モビットの利用限度額を増額する方法と増額審査に通るコツについて

どうすれば増額できるの?

・モビットの利用限度額

モビットの利用限度額は、最大800万円となっています。これは、モビットに入会すれば誰でも800万円まで融資してもらえるという意味ではありません。利用限度額は、それぞれの利用者ごとに、申し込み時に設定される形になっています。なお、利用限度額については希望額を申請することになりますが、必ずしも希望どおりになるとは限りません。希望額よりも少ない利用枠が設定されることもあります。

・申し込み時の利用限度額は少なめ

生きていると、いつ何時お金が必要になるかわかりませんから、利用限度額はできるだけ多い方が安心と考える人もいるでしょう。けれど、利用限度額が多ければ、その分審査が厳しくなってしまいます。また、利用限度額は申込者の年収に関係しますから、年収が少なければ利用限度額を高く設定してもらうことはできません。特に、初めてのカードローン利用の場合には、まだ信用力がありませんから、どこの消費者金融でも利用限度額は少なめに設定されます。

・利用限度額と総量規制の関係

消費者金融を利用する場合には、年収の3分の1を超える借入れを制限する総量規制が問題になります。モビットも消費者金融ですから、総量規制の影響を受けます。総量規制は他の消費者金融からの借入れも含めて考えることになり、総量規制の範囲を超える利用限度額が設定されることはありません。

たとえば、年収300万円の人であれば、総量規制により借りられる額は100万円までになります。モビット1社から借りる場合には、利用限度額の上限は100万円になります。また、既に他の消費者金融から50万円借りているようであれば、モビットの利用限度額の上限は50万円ということになります。

・お金に困ったら利用限度額を増やす方法がある

現在、モビットのカードローンを利用している人でも、利用限度額を超えてもっと多くのお金が必要になることもあると思います。他社に新規申し込みしてお金を借りる方法もありますが、借入先が増えると返済管理が大変になってしまいます。このような場合、モビットの利用限度額を増やすという方法もあります。モビットの利用限度額は、申し込み後ずっと同じではなく、途中で増やすことも可能です。

・利用限度額を増額する方法

モビットの利用限度額を増額してほしい場合には、モビットのコールセンター(0120-24-7217)に電話して相談できます。なお、この場合にも相談しただけで利用限度額を上げてもらえるわけではなく、増額のために新たに審査を受ける必要があります。増額審査に通過すれば、晴れて利用限度額を増額してもらえることになります。

増額審査に通る人と、落ちる人の違い

<モビットの増額審査に通る人>

モビットの増額審査では、申込時と同様、年収等による審査も行われます。さらに、増額審査ではこれまでの利用履歴が大きなカギになります。下記のような人であれば、モビットの増額審査に通りやすいと言えます。

・申し込み時より年収が増えている人

年収が増えていれば、総量規制の範囲内で借りられる額も大きくなりますから、増額審査に通りやすくなります。

・モビットでお金を借入し返済した実績がある人

お金をたくさん貸しても約束どおりきちんと返済してくれる人には、モビット側も積極的に融資してくれます。モビットでしっかり借りて遅れることなく返済している利用者なら、利用限度額を上げてもらいやすくなります。

・他社でも延滞をしていない人

増額審査の際には信用情報機関への照会も行われますから、モビット以外の他社カードローン利用実績もチェックされることになります。他社でも延滞せず計画的な利用をしていれば、評価は高くなります。ただし、借入先の数が多ければ、逆に評価が下がることもあります。

<モビットの増額審査に落ちる人>

・申し込み時より年収が減っている人

カードローンの利用限度額というのは、年収をもとに総量規制の範囲内で決められることになります。年収が減っていれば、当然利用限度額を増やすのも難しくなります。

・モビットで何度も延滞をしている人

モビットと契約後、何度も延滞しているような人は、審査に通りません。何かの都合で1度くらい返済が遅れることはあると思いますが、このような場合はすぐに連絡をして返済していればOKです。連絡なしに延滞していたり、長期延滞があったりすれば、増額は難しくなります。

・多重債務者になっている人

既に多数の会社から借入をしている場合には、新規の申込も困難ですが、増額もやはり困難です。カードローン審査では借入額よりも借入先の数の方が重視される傾向がありますから、借入先が多いと不利になります。

・ブラックリストに載っている人

他社で長期延滞したり債務整理を行ったりしている人は、信用情報機関に情報登録され、ブラックリストに載っていることになります。増額審査の際にも申込者の信用情報は必ずチェックしますから、ブラックであれば増額は不可能になります。

こんな人は増額申請をしない方がいい

・モビットでの借入れ実績がない

モビットの増額申請をするときには、原則としてこれまでに延滞がないことが条件になります。けれど、モビットで実際にお金を借りていない人や利用額が少ない人は、増額が困難になります。

モビットに入会したけれど、実際にお金を借りていなければ、当然延滞も発生しません。しかし、このような場合には、そもそも増額する理由がないと判断されてしまいますから、増額審査に落ちる可能性があります。

・モビットに入会後6ヶ月経過していない

モビットに利用限度額を増額してもらうためには、モビットから信用を得る必要があります。ですから、モビットと契約後すぐに利用限度額を上げてくれるということはありません。信用を得られるだけの利用実績を作るのには、6ヶ月程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。モビットからお金を借りたら、少なくとも6ヶ月間はきちんと返済を行った実績を作りましょう。

・つい最近転職した

モビットに増額申請をすると、勤務先や年収についても改めて審査が行われます。カードローンの審査では、勤続年数が短ければ不利になってしまいます。転職した場合にも、6ヶ月~1年程度は勤務実績を作ってから増額申請した方が良いでしょう。

・モビットや他社で延滞している

モビットやその他の会社で最近よく延滞しているなど、利用実績が良くない場合には、増額申請も控えた方が無難です。延滞なしの返済実績を少なくとも半年以上は作ってから増額申請した方が良いでしょう。なお、長期延滞によりブラックリストに載っている場合には、信用情報から情報が削除されるまでに5年程度かかりますから、その間は増額審査に通りません。

・モビットで借金を一本化したい

複数の金融業者からお金を借りている場合、モビットの利用限度額を増額して借金を一本化したいと考えることもあるでしょう。しかし、モビットのカードローンは借金一本化のためのまとめローンには向いていません。

まとめローンでは、借りたお金で他社の借金を完済することになりますが、まとめローンで借りる時点では他社に借入残高がある状態ですから、一時的に総量規制を超えてしまうことがあります。まとめローンは、通常、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の例外になりますが、モビットは低金利ではないため、必ずしも借り換えにより得することにはなりません。つまり、借金一本化目的でモビットの増額申請をする場合には、総量規制に引っかかってしまい、結局借りられないケースもあります。借金を一本化したいなら、総量規制対象外で低金利の銀行カードローンに新規申し込みした方が良いでしょう。

増額審査に落ちてしまた人に降りかかる災難

・利用限度額を減額されるケースもある

モビットに増額申請すれば、改めて審査が行われます。ここで、審査の結果、現在の利用限度額では多すぎると判断されることもないわけではありません。特に、年収の減少、他社借入額の増加などの理由により総量規制に違反してしまう場合には、有無を言わさず利用限度額が減額されてしまいます。つまり、何もしなければ減額されることはなかったのに、増額申請したばっかりに減額されてしまうこともあるということです。

・他社の新規借入れや増額も困難に

モビットの増額審査に落ちた場合には、モビット以外の他社からの新規借入れや、既に契約している他社カードローンの利用限度額の増額を考えることが多いと思います。しかし、モビットの増額審査に落ちたことは、他社からの借入れに影響してしまいます。

たとえモビットの増額審査に落ちたとしても、モビットに増額申請したという情報は6ヶ月程度信用情報機関に残っています。その間に他社に申し込みした場合、他社では「次々申し込みしているのは経済状況が悪化しているはず」「モビットに断られたのは理由があるはず」と判断しますから、審査になかなか通してくれません。モビット1社の増額審査に落ちただけなのに、結局どこからも借りられなくなるという事態になってしまうことがあります。

・ブラックリストに載っていることがバレて強制解約になることも

モビットの増額審査の際には、信用情報をチェックされます。他社で長期延滞や債務整理を行ってブラックリストに載っている人の場合、それがモビットにバレてしまえば強制解約になってしまうこともあります。

モビット増額の為に、日頃から注意をしておくこととは?

・返済期日に遅れない

モビットの増額審査の際には、これまでの利用状況をチェックされますから、常に延滞しないように気を付けておく必要があります。提携ATMで返済をする場合にはうっかり返済期日を忘れてしまうこともありますから、口座振替(自動引き落とし)による返済を利用した方が安心です。モビットでは、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていれば、手続きすることにより、口座振替での返済が可能になります。

・返済期日に間に合わない場合にはすぐに連絡を

気を付けていたとしても、給与振込が遅れたなどの事情により、返済期日に返済が間に合わないようなこともあると思います。そのような場合には、とにもかくにも、すぐにモビットに電話連絡を入れるようにしましょう。一度くらいの延滞なら大目に見ておらえることもあります。モビットとの間に信頼関係を築けるよう、誠実な態度で取引するようにしましょう。

・給与明細を取っておく

モビットの増額審査では、収入証明書類を求められることがあります。収入証明書としては、給与明細も使えますが、直近2ヶ月分が必要になります。給与明細をうっかり捨ててしまわないようにし、増額申請するときにはすぐに出せるようにしておきましょう。

・信用情報をチェックしておく

過去に債務整理を行うなどして、信用情報機関に事故情報が登録されている場合には、ブラックリストに載っていますから増額審査に通りません。信用情報機関の事故情報は5~7年程度で削除されますから、情報が残っているかどうか微妙な時期に増額申請する場合には、あらかじめ信用情報をチェックしておいた方が良いでしょう。信用情報機関の登録情報は、本人が開示請求すれば教えてもらうことができます。

・何もしなくても増額してくれることもある

モビットと取引を開始して以降、借りたお金をきちんと返済する実績を積んでいれば、敢えて増額申請しなくても、モビットの方から利用可能額を増額してくれることがあります。この場合には、モビットから限度額アップの連絡が来ることになりますから、希望すれば利用枠を増額してもらえることになります。

まとめ

モビットの増額審査に通るためには、モビットとの間に信頼関係を築くことが重要になります。信頼関係は一朝一夕では生まれません。焦って増額申請すると、かえって損する結果になることがあります。モビットに入会した後は、利用限度額の範囲内でできるだけお金を借り、遅れることなく返済する実績を作るようにしましょう。