りそなプレミアムカードローンの審査内容と申し込み条件と審査の流れについて

ハイレベルな銀行カードローンとして話題になっているのがりそなプレミアムカードローンです。実質年率も低めに設定されており、有利な借り入れをしたい方には必見のカードローンですが問題は「審査」です。

こちらでは、りそなプレミアムカードローンの審査内容をメインテーマに据えてお話します。さらに、審査にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。審査の流れについても記載するので、実際に申し込みをする時に役立ててもらえたら幸いです。

りそなプレミアムカードローンを利用したい、と思っている方は要チェックです。

・申し込み条件その1|年収条件

【継続安定した収入のある方】

金額については細かく設定されていませんが、幾つかの情報も入ってきています。

年収が400万円以上なければ厳しいケースも報告されています。一方で、利用限度額設定にもよりますが、50万円以下の利用限度額に設定している場合には特に年収額は重要視されていません。

要は、50万円を超える利用限度額設定を狙っている方に関しては、年収が400万円以上なければ厳しい、となるわけです。

年収400万円ですが、近年では正社員であったとしても難しいとされ始めています。年収300万円台の正社員の方もゴロゴロといるわけです。りそなプレミアムカードローンは利用する方を選ぶ、と判断して間違いありません。

・申し込み条件その2|雇用形態

【パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。】

【専業主婦、学生の方はお申込みいただけません。】

正社員でなければ利用できない、といった決まりがあるわけではありません。一方で、銀行カードローンでありながら専業主婦への貸し出しを実施していない、といった特徴もあります。

総量規制の対象外である銀行カードローンであるにもかかわらず、無収入の方には貸し出していません。この点を見ても、他の銀行カードローンよりも厳しい審査を実施している、といった部分が見え隠れしています。

パート・アルバイトの利用は認められています。ただし、収入条件のところで示したように、50万円を超える限度額を設定してもらいたい場合には、年収が400万円以上なければ厳しいのです。

パート・アルバイトの方が400万円以上稼げるのでしょうか。非正規雇用の方は、基本的に50万円以下の利用限度額が設定される、といった状態になると考えられるのです。

・申込条件その3|口座

りそな銀行に口座を思っていることが条件とされています。ただし、審査時に口座を持っていなくても、契約日までに口座開設をしていれば問題なし、とされています。

りそなプレミアムカードローンと口座開設を同時に行えば問題なし、とされるわけです。

ただし、口座を持っていないと、貸し出しには時間がかかってしまうかもしれません。

・申込条件その4|年齢

  • ・最低利用可能年齢・・・20歳
  • ・最高利用可能年齢・・・59歳

最低利用可能年齢については他のキャッシングと大きな差はありません。基本的に多くのカードローンで、最低貸し出し年齢を20歳としているのです。

一方で注意しなければならないのが、最高利用可能年齢です。りそなプレミアムカードローンでは60歳以上はお金を借りられません。銀行カードローンの中には60歳以上に貸し出しているところはあります。

りそなプレミアムカードローンは年齢の高い方に対して厳しい対応をしてくる可能性がある、と判断できるわけです。

・申込条件から見えてくるりそなプレミアムカードローンの審査内容

【年収の高さを確認してくる】

300万円までなら収入証明書は不要としているのですが、年収には相当なこだわりを持っていることは間違いありません。年収が200万円から300万円といった方の利用はかなり難しいのです。

希望借入額が低い場合には、年収が低くても審査を突破できる可能性はありますが、高額融資を希望している方は少なくても400万円の年収は欲しいところです。

【正社員であるかを確認してくる】

確かに利用条件をチェックすると、アルバイトやパートの利用は認められています。しかし、年収400万円の条件を突破できる非正規雇用者はほとんどいません。

高額融資の審査を実施する場合には、正社員であるかをチェックしてくると考えられるのです。

【年齢が若いか確認してくる】

多くの会社では、50代後半になると年収額が下がっていきます。返済能力が下がってくると判断できるので、りそなプレミアムカードローンは50代の方に対して審査を厳しくしていくと考えられるのです。

もちろん、20代といった若い層も収入は低めですし不安定です。しかし、今後昇給していく可能性も高いので、りそなプレミアムカードローンとしては今後の収入アップといった部分も含めて若い方を有利に審査する、といった傾向があります。

40代くらいまでは有利に対応してくれるはずです。

  • 審査に掛かる時間はどれくらい?

・最短即日審査可能

審査結果は、電話またはメールアドレス宛に実施されます。最短当日中に審査結果が出るので、当日中にりそなプレミアムカードローンで借り入れができるのか、それとも出来ないのかが分かることもあるのです。

審査の連絡については申し込み時間によっても対応が異なってきます。申し込み時間が遅れてしまうと、翌日以降になってしまうかもしれません。

また審査結果の連絡がつかなかった場合には、郵送でのお知らせとなってしまうので、なるべく審査結果の電話には出られるようにしておきましょう。

・消費者金融と比較して審査結果回答は早いのか

消費者金融と比較してしまうと、審査結果が出るまでには時間がかかってしまいます

消費者金融の場合は最短30分で審査結果が出ます。さらに即日融資までしてくれますが、りそなプレミアムカードローンは銀行カードローンらしく審査結果回答までには少し時間がかかってしまいます。その後の手続にも少し時間がかかるので、どうしても即日融資は出来ない、といった状態になっているのです。

  • お試し審査とは?

・お試し審査とは何だ

消費者金融や銀行カードローンの公式ホームページに用意されているコンテンツの一つです。

少ない情報を入力することで、借り入れできるのか、それとも出来無いのかを判断してくれます。

【あるキャッシングでお試し審査で入力する事になる情報例】

  • ・希望借入額
  • ・年収額
  • ・年齢
  • ・他社借入額
  • ・他社借り入れ件数

上記の情報を入力することで、簡単にお金を借りられるのか、それとも借りられないのかを判断してくれます。情報入力には10秒や20秒程度しかかかりません。

本審査を受ける前に、試しに利用してみる、といったことがおすすめです。

・りそなプレミアムカードローンにはお試し審査はあるのか

残念ながら用意されていません

りそなプレミアムカードローンを利用する場合には、直接本審査へ向かうほかないのです。

しかし、お試し審査に関してはそれほど重要性のあるものではありません。お試し審査の多くは総量規制のチェックをしているに過ぎません。要は、年収の3分の1に借入額が超えてしまうのか、それとも超えないのか、といった事をチェックしているだけなのです。

仮に、現在の借金額とりそなプレミアムカードローンの希望限度額を合わせても年収の3分の1に到達しない、といったケースであれば、お試し審査があった場合には良い結果が出るはずです。

  • 審査の流れについて

・申込方法の種類

インターネット

電話

郵送

りそなプレミアムカードローンに関しては、上記の3つの申込方法を用意しています。どの方法を選択してもよいのですが、インターネット審査を希望している方が非常に多い、といったことは理解しておくべきです。

手続きのすべてがネット上で済ませられます。家を出ないでも対応できる、といったメリットが有る申込方法なのです。

もちろんインターネット環境がない、という方は電話申し込みや郵送申し込みでも構いません。

※インターネット申込は、パソコンやスマートフォン、さらにタブレットからもできます。

・インターネット申込の流れ

りそな銀行の公式ページよりりそなプレミアムカードローンに申し込み開始

情報入力フォームに必要事項を記載

確認し送信する

審査開始

審査結果が伝えられる(電話orメール、または郵送)

契約手続きの開始(WEB契約も可能)

必要書類の提出

利用が可能に

【ネット上から申し込む情報について】

申し込み内容を入力することになります。りそなプレミアムカードローンはりそな銀行の口座を持っていなければ利用できないので、まずは口座情報から入力します。利用限度額や利用目的も入力します。

その後に個人情報→勤務先情報→借入情報を入力します。すべての情報を入力してしっかりと確認をしたら、情報を送信して申し込みは終了です。後は審査結果の連絡を待つわけです。

【契約手続きについて】

申し込みを行う時に「WEB手続き」を選択していた場合には、来店不要で契約手続きができます。要は、ネット上で契約手続きが済ませられるわけです。

WEB契約をする場合には、ネット上で必要書類も提出することになります。

必要書類に関しては、本人確認書類、収入証明書類などがあります。

収入証明書類に関しては、利用限度額が300万円以下であれば提出の必要はありません。利用限度額が400万円以上に設定される場合には提出が求められることになります。

【借り入れについて】

りそなプレミアムカードローンはローンカードはが発行されません。キャッシュカードにローン機能が付加されるので、キャッシュカードを利用して借り入れができるわけです。

  • りそなプレミアムカードローンのメリット、デメリットについて

・メリット

【実質年利率が低めに設定されている】

  • ・最低実質年利率・・・3.0%(※)
  • ・最高実質年利率・・・12.475%

※住宅ローンを利用しており、Webコミュニケーションサービス「マイゲート」を利用している場合。

最高実質年利率でも13.0%を下回っているのです。圧倒的に有利な金利設定となっているので、返済総額を抑えることが可能です。

実質年利率は限度額設定によって設定が変わってきます。

【限度額と設定実質年利率】

  • ・限度額50万円型・・・実質年利率12.475%
  • ・限度額100万円型・・・実質年利率11.5%
  • ・限度額150万円型・・・実質年利率11.5%
  • ・限度額200万円型・・・実質年利率9.0%
  • ・限度額300万円型・・・実質年利率7.0%
  • ・限度額400万円型・・・実質年利率5.5%
  • ・限度額500万円型・・・実質年利率4.9%
  • ・限度額600万円型・・・実質年利率4.5%
  • ・限度額700万円型・・・実質年利率4.0%
  • ・限度額800万円型・・・実質年利率3.5%

【ローン専用カードが発行されない】

キャッシュカードもあってローンカードもあって、となるとカードの管理も大変です。

りそなプレミアムカードローンに関しては、キャッシュカードとローンカードの一体型です。管理が非常に楽、といったメリットが有ります。

さらにローン専用カードはないので、家族にカードを仮に見られてしまったとしても借金をしている、といったことが発覚しない、といったメリットにも注目です。

【利用限度額が高めに設定されている】

  • ・最低利用限度額・・・50万円
  • ・最高利用限度額・・・800万円

高額融資にも対応しています。銀行カードローンの中には500万円までとしているケースもありますが、りそなプレミアムカードローンは800万円まで貸し出し可能としているのです。

・デメリット

【即日融資がしてもらえない】

すぐにお金を借りたい、といった希望を持っている方の利用には適していません。即日審査は可能ですが、即日融資は不可とされているのです。

手続きもあるので、申し込みを行ってから10日前後は融資までにかかってしまう、といったデメリットは把握しておくべきです。

【審査難易度が高めに設定されている】

年収や年齢、さらに雇用形態など厳しく判定されます。

他の銀行カードローンの審査に突破できたとしても、りそなプレミアムカードローンの審査に突破できるとは限りません。有利な属性などを持っている方でなければ厳しいです。

【りそな銀行の口座を持っていなければ利用できない】

最近では銀行カードローンであったとしても、その銀行口座を持っていなくても利用できるケースが出てきています。しかし、りそなプレミアムカードローンはりそな銀行の口座が必須とされており、持っていない場合は開設しなければなりません。