれば、誰もそこまで不審に思うことはなく、ダイレクトにカードローンのことだろうとは想定しないでしょう。ですが、郵送物が頻繁に送られてくるようになれば、何らかのトラブルを起こしているのではないかと勘繰る人も多いでしょう。郵送物だけではなく、電話だけでも気がつく人がいるかもしれません。決して油断はできません。

延滞が発生するのは、「返済を忘れている」か「必要な金額が用意出来ていない」ということが考えられます。後者の場合であれば、延滞が発生することはあらかじめ知ることができます。なので、「延滞をしてしまう」ということを、前もって銀行に連絡しておく必要があります。その後の対応は電話の内容次第ではありますが、あらかじめ「何日にはお金を用意できる」ということを言う準備をしておくと良いでしょう。

延滞をする際の注意点としては、延滞中は「追加の借り入れ」ができなくなります。なので、「返済専用のローンカードになる」ということです。延滞をしているにもかかわらず、それ以上に借り入れることなんてできないということです。もちろん、問題が解決すれば追加の借り入れも出来るでしょうが、今までの延滞の履歴などを考慮して契約内容が見直され、追加借り入れを断られてしまうことも十分に考えられます。また、あまりにも長期的に延滞が発生し続けると、残債の一括返済を求められる可能性もありますので注意しましょう。

  • その他、郵送物が届かない金融機関一覧

三井住友銀行カードローン以外にも、郵送物無しで利用することが出来るカードローンは幾つもあります。例えば消費者金融で言えば「アコム」「プロミス」「モビット」などがあります。銀行カードローンなら「三菱東京UFJ銀行」「新生銀行」「住信SBIネット銀行」等が挙げられます。残念ながら、カードや契約書類の郵送が必要な金融機関も多く、郵送物無しで利用したいと思うのであれば金融機関を選ばなければならなくなります。選択肢が限られてしまうことになりますので、この点はデメリットになります。

また、延滞をして連絡を無視し続ければ、どの金融機関でも郵送物による催促は行います。なので、延滞をしてしまうかもしれないという状況下においては、郵送物による家族バレのリスクはどこまでもつきまとうことになります。また、仮に完済して追加借り入れをしないとしても、解約しないかぎりはカードを誰かに悪用されて、それが原因で催促の連絡が入る事も考えられます。もし、二度とキャッシングしないというのであれば、完済後に解約することも視野に入れなければなりません。

まとめ

郵送物だけが家族バレのリスクを持つというわけでもありませんが、家族バレの大きな要因としては十分に考えられます。家族にキャッシングを隠し通したいと思うのであれば、郵送物の存在は決して無視することができません。

延滞による郵送物や電話連絡も、家族バレの大きな要因となります。延滞を起こしてしまえば、他にもどのようなトラブルが起きるかわかったものではありません。家族バレを防ぎたいのであれば、郵送物無しで利用できる金融機関を選び、延滞等のトラブルを起こさず、完済したら解約することも考える、ということを覚えておきましょう。