楽天銀行スーパーローンと総量規制の関係性について

総量規制と対象外の基準とは?

カードローンを申し込む時によく、「総量規制の対象になります」とか「総量規制対象外です」と記載されている事があります。ここでは、総量規制と対象外の基準について解説します。

・総量規制とは?

貸金業法には、過剰貸し付け禁止という条文があります。この条文には貸金業法により営業を許可されている金融機関は、個人過剰貸付契約を締結してはいけない旨が記載されています。ここで言う過剰貸付契約とは、法律で定める一部のローン(住宅・自動車ローン等)を除いたローンの総額が年収の3分の1を超える貸し付けと規定しており、貸し付けの総量を規制していると言う事から、「総量規制」と呼ばれています。

すなわち、「総量規制」とはそれ自体が法律ではなく、貸金業法により規定された「総貸付額が年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけない」という規則の呼称となります。

また、「総量規制」は貸金業法で営業を許可されている、消費者金融と信販会社に適用される基準となります。

・楽天銀行スーパーローンは総量規定対象外なの?

楽天銀行は、その名の通り、銀行法で営業を許可されている金融機関になります。その為、貸金業法の制限を受ける事がありません。

また、銀行法には、「総量規制」と呼ばれるような規制はありません。すなわち、全ての銀行は「総量規制」の対象外になります。

楽天銀行スーパーローンも、当然「総量規制」の対象外になります。

・総量規制の対象と対象外の金融機関について

「総量規制」について記載しましたが、分りやすく下記の表にまとめてみましたので参考にして下さい。

総量規制の内容 総量規制は、総量規制対象金融機関からの総借入額(数社で借り入れている場合は、各社で借りている額の合計額に、これから借りようとする額を足した合計額)が年収の3分の1を超えてはいけないという規則
総量規制対象の金融機関 ・消費者金融

・信販会社(クレジットカード会社)

 

※住宅ローンや自動車ローンなど、法律で規制されている一部のローンは規制の対象外になります。

総量規制対象外の金融機関 ・銀行

・信用金庫

・信用組合

・労働金庫

・保険会社

・証券会社

楽天銀行スーパーローンは総量規制対象外なので借り換えにもオススメ!

楽天銀行スーパーローンは、前述のとおり総量規制の対象外になります。年収の3分の1という規定もない為、借り換えにも最適です。

とくに、消費者金融と比べると金利も安い為、消費者金融からの借り換えは非常に得をする結果となります。

その他にローンがある人も、一度、楽天銀行の返済シミュレーションを使って、どの程度得をするか確認してみるのも良いです。

「おまとめ」「借り換え」時の注意点について

「おまとめ」「借り換え」目的で楽天銀行スーパーローンを利用する場合には以下の点に注意が必要です。

・目的外の利用をしない

楽天銀行スーパーローンで借り換えをした場合に、他社への返済は楽天銀行から振り込まれるのではなく、利用者本人が行います。その為、借りたお金を別の目的で使う事も出来てしまいます。

「おまとめ」や「借り換え」目的でお金を借りて、別の目的に使ってしまうと、二重にローンを抱える結果となるので、目的外の利用はしない事をお勧めします。

・利用前に返済シミュレーションで確認する

基本的に楽天銀行スーパーローンで「おまとめ」や「借り換え」を利用した場合、損をするケースは、まずありえませんが、現在利用しているローンの条件によっては切り替えた事によって、負担が増える可能性があります。

利用前に返済シミュレーションを使って確認をとっておく事をお勧めします。

当サイトではプロミスでのキャッシングをおすすめしています。

⇒プロミスの詳細を確認する

限度額の500万円を借りるための条件とは?

楽天銀行スーパーローンで限度額の500万円を借りる為の条件は楽天銀行や保証会社の基準によるので、一概には言えません。

しかし、500万円を借りた場合の毎月返済額は5万円となっている為、最低限、無理なく毎月5万円以上の返済が出来る収入がある事が条件になります。また、安定して返済が出来ないといけない為、職業属性や、住居属性が重要になってくる事は想定できます。

楽天会員はメリットが沢山

楽天会員に登録すると、楽天スーパーポイントを貯める事が出来ます。楽天スーパーポイントは楽天の様々なサービスに1ポイント1円として使う事ができます。また、楽天会員情報を楽天銀行口座情報と連携させると下記の「ハッピープログラム」を利用する事が出来ます。

・「ハッピープログラム」の利用が出来る

「ハッピープログラム」とは、楽天銀行利用者の優遇プログラムになります。エントリーしておくと取引の内容によって楽天スーパーポイントが貯まり、ポイントを振込手数料に利用できるようになります。またATM手数料が最大7回/月、振込手数料が最大3回/月まで無料になります。

まとめ

楽天銀行スーパーローンが総量規制対象外になるため、「おまとめ」や「借り換え」に非常に使い安い旨を記載してきました。

実際、総量規制があると、まとまったお金が必要な時に不便に感じる事があります。そもそも、総量規制とは、金利の高い消費者金融や、クレジット会社から、借り過ぎを防止する為に制定された規則です。

金利が低い銀行には総量規制が適用されないかわりに、利用者の自制心が問われます。たしかに楽天銀行スーパーローンは非常に利用しやすいローンですが、くれぐれも借り過ぎには注意しましょう。