モビットの利用限度額を増額する方法と増額審査の注意点について

カードローンの利用限度額は、できるだけ多い方が安心です。モビットのカードローンでは、初回は利用限度額が少なめに設定されますから、「もう少し限度額が多かったらいいのに…」と考えることもあると思います。また、他社からも借入している人なら、モビットの限度額を増額して、まとめローンとして利用できないかと考えることもあるかもしれません。

モビットの利用限度額を途中で増額することも可能です。ただし、モビットの増額の際には、審査がありますから、審査に通過することを考えておきましょう。

ここでは、モビットの利用可能額を増額する方法について説明しています。モビットの増額に伴い、審査に落ちる人と通る人とではどんな違いがあるのか、絶対に押さえておきたい点はどんなことかについてもチェックしておきましょう。

どうすれば増額できるの?

・モビットの利用限度額

モビットでは、申し込み後に利用限度額が設定され、利用限度額の範囲内で何度でもお金を借りられます。モビットの利用限度額は、1万円~800万円の範囲内で設定されます。

モビットに申し込みする際には契約希望額を書くことになりますが、必ずしも希望どおりの枠が設定されるとは限りません。初めての申し込みの場合には利用限度額は少なめに設定されますから、利用しているうちに限度額を増額してほしいと思うことがあるはずです。

・増額を希望する場合には電話で相談

モビットの利用限度額を増額してほしいときには、利用者側から増額の申請ができます。増額申請をしたいときには、モビットのコールセンターに電話しましょう。増額の際には別途審査が必要になります。モビット側で審査を行った上、増額OKということになれば、利用限度額が増額されることになります。

増額審査に通る人と、落ちる人の違い

・増額審査の際にはこれまでの利用状況を見られる

モビットの増額審査の際には、モビットでのこれまでの利用履歴をチェックされることになります。もしモビットと取引中に延滞をしていれば、審査に通りにくくなってしまいます。ただし、何らかの事情で返済が1日か2日遅れてしまうことはよくあることですから、あまり気にしすぎる必要はありません。返済が遅れた場合にも、すぐにモビットに連絡した上で返済額を支払っていれば、大きな問題になることはないはずです。

一方、延滞回数多い場合や、長期延滞があるような場合には、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。増額を申し込む前に、モビットの利用明細書を再度見て、延滞の有無や回数を確認しておくと良いでしょう。

・他社の返済状況も問題になる

モビット以外の他社からもお金を借りている場合には、増額審査の際に、他社の返済状況もチェックされることになります。個人信用情報機関に照会すれば、他社の返済状況がわかりますから、もし他社で長期延滞をしたり債務整理をしたりしていれば、審査に落ちてしまいます。なお、他社というのは消費者金融に限らず、クレジットカード会社の利用状況も問題になります。クレジットカード代金の延滞がないかどうかも確認しておいた方が良いでしょう。

・総量規制を超える増額申請は認められない

消費者金融からお金を借りるときには、総量規制の適用があります。総量規制とは、他社と合わせて年収の3分の1以上の融資ができないという貸金業法上のルールになります。モビットは三井住友銀行グループの会社ですが、銀行カードローンではなく消費者金融ですから、総量規制の適用があります。モビットの増額後の利用限度額が、総量規制を超えてしまう場合には、増額審査には通りません。現在の年収と、他社の借入残高を見直し、増額申請が可能かどうかをチェックしましょう。

・転職していれば増額審査に通らないことも

モビットに申し込み後、現在までに転職している人は、増額審査に通らないことがあります。増額審査の際にも、申し込み時の審査と同様、勤務先や勤続年数をチェックされることになります。つまり、転職後増額申請時までの勤務年数が少なければ、審査に落ちやすくなってしまいます。

申し込み時よりも収入が減っている場合にも、増額は困難です。現在仕事に就いていないような場合には、増額申請はしない方が良いでしょう。

・収入が増えていれば増額審査でも有利

モビットでお金を借りる場合には、年収の3分の1までという総量規制の適用があります。申し込み時よりも年収が増えていれば、総量規制により借りられる額も増えますから、増額の希望も通りやすくなります。ただし、他社での利用額が増えていれば、増額は難しくなります。

・利用実績のある人の方が審査に通りやすい

増額申請する際には、モビットや他社で延滞があれば、不利になってしまいます。しかし、だからと言って、カードを作ったものの全く利用実績がない人というのは、増額の審査に通りにくくなります。そもそも、利用実績がない人は、増額する必要もないと考えられてしまいます。

モビットにとって良いお客さんというのは、利息をたくさん払ってくれる人です。たくさんお金を借りてきちんと返済を行っている実績がある人であれば、他の事項で多少マイナス要素があっても、審査には通りやすくなります。

こんな人は増額申請をしない方がいい

・契約後6ヶ月経過していない人

モビットと契約後、すぐに増額申請しても認められません。まずはある程度の利用実績を作ることが必要です。増額申請は契約してから6ヶ月以上経ってからにしましょう

・総量規制に違反することになる人

モビットは消費者金融ですから、総量規制の適用があります。増額審査の際にも、収入証明書や他社借入残高をチェックし、総量規制に違反していないかどうか確認が行われます。増額後の利用限度額と他社借入残高を合わせて年収の3分の1に達してしまうようなら増額はできませんから、最初から申請しないようにしましょう。

・既にブラックリストに載っている人

他社で金融事故を起こして強制解約になったり、債務整理をしたりしている人は、既にブラックリストに載っていることになります。ブラックリストに載っていれば、増額申請しても認められることはありません。逆に、増額申請により、モビットとの契約を解除される可能性もありますから、やめておいた方が良いでしょう。

増額審査に落ちてしまった人に降りかかる災難

・他社の借入れや増額審査に落ちてしまう可能性がある

増額審査の際にも、個人信用情報機関に申込者の信用情報の照会が行われますから、増額申請を行ったという情報が6ヶ月程度残ってしまいます。つまり、モビットの増額審査に落ちてから他社に新規借入れや増額の申し込みした場合には、つい最近モビットの増額申請を断られたことがわかってしまいます。このような場合、他社では「短い間にあちこちに申し込みをしているのはよほどお金に困っている事情があるはず」「モビットの増額を断られたのは何か理由があるはず」と判断しますから、他社の審査にも落ちてしまう可能性があります

・増額申請したのに減額されるケースもある

モビットの増額の審査の際にも、現在の収入を申告すると同時に、収入証明書を求められることもあります。もし年収が大幅に減っているような場合には、わざわざそれを申告することになってしまいますから、逆に利用限度額を減らされてしまう可能性があります。

モビット増額の為に、日頃から注意をしておくこととは?

・返済期日に遅れないようにする

モビットからお金を借りたときには、約束どおりきちんと返済を行いましょう。延滞した場合には、その後すぐに払ったとしても、延滞したという記録は残ってしまいます。長期の延滞がなくても、延滞回数が多ければ増額の際には不利になります。返済期日にはくれぐれも遅れないようにしましょう。

・もし返済が遅れた場合には速やかに連絡する

会社からの給与振込が遅れたとか、急な残業で当日中にATMのところに返済に行けなかったなどの事情から、どうしても返済期日に返済ができないこともあると思います。このような場合には、遅れることがわかった段階で、速やかにモビットに連絡するようにしましょう。返済期日に遅れた以上遅延損害金は免れることができませんが、きちんと連絡したことでむしろ信頼できると評価されることになります

・住所変更などの届出を忘れずにしておく

モビットとの契約後、住所や電話番号などの連絡先を変更したときにも、忘れずに連絡しておきましょう。連絡先が変わっても放置しているような人は、すぐに連絡がつかなくなってしまう人と思われてしまいますから、信頼を失ってしまいます。増額申請する前に、連絡先変更の手続きはすませておきましょう

・利用実績が良ければ積極的に増額してくれる

モビットでの利用実績に問題がなければ、利用者側から増額申請しなくても、モビットの方から利用限度額を増額してくれることがあります。計画的な利用を行っていれば、増額の案内が来るのを待っているだけでOKですから、まずはモビット側に歓迎されるカードローン利用実績を作ることを考えましょう。

まとめ

モビットで増額したいなら、日頃からカードローンの計画的な利用を行っておくのが有効です。きちんと返済を行ってくれることが明らかであれば、増額はモビットにとってもメリットになります。モビットと契約したら、モビットの信頼関係を築き、モビットが喜ぶ利用者になりましょう。