無職でお金を借りる方法と頼れる機関

専業主婦をはじめとする無収入の方は「無職」と判断されてしまいます。各キャッシング業者の貸付条件には「安定した収入があること」と記載されており、無職の方の利用は出来ないとしているのです。

しかし、諦める必要はありません、無職であったとしても借り入れを受ける方法はいくらでもあるのです。

こちらでは無職でも金融機関からお金借りる方法、さらに金融機関以外からも借りる方法を記載します。自身にとって最も利用しやすそうなものを見つけ出してもらえたら幸いです。

 無職でもお金を借りる事はできるのか?

・無職であってもお金を借りる方法はいくらでもあるが・・・

無職だからといって諦める必要はありません。ただし、無職であることが融資のハードルを高くしてしまうことは間違いありません。そもそも消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードなどのキャッシング業者は、返済してもらえなければ貸し倒れ状態となってしまいます。審査では、あなたの返済能力があるかないかを判断してくるのです。無職である場合には、返済能力に疑問符がついてしまうのは仕方ありません。

収入がある方と無職の方であれば、貸金業者がお金を貸したいのは明らかに収入がある方です。有職者で安定した収入があれば、毎月の返済も確実に行ってくれる、といったことが想定できるからです。

【無職者以外にキャッシングの審査で厳しい判断をされやすい人】

  • ・自営業者
  • ・学生
  • ・フリーター
  • ・勤続年数が短い(働き始めたばかり)など

単に毎月収入があるといっただけでは審査を突破できないこともあります。フリーターといった非正規雇用者に対して審査を厳しくしてくることもあるのです。

・確実に融資を受けたいなら無職から脱却すること

本日中に同士もお金を借りたい、といった状態では仕方ありません。しかし、1ヶ月先や2ヶ月先の融資でも構わないのであれば、仕事を始めるのが最も確実にお金を金融業者から借りる方法です。

審査では厳しく判定されることもありますが、アルバイトやパートであったとしても無職よりは断然有利です。週に1日でも良いので始めてみるべきです。

アルバイトやパートでも20歳を超えていて、安定した収入があれば借入することが出来るおすすめ金融会社はプロミスアコムなどがございます。

現状で働く時間的な余裕が無い、といった方については以下に対処法を提案していくので読み進めてください。

無職だけれど、どうしてもお金を借りたい時はどうすればいいの?

・銀行カードローンを利用する~配偶者に収入がある方のみ~

無職でお金借りる、といったことが出来ない理由の一つに「総量規制」があります。「総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み」を指しています。

要は、「年収がなければ借り入れができない」、「年収によって借り入れの上限が決められている」、といったことを表しているのです。無職の方は収入がないので、総量規制では借り入れができない、といった状態になります。一方で、すべてのキャッシング業者が総量規制の対象に入っているわけではありません。

総量規制を守らなければならないのは、消費者金融業者やクレジットカード業者などの信販業者です。銀行カードローンを行っている銀行は、総量規制の対象範囲外となっているので、年収に縛られた貸し出しをしなくても良いのです。しかし、すべての無職の方に貸し出しているわけではありません。多くが、「夫に収入がある専業主婦のみ」または「妻に収入がある専業主夫のみ」といった制限を設けています。

限度額設定は低めにされており、「30万円」や「50万円」までとされているケースが多いです。

【専業主婦に貸し出しを実施している銀行カードローン業者例】

  • ・じぶん銀行カードローン「じぶんローン」
  • ・イオン銀行カードローン
  • ・東京スター銀行スターカードローン
  • ・楽天銀行スーパーローン
  • ・みずほ銀行カードローン

【無職の方が銀行カードローンを利用する流れ】

・申し込みの実施(ネット申し込みなど)

・本人確認の電話連絡

・審査結果が伝えられる(電話など)

・カードの発行、または振込融資

・カードにてATMでキャッシング

無職であったとしても銀行カードローンの利用手順については大きく異なる部分はありません。違うところをあげるとすると、在籍確認がなく本人確認が実施される、といった部分くらいです。働いていないので職場に連絡があることはありません。

必要書類について気になると思います。配偶者の収入証明や同意書が必要になるのではないか、といったことが気になってしまうでしょう。しかし、銀行カードローンでは原則的に少額融資の場合は収入証明や同意書は不要とされています。一方で、借り入れ金額によっては求められることもあるので、高額融資を受けようとしている場合には前もって用意しておくべきです。

・配偶者貸付けを行っている業者を利用する~夫に収入のある専業主婦のみ~

キャッシングを実施している業者の中には、配偶者貸し付けと呼ばれるものを実施しているケースがあります。大手の消費者金融では行っていないのであまり有名ではありません。

中小の消費者金融業者や信販業者で行っているところが僅かにあるだけです。

配偶者貸し付けとは、専業主婦に対するサービスの一つです。総量規制があると貸金業者から借り入れができない、といった状態になってしまうのでちょっとした緩和措置を取っているのです。

本人に収入がなくても、配偶者と合わせた年収の3分の1までなら貸し付けOK」としているのが、配偶者貸し付けの中身です。その考え方を採用している業者もあるということで、すべての業者が対応していないのは覚えておきましょう。

配偶者貸し付けの大きな特徴は、必要書類が一般のキャッシング審査の時とは異なってくる、といった点です。

【配偶者貸し付け利用時に必要になる書類例】

  • ・住民票など(婚姻関係を証明する書類)
  • ・本人確認書類(免許証、パスポート、健康保険証など)※借り入れ本人のもの
  • ・配偶者の同意書
  • ・収入証明書(配偶者の球と明細や確定申告書など)※借入額が大きい場合のみ

上記の4つの書類を審査前に予め用意してください。スムーズに審査が受けられます。

【配偶者貸付の利用手順】

・配偶者貸し付けを実施している業者に申し込みを実施

・各種必要書類の提出

・本人確認の実施(電話連絡)

・審査結果が伝えられる

・振り込みやカードによる借り入れの実施

即日融資に対応している業者もあります。

【配偶者貸し付けを実施している業者例】

・レディースフタバ・・・レディースローン専門のキャッシング業者

・レディースキャッシング「エレガンス」・・・女性向けのキャッシング業者

・ベルーナノーティス・・・通販業者「ベルーナ」の女性専用キャッシングサービス

・クレジットカード現金化を利用する~ショッピング枠が余っている方向け~

カード現金化はブラックなお金借りる方法なので、お勧めはできません。クレジットカードの規約としても禁止されているケースが多く、利用が発覚すれば強制退会させられてしまい、一括返済が求められる可能性もあります。

一応、利用方法について解説しますが、アンダーグラウンドな方法であることは理解してください。日本クレジット協会でも「クレジットカード会社はこれら(現金化)の行為を認めていません。絶対行わないでください。」と述べています。

クレジットカード現金化は、クレカのショッピング枠を現金に換える、といったサービスです。ですから、ショッピング枠に余りがあれば利用できるサービスです。

現金化サービスを実施している業者を利用して、特定の商品(安価なものが多い)などを購入します。たとえば10万円で購入したとします。そうすると、還元率が80%であればその利用額のうち80,000円を現金で融資してもらえる、といった流れになります。20,000円分が現金化業者の利益となるのです。

返済については、クレジットカード業者に行います。現金化業者には行いません。

カード業者への返済は一括払いも可能ですし、リボルビング払いも可能です。

現金化は単に負債を増やしてしまうだけの行為になります。クレジットカードを利用する、といった手軽さもありますが、一定の手数料が差し引かれてしまいます。さらにリボルビング払いでカード業者に返済するとなると、利息手数料がかかってきます。あまり旨味がある借り入れ方法ではない、といったことは把握しておくべきです。

・家族や知人から借りる

無職であったとしても、個人に対して借金をお願いする、といった方法で借り入れできるチャンスは有ります。家族であればお金を貸してくれる可能性も高いでしょう。友人であっても10,000円程度であれば貸してくれることもあると思います。

家族や知人からお金を借りる時には注意点もあります。借用書を書かないと、のちのち大きな問題が発生することもある、といったことです。

借用書は、

いつまでに返済するのか?

毎月の返済額は?

利息はどのくらいにするのか?

といった取り決めを記載するものです。

書面として残しておくことで、借りる方としても安心できます。借用書を記載していないと、急に一括返済を求められてしまったり、高率な利息の支払いを求められたりしてしまうかもしれません。

 無職でも即日融資してほしい場合は?

・即日融資可能な業者に申し込みを実施しよう

無職であるから即日融資が実施されない、といったことはありません。無職の方への貸し出しを実施しており、即日融資を実施している業者であれば、問題なく即日融資が実行されるはずです。

銀行カードローンの中には、融資まで少し時間がかかることもあります。また、申し込み銀行の口座を持っていないと融資してもらえないこともあるので、前もって口座を作っておく、といったことも必要です。キャッシング審査と同時に口座開設申込を行う、といった方法もあります。

・即日融資対応時間と必要書類の用意を確認しよう

消費者金融業者であれば、午後の比較的遅い時間まで即日融資の対応をしてくれます。一方で、銀行カードローンに関しては、お昼の早い時間で即日対応を打ち切ってしまいます

審査申し込みが14時までに終わらなければ融資は翌日以降にまわされてしまうことも考えられるのです。即日対応の締め切りが早い業者になると、お昼の12時で打ち切ってしまいます。12時以降の審査申し込みは翌営業日融資が最短となってしまうのです。必ず即日対応時間をチェックしてください

審査を申し込むにあたり、必要書類の準備は大事です。特に即日融資となると、書類の準備に手間取ってしまうのは大きなマイナスです。

各業者によっても必要書類が異なりますが、本人確認書類は必ず必要になります。希望限度額によっては、配偶者の収入確認書類の提出が求められることもあるので、高額借り入れの希望者はあらかじめ用意しておくべきです。

 無職の人が金融機関以外でお金を借りる方法はあるか?

・離職者支援資金貸付制度が利用できる

離職してしまったことで、生活が困難になってしまった時の生活資金を補助してくれる、といった制度が地方自治体にはあります。自治体の社会福祉協議会に申し込むことで、一定期間に渡り資金を融資してくれるのです。ただし、利用にはいくつかの条件があります。

【離職者支援資金貸付制度の利用条件】

生計中心者が失業してしまったことにより、生計の維持が困難になった世帯であること

・生計中心者が働ける場合には求職活動を実施していること

・生計中心者が働いたら世帯の自立ができること(見込があること)

・離職から2年以内であること(場合によっては3年以内であること)

・生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していない

・連帯保証人を用意できること

・生活保護や生活福祉資金などと同時に申し込みをしていないこと

非常に多くの条件がありますが、これらをクリアしていると利用できます。

おおまかですが、まとめると

・失業をしてしまったが現状で求職活動をしている

・現状のままでは生活できない

・世帯全体で低所得である(生活できるほど稼いでいる同居家族がいると利用できない)

といった条件なります。

貸し付け内容についても確認してみましょう。

【離職者支援資金貸付の内容】

・貸付限度額・・・月に20万円以内(単身者のケースは10万円以内)

・貸付期間・・・最長で12ヶ月

・据え置き措置・・・あり(貸付期間終了後最長で6ヶ月)

・償還期限(返済期限)・・・7年いない

・貸し付け利息・・・3.0

・連帯保証人・・・必要(1名)

かなり多額の借り入れができる制度であることがわかると思います。総額で最大240万円まで借りられるのです。

実質年率に関しても、貸金業者とは比べ物にならないほど低いです。もしも貸付条件に当てはまるのであれば、利用を計画するべきです。ただし、あまりに細かい条件なので、前もって社会福祉協議会に相談してください。