学生が三井住友銀行カードローンで借入するための最低条件と審査に落ちやすい人の傾向について

三井住友銀行カードローンは、学生でも利用できるカードローンです。しかし、誰でも利用できるわけではありません。学生であったとしても利用できる人とできない人がいるのです。

こちらでは、学生が三井住友銀行カードローンを利用するためにはどのような条件が必要になってくるのかを掲載します。また、審査落ちしてしまっている方のタイプも明らかにして、審査の詳細な内容に迫ります。

多くの学生は親バレも気にしているでしょう。最後に、親バレを回避するためのおすすめの方法も紹介します。

・条件その1|年齢条件をクリアしていること

  • 申し込み可能最低年齢・・・20歳
  • 申し込み可能最高年齢・・・69歳

三井住友銀行カードローンの申込をする場合には、年齢が20歳から69歳でなければなりません。学生の場合は、20歳未満であるケースも多くなっているので、未成年の学生は利用できない、といった条件になっているわけです。

年齢条件は絶対的な部分でもあるので、クリアできる状況になってからの申し込みを実施して下さい。クリア出来ない状況で申し込みを実施してしまうと、100%審査で落とされてしまいます。

・条件その2|収入条件をクリアしていること

【原則安定した収入があること】

学生の場合、収入を得ていない、といった方もいるでしょう。

  • ・アルバイトをしていない
  • ・親からの仕送りだけで生活している
  • ・親からのお小遣いしか収入がない

上記に当てはまってしまっている場合には、三井住友銀行カードローンで学生が借入することは出来ません。

三井住友銀行カードローンでは収入があることが条件と設定されているので、無収入の方への貸出は行っていないのです。

学生で借り入れを実行したい、と思うのであればアルバイトなどを始めて下さい。収入がしっかりとある状態になれば、返済能力あり、と判断されるようになるので、借り入れできる条件が揃ってきます。

・学生が三井住友銀行カードローンを利用するための条件まとめ

  • ・年齢が20歳以上69歳以下である
  • ・アルバイトなどをしており、安定した収入がある

上記の2つに該当していることが絶対条件になっています。要は、最低ライン、といった感じになっているのです。

仮に両方ともクリアしていたとしても、審査に必ず通るわけではないので、その点は理解したうえで申し込みを実施して下さい。

 

  • こんな学生は審査に落ちやすい

・すでに他のキャッシングサービスで借り入れを実施している

他社借り入れ件数が多い状態になっている学生は、審査ではかなり苦戦してしまいます。

学生の場合は、学生ローンを利用している方も多いでしょう。学生ローンの利用も個人信用情報に記載されているので、確認されてしまえば他社借り入れ件数も分かってしまいます。

他のキャッシングサービスを利用したうえで、三井住友銀行カードローンを利用するとなると返済能力に疑問符が付けられてしまいます。「もしかしたら返済がしてもらえないのでは」といった事を思われてしまいかねません。

他社借入額があると必ず審査落ちしてしまうわけではありません。しかし、全く借り入れがない方と比較すると、圧倒的に審査落ちしてしまう確率が高くなってしまうので注意しなければならないのです。

絶対に三井住友銀行カードローンの審査を突破したいと思うのであれば、他の借金をゼロにした状態にしてください。

・勤続年数が短い

学生の場合は仕方がない、とも言えるのですが、勤続年数が短い場合には審査が不利になってしまいます。

キャッシング側としては、安定して働いてくれる方にお金を貸したい、と思っています。急に仕事をやめられてしまうと、返済してもらえないかもしれません。貸し倒れリスクが生じてしまうのです。

学生のアルバイトは、基本的に勤続年数が短めでしょう。勤続年数が短めになってしまうと、また急にバイトをやめるのではないか、といった事を疑われてしまいます。返済能力に疑問符がつくことになってしまうので、審査では不利になってしまうのです。

・キャッシング、またはクレジットカードでの滞納経験がある

学生の場合は、カードローンの利用が出来るのはもちろんですが、クレジットカードの利用も可能です。カードローン利用者はそれほど多くないかもしれませんが、問題となってくるのがクレジットカードです。

最近の大学生の多くが、クレジットカードを利用してネットショッピングなどを楽しんでいる実態があります。携帯電話料金をクレジットカードで支払っている人もいますよね。

カードローンの滞納情報はもちろんですが、クレジットカードの滞納情報も個人信用情報に記されてしまいます。個人信用情報は、三井住友銀行カードローンの審査でも必ずチェックされてしまうのです。滞納経験があることが発覚してしまうと、信用出来ない人物、といった評価をされてしまいかねません。

カードローンの返済はもちろんですが、クレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠の滞納にも気をつけて下さい。

・高額の限度額を希望してしまう

銀行カードローンの中には、学生や主婦などの申し込み額の条件を30万円や50万円に限定しているところも少なくありません。しかし、三井住友銀行カードローンの場合は特に設定がないのです。

そこで、学生の中には高額の申し込みをしてしまう方もいます。

確かに、三井住友銀行カードローンは学生だからといって制限は設けていませんが、いくらでも貸し付けてくれるわけではありません。そもそも、学生の収入源はアルバイト程度です。年間で100万円を超える収入があれば良い方、といった状況ですよね。さらに、その収入額から返済に回せるお金もある程度限られてしまいます。

学生で三井住友銀行カードローンの申込を検討している方は、なるべく少額の限度額を希望して下さい。不必要なほど高額に設定してしまう、といったことは避けるべきなのです。

他のキャッシングを見習って、30万円程度を限度に申し込む、といったこともおすすめです。

・嘘の情報を申し込みフォーム(申し込み書)に記載してしまう

審査に通りやすくするために嘘をついてしまう、という学生が増えています。ちょっとした嘘であればバレないだろう、と思ってしまうのです。

たとえば、

  • ・収入額を実際よりも増やしてしまう
  • ・他社借入額を低くしてしまう
  • ・他社借り入れ件数を少なくしてしまう

といった事をしてしまう方が実施にいます。

収入額に関しては、収入証明書を提出しなければ正確な額の判別はできません。しかし、学生アルバイトであるのに年収が200万円や300万円もあったらおかしい、と感じるのが正常です。場合によっては疑われてしまうかもしれません。

他社借入額と他社借り入れ件数ですが、嘘は絶対にダメです。100%発覚してしまいます。

個人信用情報をチェックすると、他社借り入れ件数や他社借入額がバッチリと記載されています

たとえば、借入額が本当は35万円なのに30万円とする程度は誤差として捉えてもらえる可能性があります。しかし、35万円なのに10万円としたり、借金をしていない、と記載したりしてしまうと完全なる嘘と捉えられてしまいます。

嘘の情報を記載して申し込みを行ったとなると、審査落ちにされてしまうのです。申し込みフォームや申し込み書には正確な情報を記載して下さい

 

  • 学生が借り入れる際の限度額は?

・三井住友銀行カードローンでは学生用の上限は設定されていない

学生用の限度額上限は設定されていませんが、社会人と同じように高額の借り入れができるわけでもないのです。

学生の場合は正規社員として働いているわけではないので、評価を差し引かれてしまいます。非正規社員と同じような取り扱いになってしまいます。さらに学生は学校にも通わなければなりません。仕事に費やせる時間も限られると判断されるので、更に低い水準の貸付金額になると考えられるのです。

では、実際にどのくらいの貸付金額になるのでしょうか。

・他のキャッシングサービスの学生に対する貸付限度額をチェック

同じく銀行カードローンである「三菱東京UFJ銀行カードローン」の場合には、学生の利用限度額上限は10万円に設定されています。配偶者に収入のある主婦の場合が30万円なので、かなり厳しい判断をしていることが分かります。

一方で、学生に対して貸付を行っている学生ローンの限度額を確かめてみましょう。

【主な学生ローの利用限度額設定】

  • ・アミーゴ・・・30,000円から50万円
  • ・イー・キャンパス・・・50万円
  • ・カレッヂ・・・1,000円から50万円
  • ・マルイ・・・10,000円から50万円
  • ・ベル・・・10,000円から50万円
  • ・フレンド田(デン)・・・10,000円から50万円
  • ・友林堂・・・10,000円から30万円
  • ・キャンパス・・・50万円

学生ローンの限度額設定は、最高でも50万円であることがわかりました。

上記の事から、三井住友銀行カードローンの学生利用による限度額設定は基本的に数十万円、といった予測が立てられます。また、50万円を超える申し込みは非常に困難、といったこともハッキリと見えてくるのです。

申し込みを行う場合には、なるべく50万円未満、できれば30万円未満の設定にするべきです。

  • 学生が借り入れる際の注意点

・アルバイト先が変わった場合にはすみやかに連絡をすること

学生時代は、アルバイト先を頻繁に変えることが多いです。半年に1回程度の頻度でバイト先を変えている方も少なくありません。

キャッシングを利用する時には、仕事先を告げる、といった義務があります。変更があった場合にはそのたびに連絡をして、いま働いている職場を伝えなければならないのです。

もしも伝え忘れてしまうと、正確な情報を記載していないことになるので、借り入れに不利な状況が起こってしまうかもしれません。三井住友銀行カードローン側に信頼してもらうためにも、職場を変えたら連絡する、といった癖をつけましょう。

・ご本人様確認書類を用意すること

自分が誰であるのかを明らかにしなければ借り入れすることは出来ません。申し込みを行う場合には、ご本人様確認書類を準備しておくべきです。

ご本人様確認書類にはいくつかの種類があり、その中で利用しやすいものを用意して下さい。

【三井住友銀行カードローンで対応しているご本人様確認書類例】

運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)等

*それ以外にご本人様確認に利用できる書類に関しては三井住友銀行のHPをご覧ください。

上記した資料が用意できない場合には、事前に連絡を入れて下さい。他にも幾つかの資料で対応してくれるのです。

学生証についてはご本人様確認書類としては取り扱っていないので注意して下さい。免許を持っているのであれば、運転免許証を用意しましょう。

・バイト先の情報を正確に入力(記載)すること

お金を借りる場合には、必ず職場の情報を記入しなければなりません

  • ・会社名
  • ・会社所在地(住所)
  • ・会社電話番号

上記の情報は必須となるので、正確な情報を入力できるような状態にしてから申し込みを行うべきです。

特に重要になってくるのが会社の電話番号です。在籍確認といったものが基本的に行われます。職場に電話連絡があり、申し込み者がその職場で本当に働いているかを確認するわけです。電話番号があやまっていれば、在籍確認自体ができない状態になりかねません。

  • 親バレしないための対処法

・基本的にバレる可能性は少ない

三井住友銀行カードローンですが、学生であったとしても20歳以上の利用しかできないとしています。未成年ではないので、個人の考えでキャッシング利用ができる、といった状態になっているわけです。

「保護者の承諾書」も必要ありません

親に借り入れが発覚する可能性は極めて低いのです。

・契約書とカードの受取はローン契約機で実施すること

契約書とローン専用カードに関しては、郵送受け取りとローン契約機受け取りのいずれかを選択できます。

実家に住んでいる場合で、郵送受け取りを選択してしまうと家族に封筒を開けられて見られてしまうリスクも有ります。

一方で、ローン契約機で契約手続きとローン専用カードの受け取りを行えば郵送されてくるものはありません。親バレのリスクを引き下げられるのです。

・滞納を絶対にしない

基本的に自宅に連絡が来ることはないのですが、滞納してしまうとかかってきてしまう可能性があります。

滞納をしたとしても、まずは携帯電話にかかってくるので心配はありません。しかし、携帯電話にかかってきても電話を受けない、といった事を行ってしまうと、連絡がつかないので実家に電話をかけてしまうのです。

  • ・滞納をしないこと
  • ・電話連絡が来たら直ぐに電話を受けること

以上の対応をしておけば、家族バレをしてしまう確率は極めて低くなります。