プロミスの借り換えローンはお得?利用方法と注意点について

プロミスの借り換えローンとは

プロミスでは、複数の金融機関からお金を借りている人、総量規制以上のお金を借りている人向けに借り換えローンを実施しています。これをプロミスでは「おまとめローン」と呼び、通常のフリーキャッシングとは別の扱いになっています。

プロミスの借り換えローンの役割は、いくつかの金融機関からお金を借りて多重債務になってしまっている人の負担を減らすためにできたローンです。現在では貸金業法という法律で年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ませんが、法改正がされるまで多額の融資を受けることができていました。

その時お金を借りた人は現在でもまだ多額の借金を抱えています。年収の3分の1でも多重債務になると返済はとても大変なのに、それ以上の金額を返済している人はもっと大変になります。そんな人たちの負担を減らすのが借り換えローンです。

プロミスの借り換えローンの概要

借り換えローンは通常のフリーキャッシングとは別の扱いになっています。どのようなものなのか詳細を見ていきましょう。

・借り換えローンの商品内容

借り換えローンは、限度額300万円で、この金額以内で利用者に適正な利用限度額が決まります。実質年利率は6.3%~17.8%です。利用条件は「20歳以上65歳以下で本人に安定した収入があること」でこの条件を満たしていれば主婦や学生でも利用可能です。

フリーキャッシングは借りたお金を何に使っても良いのですが、借り換えローンは他社への借金の返済に充てること以外には使うことが出来ません。借り換えの対象となるのは、消費者金融、クレジットカードなどにおけるキャッシング(無担保ローン)が対象で、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピングは対象外です。

自分がどこでお金を借りているのかによって、対象になるのか、対象外になるのか決まるので、利用する前に全部の借入先をまとめておきましょう。また、他社への返済はプロミスが利用者の名前で返済してくれるので一度審査に通ればその後の手続きはする必要がなく、手間もかかりません。

返済は通常返済と同じで、5日、15日、25日、末日と選ぶことが出来ます。そして担保、保証人は不要です。

・借り換えローンは総量規制の対象外

この借り換えローンの特徴で、フリーキャッシングと大きく違うのが、借り換えローンは法律上、総量規制の対象にならないということです。プロミスのような消費者金融では通常年収300万円であれば100万円までしか借りる事が出来ません。

しかし、借り換えローンは年収が300万円でも300万円借りる事が出来ます。なので、年収の3分の1以上お金を借りている人でも利用することが可能なのです。

プロミスの借り換えローンの申込方法

申込み方法は以下の3つです。

  • 1.プロミスコール(0120-24-0365)に電話をする
  • 2.自動契約機
  • 3.お客様サービスプラザ(店頭窓口)

残念ながら借り換えローンを利用する場合インターネット申込みは使えません。いずれか3つの中から申込みやすいものを選びましょう。

・申込みの流れ

申込みは以下のような流れで出来ます。

  • 1.上記3つの申込み方法のいずれかで申込み
  • 2.審査
  • 3.審査の結果・契約
  • 4.他社への返済

まず、先に書いた3つの申込み方法のいずれかを選んで申し込みをします。すぐに審査に入り、基本的にはその場で審査結果が出て、その場で契約をします。契約が済んだらプロミスが利用者の名前で他社への返済をしてくれます。

実は金融機関によっては、おまとめローンや借り換えローンという形で同様の融資を行っています。しかし、返済は自分でしなければいけないところもあれば、手数料を取ることもあります。そんな中、返済は利用者の代わりに行い、手数料も取らないのはプロミスで借り換えローンを利用する大きなメリットです。

細かいことですが、手間やその他にかかる費用も重要なポイントです。何故なら借り換えの返済は長期戦になることが多いからです。1つにまとめることで確かに楽にはなりますが、長期戦を少しでも楽に乗り切るにはちょっとした手間や手数料を気にすることが大切です。

借り換えローンのメリット、デメリット

実は借り換えローンにはメリットとデメリットがあります。ここをきちんと理解していないと後から後悔するかもしれません。しっかり押さえておきましょう。

・借り換えローンのメリット

  • 1.返済が1社で済む
  • 2.金利が減る
  • 3.毎月の返済負担が減る

借り換えで誰もが得するのは返済が1社で済むことです。今まで複数社でお金を借りていた人は、月に数回返済日がきたり、返済のたびにATMで入金しに行ったり、手間もかかれば精神的にも追われているという感覚に陥る人もいます。プロミス1社に絞ることでその負担は確実に減らすことが可能です。

また、これらは人によりますが、金利が減ったり、毎月の返済額が減ったりすることもあります。なぜ人によるのかというと、人によって条件が異なるからです。なので、このメリットがあるのかどうかは事前に自分で計算をしなければいけません。

プロミスの返済シミュレーションやその他のHPにある借り換えシミュレーションなどを使って、借り換え前と借り換え後、どの程度変わるのかを確認しましょう。これをしておかないと後から、前の方が負担は軽かったということも起こるので注意しましょう。

・借り換えローンのデメリット

  • 1.返済期間が長くなる恐れがある
  • 2.返済の負担が増えることがある
  • 3.必ずまとめられるとは限らない

メリットのところでお話しましたが、借り換え前と借り換え後の比較をしておかないと、逆に借り換えがデメリットになることがあります。また、まとめて金利は安くなったけど、期間が延びて結果的にトータル返済額が増える事もあります。

後は、必ずまとめられるとは限らない点にも注意しましょう。借り換えローンの対象外となるものもあるため、その場合ある程度まとめることは出来ても一部は別で払わなければいけないということもあります。借り換えローンの場合、窓口が電話で相談しながら進めることも可能なので、気になる場合は相談しながら決めるのも良いでしょう。

こんな人は借り換えローンに向いていない!

以下のような方は借り換えローンを利用するのを少し待った方が良いかもしれません。

1.借り換え前後を比較して負担が増える方

2.すべての借入金額、借入先を把握していない方

3.比較検討を面倒だと思う方

借り換え前後を比較して、トータル返済額が増える方もいますし、毎月の返済が増える方もいます。また、場合によっては金利が大きくなる方もいます。比較検討した時に、トータル返済額は増えるけど、毎月の返済が少なくなるということもあるので、その場合、自分は何を求めて借り換えローンを利用するのか目的を考えて見ましょう。

毎月の返済を減らしたいと思うなら1社にまとめられ、毎月の返済額が減らせられれば借り換えローンを利用する意味があります。逆にトータル返済額を減らしたいのであればそのままにしておくのも良いでしょう。

比較検討することが最も大切になるので、この作業が面倒だという方は、損をする可能性もあるのでやめておいた方が良いでしょう。また、引き落としなどを利用していて、現在の借入先や金額を把握していない人も要注意です。一度すべての借金を把握するところからスタートしましょう。

借り換えローン利用時に注意しなければならないこと

注意するべきことは、借り換え前後をきちんと把握することと、銀行のローンなど借り換え対象外のローンを抱えている場合どのようにするか考えることです。自分はなぜ借り換えローンを利用するのか、利用してどうなりたいのか考えると答えが見えてくると思います。

借り換えローンは万能薬ではありません。時には負担増加となる劇薬でもあります。なので、そこをきちんと計算して、自分にとってのメリット、デメリットをきちんと把握してから利用するのが良いでしょう。また、少し特殊なローンになるので疑問点などは窓口や電話できちんと確認することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プロミスの借り換えローンは総量規制の対象外で、手間も手数料もかからず1社にまとめることが出来る便利なサービスです。

しかし、きちんと借り換え前後の比較検討をしないと逆に損をすることもあります。少し手間でも利用するかしないかを判断するために、きちんと計算をしましょう。その上でメリットが大きければぜひ借り換えローンを利用して負担を減らしましょう。