フリーローンの審査に通過するためのポイントと必要書類について

「フリーローン」は、低い金利でお金を借りることができる方法です。追加での借り入れができない代わりに、確実に完済に向かえるというメリットでもあり、何度もお金を借りたくないという人に最適の金融商品です。

しかし、そのメリットも「審査に通る」ことが絶対条件となります。魅力的な金融商品でも、審査に合格しなければ融資を受けることはできません。そこで、フリーローンの審査に通るための情報について解説していきます。

フリーローンの審査に通りたいと思うのであれば、「借入希望額を低くする」「審査において虚偽の申告をしない」という2つのポイントを守ることが重要になります。

まず、借入希望額は可能な限り低く見積もることが重要です。例えば何らかの出費に100万円が必要だが、貯金では足りないという状況であったとします。この場合だと、フリーローンで100万円を借りようとする人がほとんどでしょう。しかし、借入希望額が高いほどに、審査では厳しく見られてしまいます。そのため、借入希望額を低くする、つまり必要な出費を可能な限り貯金や知り合いからの借金で済ませ、本当に必要な分だけ借り入れるという方法が有効になります。

次に、審査において虚偽の申告をしないことです。特に、融資を受ける際の審査で「収入」について虚偽の申告をして、少しでも良く見られようとする人が少なくありません。しかし、実際にはそんなことをすれば確実に審査に落とされてしまうことになります。審査においては「収入証明書」の提出が求められることになり、そこから年収のデータが審査担当者に知られることになります。そこで、本人の申告との乖離があることが露見し、嘘の申告をしたことがバレてしまいます。収入に関するデータ以外にも、勤め先などに関する情報でも虚偽の申告はしてはいけません。

これらは、フリーローンの審査にかぎらず、金融機関からの融資を受ける際の審査に受かるためには必要不可欠な内容であるといえます。特に後者は「絶対に審査に通りたい」という思いから、悪いことであると知りながら嘘をついてしまうこともあります。審査に通りたいと思うのであればこそ、どんなことでも正直に申告するようにしましょう。

  • 審査に必要な書類について

審査においては、一般的な金融商品の審査において必要になる「本人確認書類」と「収入証明書類」に加えて、場合によっては「資金使途の証明できる書類」の提出が必要になります。

「本人確認書類」は、いわゆる「身分証」と呼ばれるものが必要になります。「運転免許証」「保険証」「パスポート」「年金手帳」などのコピーを提出すれば大丈夫ですが、住所が現住所とは違う場所を記載している場合、追加資料として「公共料金の領収書」などを必要とします。また、最近では「マイナンバーカード」も身分証として利用することができるようにもなっています。

次に「収入証明書類」は、自分の月収や年収を証明できる書類です。「給与明細」「源泉徴収票」「住民税課税証明書」といった書類が該当します。ただし、給与明細を提出する場合には、直近の2~3ヶ月分が必要になりますが、住民税に関する記載がある場合であれば、その1ヶ月分で大丈夫な場合もあります。

カードローン等の場合であれば上記までの書類が一般的なのですが、フリーローンの場合はこれに加えて3つ目の書類として「資金使途の証明できる書類」の提出が求められることもあります。これは「フリーローンで借りたお金を何に使うのか?」ということを証明するための書類です。

具体的には「請求書」「注文書」「契約書」がこれに該当します。ただし、購入内容等によっては「パンフレット」「見積書」「カタログ」なども認められますが、その場合には契約手続きまでに金額等が確定したことを証明できる書類が必要になります。

必要書類は、基本的にはこれらの内容で問題ありませんが、各金融機関ごとに細かく異なります。給与明細は何ヶ月分必要なのか、各書類として認められる書類の種類はどう異なるのか、その点については各金融機関のホームページのフリーローンの商品説明等のページ、もしくは資料請求で入手できる各種資料で確認する必要があります。

  • 審査に要する時間は?

カードローンやキャッシングでは、「最短で即日融資」という謳い文句で宣伝している金融商品が少なくありません。その日のうちにお金を用意することができるので、急な出費にも対応することができます。

しかし、フリーローンの場合はこれに該当しません。つまり、フリーローンの審査に必要な期間は、カードローンやキャッシングのそれに比べて長いということになります。長いとは言っても、多くの場合で3営業日ほどで審査結果が通知されます。しかし、土日などを含めることも多いので、審査には実質的に5営業日以上が必要になるケースが多いです

なぜ、審査に時間がかかるのかといえば、フリーローンが「金利が安い金融商品」であることと「具体的な利用目的が判明している事情でお金を借りる」からです。金利が低いということは、それだけ「貸し倒れのリスク」を考慮しなければならないということになります。そのためには、しっかりと審査をする必要があり、時間がかかります。

また、フリーローンは資金の用途が特に制限されておらず、基本的に何に使おうが問題ありません。しかし、その性質である「借りた後は追加借り入れができない」という都合上、基本的に何か特定の目的のために融資を希望しているはずです。何か高い商品を購入したいとか、旅行資金や結婚資金など、何かしらの目的がその人の頭のなかにしっかりとプランニングされているはずなのです。

そのため、その事情をどのように考慮しているのかで、今後の資金繰りなどの事情もわかります。もし、しっかりと利用計画等が計画されていないとなると、その人は目的ははっきりとしていても、そのための計画は疎かにしているということになります。そんな人に、おいそれと大金を貸し付けることはできません。上記の「必要資料」の中にはその証明のための書類が含まれていますが、それをきちんと提出できるような人でなければお金は貸せず、提出された資料を吟味するための時間も必要です。

同時に、そうした目的での融資は高額になりやすいということも、審査を長引かせます。例えば「旅行資金」「結婚資金」となると、数万円では賄えないことがほとんどです。何十万、何百万円もの大金を必要とする事が多く、融資の希望額も高くなりやすいです。高額な融資になるほど、金融機関はその審査を慎重に行わなければ、貸し倒れのリスクを抱える事になります。

こうした事情から、フリーローンは審査から融資までの時間が長引いてしまう傾向にあります。しかも、3営業日というのは審査の合否に関することであり、実際にお金が振り込まれるのにはさらに時間を必要とします。もし、数日以内にお金を用意しなければならない事情があるのであれば、残念ながらフリーローンでは間に合わない可能性が高いです。

  • 審査に通りやすい人、落ちやすい人

フリーローンの審査に通るか否かを決めるのは、主に「属性の合致」「他社借入額・利用可能な金融商品の多さ」「資金使途の明確さ」であると言えます。もちろん、金融機関ごとに審査基準は異なりますし、申込み資格も異なりますので一概には言えませんが、多くの金融機関のフリーローンの審査に共通して言えるであろう部分に関して解説していきます。

まずは「属性の合致」です。ここでの属性とは「その人の年収や勤続年数などの情報」が該当します。フリーローンは、お金を貸し付け、利息とともに返済してもらうことで利益を得ます。しかし、それは「完済」してもらってこそ利益となりますので、貸し倒れ、つまり「延滞」「債務整理」などに陥ると金融機関は十分な利益を上げることができません。なので、その人が「きちんとお金を返してくれる人かどうか」ということを外見で見極める方法として、年収や勤続年数などを参考にしているのです。どれも基本的に数字が大きいほど有利に働きますので、勤続年数が短いといった条件に当てはまると審査に通らない可能性が高いです。

次に「他社借入額」については、基本的に少ないほうが審査において有利になります。他社での借入額が大きいということは、その人がそれだけ返済の負担を抱えているという事になります。もちろん、それに見合うだけの収入があれば良いのですが、その人の収入がガクッと落ちる可能性も考慮しなければならないとすると、やはり既に作っている借金が少ない人ほど安心してお金を貸すことができます。また、現状で返済状態にない場合でも、カードローンを申し込んでおり、それがいつでも利用できる状態であるとすると、それだけでも審査には不利に働きます。それだけで「いつでも借金ができる」ということであり、不要なカードローンを解約することで少しでも有利に傾けることができます。

最後の「資金使途の明確さ」については、フリーローンに固有の条件と言えます。フリーローンの申し込みに際して、その使途を明確にするための書類(請求書など)を求められますが、それがはっきりしていないと、計画性のなさが浮き彫りになってしまいます。多額の資金を無計画に借り入れようとする場合だと、お金に関してもルーズであると解釈され、貸し倒れのリスクを高く見積もられてしまいます。フリーローンで購入したい、支払いたい代金がある場合なら、それを明確にするためにきちんと書類を提出し、申告をするようにしましょう。

  • オススメのフリーローン業者とその理由

フリーローンに申し込む際には、「大手銀行」のフリーローンに申し込むことをオススメします。具体的には「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」といった銀行の提供するフリーローン(多目的ローンと記載されていることもある)がオススメです。

まず、「金利が安い」という理由が挙げられます。銀行の融資は消費者金融に比べて低い傾向にあり、上記の2つのローンであれば年間6%未満で借り入れすることができます。この金利は、大手消費者金融の提供するキャッシングの上限金利の3分の1に相当する数字です。

消費者金融のフリーローン(多目的ローン)の場合だと、融資額によっては16%以上の金利が設定されることが多いです。これは、一般的なキャッシングやカードローンと変わらない水準なのです。わざわざ「追加融資できないローン」に申し込んでいるのに、金利が変わらないのであればあまり意味がありません。もちろん、フリーローンの魅力はそれだけではありませんが、借りるなら安い金利で借りたほうが返済の負担が少ないです。

次に、「審査基準」の話です。一般的に銀行は消費者金融よりも審査基準が厳しく、その点がデメリットとして扱われることが多いです。しかし、フリーローンの場合は一般的なカードローン等とはその目的が異なり、それゆえに審査基準の厳しさがあまり影響しないのです。フリーローンは何らかの大きな出費に対応するために必要になることが多く、生活に困るほどに収入面で不利な属性を持っている人は少ないです。一方、何度でも借り入れすることができるカードローンの場合だと、生活費として利用する人が多く、その場合は収入などの面で不利な属性を持っている人が少なくありません。「多額の資金を借りても、きちんと返済するための資金源(収入)と、綿密な計画がある」というのであれば、審査基準が厳しくても審査に落とされる可能性が少なくなります。

また、大手銀行の金融商品ということで、サポートや返済方法なども充実しており、キャッシング初心者でも利用しやすい、安心して利用できるという強みもあります。大手銀行以外だと、同様に金利の低い「ろうきん」という選択肢もありますが、この場合だと利用できるのは1箇所に限られるので、選択肢が少なくなります。一応、候補の一つに入れておく程度で良いでしょう。

  • まとめ

フリーローンは、綿密な返済計画を練っていて、それを実現するための属性を持っているのであれば、審査も有利に進めることができると思われます。もちろん、一般的なカードローンでも不利になるような条件(ブラック扱いや他社借入額など)がある場合だと審査に通らない可能性もありますが、そうでなければ望みは十分にあります。

しかし、カードローンとは違って必要書類が多くなるなどの部分もしっかりと理解しなければなりません。手持ちの書類で十分なのかどうか、あらかじめ確認をとっておく等の準備はしておくことが重要です。