モビットと総量規制の関係性 総量規制外対象外の借入とは?

モビットは総量規制対象外なのでしょうか。それとも総量規制対象外なのでしょうか。

実際に、モビットは大手の消費者金融(アコム・アイフル・プロミス・モビット)の中で最も高い利用限度額を設定しています(800万円(他の大手の消費者金融業者は500万円))。総量規制対象外なのではないか、といったことも考えてしまうわけです。

こちらでは、モビットを利用する時に総量規制は関係してくるのか、といったことについて徹底解説します。さらに、総量規制とはどういったものなのか、といった事をお話します。

モビットから高額の借り入れをしよう、と思っていた方は必見です。

・モビットは総量規制の対象内である

モビットは消費者金融の一つです。総量規制は消費者金融に関わってくるものでもあるので、モビットに総量規制が関わってしまうことは仕方ありません

消費者金融以外にもクレジットカードに関しても総量規制の対象内となってしまいます。

【総量規制の対象となる借入先】

・消費者金融(モビットなど)

・信販会社

・クレジットカード

上記から借り入れを行うときは年収の3分の1を超えてはなりません。さらに注目して欲しいのが、総量規制は1社ごとに設定されているわけではない、というところです。

上記した総量規制対象の借入先からの借り入れ額全体に関わっているのです。たとえば、年収300万円の方がすでに消費者金融で50万円の借り入れをしたとします。新たに信販会社でローンを組もうとすると、50万円が限度になってしまう、といった状況になるわけです。 それ以外の車のローンや不動産のローンはいくら借りていても「総量規制の対象外」なので年収300万円の人が車のローンの残高が100万円あってもモビットに申し込む事は可能という事です。 

・そもそも総量規制とはどのような規制なのか

総量規制は借り入れの上限を設定しているものです。総量規制が設定されるまでは、どこまで借り入れて良いのか、といったことに関しては全てキャッシング側が決めていました。その結果、高額借り入れを実施した方は返済ができず、債務整理をせざる負えない状況になってしまい、社会問題化してしまったのです。

借り入れの上限額を設定しないと多重債務状態になってしまうこともあります。多重債務になってしまうと、自転車操業的な借り入れをすることにもなります。結果的に返済できなくなってしまい、自己破産や個人再生を行うことになってしまう、といったことが往々にしてありました。

総量規制では以下のような取り決めがされています。

個人の債務の合計が年収の3分の1を超えてはいけない

要は、年収が300万円であれば100万円を超える借り入れはできない、といった決まりになっているのです。年収が450万円であれば150万円を超える借り入れができません。年収が600万円であれば、200万円を超える借り入れはできないのです。

総量規制は2010年の貸金業法の改正の完全施工によって導入されました。その時より、モビットを始めとした消費者金融では年収の3分の1を超えてしまう借り入れはできなくなったのです。

一方で、総量規制対象外となっているのが銀行です。消費者金融と同じくフリーキャッシングを行っているのが銀行カードローンです。銀行カードローンに関しては、総量規制の対象、となっています。収入に比べて少しでも高額な借り入れを実施したい、といった事を考えているのであれば、消費者金融やクレジットカードはそれほど適していません。銀行カードローンのように総量規制対象外のキャッシングサービスを利用すべきです。

一方で、総量規制対象外の借り入れにはどのようなものがあるのでしょうか。

【総量規制の対象外となる借り入れ例】

・住宅ローン

・自動車ローン

・有価証券担保の借り入れ

・不動産担保の借り入れ

・高額医療費の借り入れ

・顧客に一方的有利となる借り入れ(おまとめローン・借り換えローンなど)

・緊急の医療費の借り入れ

・個人事業主の借り入れなど

たとえば、住宅ローンに総量規制が関わるとしたらどうなってしまうでしょうか。住宅ローンといえば、2,000万円や3,000万円のものを組む、といったことも当たり前です。仮に3,000万円のローンを組む場合には、9,000万円以上の年収がなければならない、といった状態になりかねません。

総量規制に関しても、銀行カードローン以外にも様々な除外事例がある、といったことは覚えておくべきです。

・モビットと総量規制まとめ

モビットは、三井住友銀行グループの会社ではあります。しかし、あくまでグループであって銀行カードローンではありません。「消費者金融」といったくくりにされているのです。

消費者金融なので、総量規制の対象内となります。

モビットで借入をする場合には、年収の3分の1を超える借り入れはできません。自身の年収ベースから借り入れできる上限額を事前に計算して、その範囲内で希望の契約額を申告して下さい。

  • 総量規制のメリット、デメリット

モビットでは総量規制が関係している、といったことがわかりました。では、その総量規制にはどんなメリットとデメリットが有るのでしょうか。こちらで詳しく解説していきます。

・総量規制のメリット

【借り過ぎを防げる】

人それぞれの返済能力、といったものがあります。総量規制がある以前は、返済能力に関係なく借りれるだけ借りてしまう、といった方が続出してしまったのです。

月あたりの返済額が10万円を超えるような状況になっている方も多く、返済で首が回らない状態となっていました。

総量規制が導入されたことで、返済額が一定を超えることが無くなったのです。年収の3分の1以下となるので、返済能力がある方であれば、返済不能に陥る、といったケースは少なくなりました

【実績あり|多重債務者が減った】

総量規制を導入してから圧倒的に減ったものがあります。それは5件以上の借り入れを行っている多重債務者の数です。

総量規制が完全施工される前の2007年の統計では177万人もいました。しかし、総量規制が完全施工された2014年の9月末の時点で16万人に激減しているのです。

総量規制の影響によって5件以上の借り入れが難しくなった、といった理由もあるわけですが、借り入れた件数自体を減らしている実績については認めざるをえません。

※最新の2015年の5件以上の多重債務者人数は15万人程度と推測されています。2014年に比べさらにその数を減らしており、総量規制の大きな実績と言えます。

【毎月の返済額を抑えられる】

消費者金融などのキャッシングでは、借金残額や借入時の借金残高によって毎月の返済金額を設定しています。借金の残額が多ければ多いほど、毎月の返済額が大きくなる、といった状態になるのです。

モビットに関しても、最終借入後残高によって毎月の返済額が設定されています。

総量規制によって借金できる額の制限が設けられたので、高額借り入れがしにくくなりました。その結果、毎月の返済額が抑えられるようになったのです。数百万円の借り入れを行った場合には、月に70,000円や80,000円の返済を行う、といった状態になります。一方で数十万円の借り入れであれば、月々10,000円台から20,000円台の返済で済むのです。

・総量規制のデメリット

【借入金額が制限されてしまう】

人それぞれに返済できる金額、といったものは異なっています。同じ収入であったとしても、返済に回せるお金額は個人差があるのです。

たとえば、一人暮らしをしている方であれば、返済に回せるお金は少なくなります。一方で、実家に住んでいる方であれば返済に多くのお金を回せるのです。

総量規制に関しては、残念なことに一律で借り入れの上限が設定されています。個人差といったものをまったく考慮していない、といった問題点があるのです。

【新たな借り入れができなくなりヤミ金から借り入れてしまう】

総量規制に引っかかるようになってしまうと、消費者金融からの借り入れや信販会社からの借り入れ、さらにクレジットカードからの借り入れ、といったものができなくなってしまいます。しかし、どうしてもお金が必要、となってしまうと取れる手段は限られてしまうのです。

その手段の一つがヤミ金を利用する、というものです。非合法な貸出をしているところから、お金を借りることになってしまい、大変な思いをしてしまう、といったケースが総量規制の実施後に多くなりつつあります。

ヤミ金の利用に関しては、総量規制が年収の3分の1を貸し出し上限と一律で設定しているデメリットの一つとして、多くの方が実感しているデメリットです。

※ヤミ金の中には、実質年率にすると2,000%や3,000%で貸し出してくるところもあります。最近では、「トイチ(10日で10%の利息金)」どころか「トサン(10日で30%の利息金)」や「トゴ(10日で50%の利息金)」といったところもあります。取り立て内容も非合法的なものとなっており、どんなに困ったとしてもヤミ金を利用してはなりません。

  • すでに他社から借入がある場合どうなるの?

・借り入れている分も合わせて総量規制が関わってくる

モビットの審査を受ける時点で他のキャッシングサービスを利用しており、借入額が残っている場合には、その借入額も合わせて総量規制が関わってきます。

たとえば、600万円の年収があるとします。すでに他のキャッシングサービスで150万円を借り入れている場合には、モビットでは50万円が上限とされてしまうわけです。他社も合わせて総量規制に関わってくることになるので、モビットだけで年収の3分の1までの借り入れはできません

・すでに他社で年収の3分の1を借り入れている場合はどうなるのか

モビットは総量規制の対象となるキャッシングサービスを行っているので、借り入れはできません。他のキャッシングサービスですでに年収の3分の1を借り入れている場合は、モビットの審査に落ちてしまうのです

この状況でモビットの審査に通りたいのであれば、すでに借りている借金額を減らす必要があります。返済を続けてある程度返済ができた時点でモビットに申し込むか、繰り上げ返済などを利用して、年収の3分の1までに余裕がある状態にして下さい。

年収の3分の1にまでは到達していなくても、あまり余裕が無い状態だと審査落ちしてしまう恐れがありますが、一定の余裕がある状態であれば審査が突破できる可能性が出てきます。

  • 収入を偽ることは可能か?

・収入証明で嘘は発覚する

モビットで総量規制を超える借り入れを行いたい、という気持ちが強い方であれば、収入を偽ればよいのではないか、と思うかもしれません。本当の年収は300万円なのに、600万円としてしまう方もいるでしょう。300万円から600万円にするだけで、総量規制による借入額の上限は100万円も変わってきます。

【モビットの収入証明書類例】

・源泉徴収票の写し

・税額通知書の写し

・所得証明書の写し

・確定申告書の写し

・給与明細書の写し(直近2ヶ月分、賞与がある方は年間の賞与額が把握できる賞与明細書も含む)

上記したうちのいずかの提出が求められます。上記の書類を提出すれば、あなたの収入額がハッキリと分かってしまうのです。申告した額と明らかに違う額であった場合には、即審査落ちとなってしまいます。

・虚偽の申告は最悪の結果を招く

単位審査落ちをさせられるだけではありません。個人信用情報に不意自然な情報が記載されることもあるのです。

審査落ちの情報も掲載されます。また、利用限度額の取り消し、といった結果まで記載されてしまいます。

個人信用情報に不利な記載があると、その記載が解除されるまでは審査で不利な結果が出ることになります。嘘の影響はモビットだけではなく、他のキャッシングサービスにまで波及してしまうのです。

  • 総量規制対象の金融機関と対象外の金融機関について

・総量規制対象の金融機関

モビットを始めとした消費者金融が該当します。

クレジットカードのキャッシング枠に関しても総量規制の対象となります。

信販系のローンに関しても総量規制の対象です。

・総量規制対象外の金融機関

銀行の実施しているキャッシングローン

おまとめローンや借り換えローン

不動産などの担保系のローン

個人事業主用のローンなど

注目して欲しいのが、おまとめローンや借り換えローンです。実は、消費者金融でもおまとめローンや借り換えローンを実施しているのですが、そちらに関しては総量規制の対象外となっているのです。

年収の3分の1を超える借金をしていた場合に借金をまとめて返済額を少なくしたい、といったケースであれば、消費者金融のおまとめローンを利用する、といったことは可能です。