モビットで在籍確認なしでお金を借りる方法はある? 電話連絡の有無とWEB完結申し込みについて

在籍確認とは?

・消費者金融でお金を借りる条件

消費者金融のカードローン等でお金を借りる場合には、安定した収入が必要になります。消費者金融側も返す能力がない人にはお金を貸してくれません。たとえば、無職の人にお金を貸しても、収入が入ってくるアテがなければ、返してもらえないものと判断してしまいます。

また、たとえ収入があっても、ギャンブルなどの収入は安定した収入とはみなされません。基本的には、毎月継続してお給料をもらっているか、自営業でも毎月安定した収入が入ってきている人でなければ、消費者金融でお金は貸してもらえないのです。

・自己申告だけでは本当に勤務しているかどうかがわからない

消費者金融でお金を借りるには安定した収入が必要ですから、消費者金融に借入の申し込みをするときには、当然ですが勤務先の会社や年収額を書くことになります。しかし、勤務先と年収を書いただけで審査に通るわけではありません。

審査に通りたいがために、勤務先や年収として、嘘の情報を書く人もいます。安定した収入があるかどうかは審査の最重要項目と言ってもいいですから、消費者金融としては、融資の前に、申込者が本当にその勤務先に勤務しているかどうかを直接確認する必要があります。そのために行われるのが在籍確認ということになります。

・信用情報機関の情報にもタイムラグがある

消費者金融は、借入の申し込みを受けたときには、個人信用情報機関に申込者の信用情報を確認します。これまでにローンやクレジットを利用したことがある人であれば、信用情報機関にも勤務先の情報が登録されていますから、敢えて在籍確認をしなくてよいように思います。

しかし、信用情報機関の情報は最新のものではありません。申込者がつい最近退職したばかりということもあり得ますから、消費者金融側は、現在本当に在籍しているかというリアルタイムの情報を得る必要があるのです。

・在籍確認は通常は電話で行われる

では、どのようにして在籍確認が行われるかということですが、これについては非常に簡単です。在籍確認では、通常、消費者金融の担当者が申込者の勤務先に電話し、「○○さんはいらっしゃいますか?」と呼び出してもらう方法がとられています

なお、このときに消費者金融側は会社名を名乗ることはなく、担当者の個人名で電話をするのが常識となっています。申込者にとっても、消費者金融から勤務先に電話がかかってきたら、周りに借金することがバレてしまう可能性があり、困ったことになるからです。消費者金融の在籍確認は、申込者のプライバシーに配慮した方法で行われているということです。

・本人不在でも確認がとれればOK

会社に在籍確認の電話がかかってきたら、必ず出なければ審査に通らないのかというと、そういうわけではありません。在籍確認の電話がかかってきたときに、自分はたまたま会社にいなくても、在籍確認OKとされる場合が多くなっています

本人不在のときには、通常、電話に出た人は「○○はただいま席をはずしております」「ただいま外出中で○時に戻ってきます」などという応対をします。消費者金融側は、これだけ聞けば、本人がその会社に間違いなく勤めていることを確認できるからです。外まわりや出張の多い人でも、在籍確認のために会社にいなければならないということはありませんので、あまり不安になる必要はないでしょう。

モビットは在籍確認なしでお金を借りられるの?

・お金を借りたいけれど在籍確認が心配

在籍確認では、消費者金融の担当者が個人名で電話をかけてくると言っても、やはり会社に電話されるのは困るという人は多いと思います。また、会社が休みの日などは、すぐにお金を借りたくても、在籍確認ができないばっかりに融資までに時間がかかってしまうこともあります。

このような場合にも、消費者金融によっては、電話による在籍確認に代わる方法で対応してもらえるケースがあります。会社に電話をかけてほしくない場合には、事前に消費者金融の窓口に相談してみた方が良いでしょう。

・モビットでも原則的に電話による在籍確認はある

モビットは三井住友銀行グループの会社ですが、消費者金融です。モビットでお金を借りる場合にも、当然ですが在籍確認はあります。モビットでも、在籍確認の際には、原則的に申込者の勤務先に電話をかけることになります。

たとえ申し込みした日に自分が会社を休んでいても、誰かが電話に出てくれるなら在籍確認はとれることになりますから、大きな問題はないでしょう。電話の際にも担当者がモビットという会社名を名乗ることはありませんので、借金がバレる可能性も通常はありません。

・Web完結なら電話連絡なし

モビットには電話連絡なしにする方法があります。モビットの契約方法には、インターネットから申し込みをし、Web上で契約を完了することができる「Web完結」があります。Web完結を選択すれば、申し込み時の郵送物をなしにすることができるほか、電話連絡なしにすることも可能です。つまり、会社に電話がかかってくるのを避けたいなら、Web完結申込をする必要があるということです。

その具体的な方法とは

・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座が必要

モビットでお金を借りるときに、郵送物なし、電話連絡なしのWeb完結で契約したいなら、インターネットから申し込む必要があります。

なお、Web完結では貸付は振込により、返済は口座引落により行われることになりますから、あらかじめ銀行口座を指定する必要があります。モビットでは三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座を持っていなければWeb完結は利用できませんから注意しておきましょう。

・Web完結の申し込み手順

1.パソコンやスマートフォンからモビットのホームページにアクセスし、必要事項を記載し、送信します。

2.最短30分で審査が完了し、メールで審査結果の連絡が届きます。(申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合もあります。)

3.必要書類を画像にして送信します。必要書類には、以下のものがあります。

  • ○本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
  • ○収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、2ヶ月分の給与明細書等)
  • ○勤務先を確認できる書類(全国健康保険協会発行の保険証又は組合保険証と直近1ヶ月分の給与明細書)

4.パソコン、スマートフォン等から入会手続き

・保険証と給与明細で在籍確認

上記のように、Web完結では、勤務先を確認できる書類を提出することにより、電話による在籍確認に代える取り扱いがされています。勤務先の確認書類としては、会社の保険証(国民健康保険証などはNG)と直近1ヶ月分の給与明細書が必要になります。その会社の保険証を持っていて、直近1ヶ月分の給与明細が出せるということは、間違いなくその会社に在籍しているということの証明になるからです。

逆に言えば、上記2つの書類の両方を出せない人は、Web完結を利用することができません。たとえば、勤務先で社会保険に入っていない場合には、給与明細は出せても会社の保険証はありませんから、Web完結では申し込みできないことになります。このような場合には、原則どおり電話による在籍確認を経なければ審査に通らないということになります。

自宅に電話や郵便物は届かない?

・モビットで契約時に郵送される書類

モビットに申し込み後、審査に通過すると、原則としてモビットから自宅に契約書類が郵送により届きます。モビットからの郵送される書類は、以下のとおりです。

  • ○入会申込書
  • ○契約内容確認書
  • ○入会申し込み手続きのご案内
  • ○預金口座振替依頼書
  • ○会員規約
  • ○「Myモビ」のご案内
  • ○提携ATM一覧
  • ○返信用封筒
  • ○返済日・返済額についてのご案内
  • ○モビットカード

なお、モビットからの郵送物にはモビットの名前は表示されません。「MCセンター」という差出人名で送られますから、すぐに消費者金融とバレる心配はないでしょう。

・ローン申込機で申し込んだ場合にも郵送物はある

モビットへの申し込みは、ローン申込機でも申し込みできます。ローン申込機から申し込みした場合、その場で審査が完了し、カードを発行してもらえるケースもあります。また、電話やインターネットから申し込みした場合にも、ローン申込機でカードを受け取るという選択も可能になっています。

ただし、モビットではローン申込機でカード受取をした場合でも、入会申込書等は自宅に郵送されます。申込者が入会申込書をモビットに返送すれば、契約手続きが完了することになります。

・モビットで郵送物なしで申し込みする方法

モビットで申し込み時の郵送物をなしにするためには、Web完結の方法で申し込む必要があります。Web完結の場合には、Web上で契約手続きが完了します。

モビットのWeb完結ではカードも発行されませんから、カードの受け取りも必要ありません。Web完結なら申し込みも利用もインターネットとメールだけでできますから、原則として自宅に電話がかかってきたり郵送物が届いたりすることはありません。

在籍確認をしなければならない人の対処法

・Web完結で申し込めば電話連絡なし

モビットでは、Web完結申込を選択すれば、電話連絡なしで契約手続きを完了させることができますから、勤務先に電話がかかってくるのを防ぐことができます。

・電話連絡が避けられないケースもある

モビットでWeb完結申込をするためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ○三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座を持っている
  • ○全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

銀行の普通預金口座開設には時間がかかりますから、急いでいる場合には間に合わないこともあります。また、会社の社会保険がなく、国民健康保険の場合には、Web完結を利用することができません。Web完結が利用できなければ、在籍確認の際、勤務先への電話連絡も避けられないことになります。

・勤務先で不審に思われないための対策

職場によっては、個人名で電話がかかってくるだけで不審に思われてしまうようなところもあるでしょう。そのような場合には、「クレジットカードを作ったのでカード会社の人から電話があるかもしれない」旨、周りの人に伝えておくという方法もあります。クレジットカードを申し込んだ場合にも同様の在籍確認がありますが、クレジットカードの場合には消費者金融のようにマイナスイメージがありませんから、言い訳として使いやすいはずです。

その他にも、「車のローンを組んだ」「この前名刺交換した相手から営業の電話がかかってきた」など、不自然でない言い訳はできますので、あらかじめ考えておくようにしましょう。

まとめ

モビットでも在籍確認は原則的にあります。けれど、モビットでは申し込み方法として「Web完結申込」を選択することで、電話連絡なしにすることができます。モビットのWeb完結申込を利用するには条件がありますが、条件をみたす人なら、郵送物なし、電話連絡なしでスピーディーな融資が受けられますから、メリットは大きいでしょう。

もし在籍確認の電話が避けられない場合にも、モビットの担当者は個人名で電話をかけてきますので、消費者金融ということはわかりません。心配な人は、あらかじめ不審に思われないような言い訳を考えておきましょう。