フリーローンとは?カードローンとは違うフリーローンのメリットデメリットについて

金融機関からお金を借りる際には、さまざまな名称で金融商品が提供されています。その中に「フリーローン」という言葉を見かけることも多いのではないかと思います。この金融商品は、カードローンに比べてどのように異なるのでしょうか?

そこで、フリーローンとカードローンの違いについて、フリーローンの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

「フリーローン」という名称から考えると、それは「資金使途が問われない融資」ということになります。つまり、借りたお金に関して、その使用目的を制限すること無く利用することができるということになります。この点で「住宅ローン」や「自動車ローン」「教育ローン」などのように、使用目的が特定の事柄・購入に制限される融資と区別されます。

カードローンも、特に資金使途については問われることはありません。つまり、カードローンもフリーローンの一部という解釈をすることができるはずなのですが、実際には全く異なる金融商品として分類されています。

その最大の相違点は「追加での借り入れ」についてです。カードローンの場合、例えば50万円の限度額を設定された場合、50万円までであれば何度でも借り入れをすることができます。50万円を借りた後に30万円を返した場合、まだ20万円の借金が残っている状態ですが、返し終わった30万円を限度として追加で借り入れをすることができます。要するに、50万円までを自由に借り直す事ができるというわけです。そのせいで、なかなか借金を完済できないという人も居るのですが、その利便性の高さは確かなものです。

一方、フリーローンの場合は、50万円の融資を受けて30万円を返し終わっても、同じ枠組みの中で追加の借り入れを申請することはできません。言い換えれば、フリーローンは借りた後は返済しかできない借金ということになります。もし、同じ金融機関から追加でお金を借りたい場合には、改めて審査を受ける必要があります。カードローンの場合は同じ枠組みの中であれば再審査の必要は無い(何らかのトラブルが発生した場合には再審査の可能性もある)のですが、フリーローンの場合は再度審査を必要とします。

  • フリーローンのメリットデメリット

フリーローンのメリットとデメリットは、その大半が「追加の借り入れができない」というところに集約します。まず、追加の借り入れができないことのメリットから解説します。追加借り入れができないということは、その枠組の中では返済しかできないことになります。つまり、確実に完済に向かっているということになります。

追加の借り入れが可能であるということは、その限度額内で何度も借金の残債が上下する可能性があるということになります。世の中には、その限度額を「自分の収入の範囲内」として捉えてしまう人が多く、お金に困ってきたらせっかく完済に近づいていたカードローンを利用してお金を調達しようとしてしまうのです。しかし、借金が残る、残債が増えるということは、それだけ利息が増加するということになります。残念な話なのですが、何度も追加融資を受けたことで借金の意識が薄れ、完済することができずに返済の負担に耐えられず、自己破産等の債務整理をしてしまう人が後を絶ちません。

フリーローンの場合は、その枠組の中では追加の融資を受けることができず、返済のみを行うことになります。追加でお金が必要になっても再度審査を受ける必要があり、借金が残っていることで限度額の条件は厳しく、場合によっては審査に受からないこともあります。金融機関でお金を借りられないとなると、何とかお金のやりくりをしようと必死になります。その結果、金融機関でお金を借りること無く問題を解決し、フリーローンのお金も返し終えることができます。

しかし、これは同時にデメリットにもなります。その枠組内での追加融資が受けられず、お金が必要になる場面で不便に感じてしまう可能性が高いのです。カードローンの場合、50万円の限度額で現在の利用額が20万円の場合、30万円までなら自由にお金を借りることができます。「急に5万円が必要になった」「次の給料日まであと2万円の生活費が足りない」という場合にも、審査の手間を掛けること無く追加で借り入れを行うことができます。限度額が高くなればなるほどに、より高額の追加借り入れも可能になります。

フリーローンの場合は、借りたら後は返すだけであり、追加でお金を借りたい場合には再び審査を受ける必要があります。将来的に、追加でお金を借りたい事情が発生する可能性が高い場合だと、どうしても不便に感じてしまう可能性も高いのです。

また、それ以外にもフリーローンには一つメリットが存在しています。それは「一般的に金利が低いこと」です。特に、同じ金融機関のカードローンよりは確実に低い金利が設定されていることが多いです。

  • フリーローンはこんな人にオススメ

まず、「単一の目的にしかお金を必要としない人」です。フリーローンには「追加で借り入れすることができない」ということがあり、メリットでもありデメリットでもあります。しかし、そもそもお金を追加で借り入れる用事がない人の場合、デメリットは発生しません。

この場合、お金を借りる目的が何であるかということが重要になります。お金を借りるということは「何らかの原因でお金が足りない」ということになります。しかし、その背景は人によって異なります。わかりやすく言えば、その目的が「一時的なもの」なのか、それとも「継続的に発生する可能性がある」かという違いです。前者は例えば「パソコンを購入したい」「結婚資金にしたい」といったように、目的がはっきりとしています。後者は「生活費の足し」という目的が一般的だと思われます。

前者の場合だと、お金を使う目的を達成した後は、それ以上の借金を必要としません。十分な収入がある場合でも、急な大金の必要性には応えられないこともあります。そういった時に、フリーローンで借りて資金を調達するのです。しかし、収入が少なく、生活費の足しにしたいという場合には、収入の少なさと現状の支出の水準が変化しないかぎり、資金の必要性は継続することになります。その場合だと、カードローンのように何度も追加借り入れできる方が適しているのです。

次に「長期的な返済計画をしっかりと練っている人」です。フリーローンはカードローンに比べて金利が低めに設定されています。そのため、毎月の利息の支払金額が少なく、特に長期的に見るとかなりの節約になります。返済期間が長いほど、月割で支払う利息の総額は少なくなります。結果、金利だけ違って他は同じ条件で借りているカードローンに比べて、完済時の利息の総額が大幅に違ってきます。

10万円前後のお金であれば、そこまで長い返済期間にはならないでしょう。しかし、何十万円、何百万円とお金を借りると、返済期間は長引いてしまいます。そうなると、金利の低いフリーローンのほうが負担が少なくて済むのです。とは言え、返済が長期になるので、しっかりとした返済計画を練られる人でないと、将来的に収支の状況が変わった時に相対的に返済の負担が増えてしまうことも考えられるので、返済に困る状況も考えられます。そうならないような、長期的な返済計画をしっかりと考えられる人がオススメなのです。

最後に「既に他社のカードローンを利用中の人」です。フリーローンには「追加で簡単には借りられない」という特徴がありますが、その利用法ができるカードローンを既に利用できる状態にあるのであれば、フリーローン利用中に生活費などに困ったときに、カードローンを利用して無審査で数万円を追加で借り入れることができます。

フリーローンの利用とカードローンの利用、それぞれを「借りたお金の使いみち」で使い分けることで、効果的な利用法が実現するのです。何か大規模な資金が必要な場合はフリーローンを、細かく何度か借りたい場合にはカードローンを利用することで、お互いの弱点を補い合うことができるのです。

ただし、毎月の返済の負担が急激に増加することは考慮しなければなりません。カードローンを返済中にフリーローンでもお金を借りると、それだけ毎月の返済額は高くなり、返済日が異なればそれだけ管理も難しくなります。この点も、計画性の有無が問われることになります。

  • フリーローンはこうやって選ぶ!

フリーローンは、さまざまな金融機関で金融商品として売りだされています。つまり、利用者にとっては(審査に通るかどうかは別として)選択肢が多いということになります。そして、金融機関ごとに借り入れの条件が異なりますので、選ぶべきフリーローン(金融機関)の基準というものがあります。

まず「金利が安い」ということです。フリーローンのメリットの一つに「金利が安い」ということがありますが、設定されている金利の水準は金融機関ごとに異なります。基本的に、その金融機関で提供されているカードローンに比べると金利の水準は低いのですが、金融機関が異なればその限りではありません。A社のフリーローンが、B社のカードローンよりも高い金利であることも十分に考えられます。

なので、自分がその申込の条件を満たせる金融機関をリストアップして、その中で金利が低いところを選ぶ必要があります。特に、多額の資金を融資してもらいたい場合だと返済期間も長くなってしまいますので、その分だけ金利の低さで返済の負担を減らさなければなりません。1%でも金利の低いところを選びましょう。

次に「各種手数料の少ないところ」です。借金を返済するにあたっては、元金と利息の他にも、「手数料」という要素が加味されます。なので、これを無視してしまうといくら金利が低くても、大幅に損をしてしまう可能性もあるのです。

「繰り上げ返済」などに必要な手数料が高いと、金利の低さを補ってしまい、結果的に高い出費となってしまいます。フリーローンを「金利が低いから」という理由で利用したい場合、この点はしっかりと考慮しなければなりません。

もちろん、手数料が低いからといって金利が高くても無意味です。この点は、返済計画にも関わってくる内容になりますので、それも踏まえて考えましょう。もちろん、借り入れの条件を満たせるか、その金融機関の審査基準の高さに自分の属性が合致しているかといった要素も考えなければなりません。フリーローンを選ぶ基準は、決して簡単ではないのです。

  • フリーローンを選ぶ際に気をつけるべきこと

フリーローンは低金利であり、追加借り入れをできないというデメリットをしっかりと理解していれば、何のデメリットも無いように見えます。しかし、だからと言って無計画にフリーローンしか視野に入れないことは危険であるといえます。

重要な事は、その「お金を必要とする目的」が、フリーローンで十分に果たせるかということです。フリーローンはその枠組の中での無審査の追加融資は受けられませんので、もし何かしらの事情で追加の借り入れが必要になれば、改めて審査を受けなければなりません。

資金使途が単一であり明確である場合には、フリーローンでも構わないかもしれません。しかし、現状の経済状況を鑑みると、ひょっとしたら資金的に生活に困る可能性もあるかもしれません。今後は返済を継続し続けなければならないので、収支の状況は支出に傾くことになります。もちろん、何らかの理由で収入が増えればその限りではありませんが、往々にして収支は支出のほうが増えやすい傾向にあります。

本当に、フリーローンだけで十分なのか、もしかしたらカードローンで追加融資を受けたほうが何かと便利な可能性も、十分に考慮しなければなりません。特に、過去に金融機関からお金を借りた経験がある人は、そうでない人に比べて「借金をする」ということに対する意識や抵抗が薄れる傾向にあります。十分に考慮する、ということを忘れないようにしましょう。

  • まとめ

フリーローンは、追加の借り入れができないことによって発生するメリットとデメリットの両方を考慮しなければなりません。その性質は単純なものではなく、今後の借金との付き合い方に大きく関わってきます。

金利が低めであることも無視できません。やはり、金利が低いほうが返済の負担は少ないのですが、それに手数料などの要素を加味するのを忘れないようにしましょう。お金を借りるということ自体は、決して悪いことではありません。特にフリーローンの利用を考えているということは、返済計画をしっかりと練ることができる人だと思いますので、上手に活用してもらいたいものです。