プロミスでコンビニ返済をする方法と手数料について

消費者金融でお金を借りる場合には、返済の際にコンビニが利用できると便利です。コンビニなら24時間365日いつでも立ち寄ることができますから、忙しい人でも返済がしやすくなります。

プロミスでもコンビニ返済が可能です。プロミスの利用を考えている人は、プロミスのコンビニ返済についても知っておきましょう。

コンビニで返済したい!どこに行けばいいの?

プロミスの会員になると、カード不発行の申し出をしない限り、キャッシング専用のプロミスカードが発行されます。プロミスカードが発行されることで、コンビニ返済が可能になります。コンビニ返済をする場合には、コンビニATMを利用する方法と、コンビニに設置してあるマルチメディア端末を利用する方法の2つがあります。

・コンビニATMが利用できるコンビニ

コンビニATMとは、セブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATM、ファミリーマートやスリーエフなどに設置されているE-net、ローソンに設置されているローソンATMになります。プロミスではこのような全国各地にある大手コンビニの提携ATMが利用できますから、たいていの人が、家の近所のコンビニで返済できると思います。

コンビニATMを利用して返済する場合には、銀行のATMに入金するのと同様に、ATMに入金するだけになりますから、特に難しい手続きは必要ありません。コンビニなら買物などの用事で訪れることも多いですし、コンビニATMでは銀行口座の入出金もできますから、借金の返済とバレることもありません。

・マルチメディア端末が利用できるコンビニ

コンビニに設置されているマルチメディア端末は、チケット代金や各種料金の払い込み手続きができますから、利用したことがある人も多いでしょう。プロミスでは、このマルチメディア端末を利用した返済も可能です。

ローソンに設置されているLoppi、ミニストップに設置されているミニストップLoppi、ファミリーマートに設置されているFamiポートを利用すれば、プロミスの返済手続きができます。マルチメディア端末のガイダンスに従ってカードリーダーにプロミスカードを通し、必要事項を入力すれば、申込券が発行されます。発行された申込券を制限時間内にレジへ持って行けば、支払い手続きをすることができます。

手数料は?

同じコンビニ返済と言っても、方法によって手数料が変わってきますから、注意しておきましょう。

・コンビニATM利用の場合

コンビニATMはプロミス専用ATMではなく、提携ATMになります。コンビニATMから返済する場合には、返済金額1万円以下の場合108円、返済金額1万円を超える場合には216のATM利用手数料がかかります。

・マルチメディア端末利用の場合

Loppi、Famiポート等を利用して返済する場合には、手数料無料となっています。

受付時間は?

・コンビニの営業時間内であればATM返済が可能

プロミスでコンビニ返済する場合、コンビニの営業時間内であればいつでもATMから返済手続きができます。24時間営業のコンビニであれば、24時間いつでもATMを利用して返済できます

・マルチメディア端末にはメンテナンス時間がある

コンビニの営業時間内であれば、LoppiやFamiポートからの返済もできます。なお、Loppi、Famiポートでは、日曜日23時~月曜日7時まではメンテナンスのため返済ができませんから、気を付けておきましょう。

コンビニATMでは返済以外どのようなサービスが利用できるの?

・コンビニATMから借入れもできる

プロミスでは、コンビニATMを利用しての借入れもできます。コンビニATMで借入れする場合にも、1万円以下の場合108円、1万円超の場合216円の手数料がかかります。借入れの際のATM利用手数料は、実際には返済の際に清算されることになります。

・銀行ATMとしての利用も可能

コンビニATMでは、ほとんど全ての金融機関のキャッシュカードを利用できますので、銀行口座への入出金も可能です。

プロミスに返済をする場合、手元に現金がなければ、銀行から引き出さなければならないこともあると思います。コンビニATMを使えば、自分の銀行口座から出金し、そのままコンビニATMでプロミスに返済することもできます。銀行口座から出金する場合にもATM手数料はかかりますが、忙しいときには最寄りのコンビニだけで手続きが完了するため、大変便利です。

・マルチメディア端末の場合

コンビニのマルチメディア端末では、旅行やレジャー、コンサートのチケットの購入手続き、航空券や交通チケット代金の支払い、クレジットカードの利用代金の支払いなどができます。端末を操作しているところを誰かに見られても、キャッシングの返済とはバレませんから、安心して手続きできます。

コンビニ返済以外の返済方法とは?

プロミスでは、コンビニ返済以外に、次のような返済方法があります。

・インターネットバンキングで返済

プロミスでは、プロミスインターネット会員サービスにログインし、インターネットバンキングを利用して返済することもできます。インターネットバンキングによる返済が可能な金融機関は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行となっています。なお、インターネット返済をする場合には、事前に各金融機関でインターネットバンキングの利用申し込み手続きをしておく必要があります。

・口座振替による返済

口座振替による返済(口フリ)を指定すれば、毎月の返済日に自分が指定した銀行口座から返済金額を自動引き落としにすることができます。口フリの利用手数料は無料となっています。口フリを利用すれば、返済期日を忘れることもありませんし、返済時に手数料がかかることもありません。

・お客様サービスプラザで返済

お近くにプロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)があれば、店頭窓口に出向いて返済することも可能です。店頭窓口での返済では手数料はかかりませんが、営業時間内でなければ返済できませんから注意しましょう。

・プロミスATMで返済

お客様サービスプラザや自動契約機に併設されているプロミスATMで返済することも可能です。プロミスATMは利用手数料無料ですが、営業時間がありますので注意しておきましょう。

・三井住友銀行のATMで返済

プロミスはプロミスは三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンなので、三井住友銀行ATMを利用してプロミスの返済が可能です。なお、プロミスでは、三井住友銀行ATMの利用手数料は無料となっています。

・ゆうちょ銀行のATMで返済

プロミスの返済は、ゆうちょ銀行のATMからもできます。ゆうちょ銀行ATMから借入や返済を行うためには、事前にWeb明細の登録をしておく必要があります。

ゆうちょ銀行のATMを利用する場合には、1万円以下の場合108円、1万円超の場合216円の手数料がかかります。

・その他の金融機関の提携ATMで返済

プロミスでは、上記の金融機関以外にも、下記のような提携先金融機関のATMでも返済が可能になっています。プロミスステッカーが貼ってあるATMなら、プロミスへの返済手続きができます。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • 福岡銀行
  • 第三銀行
  • 熊本銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 横浜銀行

提携金融機関のATM(三井住友銀行ATMを除く)で返済する場合には、1万円以下の場合108円、1万円超の場合216円の手数料がかかります。

・クレディセゾンで返済

クレジットカード会社のクレディセゾンでも、プロミスの返済手続きができます。

・銀行振込で返済

お近くの銀行から、プロミスの銀行口座宛に振込手続きを行うことにより返済することもできます。プロミスの振込口座は、プロミスインターネット会員サービスで確認できますが、プロミスコールに電話しても教えてもらえます。銀行振込で返済する場合には、振込手数料がかかります。

コンビニATMを利用するうえでの注意点

・コンビニATMは原則として手数料がかかる

コンビニATMを利用すれば、24時間いつでも最寄りのコンビニから返済できますから、非常に便利です。しかし、コンビニATMからの返済では手数料がかかる点に注意しておかなければなりません。返済は毎月のことですから、毎回ATM手数料がかかるとなると、金額もバカになりません。

ローソン、ファミリーマートなどで返済する場合には、コンビニ内に設置されているATMから返済すれば手数料がかかりますが、マルチメディア端末を操作してレジで返済すれば手数料はかかりません。マルチメディア端末が使えるときには、うっかり提携ATMから返済してしまわないようにしましょう。

・ポイントサービスで手数料を無料にする

プロミスインターネット会員サービスでは、ポイントが貯まるサービスを行っています。ポイントを貯まると、一定期間提携ATM利用手数料無料にすることも可能です。

プロミスインターネット会員サービスにログインしたり、お知らせを確認したりするだけでもポイントが貯まります。提携ATMを使って返済する人は積極的にポイントを貯め、手数料を無料にするとお得です。

・コンビニで余計なものを買わない

プロミスでお金を借りると利息だけでも支払い金額が大きくなりますから、余計な手数料はなるべくかけないにこしたことはありません。コンビニ返済では、手数料を無料にすることも可能です。しかし、コンビニに行くとつい余計なものを買ってしまうという人は、返済のためにコンビニに行くとなると、かえって無駄遣いが増えてしまう危険性もあります。

自己コントロールが難しい人は、毎月の返済は、口座振替にしておくのが安心です。口座振替なら返済の手数料もかかりませんし、返済期日を忘れることもなくなります。

・口座振替とコンビニ返済の併用も可能

プロミスでは、返済を口座振替に設定した場合にも、ATMから追加返済を行うことができます。資金に余裕があるときに追加返済を行うことで、元本を早く減らし、借金を早く完済することができます。返済は基本的に口座振替にしておき、コンビニへ行くついでがあったときに追加返済をするようにすれば、返済期日を忘れる心配もなく、早期完済も実現します。

まとめ

プロミスのコンビニ返済には2つの方法があり、ATMを使えば手数料がかかりますが、マルチメディア端末では手数料無料になります。ポイントを貯めることによりATM手数料を無料にすることもできますが、マルチメディア端末が利用できるときにはそちらを利用した方が安心です。

消費者金融は手軽にお金を借りられるので便利ですが、その分高金利です。プロミスの利息も決して安くはありませんから、返済時には余計な手数料をかけないよう、くれぐれも注意しておきましょう。