学生がプロミスの審査に通過する条件と親にバレずに借りる方法について

急な飲み会、長期連休の旅行、資格試験の勉強費用など時間はあるけどお金がないというのが学生さんの大きな悩みかと思います。そんな時に活用したいのがプロミスでお金を借りる事です。

しかし、学生でお金を借りる事が出来るのでしょうか。実はプロミスでは一定の条件を満たしていればお金が借りられます。どのように利用しれば良いのか活用方法を詳しく解説していきます。

学生が借り入れをするための条件とは

プロミスでは一定の条件を満たしていれば学生でも主婦でもお金を借りる事が可能です。一定の条件とは以下の2つです。

1.満20歳以上69歳以下

2.安定した定期収入がある方

学生でも20歳以下ならプロミスを利用することは出来ません。また、安定した定期収入とは正社員でなくても構いません。アルバイトでも派遣社員でも可能です。

・安定した定期収入

学生の場合、収入源はアルバイトになると思います。そこで問題となるのが安定した定期収入の定義です。

プロミスをはじめとしてカードローン会社では申込みを受付けたら審査をします。その審査で、この人は本当にお金を返してくれる人なのか、どの程度なら貸しても大丈夫かを見ます。利用条件の2つを満たしていても審査の結果によってはお金を借りられないこともあります。

カードローンというのは、使い道自由、無担保、保証人不要というローンです。お金を貸す側からすると、その人がどの程度信用できるのかが一番重要となります。

審査の際に重要となるのが年収とどの程度安定した収入源なのかです。プロミスは貸金業法という法律に基づいてお金を貸しています。その法律の中に総量規制というものがあります。これは年収の3分の1までしか貸してはいけないというものです。

月5万円程度の収入があれば、年収は60万円です。その3分の1なので20万円までしかお金を借りる事はできません。そして、アルバイトだとどうしても月の収入にバラつきが出てしまうでしょう。

それでも毎月定期的に収入があれば安定した定期収入とみなしてくれます。しかし、逆に10万円稼ぐ月もあれば、0円の月もあるという風に収入がない月がある人は少し注意が必要です。

基本的に審査基準と言うのは公表されていないので、どのような基準で審査されているのは分かりません。しかし、年収が高くても季節限定のアルバイトや収入がない月があるようなアルバイトは安定した定期収入と認められない場合があるので注意しましょう。

学生が審査落ちしてしまうポイント

逆に審査に通りにくい学生の特徴とはどのようなものなのでしょうか。以下に特徴を書きました。

1.月によって収入が0円の時があるアルバイトをしている

2.申込みの際に入力ミスや嘘を付く

3.同時にいくつかの金融機関に申し込みをしている

安定した定期収入とみなされるかどうかは審査次第ですが、毎月収入がある人の方が信用度は高くなります。また、申込みの時に入力ミスや嘘を付くと審査に影響を及ぼします。絶対に嘘を付かず、ミスがないよう慎重に記入しましょう。

それと、意外と知られていないのが「申込みブラック」です。信用情報機関には現在の借入状況や過去の記録だけでなく、どこの会社に申し込みをしたかも記録されます。金融機関は審査の際必ずこの情報を確認しますが、この時にあまりにも多くの会社に短期間に申し込みをしていると不審に思われ審査に通らなくなることがあります。

貸す側としては、あまりにも多くの会社でお金を貸してもらうことを考える人はよほどお金に困っているから、もしかしたら返済してもらえないかもしれないと考えます。短期間で3社以上の金融機関に融資の申し込みをするのは避けた方が良いでしょう。

親にばれずに借りる方法

学生で最も気になるのは親にばれてしまうことではないでしょうか。基本的にカードローン会社から親に連絡をすることはありません。貸金業法の中には「第三者に債務情報を伝えてはいけない」というものがあります。

第三者とは自分とカードローン会社以外のすべての人のことを言うので両親も含まれます。

しかし、それでも親にばれてしまう人はいます。ばれる原因は主に電話と郵送物です。

最近ではほぼ携帯でのやり取りになるので、電話でばれることは少なくなったようですが、携帯で連絡が取れない場合などは、アルバイト先や自宅に連絡が来ることもあります。

特に返済日が過ぎても返済がされていない状態のときは督促の連絡がきます。初めは携帯にかけますが、連絡が付かなければ別の連絡方法を取るので注意が必要です。しかし、勤務先への在籍確認も同じですが、いきなり「プロミスです。」という連絡があるわけではありません。

基本的には担当者の個人名で連絡が来ます。誰からの電話か聞かれたら友達と答えておけば問題ないでしょう。

また、郵送物も同様に差出人名はプロミスではなく、事務センターと書かれています。大学からの手紙などとごまかすことも可能ですが、プロミスでは郵送物を送らないサービスも展開しています。

例えば、WEB申込み後、必要書類をスマホやHPでアップロードして瞬フリというサービスを使えば郵送物を避けることが可能です。旬フリを利用するには三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座が必要です。

または、お客様サービスプラザと言われる店舗窓口や無人自動契約機で手続きをすれば郵送物は届きません。この場合、本人確認など持参しなければいけないので事前に持ち物を確認しておきましょう。

学生には魅力的な30日間無料利息サービスとは

学生がお金を借りる時は必ず、信用出来るカードローン会社で、お得なサービスを展開、金利が比較的安いという条件が揃っているところを利用しましょう。

世の中には学生向けのカードローンが沢山ありますが、中には怪しい会社も存在します。法律に沿って運営されていない闇金融もその1つです。

また、瞬フリだけでなく、30日間無利息サービスというものもやっていて、初めての利用でメールアドレスとWEB明細を利用すれば30日間利息がかからないサービスというのがあります。

学生なら当たり前のようにPCやスマホを使用しているはずなので、それが出来れば上記の条件は楽々クリアできるでしょう。これで利息も節約することが可能です。お得なサービスはフル活用して賢く利用したいですね。

まとめ

時間はあるけどお金がないというのが学生時代には良くある悩みです。しかし、その貴重な時間を有効活用すると将来大きな資産となって自分に返ってきます。

その時に便利なのがお金を借りるということです。しかし、一歩間違えると大変な苦労を背負うこともあり得るのが借金です。プロミスは学生にも便利なサービスを展開しているので、これらのサービスを賢く使い、計画的にお金を借りましょう。