モビットを解約する方法と解約の流れ、注意点について

モビットの解約方法とは?

・完済しても自動的に解約にはならない

モビットでお金を借りたことがあるけれど、既に返済が終わったという人は、モビットとの契約関係もなくなったと考えているかもしれません。しかし、モビットの借金を完済しても、それで解約になるわけではありません。敢えて解約手続きをしない限り、モビットの会員としての地位は継続します。つまり、一旦完済しても、解約しない限り、またモビットからいつでもお金を借りることができるということです。

・解約するときはモビットに電話

モビットの借金を既に完済しているのであれば、解約手続きは簡単です。モビットのコールセンターに電話し、解約したい旨を告げるだけでOKです。モビットカードを持っている場合にも、モビットに返す必要は特にありません。解約後、モビットカードはどっちみち使えなくなってしまいますから、自分でハサミを入れるなどして処分するようにしましょう。借り入れ残高がなくなれば電話をするだけですぐに解約手続きを行う事ができます。 ただし、一度残高がゼロになっても月額料金がかかるわけではないので解約しなくてもカードを持っておくのもアリです。 もし仮にもう一度利用する時があればイチから申し込み、審査まで行わなければなりませんし、返済実績を積んでいれば次回の利用では金利を優遇されるためです。

・残高があれば完済してから解約

モビットの借金を完済したつもりでも、残高があることがあります。カードローンでは通常1000円単位で返済を行いますから、最後に1000円未満の端数残高が出るケースがあります。この端数残高は「無利息残高」と呼ばれます。

無利息残高には利息も付かず、返済期限もありませんが、次に借入れをしたときには借入残高に算入されます。1000円未満の端数残高といえども、モビット側がその分を返してもらう権利がなくなるわけではないのです。モビットを解約するときには、この無利息残高も支払ってしまわなければなりません

モビットの借入残高は、インターネットの会員専用サービス「Myモビ」から確認できます。残高がある場合には、解約前にその分を支払う必要があります。モビットコールセンターに解約の電話をしたときに、支払金額や支払方法について確認しましょう。

完済したのに申し込んだままにしておくと

・カードを持っていても手数料はかからない

モビットの借金を完済した後、解約手続きをしなくても、大きな問題があるわけではありません。カードローン口座を維持するための手数料というのはかかりませんから、ずっと口座を持っておくという選択肢もあります

カードローンを新規で申し込むとなると審査や手続きに時間がかかりますし、審査に通らないこともあります。モビットカードを所持し続けていれば、急にお金が必要になったときでもすぐにお金を借りられるという安心感があります。

なお、モビットではWeb完結の方法で借入れもできますから、そもそもカードを所持していないという会員もいると思います。この場合でも、完済後、解約しない限りは振込キャッシングによりいつでも利用限度額までの融資をしてもらうことができます。

・カードを持っているとキャッシングがバレるリスクがある

モビットカードを所持している場合には、家族に見つかったときに、お金を借りていたことがバレる可能性があります。モビットと言えばCMや広告でたいていの人が知っている消費者金融ですから、ごまかしがききません。この点、Web完結の取引をしている人なら心配はありませんが、カードを持っている人は気を付ける必要があるでしょう。

・解約しなかったらうっかり借りてしまう心配もある

モビットの借金を完済したけれど解約せずにいれば、次に何かあったときにも簡単にお金が借りられます。これは便利なこともありますが、意志が弱ければすぐに借金してしまうことにもなり、借金癖ができてしまうリスクもあります。

・住宅ローンに影響が出ることも

モビットの借金を完済後、解約せずに放置していれば、住宅ローンを組むときに困ることがあります。住宅ローンの審査では、カードローン等の他の借入れも含めた総返済負担率による基準があります。たとえば、住宅金融支援機構の「フラット35」では年収400万円未満の場合には30%以下、年収400万円以上の場合には35%という総返済負担率の基準があり、これを超えると審査に通らなくなってしまいます。

住宅ローンの審査で総返済負担率を計算するときには、カードローンについては利用限度額が基準になります。つまり、カードローンの利用者は、実際に借入れしていなくても、利用限度額いっぱいまで借りているものとみなされてしまうということです。カードを解約せずに持っているだけで住宅ローンの審査に通らない可能性も出てきますから、注意が必要です。

・自動車ローンやその他のローンにも影響がある

モビットとの契約が残っていれば、自動車ローンをはじめとした各種ローンを組むときにも、不都合が生じることがあります。ローンの審査の際には、金融機関は必ず信用情報機関の情報を確認します。モビットと契約中であれば、たとえ借入残高がなかったとしても、「与信あり」という情報が登録されています。「与信あり」とは、融資枠があるという意味です。

ローン審査では他社の融資枠があるだけで不利になってしまいますから、残高がないのであれば解約しておいた方がローンを組む上では安心でしょう。

解約までの流れ

モビットの解約方法については、ホームページでもそれほど目立つように書かれていませんから、よくわからない人も多いと思います。モビットの解約までの流れは、以下のようになります。

1.借入残高を全て完済する

借入残高がある場合には、全額完済しなければ解約できません。解約にあたって一括返済する場合には、いつ返済するかの日付によって金額が変わりますから、事前にモビットに電話して支払金額を確認しましょう

1000円未満の端数残高が出てしまう場合には、コンビニなどに設置の提携ATMからは入金できないことがあります。その場合には、小銭を入金できる銀行ATMを利用しましょう。どうしても小銭が入金できない場合には、多めに支払っておけば解約はできます。後で返金してもらいたい場合には、解約の際に申し出るようにしましょう。

2.モビットコールセンターに電話

モビットの借入残高がゼロになれば、モビットとの契約を解約することができます。モビットでは、解約の際に必ず書類を書かなければならないわけではなく、利用者は電話で解約の意思表示をするだけで解約できます

3.契約書の返還・解約証明書の送付

カードローンを解約したときには、ローン会社から契約書が返還されるのが一般的です。もし、家に書類を郵送されると困る場合には、解約の連絡をしたときに書類返還なしということでお願いしておきましょう。

解約手続き完了後、希望すれば解約証明書や完済証明書を送ってもらえます。解約後すぐに住宅ローンやその他のローンの申込を考えている場合などには、解約証明書(完済証明書)をもらっておきましょう

解約に伴う注意点

・完済しなければ解約できない

モビットの解約の際には、モビットの借金を完済しなければなりません。自分で自覚していなくても、端数残高があることがあります。解約前に残高の有無を確認し、残高が残っていれば支払うようにしましょう。

・解約後は簡単にお金を借りられないこともある

モビットを解約してしまったら、次にお金が必要になったときには、また一から借入先を探さなければなりません。消費者金融や銀行系カードローンで借りるときには必ず審査があり、審査に通らなければ貸してもらえません。お金が必要になったときにたまたま無職だった場合などは、審査にも通りにくくなりますから、なかなかお金が調達できないことも考えられます。解約してしまって良いのかどうか慎重に考えましょう。

・住宅ローンを組む場合には解約証明書をもらう

住宅ローンを組むときには信用情報機関への情報照会が行われますから、現在の借入状況がわかってしまいます。モビットを解約してすぐの時期に住宅ローンを申し込めば、信用情報が更新されておらず、カードローンの契約があると判断されてしまう可能性があります。

モビットの解約手続きは電話だけですんでしまいますから、そのままでは手元に解約したことの証明が残りません。近日中に住宅ローンやその他のローンを申し込む予定があるならば、モビット解約の際に、解約証明書を送ってもらうようお願いしましょう。住宅ローンの申込先に解約証明書を提出すれば、モビットからの借入れがないことを証明できます。

・完済しても信用情報機関に記録は残る

カードローンの契約が生きている間は、信用情報機関には「与信あり」という情報が登録されています。カードローンを解約すれば、「与信あり」の情報は削除されますが、契約情報やキャッシング履歴は5年程度残っています。その間にローンを組む場合、金融機関によっては完済証明書が要求されることもありますから注意しておきましょう。

解約の取り消しはできるの?

・解約後は新規申し込みが必要

モビットを解約後に、もう一度モビットでお金を借りたいと思う人もいるかもしれません。その場合、解約の取り消しができるかと言えば、基本的には無理ということになります。

一度モビットに解約の意思表示をすれば、撤回することはできません。再びモビットからお金を借りたいなら、もう一度新規で申し込みする必要があります。新規申し込みの際には、また本人確認書類や収入証明書類も提出しなければなりませんし、在籍確認もありますからかなり面倒なことになります。

・解約後の新規申し込みでは審査に通過しにくくなる

モビットを解約後、モビットに再度新規申し込みをした場合には、通常の申し込み時より審査が厳しくなると言われています。たとえ以前よりも年収などの条件が良くなっていても、審査に落ちてしまう可能性もあるということです。モビットにしてみれば、何度も申し込みや解約を繰り返す人は、信用できないということになるのです。モビットと解約してもまたすぐにお金が必要になる可能性がある人は、焦って解約しない方が良いでしょう。

もし解約後再びモビットに新規申し込みし、その際に審査に落ちてしまったなら、その情報が信用情報機関に残ってしまうことになります。1社の審査に落ちると、連鎖的に他社の審査に落ちる可能性も高くなりますから、借入先がなくなってしまうリスクもあります。モビット解約後にお金を借りる必要が出てきたなら、モビットではない他社に新規申し込みした方が無難です。

まとめ

モビットの借金を完済した後、解約した方が良いかどうかは、ケースバイケースになります。もし近いうちに再びお金を借りることになるかもしれないなら、焦って解約しない方が良いでしょう。ただし、意志が弱い人は、解約しなかったらうっかり借りてしまうという心配がありますから、解約した方が安心かもしれません。

モビットの借金を完済後、住宅ローンをはじめとするローンを申し込みする予定があるならば、モビットを解約しなければ審査に通らない可能性があります。この場合には、モビットの解約手続きを行った上で、モビットから解約証明書をもらっておくようにしましょう。