モビットに申し込む時に必要な書類一覧と提出時における注意点について

審査に必要な書類とは?

・カードローンの申込時には審査がある

カードローンというのは、金融機関に無担保でお金を貸してもらえるサービスです。金融機関は決して誰にでもお金を貸してくれるというわけではなく、信用できる人にしかお金を貸してくれません。ですから、カードローンの申込の際には、単に申込の意思表示をすればお金を貸してもらえるわけではなく、審査が行われることになります。カードローンの審査は、申込時に入力した情報と提出書類にもとづき行われます。

・カードローンの申込時に必要な2つの書類

カードローンの申込の際に金融機関から提出を要求されるのは、本人確認書類と収入証明書類になります。このうち、収入証明書類については提出しなくてもよいケースもありますが、本人確認書類は申込者全員が必ず提出を求められます。

・本人が申込していることを確認する本人確認書類

カードローンの申込時に、他人の名前を使って申込を行う人がいれば、後々トラブルになってしまいます。そのため、間違いなく本人が申込しているということを証明するための書類の提出が必要になります。

本人確認書類として、どこの金融機関でも通用するのは運転免許証になります。運転免許証を持っていない場合には、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、個人番号カードなどが使えることがあります。外国籍の人の場合には、在留カードや特別永住者証明書を提出することになります。

・申込者の収入状況を確認する収入証明書類

カードローンの申込の際に提出を要求される収入証明書類とは、申込者の年収がわかる書類になります。会社員の人であれば源泉徴収票、自営業の人の場合には確定申告書が使えます。その他に、市区町村役場で発行してもらえる課税証明書なども、週縫う証明書として使えることがあります。

・モビットの必要書類

モビットでも、申込時には、本人確認書類、収入証明書類が必要になります。本人確認書類は全員に提出が求められますが、収入証明書類は要求される人とそうでない人がいます。さらに、モビットでWeb完結申込をする場合には、在籍確認書類も必要になります

モビットではスピード融資を行っており、審査が完了すれば即日お金を借りられるケースもあります。急いでいる場合には、あらかじめ必要書類を用意しておいてから申し込みするのがおすすめです。

収入証明書ってなに?

・収入を証明する書類の必要性

カードローンの申込時には、金融機関は申込者の年収を必ず確認します。カードローンは無担保ですから、申込者の信用のみが頼りになります。金融機関にとっては、無収入の人や低収入の人にお金を貸しても返してもらえる保証がありませんから、申込者の収入のチェックは重要になってくるのです。こうしたことから、申込時には、収入を自己申告するだけでなく、収入を裏付ける収入証明書類の提出が必要になるのです。

・収入証明書類と総量規制との関係

消費者金融でお金を借りる場合には、総量規制の問題がかかわってきます。総量規制とは、貸金業者が個人の年収の3分の1を超える貸付を行うことを制限する貸金業法上の規制になります。たとえば、年収が300万円の人であれば、消費者金融から借りられるのは100万円までということになります。消費者金融では、総量規制に違反すれば罰則も受けることになりますから、収入証明書のチェックが重要になるのです。

・個人事業主がモビットに申し込む場合

個人事業主の場合には、収入証明書としては確定申告書を提出するケースが多いと思います。さらに、個人事業主は、「営業状況確認のお願い」という書面も提出しなければならない場合があります。「営業状況確認のお願い」は、提出する確定申告書の次年度の営業状況(事業計画、収支計画、資金計画)を問うもので、モビットの公式ホームページからダウンロードできます。

・増額審査のときにも収入証明書が必要になる

モビットのカードローンを利用中に、限度額を増額してもらいたいと考えることもあると思います。限度額増額の際には再度審査が行われることになりますから、このときにも収入証明書を提出しなければならないケースが多くなっています。

収入証明書として利用できるもの

・一般には源泉徴収票か確定申告書があればOK

収入証明書は年収を証明できるものになりますから、源泉徴収票または確定申告書が提出できればそれでOKです。もし源泉徴収票も確定申告書も提出できない場合には、他の書類を用意しなければなりません。どういった書類なら受け付けてもらえるかは、申し込みする金融機関によって違っています。

モビットで提出可能な収入証明書類

モビットのカードローン申込をする場合には、総量規制との関係で、収入証明書の提出が要求されることがあります。モビットに収入証明書類を提出する場合、以下のいずれかの書面を用意する必要があります

*源泉徴収票の写し

サラリーマンの場合には、会社から毎年源泉徴収票を発行してもらっていると思います。これをコピーして提出すればOKです。

*税額通知書の写し

税額通知書は、住民税決定通知書のことです。サラリーマンであれば、就職して2年目以降は会社を通じて受け取っていることと思います。

*所得証明書の写し

所得証明書は、市区町村役場で発行してもらえる住民税の課税証明書になります。

*確定申告書の写し

自営業者や個人事業主は毎年確定申告をしていると思いますので、コピーしたものを提出します。

*給与明細書の写し

収入証明書として給与明細書を提出する場合には、直近2ヶ月分が必要になります。賞与支給がある場合には、年間の賞与額が確認できる賞与明細書も必要です。

スマホやPCで書類を画像送信する際の注意点とは?

・モビットの必要書類は画像送信できる

モビットでは、必要書類をインターネット経由で提出することも可能です。具体的には、必要書類をカメラで撮ったりスキャナで読んだりして画像化することにより、モビット宛に送信するという方法になります。画像送信する方法なら、必要書類をコピーする手間もかかりませんし、即時にモビットに届けることができますから、審査が早く完了することになります。

・アプリを使えば簡単

モビットには公式スマホアプリがあり、アプリを使って必要書類を送信することができます。アプリでは、スマホのカメラ機能を使って必要書類の写真を撮り、それをそのまま送信できるようになっています。指示に従って操作すれば良いだけですから、誰でも簡単に必要書類の画像送信ができます。

・書類の有効期限に注意する

運転免許証やパスポートなどの書類には、有効期限があります。有効期限の切れているものは使えませんから、送信する前に確認しておきましょう。

・本人確認書類の撮影箇所

運転免許証は全体を撮影し、住所変更などで裏面に記載があれば裏面も撮影します。健康保険証は、氏名、生年月日、住所のページを撮影します。カード型保険証の場合には、表面、裏面両方を撮影します。パスポートは、顔写真及び住所のページを撮影します。

・枠におさまるように撮影する

必要書類を写真に撮るときには、カメラの枠におさまるように撮影しなければなりません。枠からはみ出していれば、せっかく送信しても受け付けてもらえないこともあります。

・文字がはっきり見えるように撮影する

必要書類の写真撮影では、文字がはっきり見えるように撮らなければなりません。ピンぼけしていればモビット側で内容を確認できませんから、きちんと撮れているかどうか確認してから送信しましょう。

・ローン申込機からも送信できる

モビットの必要書類は、ローン申込機(ローン契約機)からも送ることができます。モビットのローン申込機は全国に約400台設置されています。ローン申込機にはスキャナが付いており、必要書類をスキャンして簡単に送信できるようになっています。スマホやPCからの必要書類送信がうまくいかない場合、ローン申込機を利用して送信するという方法もあります。

運転免許証、健康保険証、パスポート以外は本人確認書類として認められないの?

・健康保険証が出せればOK

モビットで本人確認書類として認められるのは、運転免許証、健康保険証、パスポートになります。それ以外の書類はモビットでは本人確認書類として使えません。

運転免許証やパスポートは持っていない人もいますが、健康保険証は持っているはずですので、通常は大きな不都合はないはずです。保険料滞納などで健康保険証を持っていない場合には、カードローンでもお金を借りられないことになります。

・Web完結申込の場合

モビットでは、Webで契約手続きを完了させることができるWeb完結申込が利用できます。Web完結申込なら、郵送物なし、電話連絡なしで、パソコンやスマホだけでキャッシングの申し込みができます。

Web完結申込をする場合、本人確認書類としては、運転免許証またはパスポートのどちらかを提出しなければなりません。健康保険証はWeb完結申込の本人確認書類としては使えませんので注意しておきましょう。

なお、Web完結申込の場合には在籍確認書類も必要になりますが、在籍確認書類としては健康保険証(全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証)が利用できます。つまり、Web完結申込の場合には、運転免許証と健康保険証の両方を提出しなければならないことがあります。

まとめ

モビットの必要書類のうち、全員に提出が義務付けられているのは本人確認書類になります。本人確認書類としては、運転免許証、パスポートのほかに健康保険証も使えます。本人確認書類は通常手元にあると思いますから、これを画像送信すればすぐに提出できます。