プロミスの月々の最低返済額の計算方法と返済日、返済方法について

最低返済額とは

最低返済額とは、返済の際に支払う最低金額のことです。プロミスをはじめ、多くのカードローン会社では1回ごとの支払い金額が決められています。しかし、その金額は固定で決められているわけではありません。

例えばプロミスでは、残高スライド元利定額返済方式という支払い方式が採用されていて、残高に応じて返済金額が変わってきます。支払い金額を決める計算式があり、それに当てはめて計算をして、出てきた金額を最低支払う仕組みになっています。

多くのカードローン会社では、支払い方式は違っていても、計算式が決められていて、最低金額が決定されます。そして、その金額以上であればいくら支払っても良いとされています。

プロミスの最低返済額の計算方法

では、プロミスではどのように最低返済額が決められているのでしょうか。詳しく見て行きましょう。

・プロミス最低返済額の計算式

プロミスでは借入残高に応じて返済額が変動します。計算式は以下のようになります。

1.残高が30万円以下「借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ)」

2.残高が30万円超可過~100万円以下「借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ)」

3.100万円超過「借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ)」

この式に当てはめると、残高が50万円の場合、「50万円×2.53%=12,650円」となるので、1000円未満を切り上げて13,000円となります。

決められた返済額以上を返済する時は、プロミスに報告が必要なのか

賢く返済するためには、いかに利息を抑えるかが重要です。シミュレーションを活用すると良く分かりますが、同じ金額を借りても返済期間が延びれば延びるほど多くの利息がかかります。

利息を多く払うのは損です。なぜなら将来自分の為に使えるお金を支払っているのと同じことだからです。カードローンの利用は一時的な資金不足にはとても便利ですが、長期で借りれば借りるほど利息がかかり、自分に使えるお金が少なくなっています。

もし、利息で数十万円も払うならその分旅行や美味しいものを食べる方が良いと思いませんか。そうしたければ1日でも早い返済をすることが大切です。

では、プロミスで返済する時どのようにすれば賢く返済できるのでしょうか。これは余裕のある時は最低返済額以上の返済をすることです。

最低返済額以上の返済をする場合でもプロミスにわざわざ連絡をする必要はありません。最低返済額の内訳は「元本+利息」になり、利息が優先されて残りが元本になるため、あまり元本を減らすことができませんが、追加返済の場合はすべて元本に充てられるため元本を減らすことができます。

プロミスの返済日と返済方法について

プロミスは返済日と返済方法がいくつか選べるようになっています。自分に合った返済を選ぶことで手間なく、計画的に返済することが可能です。

・返済日

プロミスでは、毎月5日、15日、25日、末日に返済日を設定することが可能です。返済日が土日祝日や年末年始に当たる場合は、プロミスが休業日のため翌営業日の支払いになります。

一番良いのは、給料日後すぐの返済日に設定することです。給料日が末日の方は5日に設定し、10日に給料日の方は15日に設定するという風にすると使ってしまう心配もありません。

給料と同日に返済日を設定するのも良いと思いますが、引き落としの場合給料の振込みと引き落としどちらが早いか分からず、残高が足りなくなる可能性もあります。給料日後直近の日程で設定しておくと余裕のある返済ができるでしょう。

・返済方法

返済方法は以下7つの中から選ぶことが出来ます。

1.インターネット返済

2.口フリ(口座振替)

3.お客様サービスプラザ(店頭窓口)

4.プロミスATM

5.提携ATM

6.銀行ATM

7.コンビニメディア端末

インターネット返済とは、金融機関のインターネットバンキングを利用して返済をすることです。インターネット返済の便利なところは一度登録をするとその後24時間365日返済が可能なところで、さらにどこかに出向かなくてもスマホやPCから返済が可能なところです。

口フリとはプロミス独自の言葉ですが、これは口座振替のことです。一度登録手続きをする必要はありますが、その後は自動的に返済が可能です。忘れやすい人にはオススメですが、追加返済する場合は別の方法を取らなければいけない点はデメリットとなります。

店頭が近い方は店頭窓口でも返済が可能です。ただし、営業時間が限られているので、注意が必要です。

プロミスには、専用のATMがあり、そこでも返済が可能です。しかし、こちらは台数が限られているため、近くにATMがなければ少し不便かもしれません。

プロミスではコンビニをはじめ多くの提携ATMが存在します。提携ATMはHPから確認できるのでいつも寄るコンビニや金融機関があれば活用するのも良いでしょう。ただし、手数料がかかるので注意が必要です。

銀行ATMから振込みをすることも可能です。ただし、こちらも場合によっては手数料がかかります。手数料も何度も返済していると大きな金額になるのできちんと計算をしておきましょう。

コンビニはATMの活用だけなく、メディア端末から返済することも可能です。ローソンのロッピー、ファミリーマートのFamiポートなどこれらを活用するのも良いでしょう。

あなたはどんな返済計画を立てていますか?賢い返済計画について

賢く返済するには、以下の点に気を付けることです。

1.元本を減らす

2.手数料に気を付ける

3.手間なく余裕をもって返済をする

一番は賢い返済はとにかく元本を早く減らすことです。その分支払いも早く終わり、精神的にも楽になりますし、元本が減らしていけば支払う利息も少なくなります。その分自分に使えるお金が増えるのでこれ以上良いことはないですね。

また、同じくらい手数料にも気を付けましょう。返済方法によって手数料がかかる場合とかからない場合があります。1回数百円ですが、何度も返済していれば大きな金額になります。馬鹿に出来ない金額なので注意が必要です。

また、返済が遅れると遅延損害金というのが発生します。これこそ一番避けなければいけない出費になります。返済に遅れないように自分に合った返済日と返済方法を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最低返済額とは何かを知り、そこから賢い返済の方法を解説していきました。これを知らなければ、知らないうちに損をしていたかもしれません。

少し難しい言葉も出てきましたが、まずはそれらを理解し、そこから自分はどうすれば良いのか考え、行動すれば賢くお金を借りる事が出来ます。一時的にお金がない状況の時に便利なのがカードローンですが、一時しのぎだけでなく、きっちり将来を考えてお金を借りるようにしましょう。