モビットのWEB完結申し込み方法と注意点、返済方法について

webでモビットカードを申請する方法

・モビットの申し込みはWebから可能

モビットでお金を借りたい場合には、モビットの会員になる必要があります。モビットの入会手続きは、パソコンやスマートフォンを使ってWebから申請することができます。

モビットは無店舗営業を行っており、有人の店舗はありません。全国の街角に設置されているローン申込機(ローン契約機)からの申込もできますが、近くにない場合もありますし、ローン申込機まで出向く手間もかかってしまいます。

Web申し込みを利用すれば、わざわざ店舗やローン契約機に出向かなくても、空いている時間に自宅や外出先から簡単にモビットの申込手続きができます。モビットのホームページにアクセスして申し込みフォームに入力すれば、すぐに10秒簡易審査結果も表示されますから、審査が不安な人でも安心して手続きが進められます。

・Web申し込みは「カード申込」と「Web完結」の2択

モビットのホームページから入会申し込みする場合、「カード申込」または「Web完結」のどちらかのボタンを選んで申し込み手続きを進めることになります

「カード申込」を選んだ場合には、モビットカードが発行されます。モビットカードが発行されれば、全国の提携ATMを利用して借入や返済ができるようになります。

一方、「Web完結」を選んだ場合には、モビットカードは発行されません。この場合、提携ATMを利用してお金を借りることはできませんから、振込により融資してもらう形になり、返済については口座振替を利用することになります。

・「Web完結」には利用条件がある

モビットで「Web完結」による申し込みをする場合には、下記14の条件をみたす必要があります

1.三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座がある

2.本人確認書類として、運転免許証またはパスポートの写しを提出できる

3.収入証明書類として、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれかの写しを提出できる

4.勤務先を確認する書類として、全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証、給与明細書(直近1ヶ月分)の両方を提出できる

「Web完結」から申し込みすれば、電話連絡なし、郵送物なしになりますから、勤務先に在籍確認の電話がかかってきたり、自宅に郵送物が届いたりする不安がなくなります。

なお、上記14の条件をみたせない場合には、「Web完結」は利用できませんので、「カード申込」から申し込み手続きをしなければなりません

・Web申し込み後すぐに審査が行われる

モビットでWebから入会申し込みを行うと、すぐに審査が行われます。審査にかかる時間は最短で30分となっています(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

「Web完結」の場合、審査結果についてはメールで連絡があります。「カード申込」の場合には、電話連絡があることもあります。なお、電話連絡の際には、オペレーターの個人名で電話がかかってきます。

・審査通過後の入会手続き

モビットの審査に通過すれば、正式に入会手続きを行うことになります。

Web完結」の場合には、インターネットからそのまま入会手続きが可能です。必要書類については、画像を撮影し、送信する形になります。

「カード申込」の場合には、モビットカードと一緒に入会申込書が郵送されてきますので、入会申込書と必要書類を返送することによって手続きすることになります。

・入会手続き完了後キャッシング可能

モビットへの入会手続きが完了すれば、契約が成立し、モビットからお金を借りることができるようになります。

「Web完結」の場合には、インターネット会員サービス「Myモビ」にアクセスし、振込キャッシングの申込をして指定口座にお金を入金してもらうことになります。「カード申込」の場合には、振込キャッシングのほか、提携ATMからの借入れも可能です。

カード申請に伴う注意点

モビットカードを発行してもらえば、全国約13万台(2017/6現在)の提携ATMでいつでもお金を借りることができるので便利です。返済もモビットカードを使って提携ATMから簡単にできます。けれど、モビットカードを発行してもらうときには、下記のような点に注意しておく必要があります。

・モビットカードは原則として郵送で届く

モビットカードは、原則として、申込者の自宅まで郵送されてくることになります。キャッシングを家族に内緒にしたい場合には、バレてしまうリスクもあるということです。モビットからの郵送物に社名は表示されず、差出人表記は「MCセンター」となりますが、家族が勝手に開封する心配がある人は気を付けておいた方が良いでしょう。

なお、モビットカードはローン申込機で受け取ることもできますが、審査内容によっては郵送による受取しか選べない場合もあります。また、ローン申込機でカード受取をした場合でも、入会申込書等の契約書類が自宅に郵送されてくることがあります

・カードを所有しているだけでバレる可能性も

銀行カードローンの場合には、キャッシュカードにキャッシング機能も付けられることがありますから、カードを持っているだけでキャッシングがバレるというリスクも低いと言えます。しかし、モビットは無担保貸付を専門に行っている消費者金融ですから、モビットカードを持っていればそれだけで借金がバレてしまう可能性が高くなってしまいます。

・提携ATMの利用には手数料がかかる

モビットには店舗はありませんから、モビットカードでお金を借りる場合には、銀行やコンビニなどに設置されている提携ATMを利用することになります。モビットでは、提携ATMの利用には原則として手数料がかかります。特に、返済は毎月のことですから、手数料はバカになりません。

・提携ATM利用の場合には利用明細書が郵送されてくることも

モビットで提携ATMを利用して借入れや返済を行った場合には、一部のATMを除き、後日利用明細書が郵送されてくるケースがあります。利用明細書が届いて家族にバレるケースもありますから注意が必要です。

・モビットを利用するならカードレスがお得

モビットでお金を借りるなら、「カード申込」するよりも、「Web完結」にした方が便利でお得になります。Web完結の場合には、モビットカードは発行されませんし、自宅に郵送物が届くこともありません。Web完結では、申し込み時の電話連絡なしで借りることもできますから、家族や周りの人にバレることなくお金を借りることができます。さらに、Web完結の場合には、借入や返済の際の手数料も無料にすることができます。

・カードレス取引をするなら必要書類を用意しておく

モビットでWeb完結申し込みをし、カードレスの取引をするならば、申し込み時に揃えなければならない書類があります。勤務先によっては、必要書類のうちの保険証がないこともありますから、Web完結が利用できないケースもあります。また、Web完結では本人確認書類として保険証が使えませんから、免許証もパスポートも持っていない人も申込不可能です。

なお、Web完結申込するためには、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座が必要になりますから、どちらの銀行にも口座を持っていない場合には、あらかじめ口座開設の手続きをしておくと良いでしょう。

・カードレスの場合には口座残高に注意

モビットでは、「Web完結」申し込みをし、カードレス取引をするのが便利です。ただし、Web完結」の場合には、返済が自動的に口座振替になりますから、口座が残高不足にならないよう注意しておく必要があります。もし返済日に残高不足で引落されなければ、延滞ということになってしまい、遅延損害金が発生してしまいます。

モビットカードを発行してもらえば、金融機関の休業日でも提携ATMから返済することが可能です。残高不足になる心配がある人は、カード申込をした方が利用しやすい場合があります。

webでの借入方法

・「Myモビ」とは

モビットの会員になると、インターネット会員専用サービス「Myモビ」を利用できます。「Myモビ」では、振込キャッシング、利用状況照会、登録内容変更、ユーザーID変更、インターネットパスワード変更、カード紛失・盗難の連絡といった機能が利用できます。さらに、PC版では、契約内容照会、取引履歴照会、電子領収書ダウンロード、書類提出システム、振込返済口座照会、返済シミュレーション、借入・返済相談、提携ATM一覧、ローン申込機検索、Myモビメッセージの機能も用意されています。

・「Myモビ」でお金を借りられる

Webからお金を借りたい場合には、「Myモビ」の「振込キャッシング」から申し込みします。平日9時~1450分までに「Myモビ」で「振込キャッシング」の申込をした場合には、最短3分で登録してある預金口座に融資金が入金されます。自分の口座に入金されたお金はキャッシュカードで引き出すことができますから、余計なカードを持つ必要もなくなります。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

・「Web完結」の場合

モビットで「Web完結」により申し込みした場合にはカードが発行されませんから、お金を借りる際には毎回「振込キャッシング」を利用することになります。

webでの返済方法

・返済については口座振替の設定ができる

モビットでは、口座振替による返済も可能です。返済を口座振替にすれば、毎月の返済日に返済額が自動引き落としされますから、返済忘れを防ぐことができます。

ただし、モビットで口座振替による返済を利用する場合には、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていなければなりません。どちらかの銀行の口座があれば、手数料無料で口座振替ができますから大変お得です。

・銀行振込による返済も可能

モビットでは、指定の銀行口座への振込による返済も可能になっています。なお、銀行振込による返済を行う場合には、利用者が振込手数料を負担しなければなりません。

・「Web完結」の場合

モビットで「Web完結」により申し込みをした場合には、申し込み時に口座振替の設定を行いますから、返済は自動的に口座振替になります

webでの借入、返済はどれくらい手数料がかかるの?

・振込キャッシングなら手数料無料

モビットで「Myモビ」を利用して振込キャッシングをする場合には、手数料の負担はありません。提携ATMでカードを使って借入する場合には手数料がかかってしまいますから、Webでの借入の方がお得ということになります。

・口座振替も手数料無料

モビットで三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座からの自動引き落としによる返済を行う場合には、口座振替手数料は無料となっています。

・「Web完結」なら借入も返済も手数料なし

モビットで「Web完結」により申し込みした場合、お金を借りるときには振込キャッシング、返済するときには口座振替になりますから、借入の際も返済の際も一切手数料がかかりません。余計な手数料を支払うことなく、完済までお得に取引ができます。

まとめ

モビットでお金を借りるなら、カードを発行してもらうよりも、「Web完結」の方法により申し込みし、カードレスの取引をするのがおすすめです。「Web完結」なら、借入も返済もWebだけでOK。カードを持つ煩わしさもなく、家族にバレる心配もありません。モビットではWebからの借入れや口座振替の際には手数料もかかりませんので、お得に利用することもできます。