教育ローンと奨学金は何が違う? 両者の違いを徹底解説

学費や教育関連の出費のためには、それなりの金額が必要になります。しかし、すべての家庭がそれに十分な資金を確保できているとは限りません。そんな時には何らかの方法で教育目的の資金を調達する方法があります。

ここで「教育目的の資金調達」と聞いて、2種類の方法を思いついたのではないでしょうか。「教育ローン」と「奨学金」の2つだと思われます。さて、これらの方法はどういった違いがあるのか、明確に説明できる人は少ないと思われます。そこで、教育ローンと奨学金の違いについて解説していきます。

教育ローンも奨学金も「学費などの教育目的の資金を調達する方法」として活用されるという点では共通しています。しかし、両者には決定的な違いが幾つもあり、全く別の存在であるということを知ることができます。具体的な違いに関しては「借入先」「返済義務者」「利用条件」「返済開始時期」「返済の義務の有無について」です。

まず「借入先」についてです。教育ローンの場合、提供している金融機関か、あるいは「国の教育ローン」として、日本政策金融公庫の融資制度として借り入れることができます。一方、奨学金の場合は日本学生支援機構や都道府県、民間育英団体や各大学が実施しています。教育ローンが国の教育ローンを除いて営利目的の企業であるのに対して、奨学金の場合は非営利の団体が実施しています。

次に「返済義務者」です。奨学金の場合は「貸与型」の奨学金の場合の返済義務者となります。教育ローンの場合は「借り主」が返済義務者となりますので、学生の場合であれば借りた「扶養者」が返済義務者となります(金融商品によっては卒業後の学生が返済を引き継ぐこともできる)。一方、奨学金の場合は最初から学生が返済義務者となります。

次は「利用条件」です。教育ローンの場合、借り主(扶養者)の「年収」が見られ、国の教育ローンの場合は上限所得、金融機関の教育ローンの場合は下限所得がそれぞれ定められています。奨学金の場合は国の教育ローンと同じように上限所得が設定されているのに加えて、学生の「成績」が利用条件として設定されています。

次に「返済開始時期」についてです。教育ローンの場合は借入日の翌月もしくは翌々月から返済を開始することになります。ただし、金融商品によっては在学中の元金の返済は据え置きで、利息の支払だけを行うという方法も選択できます。一方、奨学金の場合は卒業後に返済が開始されます。

最後は「返済義務の有無」です。教育ローンの場合「ローン」と銘打っているだけあっていかなる教育ローンでも返済義務が生じます。しかし、奨学金の場合は「貸与型」ともう一つ「受給型」の奨学金があり、受給型の場合は返済義務が生じません。また、貸与型の場合でも「無利子型」の場合は元金の返済のみを行うようになり、卒業後の返済において利息の支払は発生しません。

このように、教育ローンと奨学金では、さまざまなポイントで違いがあるということがわかると思います。上記以外にも細かいところでいくつも違いがありますので、教育ローンと奨学金は全く別物であることが理解できるかと思います。

  • こんな人は奨学金を選ぶべき

いくつかの違いがある教育ローンと奨学金ですが、利用者にとっては「教育資金を調達する方法」であることには違いがありません。であれば、目的が同じなのですから「どちらを選ぶべきか」というところにスポットが向くのではないかと思います。まずは「奨学金選ぶべきケース」について解説しますが簡単に言うと「成績に問題がない」「親が『ブラックリスト』扱いになっている」「急ぐ必要が無い」という場合だと言えます。

まずは「成績に問題がない」ということです。奨学金には、教育ローンには無い「成績」という条件が付随しています。利用条件における学生の成績については奨学金の種類ごとに異なりますが、少なくとも成績が利用条件に含まれていることには違いありません。なので、奨学金を利用するための最低限の条件として本人の成績が良好であることが必要になります。逆にこの条件を満たしていないと、奨学金を利用したくてもできません。

次に「親が『ブラックリスト』扱いになっている場合」です。ブラックリストとは実在するものではなく、「過去に金融事故(連続した延滞や債務整理など)を起こして信用情報機関にその旨が掲載されている状態」のことを言います。この状態になっていると、ローンを利用することができません。教育ローンは扶養者が借り主となるので、扶養者である親がブラックリスト扱いになっていると審査に通りません。奨学金の場合は借り主が学生になるので、親のブラックリスト扱いは無関係です。親が連帯保証人になる必要はありますが、それがブラックリスト扱いになっていても問題ありません。

最後に「急ぐ必要が無い場合」です。奨学金は、手続きにおいてさまざまな書類の提出などが求められ、手間がかかります。特に奨学金は「入学後にお金を受け取る」という性質があるので、「入学金」「前期の学費」については奨学金を利用することはできません。しかし、それ以降の学費等の教育資金についてはそこまで急ぐ必要が無いので、「入学金と前期の学費は払えるが…」という場合には奨学金が利用できます。

  • こんな人は教育ローンを選ぶべき

次に、教育ローンを利用すべき場合について解説していきます。教育ローンが適しているのは「奨学金の要件を満たしていない」「資金調達を急いでいる」という場合です。

まずは「奨学金の要件を満たしていない場合」です。奨学金の利用条件になっているものは「一定未満の収入」「一定以上の成績」です。どちらかを満たしていない場合だと、奨学金を利用することが難しくなってしまいます。審査基準が厳しい奨学金も少なくないので、奨学金を利用することが難しい場合だと教育ローンの審査に申し込んだほうが確実です。

次に「資金調達を急いでいる場合」です。前述のとおり、「入学金」と「前期の学費」に関しては、奨学金では間に合いません。また、奨学金で賄おうとした費用に関して、奨学金のお金が間に合わない場合もあります。お金を得ることができるタイミングが、お金を必要とするタイミングに間に合わない場合だと、教育ローンを利用するしか方法がありません。教育ローンは奨学金とは違って数日で審査から振り込みまで完了するケースもありますので、急な資金繰りも間に合わせることができます。

このように、奨学金と教育ローンは最終的な目的(教育資金の確保)は同じでも、運用方法に違いがありますので各人の事情に応じて使い分けることができます。なので、各家庭ではその時の事情に応じて、その事情をすべて把握した上で教育ローンと奨学金、どちらを選ぶかを正しく決める必要があります。

  • どこの教育ローンを選べばいいの?

教育ローンには「国の教育ローン」と「民間の教育ローン」があり、後者の場合は数多くの金融機関の中から利用したい金融機関を選ぶ必要があります。その際にはどういった基準で選べばよいのか、という疑問が生じるかと思います。

まず、「国の教育ローン」についてです。金利が低く、最終的な返済額を少なく抑えることができる方法です。しかし、利用条件として「上限所得」が設定されており、この点は奨学金と似ています。ただし、奨学金と違って「成績」が要件に含まれていませんので、「所得条件は満たせるけど成績に問題がある」という場合にはこちらを選ぶと良いかと思います。

一方、民間の教育ローンを選ぶ場合だと、選択肢が急激に増えることになります。各金融機関の中から地域性を加味しても、地方銀行とメガバンクなど、まだまだ選択肢は多い状態です。その中から教育ローンを選ぶとすると「金利」を中心として、借入条件や返済条件などを総合的に考慮する必要があります。

まずは「金利」についてです。民間の教育ローンの場合だと、その多くが借り入れの翌月からの返済となります。その時から利息の支払が必要になりますので、返済開始後からの毎月の負担を減らすためにも金利の低い金融機関を選ぶことが必要になります。それと同時に、金利以外の支払いについても考慮する必要があります。各種手数料がかさむ場合だと、金利が安くても本末転倒な結果になりかねません。金利と同時に、それらの支出についても少ない金融機関を選ぶ必要があります。

また、大学によっては金融機関と提携して「提携ローン」を用意している場合もあります。民間の教育ローンである点は同じですが、「金利が安い」「元金据え置き返済可能」「利息の支払は奨学金として免除」といった特徴がある場合もありますので、進学先によっては提携ローンを選ぶという選択肢もあります。

厳密に「どこの教育ローンが絶対に良い」ということは言い切れません。上記以外にも「限度額」「審査期間」などの要素も加味して、各家庭の事情と合致する条件を提示している金融機関の教育ローンを選ぶことが必要になります。

  • 教育ローンを組む時に注意すべきこと

奨学金ではなく教育ローンを選ぶ場合には、「計画的に利用すること」が必要になります。「ご利用は計画的に」というキャッチフレーズをよく耳にしますが、「奨学金を利用しない」という場合には特に注意が必要です。

教育ローンの場合、一部を除いて「借入日の翌月もしくは翌々付きからの返済」が必要になります。この点は奨学金と大きく異なるポイントですが、「奨学金と教育ローンを混同している人」の場合だと、「在学中に返済が到来する」というイメージを持たずに教育ローンを利用しようとする可能性があります。

奨学金の場合、もしくは教育ローンの中で「在学中は元金据え置き」の場合だと、在学中の返済(元金据え置きの場合は利息は支払う)は必要ありません。学生が卒業して就職し、収入を得るようになってから返済することが可能です。数年という猶予がありますので、そこまで綿密な計画を練る必要もありません(そもそも数年後のことを完全に予測することは難しいですし)。

しかし、数十日後から返済が始まるとなると、借入時から綿密な返済計画を練っておく必要があります。一般的なカードローンに比べて教育ローンは低い金利が設定されていることが多いのですが、毎月の返済はそれなりに経済的な負担をもたらします。借入額が大きくなると返済期間も長引きますので、当面の間は返済による支出が家計を圧迫することになります。数年の猶予のある奨学金と比べると忙しないイメージがありますが、金融機関の提供する金融商品なのでそれも当然の話です。

奨学金が「学費を支払う経済的な余裕が少ない、勉強への意欲のある学生への救済策」であるのに対して、教育ローンはあくまでも「金融商品」であることを忘れてはいけません。国の教育ローンでない場合は、銀行等が提供する「営利目的の金融商品」なのです。借り過ぎなどの無計画な利用は、在学中から返済が滞ってしまい、債務整理へと突き進んでしまう可能性があります。そうならないように、綿密な計画を立てた上で教育ローンを利用するようにしましょう。

まとめ

教育ローンと奨学金は目的を同じとしながらもその性質は全く異なっています。金融商品とそうでないものの違いは、返済条件においてはっきりと区別されます。返済条件が異なる以上、借りる際の計画についても大きく異なるということを十分に理解しておきましょう。

それぞれに適切な場面も異なりますので、現状でどちらを利用したほうが適切であるのかを性格に把握することも重要です。急ぐ場面なのか、どちらか利用できない状況にあるのか、そうした点も全て考慮した上で、教育ローンか奨学金かを選ばなければなりません。