プロミスの返済方法と返済日、手数料について

何かの事情で急にお金が必要になったとき、消費者金融のカードローン・キャッシングなら、スピーディーな審査ですぐにお金を借りることができます。申し込みの際の審査に通るかどうか心配な人などは、審査に通過してお金を手にすることができれば、とりあえず安心と思うのではないでしょうか?

しかし、カードローンやキャッシングというのは、借りたらそれで終わりではありません。借りたお金を完済するまで、取引は続きます。借入は1回だけでも、返済は何回も続くのが一般的ですから、返済の利便性の方がむしろ大事なのです。

消費者金融から借りたお金を返済する方法は、それぞれの会社によって違います。ここでは、プロミスの返済に関して、注意しておきたいことをまとめています。返済の仕方で、損するか得するかが変わってくることもあります。これからプロミスを利用される方は、こちらを参考に、返済についても事前によく考えておきましょう。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は、たくさん用意されています。プロミスで借りたお金を返済するときには、以下の返済方法を利用できます。

(1) インターネットバンキングで返済

プロミスインターネット会員サービスを利用して、自分の銀行口座からインターネットバンキングによりプロミスへ直接送金する方法で、24時間いつでも返済が可能です。プロミスインターネット会員サービスからインターネットバンキング返済が利用できるのは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行の口座を持っている人のみになります。

なお、インターネットバンキングを利用するためには、事前に各金融機関でインターネット利用の手続きをしておく必要があります。金融機関でのインターネット利用の手続きには時間がかかりますから、この方法で返済するなら、前もって手続きしておくのを忘れないようにしましょう。

(2) 口座振替で返済

プロミスでは、口座振替による返済(口フリ)が可能になっていす。口フリでは、毎月返済日に指定した口座から返済金額が自動引き落としされます。利用条件をみたしていれば、プロミスインターネット会員サービスから簡単に口フリの手続きができますので、契約後に手続きしておきましょう。利用条件をみたしていない場合や該当がない金融機関からの引落しを希望する場合には、預金口座振替依頼書を郵送し、口座振替の手続きをすることができます。

(3) 店舗窓口で返済

プロミスの店舗である「お客様サービスプラザ」で返済することもできます。店舗窓口で返済すると、スタッフに返済計画なども気軽に相談できるというメリットがあります。ただし、プロミスの店舗は全国に18ヶ所しかありませんので、お近くに店舗がなければ他の返済方法を考えましょう。

(4) プロミスATM・提携ATMで返済

全国に設置されているプロミスATMで、返済手続きができます。プロミスATMは、プロミスの自動契約機に併設されていることが多くなっています。

また、金融機関の提携ATM(三井住友銀行、ゆうちょ銀行など)、コンビニ設置の提携ATM(E-net、ローソンATMなど)でも返済が可能です。

(5) コンビニのメディア端末を利用して返済

ローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートを操作して申込券を発行し、それをレジに持って行って返済金を支払うことも可能です。ただし、毎週日曜日の23時~月曜日の7時まではメンテナンス時間となっており、メディア端末を利用しての返済ができません。

(6) 銀行振込で返済

プロミス口座への銀行振込により返済手続きを行うことも可能です。振込先口座は、プロミスインターネット会員サービスまたはプロミスコール(0120-24-0365)で確認できます。振込先口座がわかれば、お近くの金融機関から振込返済することが可能です。

返済日は決まっているの?

・プロミスでは返済日が選べる

プロミスでは、5日、15日、25日、末日の中から、希望の返済日を選ぶことができます。ただし、三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の口座振替を利用する場合には、毎月5日が返済日になります。

・返済日を変更するには

途中で返済日を変更したい場合には、プロミスインターネット会員サービスの「ご返済日変更申込」から申し込みができます。自動契約機、お客様サービスプラザ、郵送によっても、返済日の変更手続きができます。なお、返済日を変更する際には、利息の清算が必要になる場合があります。

手数料はどれくらいかかるの?返済方法によって変わるの?

・プロミスの返済時の手数料

プロミスで借りたお金を返済するときには、返済方法によって手数料がかかることがあります。返済手数料については、次のとおりとなっています。

(1) インターネットバンキングの場合

プロミスインターネット会員サービスからインターネットバンキングで返済手続きを行う場合には、手数料は無料になります。

(2) 口座振替の場合

口座振替を利用して返済する場合には、手数料は無料です。

(3) 店舗窓口の場合

お客様サービスプラザでの返済は手数料無料です。

(4) プロミスATM・提携ATMの場合

プロミスATM及び三井住友銀行ATMの利用手数料は無料です。他の提携ATMを利用する場合には、返済金額1万円以下の場合には1081万円超の場合には216の手数料がかかります。

(5) コンビニ端末の場合

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートのメディア端末を利用して返済する場合には、手数料は無料になります。

(6) 銀行振込の場合

各金融機関で振込手続きを行う際に発生する振込手数料は自己負担になります。

・手数料を無料にする方法

プロミスでは、プロミスインターネット会員サービスの利用によりポイントが貯まるサービスを実施しています。たとえば、ポイントサービスに申し込みするだけでも100ポイントが、また、インターネット会員サービスにログインするだけでも毎月10ポイントが貯まるシステムになっています。40ポイント貯めると、提携ATM手数料無料サービスに申し込むことができ、申込日から翌月末日までの提携ATM手数料が無料になります。

期限までに返済ができなかったらどうなるの?

・返済が間に合わない場合にはプロミスコールへ連絡

返済期日までに返済が遅れそうな場合には、プロミスコールに電話しましょう。返済日から30日以内の入金であれば、自動音声により手続きすることも可能です。なお、連絡をした場合でも後々まずい事になります。

・長期延滞が続くとブラックリストに載る

うっかり返済期日を忘れていたり、給与振込が遅れたなどの事情で返済が遅れたりすることは、誰にでもあると思います。このような場合にも、すぐに返済すれば特に問題になることはありません。しかし、返済期日に大幅に遅れて長期延滞となったり、頻繁に延滞したりするようであれば、強制解約となり、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

借り入れをする前に注意をしておくべきこと

・ATM返済にはプロミスカードが必要

プロミスでは様々な返済方法を選ぶことができますが、ATM返済をする場合には、プロミスカードが必要になることに注意しておきましょう。Web完結で申し込みした場合には、プロミスカードは発行されません。この場合にも、後日申し出ることで、プロミスカードを発行してもらえます。なお、プロミスカードの発行には手数料はかかりません。

・手数料のかかない返済方法を利用する

返済は毎月のことですから、返済の都度手数料がかかってしまえば、トータルではかなりの額を支払わなければならないことになってしまいます。返済はできるだけ手数料無料の方法により行うようにしましょう。

・初回返済日を確認

プロミスの初回返済日は、借入れした日によって、同月になる場合、翌月になる場合、翌々月になる場合があります(下表参照)。借入れ後最初に訪れる返済日までおよそ15日以上あれば、その月から返済が開始することになります。いつから返済が開始するのかを前もって確認しておきましょう。

返済期日 借入日 初回返済日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月
毎月5日 20日~末日 借入日の翌々月
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月
毎月25日 1日~9日 借入日の同月
毎月25日 10日~末日 借入日の翌月
毎月末日 1日~14日 借入日の同月
毎月末日 15日~末日 借入日の翌月

・返済日を忘れないような工夫を

毎月の返済日を忘れてしまいそうな人は、口座振替にしておけば、自動的に返済日に指定口座から引落しされるので安心です。また、プロミスでは、「ご返済日お知らせメール」の配信も行っています。「ご返済日お知らせメール」の配信希望日、希望時間は、プロミスインターネット会員サービスから設定できます。

・利用明細の送付をなしにしたいならWeb明細に登録しておく

プロミスで返済を行った場合、返済方法によっては後日自宅に郵送で利用明細が届くことがあります。利用明細の郵送をなしにしたいときには、プロミスインターネット会員サービスから、Web明細の登録をしておく必要があります。Web明細では、パソコンやスマートフォンから利用明細を確認することができます。

・追加返済や繰上げ返済で早めの完済を目指す

プロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式となっており、借入残高に応じて返済金額が変わる方式になっています。残高スライド元利定額返済方式には、返済を続けて残高が減ってくると、毎月の返済額も減ってしまい、なかなか借金が完済にならないというデメリットがあります。

プロミスでは、借金を早く完済したいなら、毎月の返済額以上を返済した方が良いことになります。余裕のあるときには、できるだけ追加返済や繰上げ返済をし、借入残高を完済できる状態になったら一括返済するのがおすすめです。

まとめ

プロミスの返済方法はたくさんありますが、どの返済方法を選ぶかによって、手数料の有無がかわってきます。また、追加返済や繰り上げ返済で返済期間を短くすることで、利息を減らすことができます。プロミスで借りたお金は、賢く返済するようにしましょう。