三井住友銀行カードローンで増額審査を受けて利用限度額を引き上げる方法について

増額審査の前に気をつけること

・カードローンの限度額は増減する

三井住友銀行カードローンの新規契約をしたら、最初に利用限度額(契約極度額)が設定されます。利用者は、限度額の範囲内であれば、カードを使って何度でもお金を借りることができます。

三井住友銀行カードローンの限度額は一度決まったらずっとそのままというわけではなく、利用実績により変わることもあります。利用状況が悪ければ減額されることもありますが、逆に利用実績が良ければ増額してもらえます。

 

カードローン利用中に、最初の限度額では少なすぎると思うようになれば、増額申請により増額が可能になることがあります

 

・増額を申し込むと審査が行われる

三井住友銀行カードローンの増額を申し込んだ場合には、審査が行われ、審査の結果増額OKということになれば限度額を上げて増枠してもらえます。増額審査では、申込のときの審査と同様、個人信用情報機関への申込者の信用情報の照会も行います。また、勤務先の会社への在籍確認が行われることもあります。

・6ヶ月以上実績を積んでから申込

三井住友銀行カードローンを新規申し込みし、利用を開始した直後に増額申込をしても、増枠してもらえることはありません。利用可能額を増やすためには、ある程度カードローンの利用実績を作ることが必要です。たとえカードローンの申込をしても、実際にお金を借りたことがないようであれば、増額されることはありません。まずは、この人はお金を貸してもきちんと返してくれる人という信用を得ることが大事です。そのためには少なくとも半年程度の利用期間は必要です。三井住友銀行カードローンの増枠を申し込むなら、カードローンの利用実績を6ヶ月以上作ってからにしましょう。

・これまでの返済履歴を確認しておく

三井住友銀行カードローンの増額審査の際には、これまでの利用状況をチェックされることになります。当然ですが、過去に延滞をしていれば、増額されにくくなります。何かの都合で1度くらい入金が遅れることはあると思いますが、その場合にもすぐに連絡を入れているかどうかが重要になります。少なくとも半年から1年程度の間の利用明細等を見て、延滞していないかどうか確認してから申し込みましょう。

・住所変更等の届出を忘れていないか

住所や電話番号などの連絡先が変わったのに届出していなければ、増額してもらえない可能性があります。金融機関との取引では信用が大事ですから、連絡先が取れなくなるリスクがある人にはお金を貸してもらえません。連絡先の変更届出を出していない場合には、先に出してから増額申請をしましょう。

・必要な範囲内で増額希望を出している

三井住友銀行カードローンでは、最高800万円まで増額が可能です。しかし、今の限度額から急に大きな金額に増額するのは困難です。利用限度額は多い方が安心ですが、不必要な額まで増額申請しないようにしましょう。

・借入残高が増えれば返済額も増える

三井住友銀行カードローンの返済方式は残高スライド方式となっており、借入残高が増えるほど毎月の最低返済額も増えます。限度額を増額して借入額が大きくなれば、毎月の返済額も増えてしまうことをしっかり認識しておきましょう。

三井住友銀行カードローン限度額増額の申し込み方法

・フリーダイヤルに電話して申込

三井住友銀行カードローンの増枠は、電話で申し込むことができます。増枠を希望する場合には、三井住友銀行カードローンプラザのフリーダイヤル(0120-923-923)に電話しましょう。電話受付時間は、1月1日を除く9時~21時となっています。

・ローン契約機で申込

三井住友銀行の本支店の店舗及びプロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスの店舗内には、三井住友銀行カードローンの「ローン契約機」が設置されている場合があります。ローン契約機とは無人契約機(自動契約機)のことで、画面を操作して申込その他の手続きができるようになっています。このローン契約機を利用しての増額申込も可能になっています。なお、ローン契約機の営業時間も9:00~21:00となっています。※契約機により営業時間、休日が異なります。

詳細は三井住友銀行カードローン公式サイトからもご覧になれます

審査通過にはコツがある?増額される人の特徴とは

・返済が一度も遅れていない

三井住友銀行カードローンの増額審査では、これまでの利用状況が重視されます。利用状況の中でも特に重要なのが返済状況です。審査に通過するには、延滞していないことが条件と言ってもかまいません。借りたお金の返済が一度も遅れていない人であれば、増額審査にも当然通過しやすくなります。

・限度額ギリギリまで借りている

三井住友銀行カードローンの増額審査に通過するためには、ある程度お金を借りていることも必要です。延滞がないと言っても、そもそもお金を全く借りていないようでは、増額する必要性がないと判断されてしまいます。また、今の限度額が50万円なのに利用額が1~2万円程度というような場合にも、やはり増額してもらうのは困難でしょう。

増額を認めてもらうには、返済能力があるということを示しておかなければなりません。つまり、増額審査に通る人というのは、限度額ギリギリまで借りた上で、毎月の返済をきちんと行っている人になります。

・必要な届出をきちんと行っている

三井住友銀行カードローンの利用中に、住所や電話番号を変更した場合には、届出をしておかなければなりません。連絡先が変わったのに届出していないということは、何かあったときに連絡がとれないということですから、銀行側からの信用をなくす原因となります。必要な届出を忘れずに行っている人は、審査に通りやすいでしょう。

・増額される人は放っておいても増額される

三井住友銀行カードローンでは、利用状況に問題がない優良顧客に対しては、積極的に増枠する扱いをしています。契約者側で敢えて増額申請しなくても、一定期間経過すれば銀行側から増枠の案内をしてくれることがあります。

銀行側から増枠の案内がある場合には、事前の審査は終わっていますから、契約者側が増枠を希望すればほとんどの場合審査に問題なく通過します。特に増額を急いでいない人は、カードローンの計画的な利用を行いながら、増枠の案内が来るのを待っていた方が安心です。

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら

増額審査の内容について

・安定した収入があるか

三井住友銀行カードローンの増枠の際には、利用者の年収について審査が行われます。カードローンの利用には安定した収入があることが絶対条件になります。前回契約時に安定した収入があった人でも、増額申請時に収入がなければ、増額が認められることはありません。

・他社の利用状況

増額審査の際には、三井住友銀行カードローンの利用状況だけでなく、他の金融機関の利用状況についてもチェックします。他社借入残高や借入件数、返済遅延がないかどうかも審査されることになります。他社借入残高や借入件数によっては、増額が認められないこともあります。他社でも返済が遅れていれば、増額が認められることはまずありません。もし既にブラックリストに載っていれば、増額が認められないどころか、三井住友銀行カードローンも強制解約になってしまいます。

・審査はプロミスが行っている

三井住友銀行カードローンには、保証会社として同系列のSMBCコンシューマーファイナンスがついています。SMBCコンシューマーファイナンスは、「プロミス」を運営している消費者金融になります。

三井住友銀行に限らず、多くの銀行では、消費者金融と提携してカードローンを運営しています。銀行には元々小口の無担保融資のノウハウがありませんから、消費者金融と提携して審査を任せているのです。消費者金融は2000年代に入ってから、貸金業法改正によって金利の引き下げを余儀なくされ、経営基盤が揺らぎました。こうしたことから、資金力のある銀行との提携は、消費者金融にとってもメリットになったのです。

つまり、三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンですが、実際には消費者金融が審査を行っているということです。「銀行カードローンは消費者金融での借入は関係ない」と思っている人もいるかもしれませんが、消費者金融の利用状況についてもすべて筒抜けです。

・プロミスでの利用実績は特に重要

上述のとおり、三井住友銀行カードローンの増額審査は、実際にはプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が行っています。ですから、たとえブラックリストから削除されていても、過去にプロミスで債務整理や過払い金請求を行っている場合には、三井住友銀行カードローンの増額審査にも影響することがあります。

→三井住友銀行カードローンについて、メリット・デメリットなどもっと知りたい方はこちらよりご覧ください。

申し込みから融資までの流れ

三井住友銀行カードローンの増額を申し込んでから、実際に増額分を借りられるようになるまでの流れは以下のようになっています。

1.電話またはローン契約機で申込

三井住友銀行カードローンプラザのフリーダイヤル(0120-923-923)に電話して、いくらまで増額してほしいか希望の金額を伝えます。三井住友銀行本支店・SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の店舗内に設置されているローン契約機で増額申込することもできます。

2.増額審査~結果回答

所定の増額審査が行われます。審査は実際にはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が行っているため、スピーディーに結果が出ます。審査結果が出たら、新しい限度額と金利が契約者に通知されます。

3.カードを使ってキャッシング

三井住友銀行カードローンでは、ローン専用カードが発行されている場合と、普通預金キャッシュカードにローン機能が付加されている場合があります。既に持っているカードをそのまま使うことができますが、増枠された後は、カードを使って新しい限度額まで出金できます。

まとめ

三井住友銀行カードローンは、電話またはローン契約機で増額の申し込みができます。増額を申し込めば、増額審査が行われ、審査に通過すれば借入限度額を増枠してもらえます。

銀行側に融資額を増額してもらうには、信用を得ることが大事ですから、ある程度の期間利用実績を積む必要があります。少なくとも半年から1年程度は問題なく返済した実績を作ったうえで増額申請するのが安心です。

なお、利用実績が良ければ銀行側から増額の案内が来ることもありますから、急がないのであれば増額の案内を待っていた方が確実です。