学生ローンとは? 学生ローンの特徴と審査に通過するために必要な事とは

学生ローンとは?

学生ローンを理解する上でカードローンとの違いを理解すると分りやすいと思います。そこで、カードローンと比較する事で学生ローンを説明します。

・学生ローンとカードローンは違うの?

学生ローンは基本的に消費者金融系のカードローンと同種になります。学生ローンの取り扱い業者は、消費者金融と同じで貸金業法の管轄で営業が許可されています。

すなわち、学生ローンは消費者金融が扱う商品の一環で、学生ローンの取り扱い業者は消費者金融になります。その為、契約内容やシステムはほとんど変わりません。

・学生ローンの特徴

前述したように、学生ローンはカードローン同様に金融会社の商品の一種となります。では、何が違うかというと、学生ローンは、利用者が学生もしくは、学生時代に利用していた人が対象になるという事です。

カードローンでも、学生はお金を借りる事が出来ますが、社会人に比べると審査は厳しくなります。しかし、学生ローンは利用者が学生に限定される為、学生が利用しやすい商品となっています。

学生ローンは親にバレる心配がない!

学生ローンを取り扱う業者は、学生の事情をよく理解しています。学生はとくに親だけにはバレたくないという人が多いと思います。親にバレるとお金の使い道を詮索されたり、小言を言われたりと、大変な事になる可能性が大きいからです。

その為、学生ローン取り扱い業者は、実家に電話をする事がありません。ただし延滞して、連絡が取れない場合は居所確認の為に電話連絡が入る事もあります。

尚、基本的に親も第三者になります。貸金業法では第三者に借り入れ事実を伝える事を禁じている為、業者が率先して、実家に電話をしたり通知を送ったりする事はまずありません。

アルバイト先に在籍確認が入る可能性はあるの?

一般的にローンの審査では職業属性が重要になります。属性とは、職業や年齢、居住地等で大まかな分類をして、審査時にある程度の指針とするものです。この属性の中でも審査において影響するのが職業属性になります。

しかし、学生の場合は単純に職業属性により審査する事は出来ません。なぜなら、ほとんどの学生は、在学中だけアルバイトとして勤務しているので、職業属性として判断する事が難しいからです。

その為、ほとんどの学生ローン専門店は勤務先への在籍確認を行いません。

審査に通るコツとは?

学生ローンの審査に通るコツを理解する為には、学生ローンの審査で問われる内容を知っておく事が重要です。

学生ローンの審査で問われる内容は下記の通りです。

・学生もしくは学生時代からの利用者である事!

学生ローンを利用するには、新規申し込み時に学生である事が絶対条件となります。その為、必要書類として「学生証」もしくは「在学証明書」の提出が求められます。

また、学生時代に学生ローンを利用している場合、卒業後も利用できるところが多いです。

・安定した収入がある事!

学生ローンを取り扱う会社は前述のように貸金業法の規制をうけます。その為、無収入の人に融資する事も、年収の3分の1を超える融資も出来ません。例えば、最高限度額が50万円という業者が多いのですが、年収が120万円の方であれば、40万円が限度額となります。

多くの学生は非正規雇用(アルバイト)での収入によるので、「安定した収入」なのか不安に思われる方も多いと思います。しかし、「安定した収入」とは、仕事で得た収入の事なので、アルバイトでも安心して申し込みをして大丈夫です。尚、「安定した収入」として認められないものとしては、ギャンブルや宝くじ、懸賞金等があります。

・他社利用が少ない事!

学生ローンの必要書類として、「収入証明」の提出を求める業者はほとんどありません。その理由は、利用者の大半は、総借入額が100万円より低い金額だからです。

貸金業法では、1社で50万円を超える借り入れや、総借入額が100万円を超える場合に収入証明書の確認を義務付けています。その為、他社利用が多い場合は、それが理由で審査が通らない事もあります。

他社借り入れがあり、年収が多い学生は、学生ローンでは無く一般のローンを申し込んだ方が審査に通りやすい可能性があります。

・審査に通るコツ

審査に通るコツは、「他社利用が少ない事」が一番重要になります。学生ローンは、職業属性はあまり重要視されず、ほぼ一律の与信判断で融資がされます。そこで他社借り入れがある場合は、借り入れ総額に注意が必要です。

返済が遅れる時の対処法について

学生ローンで返済が遅れそうな時は、業者にあらかじめ連絡を入れる事が必要です。2・3日の遅れであればなんの問題もありません。

しかし、長期の延滞となると、信用情報機関に延滞情報が報告されたり、事故情報が登録されたりする為、その様になる前に担当者へ相談すると良いです。

場合によっては、利息分の入金だけで対応してくれる業者もあります。

まとめ

今回、学生ローンの基本的な知識について記載してきました。学生ローンの専門業者はあまりTVCM等を入れていない為、大手消費者金融と比べて、利用に躊躇する事があると思います。

しかし、学生ローンは、学生の事情に合わせた商品になっています。学生ローンは一般のローンに比べて、金利が低かったり、利用にあたっての気遣いがされていたりと、非常に利用しやすくなっています。

学生ローンは、学生しか利用できない特権商品でもあるため 、学生がお金を借りようと思ったときは、学生ローンの専門店を利用する事をおすすめします。