プロミスのweb明細サービスを利用して自宅へ明細書が届かないようにする方法

web明細サービスとは

Web明細とはその名の通り、インターネットで明細が確認できるサービスです。プロミスで申込みをするとマイページにログインすることが出来ます。そこから確認できるのがWeb明細です。

Web明細はすでにプロミスを利用している人が後から申し込むことも出来るし、初めての利用時にWeb明細サービスを指定することも出来ます。とても便利なサービスなので活用しない手はありません。

・Web明細で確認できるもの

Web明細で確認できるのは以下の項目になります。

1.元金充当額

2.利子充当額

3.残高額照会

4.契約日

5.最終契約日

6.最終貸付日

7.最終貸付後の残高額

明細は通常紙で送られてきます。その明細も上記の内容が書かれています。つまり、通常郵送で送られてくるものと同じものをWeb上で見ることが可能なのです。

明細は必ず発行しなければいけないと定められています。しかし、ネットキャッシングや返済、提携ATMで借入・返済をするとその場で明細を発行できません。よって通常は後日郵送で明細を送ることになっています。

毎月ネット返済や提携ATM返済を利用している人はもちろん、それにプラスしてネットキャッシングや提携ATMでお金を借りた人は大変です。なぜならその都度明細が送られてくるのです。郵送物をチェックするのも、それを管理するのも大変な作業になるでしょう。その手間を省けるのがWeb明細です。

web明細書の発行方法とは

では、そんな便利なWeb明細サービスを利用するにはどのようにすれば良いのでしょうか。すでにプロミスを利用している人とこれから申し込みをする人では発行方法が異なります。それぞれ見ていきましょう。

・すでにプロミスを利用している人がWeb明細に切り替えるには

すでにプロミスを利用している方がWeb明細に切り替えるにはプロミスHPのマイページから切り替え申し込みが可能です。マイページから「明細を電子交付サービスに変更する」という項目を選択すれば完了です。

もし、マイページへのログイン方法を忘れたり、やり方がイマイチ分からなかったりした場合は、電話からも申込み可能です。しかし、Web明細はマイページから確認することになるので、IDとパスワードをしっかり管理して、電話の場合はやり方を聞いておきましょう。

・これからプロミスに申し込む人のWeb明細申込み

これから申し込みをする人は、インターネット申込みの入力欄に「Web明細を利用する」という項目があるので、そこを選択すれば完了です。また、Web明細の利用と同時にEメールアドレスを登録しておくと30日間無利息サービスを活用出来ます。

これは初めてプロミスに申し込みをする人限定のサービスになりますが、Web明細の選択とEメールアドレスの登録だけで利用出来るサービスなので活用しないのはもったいないです。30日間だけですが、この期間はいくら借りても利息がかからないので、この期間で返済できる人は無利息で利用出来ますし、返せなくてもその分利息が浮くことになります。

このようにプロミスには独自のサービスが多数あります。お得な情報は全部活用した方が良いので、Web明細を申込むならついでに30日間無利息サービスも活用しちゃいましょう。

web明細サービスのメリット

1.借入・返済時に届く郵送物がなくなる

2.気になるところだけ印刷しておける

3,いつでもWebで確認できる

4.管理の必要がない

ネットキャッシング・返済、提携ATMで借入・返済をしている人はその都度明細が郵送されてきます。中には家族に内緒でプロミスを利用している人もいるでしょう。プロミスでは郵送物は「事務センター」いう差出人名で送るので知っている人でない限りプロミスからの郵送物とは分かりません。

しかし、家族に内緒でお金を借りていた人が同居の家族にバレる原因はこの郵送物です。頻繁に届く郵送物に不審に思うこともあるし、中身を見てしまってバレるということがあります。

Web明細にすれば頻繁にくる郵送物がなくなるのでその心配はなくなります。また、明細を取っておかなくてもWeb上でいつでも確認でき、気になるところだけ印刷をすることも可能です。管理の手間もなく、いつでも最新の明細を見られるのも良いですね。

プロミスから明細書が届くケースを教えて

プロミスでは、以下の場合に明細を送ることになっています。

1.ネットキャッシングを利用した時

2.ネット返済を利用した時

3.口座振替を利用した時

4.提携ATMでお金を借りた時

5.提携ATMでお金を返済した時

上記のいずれもその場で明細を発行することが出来ません。よって基本的には後日郵送という形で明細を届けます。

上記以外の方法、例えばお客様サービスプラザ(店頭窓口)やプロミスATMでお金を借りたり、返済したりすればその場で明細を受け取ることは可能です。また、一部の提携ATMではその場で明細を発行してくれる場合もあるようです。気になる方は調べてみて下さい。

プロミスを利用すれば、自宅に郵便物が届く可能性があるのか

明細以外にもプロミスを利用していれば郵送物が届く可能性があります。先ほども言いましたが家族に内緒でお金を借りている方にとって郵送物は危険です。どのようなものが送られてくるのか確認しておきましょう。

以下の場合自宅または勤務先に郵送物が届くようです。

1.提携ATMで利用、返済をした場合

2.振込みキャッシングを利用した場合

3.契約書類・カードの発行を希望する場合

4.支払いに遅れが生じ、利用者と連絡が取れない場合

5.その他、利用者との連絡で書類送付を希望した場合

上記の2つは利用明細の発行になるので、Web明細で回避することが出来ます。3の契約書類やカードの発行も申込み時にWeb完結というサービスを使い、契約書類はダウンロードで済ませ、カードの発行を行わないという項目を選択すれば回避することが可能です。

支払いに遅れた場合「督促状」が届きます。しかし、いきなり送られることはなく、まず数日遅れた時点で本人の携帯に連絡が来ます。その際連絡が取れない場合にだけ督促状が送られてきます。

まず、返済に遅れることがないようにするのが一番大切です。もし、何かの事情で返済が遅れる場合は、遅れることが決まった時点でこちらから連絡をいれましょう。事情を説明し、いつまでに返済できるのかを伝えれば、その日まで連絡が来ることはありません。

もちろん返済が遅れた場合、ペナルティとして遅延損害金というものが発生します。しかし、督促の連絡が嫌な場合は事前連絡しておけばその連絡を回避することが出来ます。そのあとは約束の日までにきちんと返済をしましょう。また、その他の書類は希望しなければ突然送られてくることはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Web明細は管理の手間が省けて、好きな時に確認することが出来る便利なサービスです。しかし、それだけではなく、Web明細を利用することで初めてプロミスを利用する人は30日間無利息サービスも利用することが可能です。

さらに、家族と同居していてお金を借りていることがバレたくない人にとって郵送物は一番回避したいものです。それを回避できるのもWeb明細の魅力です。Web明細のメリットはいっぱいあってもデメリットは1つもありません。ぜひ活用してみて下さい。