プロミスの金利の決まり方と利息を減らす方法、返済金額の決まり方について

プロミスは歴史も長く、大手の消費者金融として幅広い年齢層に支持されています。しかし、人気の理由はそれだけではなく、金利の低さと利用のしやすさにあります。

プロミスの人気のヒミツの1つである金利について解説しつつ、プロミスのお得な活用術まで分かりやすく説明していきます。

プロミスの金利は他社と比べて安いのか

プロミスは実質年利率4.5%~17.8%です。他社の金利を見て行きましょう。カードローンには大きく分けて、プロミスやアコムのような消費者金融系カードローンと楽天銀行や三菱東京UFJ銀行のような銀行系カードローンの2種類があります。

プロミスと同じ消費者金融系カードローンであるアコムの実質年利率は4.7%~18.0%、レイクは実質年利率4.5%~18.0%です。それに対して銀行系カードローンを見ると、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは実質年利率4.6%~14.6%、楽天銀行スーパーローンは実質年率4.9%~14.5%です。

比較してみると銀行系カードローンから見ると金利が高くなりますが、消費者金融系カードローン内で見ると低く設定されています。金利にバラつきがあるのは、利用者のステータスや借入金額によって金利が変動するためです。

しかし、よほど年収が多い方や利用限度額が高くなければ初めのうちは上限に近い金利で設定されます。これらを見ると銀行系カードローンの方がお得に見えますが、その分銀行系カードローンは審査が厳しくなる傾向があると言われています。

初めてお金を借りる場合や年収が高い、勤続年数が長いなど審査にプラスになるような方は銀行系カードローンがオススメですが、すでに他社でお金を借りている方や勤続年数が少ないなど懸念材料がある方は、消費者金融系カードローンで比較的低い金利が設定されているプロミスがオススメです。

利息をすこしでも減らす方法

お金を借りるとその分利息を払わなくてはいけまません。この利息はなるべく減らしたいですよね。ここで利息を減らすことが出来ればその分将来使えるお金が増えることになります。

利息を減らすには借りている期間を短くすることが大切です。利息は長くお金を借りればその分多くかかります。つまり、利息を少しでも減らしたければ早めに返済をすることです。

残高スライド元利定額返済方式について

なぜ早く返済することが利息を減らすことに繋がるのかというと、これはプロミスの返済方式の仕組みを理解する必要があります。プロミスは「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。

実はこれ正式な金融用語ではないので、少し分かりにくくなっています。「残高スライド元利定額返済方式」は「残高スライド」と「元利定額」の2つの言葉を組み合わせたプロミス独自の返済方式です。

・残高スライドとは

「残高スライド」とは、毎回返済時の借入残高に定率をかけて最低返済額が段階的に決まることを意味します。最低返済額は以下の計算式で求められます。

借入残高30万円以下「借入残高×3.61%(1000円未満切り上げ)」

借入残高30万円超~100万円以下「借入残高×2.53%(1000円未満切り上げ)」

借入残高100万円超「借入残高×1.99%(1000円未満切り上げ)」

借入残高が50万円の場合、50万円×2.53%=1万2650円となるので、最低返済額は1万3000円となります。

・元利定額とは

「元利定額」とは、返済金から支払った金額から利息を引いた額が元本に充てられることを言います。例えば50万円を借りて、実質年利率の上限17.8%の金利が適用された場合、30日間借りると利息は7,315円です。最低返済額1万3000円を払うと元本は以下の計算式で求められます。

1万3000円-7,315円=5,685円

金額によって1ヶ月に支払っている額のうちほとんどが利息となり、元本はほんの少ししか返済出来ていないことになります。よって、返済はなるべく早くすることが利息を減らすことに繋がります。余裕のある時は繰上げ返済などを利用してとにかく元本を減らすことを意識しましょう。

返済シミュレーションってどんなサービスか

なるべく利息を減らすためには計画的な返済が有効です。そのために活用して欲しいのが「返済シミュレーション」です。これはプロミスのHP内にあるサービスの1つで、「返済金額シミュレーション」と「返済期間シミュレーション」の2つを使うことが出来ます。

・返済金額シミュレーション

借入希望額、返済期間、借入金利を入力すると1ヶ月にいくら返済すれば良いのかが計算出来ます。自分の借りたい金額が借りられたら月々いくら支払えば良いのか計算する時に使います。

・返済期間シミュレーション

借入希望額、毎月の返済額、借入金利を入力すると返済の期間がどのくらいになるのかが計算できます。毎月の返済可能額が決まっている場合、どのくらいの期間で返済が終わるのか計算する時に使います。

金額が決まっている人は期間でシミュレーションし、月々いくら返済すれば良いのか分からない場合は金額でシミュレーションをすると良いでしょう。どちらのシミュレーションでも良いのですが、何通りかの計算をしてみて下さい。

例えば、期間シミュレーションを使って50万円借りて、毎月最低返済額の1万3000円を返済、17.8%の実質年利率が適用されていると仮定して計算をすると、返済期間は58ヶ月で、元本50万円に対して、利息のトータル支払い金額は24万6160円と元本の約半分の金額を支払うことになります。

これに対して、同様の条件で毎月の返済額を倍の2万6000円にすると、返済期間は23ヶ月まで縮めることができ、利息のトータル支払額は9万3021円にまで下げることが出来ます。利息を無駄に払わないためには余裕のある返済をして、期間を縮めることが大切です。

30日間無利息サービスとは

プロミスでは、無駄な利息を払わないために活用したいサービスがあります。それが30日間無利息サービスです。以下の条件に当てはまれば最初の30日間は利息がかからないようになっています。

1.プロミスを初めて利用する方

2.Eメールアドレスを登録し、Web明細を利用する方

条件はこれだけです。インターネットで登録を行う人にとっては簡単な条件と言えます。これを使えば初回30日間は利息がかからないので、この期間だけお金を借りるもしくは、この期間になるべく多くの返済をしておくと利息の節約に繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プロミスは返済方式を独自の言葉で表現しているので、少し分かりにくくされています。しかし、仕組みを理解すると利息の節約の仕方が分かると思います。

さらに、30日間無利息サービスという独自のサービスも行っているので、これを活用してお得にお金を借りればコンビニATMで自分のお金をおろすよりお得になることもあります。お金を借りる時はサービスを徹底的に活用して賢く行いましょう