モビットの月々の最低返済額と返済日、返済方法について

最低返済額とは

最低返済額とは、毎月最低限返さなければいけない金額のことです。モビットをはじめとしたカードローン会社では、金額に応じて「毎月この金額は最低返して下さい」という決まりがあるのです。

もちろんその金額以上の金額を支払うことも可能です。その場合、繰上げ返済としてみなされ、元本の残高が減る仕組みになっています。

この最低返済額は、モビットの場合金額に応じて変動します。実は、最低返済額を知ればお得に返済をすることが可能です。逆に仕組みを知らなければなかなか終わらない返済に苦しむことになるかもしれません。

賢い利用者は返済の仕組みを知り、それを利用します。まず、最低返済額についてその仕組みを知ることから始めましょう。

モビットの最低返済額について

モビットでは、「借入後残高スライド元利定額返済方式」という返済方式を採用しています。これは、借入後の残高に応じて最低返済額が変動するという返済方式です。

残高が10万円以下であれば、最低返済額は4,000円、10万円超え20万円以下であれば最低返済額は8,000円、20万円超え40万円以下であれば11,000円、40万円超え50万円以下なら13,000円になります。

なぜこのような仕組みになっているのでしょうか。まず、利用者からすると残高が少ない金額になればその分毎月の負担が減ることになります。10万円以下のお金を借りた時は、最低返済額が4,000円なのでさほど負担に感じることはないでしょう。

カードローン会社から見るとどうでしょうか。カードローン会社は利息で利益を得ています。その為、なるべく多くの金額を長く借りて欲しいと思っています。残高が減るたびに最低返済額を減らすことによって、より長い期間お金を借りてくれるという効果があるのです。

なぜかというと、最低返済額の内訳が元本+利息だからです。最低返済額のうち初めに利息が引かれ残りが元本に充てられるため、なかなか元本が減らないという事になります。

よって、最低返済額をずっと返済し続けるというのは、実は利用者にとっては損なのです。一見毎月の負担が減り、利用者に優しいと感じられる仕組みですが、残念ながらそうではなかったのです。

最低返済額を超えていれば、いくら返済してもいいのか

では、その損な仕組みから抜け出すにはどうすれば良いでしょうか。それは、最低返済額より多く返済して繰上げ返済していくことです。

モビットでは、いつでも好きな時に最低返済額以上の金額を返済しても良いとされています。例えば、毎月5日に返済をしている人であれば5日に最低返済額+αの金額を入金すれば、自動的に追加返済とみなされ、+α分は元金に充当されます。

最低返済額を超えて返済をする場合、特に上限はなく、いくら返済しても問題ありません。また、特にそれをモビットに報告する必要もありません。

最低返済額は元金+利息に充てられますが、それ以上の金額は自動的に元金に充てられるため残高を減らすことが可能です。その分利息が少なくなり、返済総額を減らす効果があるので、お得に返済することが可能です。

モビットの返済日と返済方法について

モビットは返済日が5日、15日、25日、末日と自分の都合の良い日に設定することが可能です。ただし、追加返済の場合はこの日以外でもいつでも返済可能です。

また、返済方法は口座振替、銀行振込み、提携ATMから返済の3種類あります。口座振り込みを利用している場合一定の金額が自動的に引き落とされる仕組みになっているため、追加返済をする場合は、他の2つの方法から返済するようにしましょう。

あなたはどんな返済計画を立てていますか

上記で何も考えずに、毎回最低返済額だけを払っていれば損をすると説明しました。実は初めの返済計画で得をするのか、損をするのか、また楽に返済できるか苦しくなる可能性があるのかが決まります。

実は、返済計画はお金を借りる上で最も重要で、ここをおろそかにしてしまい、後々の返済が苦しくなってしまう人も多くいます。債務整理の数が減らないのはこの返済計画が間違っている人が多いからです。将来困らないようにまず返済計画をしっかり立てましょう。

・返済計画の良い例

1.お金を借りる前に返済計画を立てている

2.支払う金額の総額を考えて返済計画を立てる

3.余裕が出来ると繰上げ返済をするようにしている

まず、お金を借りてから返済を考えるのではなく、お金を借りる前に返済計画を立てましょう。モビットのHPから返済シミュレーションが出来ます。これらを利用して初めに返済計画を立てましょう。

もちろん追加でお金を借りる場合も、その前に計画を立てることが大切です。そしてその計画では、総額いくら支払うのか考えることも必要です。

総額を減らすと将来自分に使えるお金が増えることを意味します。他人に支払うお金を多くするより、自分に使えるお金を増やす方が良いですよね。計画は総合的にみて、判断して下さい。

そして、その上で余裕資金が出来たら繰上げ返済をしていきましょう。むやみに繰上げ返済をしてしまうのも危険で、計画なしに繰上げ返済をして、ある月になったら最低返済額を支払えないとなる事もあります。

最低返済額を指定の日にちまでに支払わなければ延滞となり、遅延損害金が発生し、それが何ヶ月も続くと個人信用情報にそのことが記録され今後お金を借りる時に不利になることがあります。

・返済計画の悪い例

1.毎月最低返済額だけを返済している

2.計画を立てずに利用限度額いっぱいまでお金を借りている

3.細かいお金を気にしない

曖昧な返済計画やそもそも返済計画を立てずにお金を借りてしまうと後々苦労することになります。最低返済額だけを返していけば特に問題はありませんが、その分長い期間返済が続き損をするのは自分自身です。

また、追加返済をする場合、ATMを活用すると手数料がかかります。そういった細かいお金も総額で考えると大きな金額になります。そこまで考えて返済計画を立てられるとより、お得にお金を借りる事が出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最低返済額の仕組みを知ると、毎月最低返済額だけを支払っているのは損ということが分かります。

また、その仕組みを知り、きちんと返済計画を立てれば上手に返済が出来て、将来使えるお金が増えるだけでなく、精神的な安心も手に入れることが出来ます。無理をしないことも大切ですが、自分の出来る範囲で計画を立て、賢く利用するようにしましょう。