なぜ審査に通らない?教育ローンの審査に通らない人の理由について

「教育ローン」は、学費などの「教育に関わる費用に使う目的でお金を借りる」タイプの金融商品です。特に学費は大きな出費になるので、資金を工面するのに苦労する場面もあります。そうした場合に、教育ローンを利用することで資金調達を行うことができます。

しかし、ローンと名のつく金融商品である以上、そこには「審査」が必要になります。そこで、教育ローンの審査に臨むにあたって役に立つ知識についてまとめてみました。

まず、教育ローンの「申し込み条件」について解説していきます。どの金融商品でも「無条件でお金を借りることができる」ということはなく、少なくとも教育ローンも金融商品としての最低限の申し込み条件を内包しています。それに加えて、教育ローン固有(他の金融商品にも設定されていることもありますが)の申し込み条件がいくつかあります。

まずは「年収・勤続年数」などの、申し込み者の収入や仕事に関わる情報についてです。一般的なカードローンなどの金融商品の場合だと、「一定の安定した収入」というように条件が記載されていることが多いのですが、教育ローンの場合は「年収200万円」「勤続年数2年」が条件として記載されていることが多いです。中には150万円や1年という条件もありますが、少なくとも年収と勤続年数の条件が明確に記載されていることが多いです。

次に「教育資金として使用する」ということです。教育ローンなので当然ですが、学費などの教育目的の資金のために借り入れる必要があります。その他には「保証会社の保証を受けられる」「過去に金融事故を起こしていない」という、一般的な金融商品としての条件も考慮しなければなりません。

最も大きな部分は「年収と勤続年数」の部分です。数字に関しては、金融機関ごとに異なりますので、年収や勤続年数がその範囲内である場合だと、きちんと申し込み条件を確認しておかないと、ギリギリで足りないがために審査に落とされるという憂き目を見る可能性があります。

かなり急ぎでの教育資金が必要であれば金利は少し高くなりますが即日キャッシング可能な消費者金融を選ぶ必要があります。

詳しくは当サイトの解説ページをご覧ください。

モビットの詳細ページこちら

プロミスの詳細ページはこちら

  • 教育ローンの審査基準について

次に、教育ローンの審査基準、つまり「審査に通りやすいかどうか」ということについて解説していきます。簡単にいえば、審査基準が厳しいほどに審査に通りにくく、基準が緩いほどに審査に通りやすいということになります。年収などの条件が同じ人が審査に申し込んだ時に、前者であれば審査に通れなくても、後者であれば審査に通るということも少なくありません。

教育ローンの審査基準は、同じ金融機関が提供するカードローンに比べて厳しめであると言えます。目的のはっきりとしているローンは金利が安いですが、その分だけ審査基準も厳し目に設定されています。

  • 審査にはどれくらい時間がかかるの?

教育ローンの審査には、短くても3日は時間を必要とするケースが多いです。逆に言えば、消費者金融でよく見るような「即日融資」は、教育ローンでは難しいといえます。

前述のとおり、教育ローンの審査基準はカードローンなどの金融商品に比べて審査基準が厳し目です。提出する書類も多く、見るべきポイントも多いです。それを即日融資するようなことはまず不可能です。

例外的に、教育ローンを申し込む対象となる銀行で住宅ローンを組んでいるとか、銀行の得意先の従業員であるといった、特殊な事情があれば短い期間で審査を終わらせてくれる可能性もあります。しかし、それでも2日はかかることが多いですし、常に融通をきかせてくれるとも限りません。教育ローンは「教育資金が必要」という明確な目的があり、かつその発生は前もって知り得る話です。明日明後日になって急に学費の資金が足りないと気がつく話でもないでしょうから、そこまで審査期間のことを意識することも無いと思います。もし、数日後にどうしても教育資金が必要な場面が生じるのであれば、金利は少し高くなりますが即日キャッシング可能な消費者金融を選ぶ必要があります。

当サイトではそれぞれ消費者金融の詳細を解説しているページがあるのでそちらをご覧ください。

モビットの詳細ページこちら

プロミスの詳細ページはこちら

注意!こんな人は教育ローンの審査に通らない

教育ローンに通りにくい人の特徴は、幾つかの条件が挙げられます。主な項目としては「年収・勤続年数などの属性がギリギリである」「複数のカードローンを利用中である」「過去に金融事故を起こしたことがある」と言った条件です。

まずは「属性」の問題です。年収や勤続年数など、利用者の仕事や収入などの特徴のことを表します。教育ローンの場合、申し込み条件に厳密な数値が記載されていることが多く、その条件を満たせない場合にはそもそも申し込み条件を満たせないことで審査に通りません。そして、仮に200万円であれば200万円ギリギリ足りている程度だと、審査も厳しくなります。数値の条件は、基本的に高いほど審査に有利に働きます。年収が多いほど、勤続年数が長いほどに問題ない顧客であるとみなされ、審査も有利に運びます。基準を満たしていれば少なくとも申し込みを行うこと自体は問題ありませんが、あまり余裕が無い場合だと審査に落ちる可能性が高くなります。

次に「他社借り入れ件数・金額が多い」場合です。これは教育ローンに固有の条件ではありませんが、カードローンなどの金融商品の申し込みをする際に、既にカードローンの利用中である場合だと、その件数や合計金額が大きいほどに審査では不利になります。その理由は「いつでもお金を借りられる状態にあるから」です。カードローンの場合、限度額を上限として何度でもお金を借り入れることができます。仮に現状では借金がなかったとしても、カードローンの利用中であるかぎりはそのカードを使って限度額まで借り入れることができるということになります。また、件数が多いということは「それだけ恒常的に借金をしている」「数社のりようをしなければならないほど困窮している・していた」ということになります。お金を融資する側としては、「貸し倒れ」のリスクを回避しなければならず、現状ですぐにでも借金できる状態にある人だと貸し倒れの可能性が高くなるので審査も慎重にならざるを得ません。

最後に「過去に金融事故が起きている」という場合です。金融事故とは前述の「貸し倒れ」のことであり、利用者側から見れば「延滞」「債務整理」などがこれに該当します。過去の金融事故が審査に影響する原因としては「信用情報機関」および「金融機関の記録」です。まず、連続した延滞や債務整理の情報は、信用情報機関の情報に掲載されます。掲載されている期間中は、その信用情報機関を利用する金融機関の審査の際に情報が引き出され、過去の金融事故の存在が露見します。掲載されている期間中は、あらゆる借金の審査に通らないといえます。もう一つは、各金融機関個別の記録です。例えばA銀行で過去に金融事故を起こしたとします。金融事故の記録は信用情報機関に掲載されますが、数年するとその情報は抹消されます。つまり、金融事故の情報が信用情報機関に掲載されていることを原因として審査に落ちるのは一定の期間内だけということになります。しかし、A銀行の記録は時間経過によって情報が抹消されることはなく、信用情報機関からは抹消されてもその銀行の記録は残り続けます。つまり、過去に金融事故を起こしたことがある金融機関では、二度と借金をすることはできないということです。

これら以外の原因だと「嘘をつく人」「見栄っ張りな人」「何としてもお金を工面しようと焦っている人」も怪しいです。何故かといえば、審査に際して何らかの「嘘」を交える可能性があるからです。カードローンやキャッシングの審査において、虚偽の申告が合った場合は審査に落とされる可能性が極めて高くなります。審査において大きく影響する「収入」の部分で嘘をつく人が少なくないのですが、これは特にお金に困っていて、なんとしても審査に通りたいという人が嘘をつくケースが多いです。審査に通りたいと思ったら、何であっても正直に話さなければなりません。提出する資料と信用情報機関の情報で、大抵の嘘はバレてしまいます。

  • オススメ教育ローンとその特徴について

教育ローンは、数多くの金融機関の金融商品として提供されています。そのため、利用者はそれらの教育ローンの中から自分が利用する教育ローンを選ぶ必要があります。オススメの教育ローンは「三菱東京UFJ銀行 ネットDE教育ローン」などがありますが、幾つかの特徴があります。

まずは「金利が低い」ことです。教育ローンの金利は、同じ金融機関が提供するカードローンなどの金融商品に比べて金利が低いことが多いです。しかし、金融機関ごとには差があり、出来る限り金利が低い教育ローンを選ぶ必要があります。教育ローンは、それなりにまとまった金額を借り入れることになります。当然ながら、返済期間も長引きます。返済期間が長くなると、それだけ利息の支払も大きくなります。その負担をスコでも軽減するためには、金利の低い設定となる教育ローンを選ぶ必要があります。金利はどの金融機関でもサイトのわかりやすいところに表示していますし、比較サイトなどを活用することで複数の教育ローンの中から低金利の金融商品を見つけやすいです。0.1%でも金利の低い教育ローンを探しましょう。

次に「元金返済措置期間がある」ことです。通常、カードローンやキャッシングを利用する場合、すぐに返済が開始されます。教育ローンもその例に漏れず、借り入れた翌月かその次の月から返済が始まります。しかし、中には「教育ローンの対象となる教育資金を利用する学生が卒業するまで返済を待ってくれる」という特性を持った教育ローンがあります。その場合、学生が卒業するまでは金利の支払いだけを行います。学生が卒業してから、元金の返済を開始するのです。仮に100万円を借り入れて年5%の金利である場合、年間の利息は5万円になります。元金の返済をする経済的な余裕が無い場合でも、年間に数万円であればしのげるでしょう。学生が卒業すれば学生の収入も利用することができますので、返済は楽になるケースが殆んどです。もちろん、返済期間が長くなるので、利息の総額は多くなります。この点は「返済する経済的余裕があるかどうか」が重要であり、その余裕が無いという人の場合はこの特性を持った教育ローンを選ぶと良いでしょう。

最後に「インターネットで手続きを完了させることができる」ことです。これは単なる利便性の問題だけではなく、「教育ローンを利用したいから」という側面においても大きなメリットとなる可能性が高いです。教育ローンを利用したいということは、教育費用を捻出すること、つまり「仕事」に精を出していることでしょう。仕事というものは忙しいものです。それこそ、学費などの費用を捻出しようと必死に頑張っているのですから、自由に使える時間をそう簡単に捻出することができません。休みの日はあっても銀行が閉まっている日ばかりで、なかなか銀行まで申し込みを市に行くことができないという人も少なく無いでしょう。そこで、インターネットを利用して、全ての手続をネットで完結させられる教育ローンを選ぶことが有効になります。何度も金融機関に出向いて手続きを進め、1回で済めば良いのですが何度も足を運ばなければならないケースも多く、面倒な上に貴重な時間を無駄に浪費してしまうケースもあります。インターネットで手続きを完了させることができる場合だと、全て自宅で手続きすることができ、店頭まで足を運ばなくても問題ありません。忙しい人ほど、この特性が活かされます。

その他にも、金融機関ごとの特性があります。自分に最適な教育ローンを選ぶ方法としては「比較サイト」を利用することです。数ある金融機関の中から、自分が最も求める特性を持ち合わせる教育ローンを選ぶ助けとなります。

プロミスでのキャッシングという手もあるのでそちらも考えてみてはいかがでしょう?

プロミスの詳細を確認する

まとめ

教育ローンの審査はそれなりに厳し目です。しかし、低い金利で教育資金を借り受けるためには、その審査を突破しなければなりません。教育ローンの審査の特徴を理解したうえで、万全の状態で審査に臨みましょう。

教育ローンでなければ教育資金を工面できないというわけではありませんが、やはり学費などの工面のためには教育ローンが最も適しています。教育ローンのメリットと審査の中身、それらを十分に学んだ上で最適の教育ローンを選びましょう。