りそなプレミアムカードローンの増額方法と増額審査について

ハイレベルな銀行カードローンとして知られているのが「りそなプレミアムカードローン」です。しかし、その有効活用方法は知られていません。

こちらでは、りそなプレミアムカードローンの増額方法について徹底解説します。どのような方法で申し込みができるのでしょうか。さらにどんな部分が重要視されるのか、審査落ちしてしまう方の特徴はあるのか、審査に通るコツ、といったものも掲載していきます。

現在りそなプレミアムカードローンを利用している方はもちろんですが、これから審査を受けて利用を開始したい、とい言った方にも必要な情報です。参考にしてもらえたら幸いです。

・増額審査の流れ

実は、りそなプレミアムカードローンを最初に申し込んだ時と流れは一緒です。何年も前に申し込んでいた場合にはすでに忘れてしまっているかもしれませんが、数カ月前に申し込んでいた場合にはまだ覚えているのではありませんか。

思い出してもらうためにも、以下に増額審査の流れを簡単に説明していきます。

インターネットから申し込みの開始

必要事項に入力

入力した情報を確認して誤りがなければ送信

仮審査結果の連絡あり(メール、または電話)

仮審査突破

本人確認を実施(本人確認書類の提出)

本審査の実施

限度額が増額され、増額分の利用が可能に

【「Web手続希望」について】

審査を受ける時に、「Web手続希望」を選択すると、店頭手続きや郵送手続きをしないで済みます。基本的にWEB上での手続きのみで済ませられるのです。

インターネット上だけの手続きで済ませたい場合には、申し込み時に「Web手続希望」を必ず選択して下さい。

【必要書類について】

身分証明書に関しては必要になるので必ず用意しておきましょう。運転免許証や健康保険証などで対応できます。問題になってくるのが、収入証明書類です。

増額申し込みに関しては、必ず収入証明書類が必要になるのではないか、といった事を思われていることもあるのですが、実は違います。

りそなプレミアムカードローンに関しては、利用限度額設定が300万円以下の場合には収入証明書類の提出は必要なし、としています。増額申し込みであったとしても、希望利用限度額が300万円以下であった場合には、収入証明書を提出する必要はありません

【増額審査と初回審査の違い】

口座に注目しましょう。

増額審査を受ける時には、すでにりそな銀行の口座を持っているわけです。ですから、すべての方は口座を持っている、といった条件で審査が受けられます。

一方で、初回審査の場合には、中にはりそな銀行の口座を持っていない方もいます。持っていない方は口座を作らなければならないので、審査に関する手間、といったものが異なっているわけです。

その他に関しては基本的に一緒です。そもそも審査の流れも一緒なので、大きな違いはない、と言っても良いかもしれません。

【増額の融資は申し込みからどれくらいで行われるのか】

1週間から10程度かかってしまいます。りそなプレミアムカードローンは審査に時間をかけるタイプのローンなので、すぐに増額を受けたい、という方の利用には適していません。

すぐには増額融資をしてもらえない、といったことは事前に把握しておきましょう。余裕を持って申し込みを実施することが大切なのです。

【増額融資の審査結果はどのくらいで判明するのか】

増額の場合は数時間かかる可能性があります。当日中に審査結果が示されることはありますが、翌営業日まで持ち越しになってしまう可能性もあり、当日中に審査結果だけでも知りたい、といった希望を持っている方はなるべく午前中に増額審査に申し込んでください。

  • 増額審査の審査内容とは?

・個人信用情報のチェック

りそなプレミアムカードローンの初回申し込みの時にもチェックされるのが個人信用情報ですが、増額審査の場合にもチェックされます。

もしも借り入れに不利な情報が記されてしまっている場合には、審査落ちにされてしまう可能性が出てきます。

単にキャッシング情報だけではなく、クレジットカード情報に関してもしっかりと記されているので注意して下さい。クレジットカードの利用状況も審査に関わってくる、ということは把握しておくべきです。

・属性情報のチェック

初回申し込みの時と増額申し込みの時では属性情報が異なっている、ということも十分に考えられます。限度額が少額の場合には、りそなプレミアムカードローンも非正規雇用の方は利用できます。しかし、高額設定では利用できないのです。

最初はアルバイトで申し込みを行ったとしても、増額審査の時には正社員になっているかもしれません。そういったところをチェックしてくるわけです。

返済能力をしっかりと調べてくるので、年収についても確認してきます。年収が高くなっていれば、増額申し込みも比較的突破しやすくなります。

・収入証明書類のチェック

希望限度額が300万円を超える場合には、収入証明書の提出が増額申し込みでも求められます。収入証明書をチェックして、その限度額でも返済ができるのか、といったことが判定されるわけです。

収入は高いほうが有利と判断されるわけですが、正確な情報であるのか、といったことも確認されます。収入情報に関しては増額申し込みの時にも、記載しているわけです。仮に、申し込み書には「600万円」と記載しているのに、収入証明書類では「400万円」であったらおかしいわけですよね。情報の正確性は審査にかなり重要です。

仮に虚偽の報告をしてしまえば、確実にりそなプレミアムカードローンの増額審査は落ちてしまいます。

  • 増額審査に落ちる人の特徴とは?

・他のキャッシングを利用している

ずでに消費者金融や他の銀行カードローンを利用している方は、増額審査が厳しくなります。確かに、りそなプレミアムカードローンに関しては銀行カードローンでもあるので総量規制は関係ありません。だからといって、いくらでも借りられるわけではありません。

仮に他社の借入額が多すぎる、と判断した場合には増額を拒否してきます。返済能力がないと判断されてしまうのです。

明確にいくらの借入額があると審査に落ちてしまう、といった決まりはありません。しかし、すでに年収の3分の1前後の借り入れをしている方は、そろそろ返済能力が怪しくなってくる、と判断される傾向があるので注意してください。

多重債務者の増額申し込みは厳しい、と理解しておく必要があります。

・返済に遅れてしまった経験がある

返済の遅れについては、個人信用情報にしっかりと記録されています。もちろんりそなプレミアムカードローンだけではありません。他のキャッシングやクレジットカードの返済の遅れまで記載されているのです。

返済の遅れは計画性のなさを現してしまいます。自らの首を絞めてしまうので注意しなければなりません。

返済の遅れに関しては、基本的に24ヶ月保存されてしまいます。ですから、前回の返済の遅れから2年経っている場合には、審査では特に大きな問題にはなりません。

・雇用形態の条件が悪くなってしまった

雇用形態は正社員が高評価されます。収入額も高く、収入の安定性も高い、と判断されるのです。

一方で、非正規雇用は低評価です。勤続年数も短めになっているケースも多く、収入も不安定です。

増額審査を申し込む時に非正規雇用である場合には、基本的にりそなプレミアムカードローンの審査を突破することは出来ません。ですから、初回申し込み時に正社員であったのに、増額申し込みの時に非正規社員になってしまった場合には、増額はしてもらえないわけです。

増額申し込みを成功させるためには、基本的に正社員でなければならないのです

・年収が400万円以上は確実にあること

りそなプレミアムカードローンに関しては、年収400万円が一つのボーダーラインになります。400万円以上の年収が利用条件の一つとされているのです。

もちろん収入は下がってしまうこともあります。歩合制の場合は、年収が450万円になったり380万円になってしまったり、といったこともありますよね。注意して欲しいのが、400万円を下回ってしまった場合です。

前述したように、りそなプレミアムカードローンの利用条件は年収400万円以上です。増額申し込みをして400万円未満になっていることが分かってしまうと、かえって利用限度額が引き下げられてしまいかねません。

年収400万円未満になってしまっている場合には、増額審査自体を受けないほうが良いのです。

  • 増額審査に通るためのコツ

・200万円未満の限度額にすること

りそなプレミアムカードローンの増額審査ですが、200万円以上の設定から急に厳しくなることが分かっています。さらに300万円超になると更に厳しくなります。

要は、200万円未満の利用限度額設定であれば、審査に突破できる可能性が出てくるわけです。200万円未満の限度額設定ですが、「100万円」と「150万円」になります。

最初の限度額設定が50万円であった場合には、100万円か150万円の限度額設定にして下さい。いきなり200万円や300万円などに設定してしまうのは無謀です。

【限度額の範囲の考え方】

年収の3分の1から半分程度とされています。400万円の年収であれば、130万円強から200万円です。年収600万円であれば200万円から300万円程度です。

総量規制のない「りそなプレミアムカードローン」であったとしても、いくらでも貸し付けてくれるわけではありません。限度額の設定は高くても半分程度、と覚えておきましょう。ちなみに他社からもお金を借りている方は、その額も合わせて考えて下さい。たとえば年収600万円であり他社ですでに100万円借りている場合には、増額申し込みは300万円ではなく200万円程度に抑える、ということも必要になってくるのです。

・返済に絶対に遅れないようにする

印象を悪くしない、といったことが極めて重要です。お金がないわけではなく、単なるど忘れで返済が遅れてしまった、というケースもあると思います。そういった場合であったとしても、情報として返済の遅れは記録されてしまうのです。

特に、自社情報はしっかりと残すので、りそなプレミアムカードローンを利用して返済に遅れてしまう、といった状況は避けましょう。

あまり知られていないことですが、携帯電話の割賦代金の返済の遅れも大きな問題になりかねません。ローンに含まれてしまうので、個人信用情報が傷ついてしまい、審査に影響を与えてしまいます。

  • 増額融資の注意点

・即日融資はしてもらえない

銀行カードローンの中には即日融資がしてもらえるところもありますが、りそなプレミアムカードローンは即日融資が出来ません。増額融資に関しても即日増額してくれるわけではありません。

融資ができるまでには、10日前後かかってしまうこともあるのです。

・在籍確認が実施される

初回審査の時に在籍確認が実施されているので、増額審査の時には行われないだろう、と思っている方も多いかもしれません。しかし、増額審査の時にも在籍確認が実施されるのです

勤め先に対して電話連絡がされるのですが、銀行名か個人名かの選択は可能です。銀行名で電話があるのは避けたい、という方は個人名を選択して下さい。

個人名を選択した場合には、在籍確認をするスタッフの苗字が利用されます。同僚が電話を受け取ったとしても、カードローンの在籍確認が行われている、ということが発覚することはありません。

・審査が厳しい

簡単に突破できるタイプの審査ではありません。りそなプレミアムカードローンに関しては、非常に有利な設定で貸し出してくれます。

注目して欲しいのが実質年利率です。3.5%から12.475%に設定されています。

非常に有利な実施数年率であり、返済総額を抑えられる、といったメリットが有るのですが、その代わり貸し倒れリスクを考えて審査を厳しくしているのです。他の一般的な銀行カードローンよりも審査突破は難しいとされており、さらに増額申し込みなので、突破率はかなり低い、と考えられています。

誰でも増額審査に突破できるわけではありません。

・審査を突破するための諸条件がある

ここまで紹介してきたように様々な条件を突破しなければ、増額審査はクリアできません。

年収が400万円以上であること

滞納をしていないこと

多重債務をしていないことが望ましい

他社借入に関しても返済に送れていないこと

正社員であることが望ましい

上記のような条件があると考えられているのです。もちろん、一部の条件をクリアしていなかったとしても総合的な結果として突破できる可能性はあります(他社借入額が少ない、など)。しかし、年収や雇用形態などは高いハードルとなっており、増額申し込みの難しさを感じさせます。