モビットの返済方法と月々の返済額の決まり方について

大手の消費者金融の一つであるモビットですが、どのような返済方法に対応しているのでしょうか。一括返済は出来るのでしょうか。毎月の返済額はどのくらいに設定されるのでしょうか。

利用前に気になることはたくさんあると思います。

こちらでは、それらのモビットの返済における疑問点を1つずつ解決していきます。

返済についてしっかりと理解したうえで利用すれば、モビットも恐れるに足りません。返済さえ確実に行っておけば、電話で督促がされたり、督促状が送られてしまったり、といったこともないのです。

モビットの返済方法は3つあります。そのいずれかの方法を選択して返済を実施していくことになります。

こちらでは、その3つの返済方法について解説します。自身にとってどれが最も利用しやすいのか、といった事を考えながらチェックするのがおすすめです。

・モビットの返済方法その1|口座振替による返済

預金口座から返済日に返済金が自動的に引き落としされるシステム、となっています。ただ、利用できる預金口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座のみとなっているので、そちらの口座を持っていない方は利用できません。

口座振替による返済を選択したい場合には、手続きが必要になります。

こちらの返済方法は手数料が無料、といったメリットが有ります。

他にも、自動的に引き落としされるので、返済日をうっかり忘れてしまう、といったことはありません。ATMや窓口に返済に行く、といった必要もない点は注目すべきです。

【口座振替のメリット】

  • ・手数料がかからない
  • ・返済日を忘れても問題なし(返済金が入金されているケース)
  • ・窓口やATMに行く必要なし

・モビットの返済方法その2|銀行振込による返済

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に振り込みを実施して返済します。振込先に関しては、自身で調べなければなりません。

手数料に関しては、利用している金融機関の方深夜時間帯によって発生額が変わってきます。手数料がかかってしまう、というのが銀行振込による返済のネックでもあります。

振り込み返済に関しては、なるべく返済日に午後2時までに済ませておくべきです。15時までに振り込み反映がされていないと、滞納扱いにされてしまうかもしれません。

【銀行振込のメリット】

  • ・ネットバンキングを利用すれば、ネットを介してどこからでも返済できる
  • ・金融機関やサービス内容によっては手数料無料で振込み利用ができる

・モビットの返済方法その3|ATMによる返済

モビットは大手の消費者金融ではありますが、自社の専用ATMは用意していません。提携ATMを利用して返済することになります。

提携ATMは全国に13万台以上(2017年6月現在)あるので、利用しにくいことはありません。

モビットカードをATMに挿入して返済手続きを実施し、返済金を入金するだけです。

【モビットの返済に対応している提携ATM例】

  • ・三井住友銀行ATM
  • ・三菱東京UFJ銀行
  • ・セブン銀行ATM
  • ・イオン銀行
  • ・ローソンATM
  • ・イーネット
  • ・プロミスATM
  • ・地方銀行ATMなど

【ATMによる返済のメリット】

  • ・ATMの営業時間によっては深夜や朝方の返済も可能
  • ・コンビニ等は全国各地にあるので、出先からの返済も可能

提携ATMを利用した返済でネックになってしまうのが、手数料です。

【提携ATMを利用した返済にかかる手数料】

  • ・返済金が10,000円以下・・・108円/回
  • ・返済金が10,000円超・・・216円/回

ちなみにコンビニのマルチメディア端末を利用すると、手数料無料の返済ができます。しかし、コンビニのマルチメディア端末の返済に関しては、利用時間が限られており、24時間対応しているわけではありません。

  • 一回あたりの返済額はどうやって決まるのか

・最終借入後の残高によって返済額が決まる

モビットでは、「借入後残高スライド元利定額返済方式」といったものを採用しています。借入後に更新された借入残高によって毎月の返済額を決定するのです。

主な特徴としては、

  • ・残高が高い状態であれば、毎月の返済額は高額になる
  • ・残高が低い状態であれば、毎月の返済額は定額になる

上記のような傾向があります。

返済額については、新たに借り入れを行わなければ一定額のままの設定となります。しかし、途中で新たに借り入れを実行すると、最終借入後の残高に変化が生じてくるので、新たに返済額が設定し直されるのです。

ですから、途中で借り入れを実施すると、いままでの毎月の返済額よりも高くなることもありますし、低くなることもあります。

【モビットにおける毎月の返済額】

・最終借入後残高が90万円超100万円以下・・・月々の返済額:26,000円

・最終借入後残高が80万円超90万円以下・・・月々の返済額:24,000円

・最終借入後残高が70万円超80万円以下・・・月々の返済額:21,000円

・最終借入後残高が60万円超70万円以下・・・月々の返済額:18,000円

・最終借入後残高が50万円超60万円以下・・・月々の返済額:16,000円

・最終借入後残高が40万円超50万円以下・・・月々の返済額:13,000円

・最終借入後残高が30万円超40万円以下・・・月々の返済額:11,000円

・最終借入後残高が20万円超30万円以下・・・月々の返済額:11,000円

・最終借入後残高が10万円超20万円以下・・・月々の返済額:8,000円

・最終借入後残高が10万円以下・・・月々の返済額:4,000円

※100万円超の借入の場合は、最終借入後残高が20万円増えるごとに返済額が4,000円の追加となります。仮に100万円超120万円以下の借入の場合は、月々30,000円の返済額となるのです。

・返済額をシミュレーション

  • ・初回借入額が50万円
  • ・借金元金が30万円まで減ったところで新たに50万円の追加融資を受ける

まず初回借入額が50万円なので、最初の返済額は月々13,000円に設定されます。

しばらく返済を続けて、借金元金が30万円まで減った時点で新たに50万円を借り入れるので、新たな借入後残高は80万円になります。

80万円の返済額は月々21,000円なので、21,000円を返済し続けていくことになります。

このように途中で借り入れをすると、月々の返済額に変化が現れる、といった特徴がモビットにはあります。キャッシングをする時に新たに設定される借入後残高による返済額が支払える範囲内なのか、といった事をしっかりと確認して下さい。確認しないで借り入れをしてしまえば、返済できない状態になってしまいかねません。

  • 一括返済ってできるの?

・モビットでは一括返済が可能

一括返済には支払利息金の額を減らす、といったメリットが有ります。早めに借金を返済することになるので、期間にかかってくる利息額を支払わなくて済むようになるのです。

モビットは月の最低返済額は4,000円とされています。借入後の残高が10万円以下の場合に4,000円の返済額が設定されるのですが、そのような少額返済ではいつまでたっても返済が終わりません。返済し続けている最中にも利息が発生してしまうのです。

一方で、一括返済を利用すればすぐにその場で返済は完了します。その時点までの利息金の支払いで済むのです。たとえば100万円借りて、借金元金が50万円まで返済したとします。その時点で、残りの50万円を一括返済すれば、残りの50万円の支払い時にかかる予定であった利息を支払う必要は一切なくなるのです。

【究極的な一括返済方法】

利息は、借り入れを実施した翌日から発生する、といった特徴を持っています。

要は、借り入れを実施して当日中に全額を一括返済すれば、利息金は1円も発生しないということなのです。

100万円を借りて、その日のうちに100万円を返済すれば、利息はゼロです。

なかなか当日中に一括返済できるケースは少ないと思います。しかし、場合によっては利息ゼロで借り入れができる、といったことは覚えておくべきです。

・一括返済する方法とは

モビットでは、口座振替、銀行振込、提携ATMの返済を受け付けていますが、どの方法でも繰り上げ返済に対応しているわけではありません。

【一括返済に対応している返済方法】

  • ・銀行振込による返済
  • ・提携ATMによる返済

【一括返済に対応していない返済方法】

  • ・口座振替による返済

口座振替による返済ですが、毎月の約定返済のみを引き落とす、といったことだけに利用されています。要は、毎月の最低返済額の引き落とししかしないので、一括返済どころか繰り上げ返済にも対応していないのです。

一括返済に対応している銀行振込と提携ATMですが、毎月の返済額よりも大きな金額を入金すると自動的に繰り上げ返済が実施された、となります。

提携ATMに関しては、利息も自動計算してくれるので、特別な手続きをする必要はありません。

問題は全額返済の金額はわからない、ということだと思います。全額返済の金額ですが、モビットのコールセンターに問い合わせを実施して下さい。そちらで指定された金額を振り込むことになります。

ただ、ATM返済の場合は注意点もあります。1,000円未満の入金ができないので、端数が残ってしまいます。その端数に関しては振り込み返済などを実施する、といった手続きをする必要もあります。

口座振替による一括返済ですが、同じくモビットコールセンターに問い合わせを実施して、いくら返済すれば全額返済になるかを確かめて下さい。その上で振り込み返済を実施します。

振り込み返済に関して、1,000円未満の入金もできるので、スムーズに一括返済が完了します

  • 追加返済は事前連絡が必要か

・事前連絡の必要はなし

振り込み返済であれば、多めに振り込まれれば自動的に追加返済がされた、と判断してくれます。

ATM返済の場合も、通常返済額よりも大きなお金を入金したら追加返済があった、と判断してくれ、借金元金の返済に充当してくれるのです。

一括返済の場合には、全額返済をするにはいくらの返済が必要なのか、といった事を調べなければならないので、モビットコールセンターへ連絡しなければなりません。しかし、一括返済ではなく追加返済の場合には、わざわざ事前に連絡する必要がありません。

数千円単位の追加返済であっても対応しているので、少しでも資金に余裕があるときは追加返済を実施して借金を減らしていきましょう。追加返済は、借金と上手く付き合っていくためにも非常に重要な手段の一つです。

  • 返済に遅れてしまった場合の対処方法

モビットは、毎月5日・15日・25日・末日のうち、いずれかを選択します。その設定した返済日に遅れてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

返済が遅れた時の対処方法についてお話します。

・モビットに対して電話連絡を実施する

返済日の前から返済ができないことが分かっていることもあるでしょう。そんな時には、自らモビットに対して電話連絡を実施して下さい

モビットに対して電話連絡を実施して、返済が遅れる旨を告げると「いつなら返済ができますか」、といったことが聞かれます。その時に、返済できそうな日程を告げて下さい。1週間後であれば1週間後と告げれば良いだけです。

その自らが指定した日程までに返済が行われれば、特に督促のようなことが行われることはありません。

・利息のみを支払う

裏技的な手法になってしまいますが。モビットには利息の金額以上を支払えば延滞扱いにはならない、といった特徴があるのです。

たとえば、50万円の借り入れをして最終借入残高も50万円だったとすると、毎月の返済額は13,000円です。その13,000円の全てが利息金の支払いではありません。借金元金も返済額も含まれています。

50万円の借金残金があり実質年率が18.0%だったとします。30日分の利息の発生額は、500,000円×18.0%÷365日×30日で計算でき、結果は「7,397円(端数切捨て)」となります。要は、13,000円ではなく、7,397円の返済をすれば滞納扱いではなくなるわけです。

注意してほしい点が一つあります。何も言わずに利息額だけの返済を実施しないでください。モビットに対して、事前に利息金だけの返済をしたい旨を告げて下さい。モビットとしても、何も言われずに急に最低返済額よりも少ない金額を入金されてはびっくりしてしまいます。

ちなみに、次回の支払いは約定返済額以上を支払う、といった事を条件に利息だけの返済を認めてくれることが多いです。翌月についても利息金だけの返済を実施すると、約束違反となってしまうので、電話連絡がされてしまいます。注意して下さい。