プロミスで郵送物が自宅に届かないようにお金を借りる方法について

プロミスの会員になると、自宅に郵送物が届く可能性があります。

借金することは周りに内緒にしたい人も多いと思いますから、どんな郵送物が届くかは気になるのではないでしょうか?

家族や恋人にバレずにお金を借りたいなら、自宅に郵送物が届かないようにしておく方が安全です。ここでは、「プロミスの郵送物にはどんなものがあるのか?」「郵送物を気にすることなくお金を借りることはできるのか?」など、プロミスに申し込みする前に知っておきたい郵送物の情報をまとめています。

プロミスに申し込みをした場合、具体的にどんな郵便物が届くのか?

・プロミスで契約時に送られてくる郵送物について

プロミスでは契約時に郵送物が送られてくることになりますが、契約方法をキチンと選べば、契約時に契約書やカードが郵送されずに済む方法もありますので、家族や周りの人にバレずにお金を借りることが可能です。

・プロミスで契約後に送られてくる可能性がある郵送物

プロミスと契約した後、次のような場合には、自宅や勤務先に書類が郵送されてくる可能性があります。

  • ・提携ATMを利用した場合
  • ・返済を遅延したにもかかわらず電話で連絡が取れない場合
  • ・振込キャッシングを利用した場合
  • ・その他、書類送付を希望した場合

・プロミスで契約後の郵送物も届かないようにする方法

プロミスではインターネットから申し込みした場合、「書面の受取方法」を「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」「ご自宅へ郵送」「お勤め先へ郵送」から選択することができます。ここで、Web明細にチェックしておけば、提携ATM利用時の明細や振込キャッシングの明細が自宅に送られてくるのを防ぐことができます

ただし、返済遅延後に連絡がとれなくなった場合には、郵送で連絡が来ることになります。この場合には利用者側が約束違反をしたわけですから、書面を送って来られても文句は言えないことになってしまいます。やむを得ず返済が遅れてしまった場合にも、督促の電話に出ないというようなことは避けた方が良いでしょう。

郵便物を指定日配送することは可能か

・郵便物の指定日配送は難しい

プロミスからの郵送物を、指定日配送にしてもらえば、自分が在宅している日に受け取ることができます。しかし、プロミスでは、郵送物を指定日配送にする取り扱いは、原則として行っていません

プロミス側も顧客の郵送物の配送日の指定をいちいち行っていると、非常に事務効率が悪くなってしまいますから、配送日の指定は原則的に受け付けてはいません。やむを得ない事情がある場合には、個別に相談することになります。

・困ったときはプロミスコールに相談

プロミスからの郵送物を家族にバレることなく自分が確実に受け取れるようにしたい場合には、事前にプロミスのプロミスコールに電話して相談しておくのがベストです。たとえば、配送日の指定は無理でも、発送日を教えてもらうことで、届くと思われる日に自分が受け取れるようにすることもできるでしょう。その他に、郵便局留等の対応もしてもらえる可能性がありますので、プロミスコールで相談してみるのがおすすめです。

無人契約機で契約書を受け取ることができる

・プロミスで契約時の郵送物をなくす契約方法

プロミスと契約する場合、郵送契約のほか、店頭窓口での契約、無人契約機での契約、Webでの契約という方法が選択できます。店頭窓口または無人契約機での契約なら、直接契約書やカードのやりとりができるので、契約時の郵送物をなくすことができます。この場合でも、WEBから申し込んだ後に店舗受け取りという申し込み方法だとスムーズにカードを受け取ることができます。

また、Web契約の場合には、Web上で契約を行い、カード不発行にすることで契約時の郵送物がなくなります。

・プロミスの無人契約機とは

プロミスでは、店舗のほかに、無人契約機(自動契約機)も設置しています。プロミスの無人契約機では、プロミスの申し込み手続きから、契約、カード発行まで全ての手続きを行うことができます

プロミスでは店舗(お客様サービスプラザ)は全国に18ヶ所と数が少ないですが、無人契約機は全国の駅周辺などの便利な場所に多数設置されています。無人契約機の受付時間は9時~22時*(一部21までの契約機もある)、土日祝も営業していますので、忙しい人でも利用しやすくなっています。

さらに、プロミスでは三井住友銀行内にもローン契約機を設置しています。三井住友銀行内ローン契約機でもプロミスの無人契約機と同様の手続きが可能です。

・無人契約機での契約方法

無人契約機では画面の指示に従ってタッチパネルを操作し、契約手続きができるようになっています。わからない点は備え付けの受話器からオペレーターに確認できるので、難しくはありません。本人確認書類をその場で提示することも可能になっていますから、後で書類を郵送する必要もありません。審査が完了すれば、そのままカードが発行されます。

・ネット申し込み後無人契約機で契約手続きすることも可能

無人契約機では申し込みからカード発行手続きまでができますが、申し込みから無人契約機で行うと審査の間待っていなければなりませんから、時間がかかってしまいます。無人契約機を利用する場合にも、あらかじめインターネットから申し込みしておくのがおすすめです

インターネットから申し込みすれば、審査を待っている間に無人契約機のところまで移動することもできますし、無人契約機での契約時間も大幅に短縮されます。あらかじめ必要書類も確認できるので、書類漏れもなくなり、スムーズに手続きが完了します。

郵便物を気にすることなくお金を借りる方法

・契約時の郵送物をなしにする方法

プロミスで、郵送物なしで契約する方法としては、以下の方法があります。

1.来店して申し込みし、契約、カード発行

プロミスの店舗または自動契約機に直接来店し、申し込みからカード発行までの手続きを行う方法です。ただし、この方法は審査の間、待ち時間が発生してしまったり、書類漏れがあったりするリスクがあります。

2.電話して申込し、来店して契約、カード発行

事前に電話で申込してから、プロミスの店舗または自動契約機に来店し、契約書類の作成やカード発行をしてもらう方法です。来店時の手続きにかかる時間を短縮できるほか、書類漏れなどもなくなるというメリットがあります。

3.インターネット申し込み後に来店契約する

プロミスでは、インターネットから申し込みした場合、「来店契約」か、「Web契約」かを選択することができます。このとき、「来店契約」を選べば、契約書類の作成、カードの受け取りを店舗または自動契約機で行うことになりますから、郵送物をなしにすることができます。インターネットで事前申し込みをしているので、来店時の手続きにかかる時間も短縮されます。

4.カード不発行のWeb完結を選ぶ

プロミスにインターネットから申し込み後、「Web契約」を選択した場合には、返済方法として「口座振替」または「ATM」のどちらかから選びます。このときに、「ATM」を選べば、契約書類やカードが郵送されてきてしまいます。郵送物なしにしたい場合には、「口座振替」を選び、カード郵送希望の有無で「カード郵送希望なし」を選択しましょう。カード不発行の場合には、Web完結となり、どこへも行かずに契約手続きが完了します。

・Web明細の登録で契約後の郵送物もなしにできる

プロミスでは、プロミスインターネット会員サービスを利用して、Web上で利用明細を閲覧することも可能です。Web明細の登録をしておけば、自宅に利用明細が郵送されてくることがなくなりますから、契約後の取引も安心してできます。

※対象金融機関は200行以上あります。

遅延した場合、督促状は届くの?

・返済が遅れた場合にはどうなるか

プロミスで借りたお金は、毎月の返済日までに返さなければなりません。もし返済日に遅れても、翌日支払ったような場合には、プロミスから督促が来る間もないでしょう。しかし、返済期日に返済をせずに日数が経過すれば、当然プロミスから督促があります。

・郵送で督促状が届くこともある

プロミスで延滞した場合には、最初のうちは電話で督促がありますが、それでも支払わない場合には自宅に督促状が郵送されてくる可能性があります。たとえ郵送物なしにする手続きをしていても、約束違反をすれば容赦なく郵送物が届きますから、注意しておきましょう。

まとめ

プロミスでお金を借りるときには、申込方法や契約方法によって、郵送物なしにすることができます。借金を周りに内緒にしたいなら、うっかり自宅に郵送物が届かないように、考えてから申し込みしましょう。

なお、郵送物なしの手続きをしておいても、返済が大幅に遅れたりプロミスと連絡が取れなくなったりした場合には、自宅や勤務先に督促状が届く可能性があります。

プロミスで借りたお金は延滞しないよう、きちんと返すことが大切です。やむを得ず延滞してしまう場合にも、必ずプロミスに連絡を入れるようにしましょう。