モビットで専業主婦はお金を借りる事ができない? 旦那にバレずにお金を借りる方法とは

モビットは主婦でもお金を借りられるのか?

・モビットの貸付条件

モビットでお金を借りられるのは、モビットの貸付条件をみたしている人になります。モビットのホームページを見ると、貸付条件は「満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)」となっています。安定した収入があれば、アルバイト、パート、自営業の人でもモビットでお金を貸してもらうことができます。

・収入のある主婦ならお金を借りられる

モビットでお金を借りるには、安定した収入があるかどうかが基準になりますから、主婦かどうかは特に関係ありません。主婦でもパートなどで収入があれば、モビットでお金を借りられる可能性があります。もちろん、正社員で働いている主婦なら、もっと借りやすいと言えるでしょう。

・収入のない専業主婦は借りられない

主婦の中には、働いて収入を得ていない専業主婦もいます。専業主婦の場合には、安定した収入があるという条件をみたしません。ですから、専業主婦はモビットでお金を借りることはできないことになります。

・専業主婦がモビットで借りられない理由

モビットは消費者金融ですから、総量規制の適用があります。総量規制は貸金業者が利用者個人の年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律上の規制です。専業主婦は年収がゼロですから、総量規制により、借りられるお金もゼロとなってしまいます。モビットに限らず、専業主婦は消費者金融からは原則お金を借りられないことになっています。

低収入で審査に通るコツ

・借入希望額はできるだけ少なめに

モビットでは、主婦と言っても、多少なりとも収入があればお金を借りられる可能性があります。しかし、収入が少ないパートなどの主婦は、審査に通るかどうかが不安になると思います。

モビットでは、年収いくらから借りられるという明確な基準があるわけではありません。モビットの審査に通るかどうかは、年収と借入希望額のバランスによって決まります。収入が少ない主婦の場合には、できるだけ借入希望額を少なくするようにしましょう。

なお、主婦に限らず、消費者金融では最初から多くの額を借りることはできません。最初は少額の限度額で実績を積み、やがて限度額を上げてもらえるというのが一般的です。

・他社に同時に申込しない

モビットの審査では、他社に借入があるかどうかは必ずチェックされます。けれど、他社から実際に借りていなくても、他社に申し込みしていればそれだけで審査に落ちることがあります。

主婦が初めてモビットに申込する場合には、審査に通るかどうか不安になりますから、他社も同時に申し込んでしまうこともあると思います。他社への申し込み情報は信用情報機関に登録されており、審査の際にはわかってしまいます。同時に複数の業者に借入を申し込んでいると、お金に困って切羽詰まっていると思われ、非常に印象が悪くなってしまいます。

また、同時期に複数の業者で申込を断られていれば、申し込みブラックと呼ばれる状態となってしまい、審査に通りません。モビットに申し込むときには、モビット1社に絞って申し込んだ方が安心です。

旦那にばれずに借りる方法とは

・申し込み後は入会申込書等が郵送で届く可能性がある

モビットに申し込みすれば、原則として審査完了後に自宅に書類が郵送されてきます。契約時の郵送物の封筒にはモビットの名前は表示されておらず、「MCセンター」という表記で届きます。けれど、中身は入会申込書やモビットカードになりますから、夫に開封されたら、キャッシングがバレてしまう可能性があります。

・Web完結にすれば郵送物なしにできる

モビットでは、原則は「カード申込」という形で申し込むことになりますが、一定の条件をみたせば「Web完結申込」で申し込みができます。Web完結申込は、Webで契約手続きを完了させられる方法です。

Web完結ではカードも発行されませんから、カードの受け取りも必要ありません。結果として、郵送物なしでモビットと契約することができます。Web完結の場合には、自宅などへの電話連絡もありません。Web完結にすれば、主婦でも夫に内緒でモビットからお金を借りられる可能性が高くなります。

・Web完結が利用できる条件

Web完結申込ができる条件は、下記のようになっています。

1.三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座がある

2.本人確認書類として運転免許証またはパスポートを提出できる

3.収入証明書類として、次のいずれかを提出できる

  • ○源泉徴収票
  • ○税額通知書
  • ○所得証明書
  • ○確定申告書
  • ○給与明細書(直近2ヶ月分)

4.在籍確認書類として、次の両方を提出できる

  • ○健康保険証(全国健康保険協会発行の社会保険証もしくは組合保険証)
  • ○給与明細書(直近1ヶ月分)

・パートの主婦はWeb完結が利用できないことが多い

Web完結では、在籍確認書類として、健康保険証が必要になります。この場合の健康保険証は、自らが勤務先の社会保険に入っている場合のもので、国民健康保険の保険証は使えません。パートで働く主婦の多くは夫の扶養に入っていると思いますが、夫の会社の保険証はWeb完結では使えません。結局、パートの主婦は、Web完結が利用できないケースが多くなっています。

・Web完結以外で旦那にバレないようにするには

Web完結で申し込みできないとなると、カード申込しなければなりませんから、自宅に郵送物が届いてしまうことになります。なお、カード申込の場合でも、カードの受け取りはローン申込機でできます。ただし、カードを受け取った後、自宅に入会申込書等が送られてくることになりますから、万全とは言えません。

カード申込で夫に内緒にしたい場合には、事前にモビットのコールセンターに電話し、相談してみましょう。郵送物が届く日がわかれば、夫が不在のときに自分が確実に受け取ることも可能になります。また、連絡先電話番号を自分の携帯電話番号にすれば、自宅の固定電話にモビットから電話がかかってくることもありませんから、安心して手続きできます。

主婦が借り入れをするときの注意点

・専業主婦だと無理なので収入があるときに申し込む

モビットでは専業主婦がお金を借りることができません。アルバイトやパートで働いている主婦の中には、1ヶ所でずっと働いているのではなく、時々バイト先やパート先を変わっているという人も多いと思います。申し込み時に仕事をしていなければ、それまでにどんなに稼いでいても、専業主婦の扱いになってしまいます。もし近々パート先を変わる予定があるなら、今の仕事をやめる前にカードローンの申込をしておいた方が良いでしょう。

・連絡先電話番号は携帯電話にする

モビットでは、申し込み時に自宅の電話番号と携帯電話番号の両方を記載しますが、希望連絡先としてはどちらか一方を指定することができます。家族に内緒でお金を借りたい場合には、希望連絡先は携帯電話にしておきましょう。モビットからは、通常担当者の個人名で電話がかかってきますが、他の家族が電話に出た場合には不審に思われる可能性があります。希望連絡先として携帯電話を指定しておけば、長期延滞などの事故を起こさない限り、自宅の固定電話にかかってくることはありません。

・勤務先に在籍確認の電話がかかってくる

モビットでは審査の際に、在籍確認があります。在籍確認は、モビットの担当者が個人名で勤務先に電話をかけて申込者を呼び出す形で行われます。なお、自分がいないときに在籍確認の電話がかかってきても、在籍の確認がとれればOKです。しかし、やはり在籍確認の電話がかかってくるとなると落ち着かないでしょう。

パートで働いている主婦の場合、職場にいつもいるわけではなく、在籍確認の電話に出られない可能性も高いと思います。また、いくら個人名でかけてくると言っても、職場にパートの従業員個人宛の電話がかかってくれば、不審に思われるケースもあると思います。在籍確認について不安な場合にも、事前にモビットに電話して相談しておくのがおすすめです。在籍確認自体は避けられませんが、電話する時間帯などを配慮してもらえることがあります。

働いていない主婦はお金を借りられないの?

・専業主婦は原則として消費者金融で借りられない

総量規制とは、個人の借入れを年収の3分の1までに制限する貸金業法上の規制になります。総量規制の適用を受けるのは、貸金業の登録をしている貸金業者で、主に消費者金融になります。

収入ゼロの専業主婦は、年収の3分の1もゼロですから、消費者金融からは原則的にお金を借りられません。たとえ夫に収入があっても、夫と妻とは別と考えられ、妻名義の借入はできません。

・配偶者貸付を利用すれば消費者金融からも借りられる

総量規制にはいくつか例外があり、その1つが配偶者貸付という制度になります。配偶者貸付とは、配偶者と合算した年収の3分の1までは貸金業者は貸付を行ってもいいという制度です。たとえば、収入ゼロの専業主婦でも、夫の年収が600万円であれば、夫の借入と合わせて200万円までは借りることができます。

・配偶者貸付には配偶者の同意が必要

配偶者貸付では、通常のキャッシングの必要書類に加えて、戸籍謄本または住民票、配偶者の同意書が必要になります。さらに、融資金額によっては、配偶者の収入証明書も必要になります。専業主婦が借りる場合には、夫の同意を得なければならないということですから、難しい場合も多いでしょう。そもそも、夫が同意しているくらいなら、敢えて配偶者貸付を利用しなくても、夫の名前で借りれば良いとも言えます。こうしたことから、配偶者貸付制度は、実際にはあまり利用されていません。

・大手消費者金融では配偶者貸付は受け付けていない

配偶者貸付は、利用者側にとってもあまり使い勝手の良い制度ではありません。また、消費者金融側でも、配偶者貸付は手間やコストがかかるため、ほとんどの業者は受け付けない対応をしています。現状、配偶者貸付を行っているのは、セディナ、エレガンスなどごく一部の消費者金融のみになっています。モビットのほか、大手消費者金融では、配偶者貸付でお金を借りることはできません。

・専業主婦でも銀行カードローンなら借りられる可能性

専業主婦がお金を借りる場合には、消費者金融よりも銀行系カードローンがおすすめです。銀行は貸金業法の適用を受けませんから、銀行系カードローンは総量規制の対象外になります。銀行系カードローンの中には、30~50万円程度の限度額であれば、専業主婦にも貸付を行っているところがあります。夫の同意も不要ですから、夫にバレずに借りられる可能性も高くなります。

まとめ

モビットは三井住友銀行グループの会社ですが、貸金業の登録をしている消費者金融ですから、総量規制の適用を受けます。モビットでは収入ゼロの専業主婦は、総量規制によりお金を借りることができません。

一方、アルバイトやパートなどで少しでも収入がある主婦なら、モビットでお金を貸してもらえる可能性はあります。正社員の主婦なら、Web完結が利用できるケースも多く、夫に内緒で借りるのも難しくはありません。

なお、専業主婦がお金を借りたい場合には、消費者金融よりも銀行カードローンの方がおすすめです。モビットに申込できない場合には、銀行カードローンの利用を考えてみましょう。