三井住友銀行カードローンの金利を少しでも安くするコツと金利の決まり方について

三井住友銀行カードローンの金利は安い?高い?

・銀行カードローンは消費者金融よりも低金利

カードローンとは、個人向けの無担保融資のことです。カードローンは、事業性資金以外であれば使いみちも自由ですから、様々な目的のために借りられます。カードローンを申し込むと、カードを使ってATMからお金を借りることもできますから、利用者にとっては手軽で使いやすいローンです。カードローンを取り扱っている金融業者には、銀行と消費者金融があります。

銀行カードローンと消費者金融では、どちらにもメリット、デメリットがありますが、銀行カードローンの大きなメリットは、金利が安いという点です。利息の上限というのは利息制限法により決まっており、元本10万円未満の場合には20%、元本10万円以上100万円未満の場合には18%、元本100万円以上の場合には15%となっています。消費者金融では元本100万円未満の場合にはどこの業者でも上限がほぼ18%となっており、上限ギリギリの金利と言えます。一方、銀行カードローンの上限金利は14%前後ですから、消費者金融よりはかなり低金利です。

・三井住友銀行カードローンの金利の範囲

主な銀行カードローンの金利は、以下のとおりです。

  • ・三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
  • ・三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
  • ・みずほ銀行カードローン 3.5~14.0%
  • ・りそな銀行カードローン(プレミアム)3.5~12.475%
  • ・楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
  • ・オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%

これを見ると、三井住友銀行カードローンの上限金利は、銀行カードローンの中では特に高いわけでも低いわけでもなく、標準的な金利と言えます。なお、下限金利については、やや高めとも言えますが、下限金利が適用される人はそれほど多くはありませんので、あまり参考にはなりません。三井住友銀行カードローンの金利は、銀行カードローンの中では標準的な金利と思っておいて良いでしょう。

限度額と金利について

・限度額とは

カードローンの限度額とは、銀行の融資限度額=利用者の借入限度額のことです。三井住友銀行カードローンでは、契約極度額と呼ばれています。利用者は借入残高が限度額の範囲内であれば、カードを使って何度でもお金を借りることができます。

・金利とは

カードローンの金利とは、利用者側が銀行に対して払わなければならない利息の割合です。金利は1年でどれだけの割合の利息がかかるかという年利で表示されていますが、実際には毎月返済が行われますから、毎月支払う額は年利をもとに日割り計算されることになります。たとえば、金利10%で100万円を1ヶ月(30日)借りた場合の利息は、

100万円×0.1÷365×30≒8219(円)

となります。

・限度額と金利の関係

三井住友銀行カードローンでは、限度額(契約極度額)によって、適用される金利の範囲が決まっています。限度額とそれに対する金利は、次のようになっています。

契約極度額 金利(%)
100万円以下 12.0~14.5
100万円超200万円以下 10.0~12.0
200万円超300万円以下 8.0~10.0
300万円超400万円以下 7.0~8.0
400万円超500万円以下 6.0~7.0
500万円超600万円以下 5.0~6.0
600万円超700万円以下 4.5~5.0
700万円超800万円以下 4.0~4.5

・限度額と金利は審査で決まる

三井住友銀行カードローンに新規申し込みをすれば、審査回答時に限度額が通知されます。さらに、それぞれの限度額で定められた金利の中で、どの金利が適用されるかも通知されることになります。

・限度額は途中で変わることもある

三井住友銀行カードローンでは、契約後利用実績を積むことにより、契約極度額変更の手続きをすることもできます。それまでよりも増枠してもらうことも可能ですから、そうなると金利もより低くなり、利用しやすくなります。

・金利は金融情勢により変わることもある

三井住友銀行カードローンの金利は、固定金利ではなく変動金利になります。金融情勢等により金利の見直しが行われ、当初の金利が変更になることもあります。

金利をすこしでも安くする方法

・限度額が高いほど金利は安い

三井住友銀行カードローンでは、限度額に応じて適用金利が定められており、限度額が高いほど低金利になっています。たとえば同じ100万円を借りるにしても、限度額がいくらになっているかによって適用金利が変わります。つまり、三井住友銀行カードローンでは、契約時に高い限度額が設定されていれば、いくら借りても支払う利息は少なくてもすむということです。

・最初から高い限度額を設定してもらうのは難しい

三井住友銀行カードローンを利用して低金利でお金を借りたければ、できるだけ高い限度額を設定してもらった方が良いことになります。しかし、無担保のカードローンでは、銀行側は誰にでも高額のお金を融資してくれるわけではありません。限度額の設定には収入も関係してきますが、年収が高ければ必ず限度額が高くなるというわけではありません。他社も含めてカードローンの利用が初めてというような場合には、年収に関係なく限度額は低めになります

・低金利で貸してもらうには信用がなければならない

カードローンでは、信用がある人ほどお金を借りやすくなりますから、限度額を上げてほしければ、利用実績を積み、信用度を上げることが大切になってきます。最初は少なめの限度額でもしっかり借りてきちんと返済を行えば、銀行側も「お金を貸してもきちんと返してくれる人」と判断しますから、限度額を上げてもらいやすくなります。そして、限度額が上がれば、金利の負担も抑えられることになります。

毎月の返済額はどうやって決まるの?

・三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンで借りたお金を返済するときには、ATM返済、振込返済、口座振替から返済方法が選べます。なお、ATM返済の場合には、三井住友銀行本支店ATM、コンビニATM(イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMなど)、ゆうちょATM(ローン専用カード利用の場合のみ)を利用できます。

・三井住友銀行カードローンの返済方式

三井住友銀行カードローンでは、残高スライド元利定額方式により返済を行うことになります。残高スライド元利定額方式とは、元本と利息を合わせて毎月一定額を払う方式で、借入残高が減るにしたがって返済額も段階的に減っていくというものです。

・三井住友銀行カードローンの返済額

三井住友銀行カードローンでは、毎月指定した返済日(約定返済期日)までに、借入残高に応じて定められた返済額(約定返済金額)を返済しなければなりません。約定返済期日における借入残高と利息の合計金額が2000円未満の場合にはその全額を返済しなければなりません。

・返済シミュレーションをして計画的に返済するのがおすすめ

残高スライド元利定額方式では、毎月定額を支払うので返済管理がしやすいというメリットがありますが、毎月の返済額のうちいくらが利息でいくらが元本なのかがわかりにくいというデメリットがあります。また、借入残高が減ると返済額も減るので、なかなか元本が減らず、返済期間が長くなってしまいます。

残高スライド元利定額方式のデメリットを少なくするためには、あらかじめ借入額、借入利率から返済シミュレーションをし、毎月の返済額を超えて追加返済をすることにより、早期完済を目指すのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンはこんな人にオススメ!

・三井住友銀行の普通預金口座を持っている人

三井住友銀行に普通預金の口座を持っている人であれば、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)でカードローン申込手続きをするだけで、すぐにカードローンの利用が可能です。三井住友銀行カードローンでは、キャッシュカードにカードローン機能を付けられますから、ローン専用のカードを送ってもらう必要もありません。周りの人に借金がバレる心配も少なくなりますから、安心してお金を借りられます。なお、ローン専用カードを利用したい場合には、希望すれば送ってもらうことができます。

・三井住友銀行の口座を各種引き落としに利用している人

三井住友銀行カードローンでは、既に持っている三井住友銀行の口座を返済用の口座に指定した場合、口座の残高不足時に自動融資を行うバックアップ機能を付けることができます。バックアップ機能を付けることにより、残高不足で引き落としがされないリスクをなくすことができます。電気やガスの料金が止められたりクレジットカード代金を滞納してしまったりする心配がなくなり、口座の残高管理が楽になります。

・電話や無人契約機から申込したい人

パソコン操作が苦手でインターネットからカードローン申し込みができない人は、電話や無人契約機で申込した方がいいと思うでしょう。三井住友銀行カードローンでは、電話による申し込みも受け付けています。また、三井住友銀行の本支店の店舗内にローン契約機(ACM)も設置しているので、ローン契約機を使って、ガイダンスを受けながら簡単な画面操作で申し込みすることも可能です。

まとめ

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行が運営しているので信頼性も高く、低金利で利用しやすいカードローンです。

既に三井住友銀行の口座を持っていれば、パソコンやスマートフォンからインターネットバンキングにより簡単にカードローン申し込みが可能になっており、審査が終わればすぐに利用ができます。カードローン申込により、ATM手数料無料などの特典も受けられるほか、自動融資機能を付けて残高不足も防止できます。三井住友銀行だけでお金の管理ができるので、煩わしさを減らしながらお得を満喫できます。