お金を借りる時の言い訳10選

お金を借りる言い訳については、有効的なものとそうじゃないものに分かれます。貸しても平気と思われる言い分と、貸したら危険と思われる言い分があります。こちらでは、その両方についてそれぞれ例をあげて徹底解説します。

嘘がバレバレなお金を借りる言い訳も紹介します。あなた自身が普段使っていないかを確かめてみませんか。

このページでは言い訳をたくさん紹介しますが、家族や友人にお金を借りる事で今後何十年の人間関係が変わってしまう可能性があるので注意しましょう。 プロミスなどでお金を借りる事にものすごく抵抗がある人がいますが、例えば10万円かりて3ヶ月で返済した場合、プロミスだと34327円×3ヶ月の計3ヶ月で102,981円。 実際に支払う利息は2,981円だけなので、10万円友人に貸してもらって関係が悪化するよりは3,000円の利息を支払う方が良い場合もあるので一度ご検討ください。 

→今すぐお金が必要な方はこちらのページをご覧ください。

また、プロミスであればWEB申し込み→ローン契約機でお金を受け取りする事で親バレせずにお金を借りる事ができます。

 お金を借りる際の言い訳はどのようなものがあるか?~3つのパターン~

お金を借りる言い訳は無限にあります。しかし、幾つかの分野に分けることも可能なのです。こちらでは、言い訳を3つの分野におおまかにわけて紹介します。

・何かしらの欲しいものがある

特定の商品などを購入するための資金を得るためにお金を借りる、といった言い訳です。家や自動車といった大きなお金が必要な物から、ちょっとした趣味の道具を購入するために借りる、といったことまで多種多様あります。

欲しいものによって借りる金額も大きく変化します。

欲しいものがある、といった借り入れの理由ですが、キャッシングの審査では比較的有利です。継続的にお金が足りない、といった理由ではありません。欲しいものができたからお金が必要になっただけなので、日常的にお金に困っているわけではない、と判断されるのです。

※住宅や自動車を購入する場合には、一般的なキャッシングサービスではなく、目的別ローン(住宅ローン・自動車ローンなど)の利用が適切です。

・冠婚葬祭費用が必要になった

結婚式に出席しなければならない、身内に不幸があった、といった場合には一定の費用がかかります。出席するにしても、数万円の出費になってしまうことも珍しくありません。結婚式に関しては、ある程度前もって日程もわかっていますが、特にお葬式についてはいつ行われるか分かりません。ちょうど給料日前に発生してしまうこともあるのです。

冠婚葬祭費用に関してもキャッシング業者としては融資がしやすいです。一時的な資金不足になっただけで常時お金が足りない、といった状態ではないからです。貸し倒れリスクが低いと判断して、簡単に貸し出してくれることもあります。

※結婚式の主催側であったりお葬式の主催側であったりする場合には、冠婚葬祭系の目的別ローンの利用を考えましょう。

・旅行や引っ越しの資金が足りない

旅行に行くとなると、それなりの費用が発生します。交通費や宿泊費などもありますし、おみやげを購入する費用も考えておかなければなりません。特に海外旅行については、少し多めに現金を持って行きたい、といった希望もあるはずです。

引っ越しにも思ったよりも大きなお金がかかりやすいです。前家賃として、1ヶ月分の家賃を先払いすることになります。敷金や礼金に関しても、それぞれ家賃の1ヶ月分から2ヶ月分かかってきます。引越し業者に支払う費用も考えなければならず、1回の引っ越しで数十万円の費用がかかってしまうことも珍しくはありません。

旅行と引っ越しの資金に関しても、金融機関から融資を受けやすいです。非日常的な出費に関わるものなので、継続的な利用が想定されないからです

※旅行に関しては、トラベルローン(旅行ローン)といった目的別ローンもあります。少しでも金利を低く抑えたいなら、目的別ローンの利用を検討すべきです。

 お金を借りる際の言い訳一覧

こちらではお金を借りる時の言い訳例を幾つかの分野に分けて紹介します。さらに分野別にそれぞれの言い訳について簡単に解説します。

・不幸に関連する言い訳

自身などに起こってしまった不幸をお金借りる言い訳にするタイプです。特に、知人からお金が借りやすい、といった特徴があります。

【不幸に関連したお金を借りる言い訳一覧】

・財布をなくしてしまった

・空き巣に入られてしまった

・スリに遭ってしまった

・お葬式に出席しなければならない

・家族が亡くなったのでお葬式をしなければならない

・親が急病になってしまった

「不幸+お金がない」といったことをアピールできる効率的な言い訳です。ただし、祖父や祖母が何度も亡くなる、といった笑い話になるケースも有り、繰り返し使えるものではありません。

・急で不定期な資金不足に関連する言い訳

事前に予測できなかった事象が起こり、しかも定期的ではない資金難に陥った時に関わるお金を借りる言い訳のタイプです。不急の資金難であれば「切羽つまっている感」は出ません。しかし、すぐにお金が必要である、とアピールすればお金を借りられる可能性が高まります。

【急で不定期な資金不足に関連したお金を借りる言い訳一覧】

・急に飲み会に誘われてしまった

・身体の具合が悪くなり病院に行きたいけどお金がない

・交通違反で捕まってしまい、違反金を支払わなければならない

・自動車やオートバイが故障してしまった

・デートの予定が入っているがお金がない

「時間がない+非日常」といったことを全面に押し出した言い訳です。すぐに借りたいといった理由を示せるので、言い訳としてはかなり優秀な部類に入ります。ただ、デート費用については若くなければ理解されにくいかもしれません。一定年齢以上だと「何を言っているんだ」と思われてしまいます。

【その他の言い訳一覧】

・給食費が払えない

・水道光熱費が払えない

・家賃が払えない

・友人の保証人になってしまった

・入学金・授業料が払えない(※)

・生活費が足りない

継続的にお金が足りなくなっている可能性が高いものが多いので、借り入れは難しいかもしれません。特に生活費が借りる言い訳になってくると、特に貸金業者に貸し倒れリスクが高い、と判断されてしまい、利用不可とされてしまうケースも出てきます。

※入学金や授業料については、学業ローンがあります。一般的なキャッシングよりも金利も低いのでそちらを利用したほうが、返済が楽になることが多いです。

 家族、友人、知人、恋人にお金を借りる際に有効な言い訳

・家族が亡くなった

この理由については、多くの方が同情してくれます。お葬式などをしなければならないとなると、経験がある方であれば、どれくらいお金がかかるかもわかっています。100万円程度では済まず、200万円から300万円かかってしまうこともあるのです。

家族が亡くなったといったことを告げれば、多少のお金であれば貸し出してくれるケースが多いです。

・ヤミ金に返済を迫られている

切羽詰まった感があるので、お金を貸してくれることが多いです。特に親しい相手に相談するときの言い訳として有効的です。暴力的な取り立てにあってしまうこともあるので、進んで貸し出してくれる可能性もあります。

本当にヤミ金の取り立てにあっている場合には、お金を借りて解決するのではなく、弁護士に相談してください。弁護士であれば、ヤミ金からの取り立てをストップしてくれます。ヤミ金は非合法な金利で貸し付けたりしているので、法的な対応には弱いです。

・給食費や授業料が支払えない

自身ではなく、子供にかかるお金が支払えない、といった場合はお金が圧倒的に借りやすくなります。特に親に頼む時には有効的な手段となります。

最近では、実際に給食費が支払えない、といった過程も増えてきており、現実味がある借金の言い訳の一つです。

授業料については100万円などの高額なお金がかかることもあるので、金額的に断られてしまうかもしれません。できれば、少ない金額。たとえば、10万円単位くらいでお願いすると借りやすくなります。

・細かいものがない~飲食店で割り勘するときの言い訳~

居酒屋などで飲みに行っている時には、会計する時に割り勘をしますよね。その時に、ちょっとだけお金を借りる、といった方法があります。「今日は細かいのがないので、代わりに払ってくれないか?」といったことをお願いするのです。

金額が3,000円や4,000円程度であれば、気軽に立て替えてくれる人もいるでしょう。

ただし、毎回のごとく「細かいのがない」と言うのはあからさまなので、使い方には注意すべきです。

・すぐに返すから・・・

いつまでに返すのか、といったことを明言してお金を借りる方法です。「○○日に給料日があるので、その時に返す」といった感じで借金をお願いするのです。

短期間の借り入れを相手にイメージさせることができれば、特に親しい間柄であればお金を貸してくれる確率は高まります。

「一括で返す」といったことを付け加えると、より貸してくれる可能性がアップします。

 お金を借りる際にウソの言い訳(理由)を言ってしまうとどうなるか?

・詐欺罪に該当するが成立はしにくい

複雑な論理になってしまいますが、嘘をついてお金を借りることは詐欺にあたります。しかし、詐欺罪が成立するか、といったことは不透明なのです。詐欺罪が成立するためには、「返済する意思がない」といった状況でなければなりません

仮にお金を借りた理由が嘘であったとしても、「返済する意志はあった」といったことを言い張られてしまえば詐欺罪は成立しません。

意外なことに聞こえるかもしれませんが、お金を借りて返さない事自体は詐欺ではありません。多重債務者がお金を返せなくて債務整理をおこなうケースが有りますが、この場合でも詐欺と判定されるわけではありませんよね。仮に詐欺が成立するのであれば、債務整理者はキャッシング業者に訴えられてしまうことになります。

・詐欺罪は成立しなくてもキャッシング業者からペナルティを受ける可能性あり

キャッシング業者は、会員に対して利用規約を設けています。その利用規約に抵触してしまうと、強制退会させられてしまったり、借金残額を一括返済するように求められてしまったりします。嘘の理由でお金を借りる、といったことも規約で禁止されています。たとえ、詐欺とはならないでも、嘘の言い訳はそれなりのペナルティを受けてしまう可能性があるのです。

【キャッシング業者の規約例】

・換金目的でショッピング枠の利用を禁止・・・ショッピング枠現金化の禁止

・ギャンブル目的でのキャッシングを禁止

もしもクレジットカードの現金化目的でカードの審査を受け、実際にショッピング枠現金化を利用してしまえば利用規約に抵触します。ギャンブル目的のキャッシングも、どの業者であっても原則的に認められていません。発覚してしまえば、強制退会となり、二度とそのキャッシング業者のサービスは受けられなくなります(社内ブラック)。

※カード現金化やギャンブル目的でのキャッシング利用は、自己破産の免責不許可事由となります(債務整理(自己破産)ができなくなる、ということ)。

 こんな言い訳はバレバレなので使わない方がいい

・ギャンブルで一発当てて返済する

「絶対に競馬が当たる」こんな理由でお金を借りようとする方もいます。必ず当たるかの確約は絶対にできないはずです。「ギャンブルで当てて返すから貸して」といったことを言う人もいますが、お人好しの人はそんなにいません。どうしてもお金を借りたい場面であったとしても、ギャンブル関連の言い訳を利用しないのが賢明です。

・絶対に価格が上がる株の銘柄を知っている

詐欺などでよく聞く文言です。裏の情報に通じており、必ず株価が上がるものを知っている、といったことでお金を借りようとします。

株に関しては詐欺に当たる可能性もあり、このような理由でお金を借りてはいけません。そもそも、定期的にニュースで流れていること(インサイダー取引関連)でもあるので引っかかる人は多くないです。

キャッシングからお金を借りるケースですが、投機性の融資は基本的に禁止しています。融資金の使途について「株を購入する」と述べてしまえば、審査落ち理由になってしまいます。

・彼女や彼氏の親が病気になってしまった

家族が病気になってしまった、と言った理由よりは発覚しにくいケースもあります。しかし、その彼氏や彼女と面識がある方には通用しない言い訳です。確かめられてしまえば、嘘であることが発覚してしまいます。

逆に、社会人になってからの知り合いであれば家族ぐるみの付き合いをしていないケースも多いので、親が病気になった、といった理由のほうが有効かもしれません。

・美容整形したい

女性であれば美容に気を使っているケースも多く、言い訳として通用するかもしれません。一方で、普段は全くおしゃれにも気を使っていない男性が突然、「美容整形のためにお金を借りたい」なんて言ってきたら笑ってしまいますよね。

美容整形した結果も確認しようと思えば出来ます。実際に「二重にするためにお金を貸して」、といった男性が、お金を貸した後もずっと一重だった、なんて笑い話もあるほどです。