自営業者はモビットの審査に落ちやすい? 必要書類や審査に落ちやすい人の特徴について

キャッシングをするにあたり、どんな職業をしているのか、といったことは審査では大きく取り扱われます。たとえば、大きな企業にて正社員で働いている場合には高く評価されるのです。

一方で、自営業をしていると収入的に不安定と見られてしまいます。その結果、審査落ちする確率が高くなってしまう、と言われています。

こちらでは自営業の方は消費者金融のモビットで借入ができるのか、さらに借り入れしやすくする方法があれば記載します。自営業の方でモビットを利用してお金を借りたい、と思っている方は必見です。

・モビットでは借り入れ可能|キャッシングしている自営業者多数

モビットを利用した自営業者の借り入れは難しいと捉えられがちですが、決してそのようなことはありません。自営業者であったとしても、個人情報などに問題がなく収入が安定している、といったことが分かればモビットでは貸し出しを実施してくれます。

もちろん返済能力といったものを考えると、一般的な会社員よりは低く評価されるケースは有ります。会社員は毎月同じような収入が続いていくことになります。その収入から一定の額を返済に回すことになるので、返済能力は高い、と判断されるのです。

一方で、自営業者に関しては毎月決まった収入があるとは限りません。たとえば50万円の収入がある月もあるかもしれません。しかし、10万円の収入しかない月があるかもしれないのです。どうしても不安定なことも多いので、比較的厳しく判断されてしまうかもしれません。

しかし、諦める必要はありません。その理由がモビットの利用条件に記されています。

【モビットの利用条件】

年齢が20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人。

アルバイト、派遣社員、パート、自営様の方も利用できます。

特に注目すべきことは書かれていないではないか、と思う方もいるかもしれません。しかし、わざわざ「自営様」といた表現を使っていることに注目しましょう。

他のキャッシングの利用条件を以下に記します。

【プロミスの利用条件】

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

【アコムの利用条件】

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。

【アイフルの利用条件】

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

※なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

四大消費者金融のすべての利用条件を記しましたが、自営業者に言及しているのはモビットしかありません。要は、モビットは自営業者にお金を貸す、といった事を明記しているのです。

もちろん、プロミスもアコムもアイフルも自営業者にお金を貸し出さないわけではありません。安定した収入があればキャッシング可能としてくれます。しかし、モビットは自営業者に対して重視している姿勢を利用条件の中で表しているわけです。

多くの自営業者が実際にモビットを利用しています。借り入れができる、といったことが分かっているからです。

キャッシングの審査で厳しい目に合わされるケースの多い自営業者ですが、モビットでは借り入れできる可能性が高い、といった指摘をさせてもらいます。

  • 審査に落ちやすい人の特徴

自営魚者であってもモビットでお金が借りられることがわかりましたが、それでも審査落ちしてしまう方は多いです。

今回は自営業者でモビットの審査に落ちやすい方の特徴を明らかにします。

・過去に他のキャッシングで滞納経験がある

返済で問題を起こした経験があると、個人信用情報にそのことがハッキリと明記されてしまうのです。個人信用情報に滞納経験が明記されてしまうと、モビットとしても貸し出して良いものか頭を悩ませてしまうのです。

滞納経験についてはずっと残り続けるわけではありません。一定期間すぎれば証拠されていきます。5年や10年先のものであれば、残っていないのでそれほど問題になることはありません。しかし、2年以内に滞納した経験がある方はクレジットヒストリーに明記されていることが多いので、審査が厳しくなってしまいます。

他社の利用経験もモビットの審査に影響をあたえることがある、ということは覚えておくべきです。

・すでに他社から借り入れを実施している

説明しておかなければなりませんが、自営業者は総量規制の対象外となります。モビットは総量規制の対象となっていますが、自営業者に貸し出す場合は除外される、といったシステムを採用しているのです。その代わり、自営業者であることをしっかりと説明しなければなりません。

総量規制が関係ないので年収の3分の1を超える借り入れができる可能性も出てくるわけですが、だからといって他社借入金額が高かったり他社借り入れ件数が多かったりしたら審査を厳しくしてしまいます

モビットとしても、多重債務者に対してお金はなるべく貸したくはありません。返済が難しいのではないか、といった事を考えてしまうのです。キャッシングは返済能力がない方への貸し出しは実施しません。

・書類の内容がいい加減である

自営業者がモビットから借り入れを行う場合には、「営業状況確認のお願い」と呼ばれる書類を提出しなければなりません。記入項目がいくつかあるのですが、そちらをしっかりと記載して提出しなければならないのです。

その書類に対する記載ですが、収支計画や事業計画、そして資金計画といったことを記さなければなりません。その内容をいい加減に記載してしまうと、事業に問題があるのではないか、と思われてしまいます。危険視されて、貸し出しまで拒否されてしまうかもしれません。

しっかりと説明出来るだけの材料を持ったうえで「営業状況確認のお願い」を記載して下さい

・高額の申し込みをしている

モビットの最高利用限度額は800万円です。消費者金融としては極めて高い額に設定されています。高額の借り入れができるとのことで、数百万円の限度額に設定してもらおうとして、希望額を500万円や800万円などとして申し込んでしまう自営業の方が多いのです。

確かに、自営業者に対する貸し出しは総量規制の対象外、といった特徴があります。高額の借り入れができる可能性もあるわけです。しかし、キャッシングの審査では返済能力が大きなテーマになります。

たとえば、500万円の希望限度額で申し込みを実施すると、500万円の返済能力があるのか、といった調査が実施されるわけです。

一方で、少額の申し込みを実施すれば、少額の返済能力があるのか、ということで審査が実施されます。どちらのほうが審査を突破しやすくなるかは一目瞭然です。

借り入れに必要な額のみを申し込んで下さい。不要に高い利用限度額を求めてしまうと、審査が不利になってしまいます。

  • 準備する書類が違う

モビットで自営業者以外の方が用意すべき書類は、基本的に本人確認書類のみです。借入額によっては収入証明書類も必要になりますが、少額の借り入れを希望している場合には、用意しなければならない書類は一つしかありません。

自営業者に関しては必要書類が一つで済むことはありません。本人確認書類以外にも提出が求められる書類があるのです。

こちらでは自営業者の方がモビットの審査でどのような書類が必要になるのか、といった事をお話します。

・本人確認書類~一般利用者と一緒~

【モビットで対応している本人確認書類】

  • ・運転免許証
  • ・各種健康保険証
  • ・パスポート

上記の3つに対応していますが、その中でも最も運転免許証が重視されています。運転免許証を持っていない場合には、保険証やパスポートでも良い、といった感じになっているのです。

自営業者以外の方は、収入証明書類が必要な方を除いて、本人確認書類のみでモビットの利用ができます。一方で、自営業者はこの他にも必要になってくる書類があるのです。

・年収証明書類~自営業者は必ず提出が必要~

【自営業者が求められる本人確認書類】

  • ・確定申告書の写し
  • ・青色申告決算書の写し、または収支内訳書の写し

自営業者は実際にどの程度の稼ぎがあるのか、といった事をモビット側に知らせなければなりません。自営業者は総量規制に関係なく借り入れができるのですが、だからといって返済能力が分からない状態はモビットとしても避けたいのです。

一般の会社員であれば、収入額についてはある程度把握できます。しかし、自営業者ともなれば、収入額も千差万別です。

月に100万円以上の利益を事業で上げている方もいれば、なかなか黒字にならない、といった厳しい状況に陥っている自営業者も少なくありません。

確定申告書を確認すれば、事業の状態もなんとなくでも把握できるようになるわけです。モビット側として収入確認書類は、審査の判断材料として有効活用できる書類と言えます。

・「営業状況確認のお願い」書類~自営業者のみ必ず提出が求められる~

モビットの公式ホームページに用意されているので、そちらを利用して記載して下さい。自営業者の方のみ提出が求められる書類です。

  • ・事業計画
  • ・収支計画
  • ・資金計画

上記の3つについての記載が求められます。

【事業計画】

  • 1.前年と同様
  • 2.縮小を検討
  • 3.拡大または新規事業を検討

※上記のうちいずれかを選択します。

【収支計画】

  • ・売上(前年同様・増加・減少) 見込み金額( )万円
  • ・経費(前年同様・増加・減少) 見込み金額( )万円
  • ・利益(前年同様・増加・減少) 見込み金額( )万円

※()内を選択、金額の入力を行います。

【資金計画】

  • 1.前年と同様
  • 2.新規の資金計画を検討

※上記のうちいずれかを選択します。

多くの情報を記入することはありません。非常に簡単な書類となっています。しかし、自営業者の審査を左右する大事な書類となっているので、何も考えずに記してしまう、といったことは避けて下さい。

信憑性のある正確な情報を記さなければなりません。特に収支計画に関しては、見込み金額なので、希望的観測のみで記載してしまう方もいます。しかし、モビット側から見通しが甘い、と判断されてしまうかもしれないのです。

書類に関する質問をされることもあるので、説明ができるように準備していくことも忘れてはなりません。

・審査をスムーズに進めるために事前に準備をしておくべき事

・書類を準備しておくこと

本人確認書類以外にも収入確認書類、さらに「営業状況確認のお願い」書類が必須になります。3つのタイプの書類を申し込み時に用意しておくと、審査もスムーズに進み、少しでも早い借り入れが期待できるわけです。

特に、「営業状況確認のお願い」書類では、今後の見通しも聞かれることになるので、事業内容がどうなっていくのか、といったことに関してシミュレーションしておくことも必要でしょう。前年度の状況と今の状況をチェックし、収支がどうなっていくのかを冷静にイメージするのです。希望的な情報ばかりを記してはいけません。

・モビット申し込み書の仕事覧の記入方法を把握しておこう

モビットの申し込み書では「仕事内容」を選択する項目があります。

そこには、

  • ・事務・管理職
  • ・労務・製造
  • ・技術・専門
  • ・保安
  • ・販売・セールス・営業
  • ・歩合
  • ・経営

といった選択肢があります。自営業者の方の中には、【経営】を選択してしまう方もいるかもしれませんが、適切ではありません。

経営は、会社を経営している経営者を示しているのです。ですから、その他の中から適切なものを選択しましょう。

  • 自営業者がお金を借りるには、書類の内容が命

・モビット申し込み書の「勤め先の種類」選択について

自営業者としてお金を借りることになるので、モビットの申し込み書における「勤め先の種類」選択に関しては、必ず「自営」を選択して下さい。

ここで自営を選択しなければ、自営業者として申し込むことにはなりません。肝になる部分でもあるのです。

・確定申告書の用意は必ず行うこと

自営業者が必要になる書類は、身分証明書・収入証明書・「営業状況確認のお願い」書類の3つの種類があります。

身分証明書に関しては運転免許証など用意しやすいもので対応可能です。

「営業状況確認のお願い」書類に関しては、モビットの公式ホームページから利用できるので前もって用意する、といった感覚のものではありません。ネット環境にあればすぐに手に入る書類なのです。

一方で、収入証明書は事前に準備しておかなければなりません。確定申告書が必要になっているのですが、どこに保管しているでしょうか。保管場所を忘れていると探すの時間がかかってしまいます。

自営業者でモビットからの借り入れを考えているのであれば、まずは確定申告書の用意から始めましょう