無担保ローンとは?無担保ローンの仕組みと種類について

お金を借りる場合には、使い道によって商品が異なってきます。住宅ローンや自動車ローン、不動産担保ローンの様に担保設定をされるローンもあれば、フリーローンや目的ローン、おまとめローンのような無担保ローンもあります。

今回は、多種多様なローン商品の中でも無担保ローンについて、どのような商品なのか?どの様な種類があるのか?どのような仕組みなのか?を詳しく説明していきます。

無担保ローンとは、簡単に言ってしまうと、お金を借りる時に物的担保を設定しなくても良いローンの事です。以下で詳しく説明していきます。

・担保ってなに?

担保とは、債務弁済が出来なくなった時など、債務を補てんするために提供する事物であり、お金を借りる際にあらかじめ設定する事により「信用」となります。簡単に言ってしまうと、担保設定とは、お金を借りる時にあらかじめ、換金できるモノを預け、万が一返済が出来なくなっても、債権者が優先して弁済を受けられる様にしておく事です。

担保は大きく分けて、物的担保(抵当権や質権等)と人的担保(保証人等)に分かれます。今回は「無担保ローン」についての説明になりますので、物的担保について説明します。尚、「無担保ローン」の商品によっては、保証会社が付くものがありますが、物的担保の提供は必要なく、また利用者の親族等を保証人にするものではないので、無担保ローンの分類になります。

物的担保の①抵当権と②質権について説明します。

  • 抵当権

抵当権とは、不動産や地上権・永小作権を債権者が占有せずに担保とするものです。分りやすい例としては、住宅ローンを組んだ時、住宅自体に抵当権が設定され、担保物件となりますが、所有者は自由に住宅を使う事が出来ます。尚、自動車の場合は、自動車抵当権か譲渡担保を設定される事が一般的です。

  • 質権

質権とは、債務者または第三者が提供した物を占有して担保とするものです。例としては、腕時計を質にいれてお金を借りた、という場合がこれに該当します。

無担保ローンで借りられる金融機関

無担保ローンの商品を取り扱っている金融機関の一例をあげます。

・銀行系

無担保ローン商品として「カードローン」「目的ローン」「おまとめローン」の取り扱いをしています。

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • レイク

・消費者金融系

無担保ローン商品として「カードローン」「目的ローン」「おまとめローン」の取り扱いをしています。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

・信販系

無担保ローン商品として「キャッシング」の取り扱いをしています。

  • JCB
  • VISA

無担保ローンの仕組みについて

無担保ローンの仕組みについて説明していきます。

・お金の貸し借り(金銭貸借)について

無担保ローンの仕組みについて説明する前に、金銭貸借から説明して行きます。

金銭貸借は基本的に自由に出来ます。個人間での金銭貸借については、貸す側、借り手の人間関係によって行われる事が多いと思われますが、一般的には、お金を返してもらえるから貸すというのが金銭貸借の大前提となります。

しかし、お金を貸したのに返して貰えないという場合があります。そこで、お金を貸す際に、弁済が出来なくなった時に備え、担保設定をします。この担保とは前述した様に換金できるモノであったり、保証人の信用であったりします。

・無担保での金銭貸借

お金を貸す際に、担保を設定したほうが良いように思われます。しかし、担保を設定する場合、抵当権であれば登記をしたり、質権であれば換金できるモノなのか目利きが必要になったりと、手間がかかります。

担保とは、あくまでも優先弁済を受ける権利であって、担保設定をしていないと、そこから弁済を受けられないというものではありません。例えば不動産を持っている人に無担保でお金を貸して、返済をして貰えない場合は、この不動産を差し押さえて、換金する方法も出来ます。

・無担保ローンの仕組み

前述したように、無担保でお金を貸しても、必ずしもリスクを負うとは限りません。むしろ、担保をあらかじめ設定していても、換金するのには、手間がかかります。例えば、土地や建物を売却しようとしても、直ぐにできるものではありません。それよりも、給料は毎月支給されるので、給料を差し押さえるほうが効率は良いと言えます。

以上の様に、無担保でお金を貸す場合は、本人の収入が信用として重要になります。その為、無担保ローンでは、「勤務先」「勤務年数」「年収」を重要視します。

また、収入以外にも「実績」が重要になります。実績とは、お金を借りて、きっちり返しているという経歴の事です。

無担保ローンは「実績」「収入」による、個人の「信用力」をよりどころとして、金銭貸借が成立する仕組みのローンであると言えます。

無担保ローンの種類について

個人間の金銭貸借は自由に出来ますが、金融機関は法律によって規定されています。また、金融会社が提供するサービスによっても無担保ローンは分類されています。

金融機関の種類は以下の通りになります。

・銀行系無担保ローン

銀行は、銀行法の管轄により営業をしています。銀行は、日本銀行や一般預金者から資金調達が出来るので、貸付金利は低めです。しかし、預金者保護の観点や政策によって、無担保ローンに消極的なところもあります。

・消費者金融系無担保ローン

消費者金融は、貸金業法の管轄により営業しています。消費者金融は、他の金融機関から資金調達をしている為、金利は高めです。また、貸金業法には総量規制がある為、借り入れ総額に制限があります。

しかし、無担保ローンについては、主力商品になるので積極的に提供しています。また、付帯サービスも充実していて、非常に利用しやすくなっています。

・信販会社系無担保ローン

信販会社(カード会社)も貸金業法の管轄になりますが、元々が物販サービス(ショッピング)の会社になる為、無担保ローン(キャッシング)は、付帯サービスになります。

無担保ローンのメリット、デメリット

無担保ローンについて説明してきましたが、無担保ローンの特徴を理解するには、メリットとデメリットを把握する必要があります。

・無担保ローンのメリット

一番のメリットは、手続きが簡単に借りられるという事です。無担保ローンは、担保の査定が無い為、審査も早く、即日融資か受けられる事もあります。

また、提出書類も少ない為、急な出費等にも対応出来ます。

・無担保ローンのデメリット

無担保ローンの一番のデメリットは、大口での融資が受けづらいという事です。無担保ローンは、小口融資に向いているため、多額に資金が必要な時は利用できない事があります。

また、担保ローンに比べると金利は高めに設定されています。

まとめ

今回、無担保ローンについて説明をしてきました。無担保ローンは、消費者金融の発展により、いろいろな商品が出てきました。

現在は、ほとんどの消費者金融が銀行の傘下におさまり、銀行カードローンも、消費者金融のノウハウが反映されています。また、多くの金融機関は、コンビニATMと提携をしている為、カードローンを使える環境が非常に整備されています。

この様に、無担保ローンは非常に利用しやすくなってきています。しかし、ローン商品の種類は非常に多くあるため、資金使途や利用後の返済についても良く考えて利用する事をお勧めします。