プロミスの解約方法とその流れ、注意点について

プロミスでの返済がもうすぐ終わる方で気になるのは「解約」についてではないでしょうか。実は、プロミスをはじめ、カードローンは解約手続きをしないと自動的に契約が更新されます。

では、いざ「解約」をしようと思っている方も少し待ってください。「解約」には注意点があります。それをきちんと理解してから手続きを申込みましょう。ここでは、プロミスの解約の方法から注意点まで分かりやすく解説します。

プロミスの解約方法とは

プロミスの解約方法は以下の2通りです。

1.プロミスコールセンター(0120-24-0365)に電話をする

2.お客様サービスプラザ(店頭窓口)へ行く

簡単な方法はプロミスコールセンターへ電話をすることです。しかし、解約するには完済していることが条件となります。完済が出来ていなければ解約は出来ません。引き落としや銀行ATMで返済をしている方は完済がスムーズに行えますが、実はコンビニATMで返済をしている方は完済できていない、もしくは返金手続きをしなければいけません。

・解約の条件「完済」

解約をするには「完済」することが条件です。しかし、最後の返済日に1,000円未満端数が残ってしまうことがあります。引き落としや銀行ATMでは最後の端数をきっちり返済することも可能ですが、コンビニATMでは小銭の振込みが出来ないので以下のいずれかの方法を選ぶことになります。

1.1,000円未満の端数を残しておく

2.最後のみ小銭で返済できる方法で返済する

3.多く支払い後から返金してもらう

実は、1,000円未満の残高は無利息残高と言われ、返済したとみなす状態になります。次回借入、返済が始まった時に端数分を含めた返済をすれば問題ありません。もし、次回の借入がなければそのまま返済しなくても残高として扱われるのです。少しお得に思うかもしれませんが、この状態は「完済」とはならないので、解約は出来ません。

解約をするには完済をする必要があります。最後端数が出た時のみ銀行ATMや店舗窓口にて返済をする方法とコンビニATMで多めに支払って、後日返金してもらう方法があります。

お客様サービスプラザが近くにない場合、解約を手続きも電話になると思います。その場合、小銭も支払える方法で端数分を返金するか、多く支払い後日振込みで返金してもらう形になります。

店舗が近くにあれば、1度で手続きが済むので手間もかからず、簡単に終わります。プロミスの店舗ではイベントスペースの貸し出しなども行っているので、気軽に誰でも入れるようになっています。店舗に行くのが恥ずかしい人でもプロミスなら安心です。

解約までの流れ

電話でも店舗でも解約したい旨を伝えると本人確認がされます。店舗に行く場合免許証の提示を要求される場合があるのであらかじめ用意しておきましょう。

その後、完済されているかなどの確認をプロミス側が行い、注意事項を言われて、了解すれば解約手続きに入ります。書類のやりとりが必要となることもあるようですが、電話の場合郵送で書類が送付されます。店舗ではその場のやりとりになるので、郵送物を家に送って欲しくない方は店舗での解約をオススメします。

解約に伴う注意点

解約をする場合、注意点があります。それは、一度解約すると次にお金を借りる時は新規申込みという扱いになります。

つまり、再度審査をしてお金を貸すかどうするか、また限度額がいくらになるかを決めます。実はこれ、一番重要なことなのです。なぜなら、再度審査になった時に審査に落ちてお金を貸してくれない、または利用限度額が下がる可能性があるからです。

消費者金融にはそれぞれどのような人にお金を貸すのか基準が設けられています。プロミスでは、「20歳以上69歳以下の本人に安定した収入がある方」です。これを利用条件と言います。

しかし、この条件に当てはまる人が全員お金を借りられるのかと言えばそうではありません。本人のステータスや信用度によってお金を貸すか、貸さないか、貸す場合利用できる上限をどのくらいにするのかが決まります。

この審査基準はプロミスをはじめ、どのカードローン会社でも公表していません。よって、会社の状況や法律の改正などで変わる可能性は十分に考えられます。

また、再審査の時に利用者自身の状況の変化も考えられます。職が変わっていて、年収や勤続年数が少なくなっている場合、審査ではマイナスになる場合があります。また、他社でお金を借りてしまった場合もマイナスに響くことがあります。

この場合、一度解約してしまうと、再度審査に通らない、また利用限度額が低くなってしまう場合もあるので解約は慎重に考える必要があります。今後のお金を借りる予定がある人は解約はやめておいた方が良いでしょう。

解約の取り消しはできるのか

一度解約したけれど、やっぱり少し置いておきたい、またはすぐにお金を借りたくなった場合、取り消しというのは出来るのでしょうか。基本的には解約手続きを一度してしまうと取り消しは出来ません。

場合によって解約手続きがまだ完了していない状態ならば取り消しは可能でしょうが、電話または店舗で解約を申し出た場合、その場で解約手続きは行われてしまします。手続き完了後の取り消しは出来ないので、迷う場合は事前にきちんと決めてから手続きを申し出ましょう。

完済したのに申し込んだままにしておくとどうなるのか

無利息残高もなく、端数まできちんと返済はしたけど、そのまま何もしないとどうなるのでしょうか。答えは「特に何も起こらない」です。カードローンは一度申し込みをすると自動更新という形で定期的に勝手に契約が継続されます。

完済しても、例え1度もお金を借りなかったとしても契約は更新され続けます。しかし、目に見えないところでその記録だけは残ります。私たちの現在の借入状況や申込み状況などは個人信用情報機関というところに保管されています。

まず、プロミスで申込みをすると、その情報が個人信用情報機関に登録されます。さらに契約を結び、お金を借りるとその情報も登録されます。もちろん完済した時も情報は登録されます。

完済後、解約をしなければこの信用情報に「〇〇金融機関に与信あり」と記載されます。これは、いつでもこの金融機関でお金を借りられる状態ですよと書かれていることです。

例えば、住宅ローンやマイカーローンを組もうとすると、申込みのあった金融機関は必ずこの信用情報を照会します。その時に、この情報を見るとどうでしょうか。いつその金融機関でお金を借りるか分からないと判断し、信用度が下がる可能性があります。

融資金額が多くなれば多くなるほど、信用情報は重要視されます。よって、今後住宅やマイカーなど大きい金額のローンを組む予定がある方は解約をすることをオススメします。解約後5年間、信用情報は残りますが、その後はまっさらな状態に戻ります。過去の記録が気になる方は早めに解約をする方が良いでしょう。

まとめ

意外と知られていないのがカードローンは解約しないと自動更新されていくことです。解約をしなくても日常生活に問題はありませんが、今後ローンを組む方予定のある方は早めに解約をして信用情報を綺麗にしておくことが望ましいでしょう。

逆に今後もう一度お金を借りるかもしれないという方は、解約はせずそのまま置いておく方が良いでしょう。再度お金を借りたくなった時に再審査で落とされる可能性や利用限度が低くなって損をすることもあります。完済後は今後どうプロミスと付き合っていきたいかを考えて、解約するかしないか慎重に検討して下さい。