プロミスで限度額を増額する方法と増額審査に落ちた時の弊害について

プロミスでお金は借りられたけど、利用限度額が低すぎて増額を検討中の方はぜひ、増額について知ることから始めて下さい。なぜなら増額には審査が必要でその審査に落ちると大きな損をすることがあるからです。

損をしないためにも、増額についてきちんと知ることが大切です。賢く利用するために一度しっかり増額について考えてみましょう。

どうすれば増額できるのか

始めの申込みで希望の利用限度額に届かなかった、利用していくうちに利用限度額では足らなくなってしまったなど色々な事情で利用限度額の増額を希望している方は、まず、増額の申請を申し出ましょう。

基本的に増額を行う際は、「プロミス側から増額しませんか」と連絡があった場合か、こちらから増額の申請を申し出る場合の2通りしか方法がありません。プロミス側から連絡があった場合は、その場で了承すると増額審査に入ります。よく勘違いされるのですが、プロミス側から増額の打診があっても必ず審査があります。

連絡があっても審査に落ちれば増額は出来ません。しかし、連絡があるということはある程度信頼されている証拠です。審査に通る確率は高くなると言えるでしょう。

では、増額の連絡がない場合どうすれば良いのでしょうか。これは、プロミスのインターネット会員サービスにログインし、「限度額変更申込」より変更の申込みをすることになります。その後審査をし、審査結果の連絡を受けることになります。

増額審査に通る人と、落ちる人の違い

増額審査に審査の基準は申込み時と同様に公表はされていません。

申込み時の審査でも増額の審査でも重要となるのが「ステータス」と「信用度」です。ステータスとは、勤務先、年収、勤続年数などのことで、信用度は過去の借入、返済状況や現在の借入状況のことです。

申込み時の時より年収や勤続年数が長くなればその分信頼度は上がります。また、申込み時は過去の借入、返済状況や現在の借入状況を個人信用情報機関の情報を参照して審査を行います。

しかし、ある程度付き合いが長くなり、その期間滞りなく返済しているとそれが実績となり、信用度は高くなります。つまり、増額審査で重要なのは信用の積み重ねです。

そして、ある程度定期的に利用をしていると尚好印象に捉えてもらえます。プロミス側としては、きちんと返してくれる人に長く沢山借りてもらいたいと思っているからです。

消費者金融の利益は金利です。金利は融資額が高ければ高いほど、そして、長ければ長いほど多くかかります。よって、定期的にお金を借りてくれる信頼の厚い人にもっと多く借りてもらいたいと思っていると言えます。

・審査に落ちやすい人の特徴

  • 1.申込時より年収が下がってしまった
  • 2.転職などして勤続年数が少なくなってしまった、または無職になってしまった
  • 3.他社からお金を借りている
  • 4.返済の遅延をしてしまった
  • 5.申込をしてから1度も利用をしていない

先ほども言ったように増額の審査で重要なのは信用の積み重ねです。信用が下がってしまうようなマイナス要因があると増額審査には通りにくいと言われています。

転職は難しいところで、金融機関によっては年収が上がれば評価が高くなるところもあるようですが、勤続年数というのも重要な評価の一つとなるので、マイナス要因と捉えるところもあるようです。

こんな人は増額申請をしない方がいい

増額審査に通りにくい人で挙げたマイナス要因を抱えている方は増額審査の申込をしない方が良いでしょう。転職して年収が上がった場合は判断が難しいところですが、一般的には勤続年数3年以上が好ましいと言われています。

ある程度の条件が整うまでは、増額審査は慎重に行う方が良いでしょう。一般的に増額審査は申込時より厳しく審査されると言われています。

申込み時の利用限度額は低めに設定されています。これは「このステータスや信用情報なら最低これくらいなら返してくれるだろう」という最低限の予想で融資を行うからです。

カードローンは、無担保、保証人なしのフリーローン(何に使っても良いローン)です。誰も保証してくれない、例え返せなくなっても何も手に入らないという性質のローンなので、カードローン会社としては、絶対に返してもらわないと困るのです。

しかも、使途の制限はありません。利用限度額を多くして万が一返済されなければカードローン会社は大損してしまいます。しかし、消費者金融は個人向けの小口融資しか行っていません。

その為、より多くの方に利用してもらわなければいけません。よって、初めは最低限の利用限度額で多くの人に利用してもらおうとします。しかし、増額は返してもらえなくなるリスクを上げることになるので慎重に審査を行うことになります。

増額審査に落ちてしまった人に降りかかる災難

なぜ、増額審査を慎重に考えなければいけないかと言うと、審査に落ちて利用限度額がそのままなら良いのですが、ステータスや信用情報のマイナス要因が原因で利用限度額の減額や利用停止などが起こるからです。

何度も言うように融資は信用度で決まります。その信用度が下がってしまったのなら利用限度額の減額や利用停止もあり得るということです。もし、マイナス要因を抱えているなら増額審査は慎重に考えるべきでしょう。

プロミス増額の為に、日頃から注意をしておくこととは

プロミスの増額を希望するなら、日ごろから信用度を上げることを心がけましょう。難しいことはありません。一番大切なのは滞りなく返済することです。

もし、可能なら余裕のある月は返済額を増やしても良いでしょう。また、定期的に現在の利用限度額の範囲でお金を借りるのも良いでしょう。

逆に返済が遅れることは避けなければいけません。1日くらいなら良いかという気の緩みはその後の返済にも影響する恐れがあります。きちんと返済をして、常に信用度を上げることを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プロミスでお金は借りることはできたけど、利用限度額が低すぎた、使っていくうちに利用限度額を増額したいと思った方も日頃からきちんと返済をして信用度を上げていくことが大切です。

滞りなく返済をするにはきちんとした返済計画が必要です。出来ればお金を借りる前に返済計画をしっかり立て、無理のない範囲でお金を借りましょう。カードローンは計画的に、賢く活用しましょう。