三井住友銀行カードローンのローン契約機の使用方法と注意点について

三井住友銀行カードローン申し込み前の準備物について

三井住友銀行のローン契約機まで行って、必要書類等が手元にないと、直ぐに申し込みができなかったり、お金をかりることができなかったりします。せっかくローン契約機まで行って、また出直さないといけないとなると、非常に手間がかかってしまいます。

そこで、スムーズに申し込みができるように必要書類はあらかじめ準備しておくと良いです。申し込みの前に下記書類を用意してからローン契約機に行くことをオススメします。

  1. ご本人様確認書類(必須)

運転免許証・運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)等

*それ以外にご本人様確認書類に関しては三井住友銀行のHPをご覧ください。

  1. 収入を証明できる資料

源泉徴収票・納税証明書・所得証明書 等

三井住友銀行カードローンをローン契約機で申し込む方法

三井住友銀行のローン契約機は、三井住友銀行本支店内および、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されています。

ローン契約機に必要書類を持って行き、ローン契約機の画面指示に従って申し込みをします。

申し込みから融資までの流れについて

三井住友銀行カードローンをローン契約機で申し込みをした場合の流れについて、三井住友銀行公式ホームページ上に記載されているので、そちらを抜粋して説明します。

ステップ1 カードローンの申し込み

三井住友銀行本支店内およびSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているローン契約機(ACM)で申し込みができます。

※ローン契約機(ACM)の操作は必ず本人が行ってください。

原則土・日・祝日も21:00まで申込可能です。店舗によって営業時間が異なることがあります。詳細は公式ホームページ上のローン契約機検索で確認してください。

ステップ2 審査

申し込みした内容に基づき、三井住友銀行及び保証会社で所定の審査が行われます。

ステップ3 契約手続きとカード発行

契約手続をしてローン専用カードを受け取ります。

※すでに普通預金キャッシュカードを持っている場合は、キャッシュカードを選択することができます。このキャッシュカードはカードローン返済用預金口座に指定する普通預金のものとなります。その場合、カードローン口座に返済用預金口座として自動的に登録されます。

ステップ4 カードで借り入れ

銀行・コンビニ等のATMで利用できます。

ローン専用カードは、三井住友銀行のATMをはじめ、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATM等で利用できます。

※上記ATM利用手数料・時間外手数料は無料です。その他、提携金融機関のATMも利用できます。その場合、別途、提携金融機関所定のATM利用手数料・時間外手数料がかかります。

ローン契約機で申し込みをする際の注意点

三井住友銀行カードローンを申し込むのにあたり、注意しないといけない点は下記のとおりです。

  1. 必要書類を必ず持って行く。
  2. 本人が必ず来店する。
  3. 営業時間内に必ず来店する。

※ローン契約機の営業時間は、基本的に平日・土・日祝 9:00~21:00 となっています。店舗によって営業時間異なったり、年末年始等は休みになったりするので注意してください。

WEB申し込みとローン契約機での申し込み、それぞれのメリットとデメリットについて

三井住友銀行カードローンの申し込み方法として、WEBとローン契約機があります。どちらも、利用者の都合に合わせて利用すると非常に便利なツールとなっていますが、それぞれメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットについて説明していきます。

・WEB申し込みのメリット・デメリット

  1. メリット

WEB申し込みの場合、いつでも、どこでも申し込みができると言うことが一番のメリットです。

  1. デメリット

WEB申し込みの場合、契約手続きやローン専用カードの受取が、郵送か、ローン契約機で行わないといけないのがデメリットです。

ただし、すでに三井住友銀行の普通預金キャッシュカードをもっている場合は、インターネットバンク(SMBCダイレクト)から申し込むことにより、すぐに利用することが可能です。

・ローン契約機で申し込みのメリット・デメリット

  1. メリット

ローン契約機で申し込みをした場合、オペレーターがリアルタイムで対応をしてくれる為、手続きの間違いや、申し込み情報の訂正がその場ででき、スピーディーに審査が進みます。

  1. デメリット

ローン契約機は、スムーズな手続きができ非常に便利ですが、ローン契約機が設置されている店舗まで出向かないと利用が出来ません。また、営業時間内に入らないといけない為、時間も制約されます。この様にローン契約機は、場所と時間に制限があることが最大のデメリットと言えます。

まとめ

三井住友銀行のローン契約機は、三井住友銀行本支店内および、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているため、全国で1,500台以上あります。

ローン契約機のデメリットとして、営業時間内にローン契約機まで行かないといけないことを挙げましたが、これだけ圧倒的な台数があるため多くの方には、あまり不都合を感じさせないかと思います。

WEB申し込みも便利ですが、必要書類を用意して、ローン契約機で契約すると、スムーズに手続きが進みその場でお金を借りることができます。スムーズに契約をしたい方にはローン契約機での申し込みをオススメします。