モビットで繰り上げ返済をする方法とメリット、注意点について

繰り上げ返済とはどのような返済方法なのか

繰上げ返済とは、通常の返済以上の金額を返済して、期間を短くしたり、月々の返済金額を減らしたりすることを言います。繰上げ返済は、返済日に最低返済額以上の金額を入金してもいいですし、別の日に追加入金しても大丈夫です。

例えば、最低返済額が5,000円で毎月15日に返済をしているとします。15日に8,000円を入金すると、5,000円は通常返済、3,000円は繰上げ返済分とされます。

また、同じ条件で15日に5,000円を返済し、16日に3,000円入金したとしても15日分が通常返済、16日分の3,000円が繰上げ返済分とされます。ボーナスや臨時収入があった時に繰上げ返済をすればその後の返済が楽になります。どんどん繰上げ返済をしてモビットをもっとお得に活用できるようにしましょう。

繰り上げ返済のメリット

・毎月の返済額を減らすことが出来る

・総返済額を減らすことが出来る

・残高が減るので精神的に楽になる

実は繰上げ返済は、メリットばかりです。モビットは「借入後残高スライド元利定額返済方式」という返済方式を採用しています。これは月々の最低返済額が残高に応じて変わるという意味です。

モビットは10万円ごとに最低返済額が変わるようになっています。残高が10万円以下なら最低返済額は4,000円、10万円超え20万円以下なら8,000円、20万円超え30万円以下なら11,000円という風に金額が決まっているのです。

つまり、繰上げ返済をして残高を減らすことが出来ればその分毎月の返済額を下げることが出来ます。逆に繰上げ返済をせず、毎回最低返済額分だけ返済をしていると、全然残高が減らず、毎月の返済額は高いままということもあります。

なぜなら、返済分は最初に利息が引かれるからです。残高に対して利息が付くので、残高が多ければ多いほど利息は高くなります。利息の計算をしてみたら最低返済額のうち半分以上利息の支払いをしていたということもあります。

その結果、残高はなかなか減らず、ダラダラと返済が続くということが起こります。繰上げ返済分はすべて元金の返済に充てられるため、その分早く残高を減らす効果があります。

その結果、返済総額が減ることに繋がります。毎月の最低返済額がきついと感じている方は早めに繰上げ返済をして、毎月の最低返済額を減らす、毎月一定の余裕がある方はどんどん繰上げ返済をして、総返済額を減らすのが良いでしょう。

そうすることで、精神的にも余裕が生まれ、さらに将来使えるお金が増えることになります。お金を借りる時にもっとも考えたいのが利息です。利息はカードローン会社に支払うお金で自分には何も返ってきません。

確かにカードローンはいざという時の強い味方ですが、高い利息を払い続けるのはもったいないと思いませんか。それを少しでも減らすことが出来るのが繰上げ返済です。

特別な手続きは必要なのか

繰上げ返済の方法ですが、特別な手続きは必要ありません。モビットに「これは繰上げ返済分です」と連絡する必要もありません。

ただ、毎月の最低返済額以上の金額を支払えば良いのです。そうすれば自動的に繰上げ返済分として処理されます。ただし、毎月口座振替で引き落としをしている方は、自分で追加返済をしなければいけません。

返済方法は、提携ATMで返済するか銀行振込みになります。振込みにする場合、振込み先はMyモビで確認するか電話で確認になります。その場合少し手間にはなりますが、繰上げ返済のメリットを思い出してどんどん活用して欲しいと思います。

モビットは返済日が決まっているのか

モビットは返済日が、5日、15日、25日、末日から選ぶことが出来ます。口座振替で自動引き落とし以外の場合は返済時に最低返済額以上の金額を入金すれば自動的にその上乗せ分の金額は繰上げ返済分として処理されます。

もちろん返済日以外の日に、臨時収入が入ってそれを繰上げ返済分として入金しても問題ありません。繰上げ返済は特別な手続きがない分自由に行うことが出来ます。

返済時の注意点

繰上げ返済は良いことばかりですが、いくつか注意があります。まず1つ目は手数料です。モビットは口座振替の場合手数料はかかりません。

しかし、繰上げ返済で銀行ATMまたは提携ATMを使う場合手数料が発生することがあります。その手数料は自己負担です。たかが数百円と思うかもしれませんが、何度が繰り返していくとバカに出来ない金額になります。

利息の支払いを減らすために繰上げ返済をしているのに、手数料を多く取られているのは少し損ですよね。手元にあると使ってしまうから余裕が出来たらすぐに繰上げ返済をしたいという方はそれでも良いのですが、考えられるのであれば手数料のことまで考えて繰上げ返済を行うようにしましょう。

また、繰上げ返済は毎月の負担を減らしたり、総返済額を減らしたりするメリットがありますが、頑張りすぎて通常の返済が出来ない状態になってしまう方もいます。これでは本末転倒です。

いくら繰上げ返済をしても、翌月に最低返済額以上の金額を支払えない状態になり、延滞してしまえば、遅延損害金が発生して結局余計なお金を支払うことになります。そうならない為に返済は計画的に行うことが大切です。

MyモビやモビットのHPから返済シミュレーションを使うことも可能です。自分に合った返済を考えてから余裕資金で繰上げ返済を行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。モビットでは繰上げ返済をすることで様々なメリットがあります。毎月の負担や返済総額を減らすことで精神的な余裕が生まれ、返済が苦ではなくなる方もいます。

しかし、あまり無理をすると返済計画が狂ってしまうこともあるので、きちんと返済計画を立て、余裕資金が出来たら繰上げ返済をしましょう。繰上げ返済は将来使えるお金を増やす、自分への投資という見方も出来ます。賢く活用して明るい未来を迎えましょう。