プロミスの残高スライド元利定額返済方式について詳しく解説します

キャッシング各サービスでは、それぞれ様々な返済方式を採用しています。その返済方式によって、毎月の返済額や返済額の変動なども変わってくるのです。

今回はプロミスの返済方式である残高スライド元利定額返済方式とはどういったものなのか、といったことを明らかにします。どのようなメリットがあるのか、返済額の変動システムなどもお話します。

キャッシング初心者の方で、毎月の返済額はどのようにして決まるのか、といったことが知りたい方は必見です。

・借金残額に応じて返済額が変動する方式である

プロミスの返済方式である「残高スライド元利定額返済方式」は、借入時の借金残額によって返済金額が決まります。借り入れした時の借金残額がいくらかによって、毎月の設定される返済額が変動してくるのです。

途中で借り入れをして、借金残額が増えれば月々の返済額が大きくなります。

一方で、返済が進んで借金残額が減っていった状態でさらに借り入れをします。たとえば、80万円の借金をして元金が50万円まで減ったとします。そこで追加借り入れ10万円をして、借金残額が60万円になったとします。この場合は、再度返済額が設定され、60万円を基準として返済額が算定されます。その結果、80万円で借り入れした時よりも月々の返済額は少なくなる、といったシステムになっているのです。

プロミスの場合の残高スライド元利定額返済方式ですが、借金残額に一定の率をかけて毎月の返済額を決定しています。少額借入の場合には、その率は少し高めに設定されており、高額借り入れの時はその率が低めに設定されています。

ですから、返済がそれほど負担にならないように考えられているわけです。

  • 残高スライド元利定額返済方式のメリット

・月々の返済額が決まっているので返済の予定が立てやすい

プロミスの残高スライド元利定額返済方式ですが、途中で再度の借り入れをしなければ、ずっと一定の返済額が設定されることになります。

たとえば、15,000円が毎月の返済額となれば、ずっと15,000円を支払い続けます。最後の返済については、端数調整のため多少変動しますが、15,000円を超えた設定になるわけではありません。

月々同じお金を払っていくことになるので、生活の予定も立てやすいです。返済金額も把握しているので、返済が滞ってしまう、といった可能性も低くなると考えられるのです。

・自身の返済能力で支払える借り入れ額であるかの判断がしやすい

借り入れごとに毎月返済額が再設定されるので、その借入額で毎月の返済ができるのかをイメージしやすい、といったメリットが有ります。前もって、毎月どのくらいの金額まで支払えるのかを考えておき、その金額までは借り入れできる、と想定しておけば、利用限度枠の設定もうまくできるようになります。

・返済額が少額設定されている~プロミスの場合~

残高スライド元利定額返済方式のメリットというよりは、プロミスの残高スライド元利定額返済方式のメリットといえるかもしれません。

プロミスでは、最低毎月返済額を1,000円に設定しています(借入額が27,000円まで)。借入残高にもよりますが、それなりの借入額までは10,000円未満の返済で対応してくれているのです。他のキャッシングサービスよりも返済金額が低めに設定されているので、返済がしやすい、といった大きな利点があります。

ちなみに、他のキャッシングサービスだと最低返済額が5,000円とされていたり、10,000円とされていたりする例もあります。特に銀行カードローンの中には月の最低返済額を10,000円以上としている例もあるので、月に数千円の返済で済ませたい、という場合には、プロミスの利用がおすすめです。

※仮に借入額が30万円弱までであれば、毎月の返済額は10,000円程度で済みます。

  • 利用金額と返済額の変動ルール

・プロミスは最終借入後の残高によって返済額が変動する

プロミスが採用している返済方式は、「残高スライド元利定額返済方式」です。最終借入後の借入残高によって毎月の返済額が決定します。

ですから、返済額がずっと一定なのではありません。借り入れする毎に新しい返済額が設定され直される感覚です。

ちなみに1回借り入れたきりで完済まで一度も借り入れしなかった場合には、毎月の返済額は一定となります。

最終借り入れ残高によってプロミスの返済額は決定していくわけですが、借入残高によって返済額の算出割合が変わってきます。一定割合を掛けあわせることによって、月々の返済額が決まってくるのですが、その割合は借入残高が大きくなればなるほど小さくなっていくのです。

・プロミスにおける毎月の返済額の計算方法

借入残高が30万円以下であるケース・・・借入後残高×3.61=毎月の返済額

借入残高が30万円超100万円以下のケース・・・借入後残高×2.53=毎月の返済額

借入残高が100万円超のケース・・・借入後残高×1.99=毎月の返済額

上記の式に当てはめることで毎月の返済額が自分でも計算できます。

注意して欲しいのが、1,000円未満は切り上げられる、といった方針を採用しているところです。

仮に、借入額が10,000円である場合には、361円と計算できます。しかし、1,000円未満は切り上げなので、毎月の返済額は1,000円となるわけです。ですから、プロミスの毎月の最低返済額が1,000円となるのです。

もう少し計算してみましょう。

【借入後残高が150万円のケース】

たとえば、最終借入時の残高が150万円であった場合をシミュレーションしてみましょう。

1,500,000円×1.99%=29,850円と計算できます。1,000円未満は切り上げなので、30,000円が毎月の返済額であるわけです。150万円を借りれば、毎月30,000円の返済であることがわかりました。

【借入後残高が60万円のケース】

最終借入時の残高が60万円であった場合はどうなるのでしょうか。

600,000円×2.53%=15,180円と計算できます。1,000円未満切り上なので、16,000円が毎月の返済額になります。60万円を借りれば毎月16,000円を返済していくことになるのです。

プロミスでは上記の計算式をしっかりと公表しています。いくら借りる予定であるかがはっきりとしているのであれば、毎月の返済額も自分で簡単に計算できます。

・毎月の返済額から借入可能金額を探ろう

プロミスでは、簡単に毎月の返済額が自分でも計算できます。そこで、毎月の対応できる返済額からどのくらいまで借り入れができるのか、といったことも分かるのです。

今回は毎月の返済額から借入可能金額をシミュレーションしてみます。

【毎月の返済額と借入額】

・毎月の返済額を2,000円以内に抑えたい場合・・・借入可能額55,000円まで

・毎月の返済額を5,000円以内に抑えたい場合・・・借入可能額13万8,000円まで

・毎月の返済額を10,000円以内に抑えたい場合・・・借入可能額27万7,000円まで

・毎月の返済額を15,000円以内に抑えたい場合・・・借入可能額59万2,000円まで

・毎月の返済額を20,000円以内に抑えたい場合・・・借入可能額79万円まで

・毎月の返済額を25,000円以内に抑えたい場合・・・借入可能額150万7,000円まで

人それぞれひと月以内に返済できる金額というものには違いがあるはずです。10,000円まで対応できるという方もいれば、30,000円や50,000円でも平気、といった方もいるでしょう。

借金をする前には必ず計画的な返済ができるかを考えなければなりません。プロミスの利用を考えている方は、上記の毎月の返済額から逆算した借入可能額を参考にして下さい。返済にできる金額以内の利用を心がけるきっかけにしてもらえたら幸いです。

  • 利息や返済残高の確認方法について

キャッシングする時には、利息がどれだけかかって来るのか、返済残高はどれくらい残っているのか、といったことを調べておくことは重要です。しかし、返済残高は毎月返済するごとに変動していきます。利息に関しても、一般的な消費者金融は「4.5%から18.0%」などと表示しており、自分にどの利息率が適用されているのかわからない、といったケースが多くなっているのです。

こちらでは、プロミスにおける利息と返済残高の確認方法についてお話します。簡単な方法があるので、プロミスを利用している方は定期的にチェックして自分の借金の実態を把握しましょう。

・プロミスインターネット会員サービスで確認可能

プロミスの会員サービスにログインして、そこから利息や返済残高を確認することが可能です

ログインするためには、

  • ・カード番号
  • ・カード暗証番号

または、

  • ・WEB-ID
  • ・パスワード

上記のいずれかが必要になります。

WEB-IDの取得に関しては、プロミスに登録しているメールアドレスと会員番号を入力して発行手続きの申し込みができます。登録しているメールアドレスに手続きメールが来るので、あとは手順にそってWEB-IDの発行とパスワードの設定を実施して下さい。

WEB-IDの発行にお金がかかるようなことはありません。会員サービスに関しても無料で利用可能です。

【会員サービスを使いこなすとお得なこともある】

「ご返済日お知らせメール」の利用ができます。返済日の前に返済日が近づいていることを知らせてくれるメールサービスがあるのです。事前に返済日が近づいていることを知らせてもらえば、返済にも対処しやすくなります。返済日のど忘れ、といったことも未然に防げるのです。

他にも振込キャッシングの申し込みやインターネット返済、さらに限度額変更申し込みもネット上からできるようになります。

【暗証番号を忘れてしまった時の対処法】

プロミスの暗証番号を忘れてしまったら、お客様サービスプラザ(店頭窓口)か自動契約コーナーへ向かって下さい。その時に本人確認書類が必須となります。

その場で暗証番号の再設定が実施されます。

・プロミスコールから確認可能

フリーコールのプロミスコールに電話連絡をすることで、利息と返済残額の確認ができます。電話番号は「0120-24-0365」です。

プロミスコールには、オペレーター対応の場合については対応時間が設定されているので注意して下さい。

【プロミスコール(オペレーター対応)の受付可能時間】

・平日・・・午前9時かが午後6時まで

・土曜日・日曜日・祝日・・・休業日

以前は、午前9時かが午後9時まで土・日・祝日も含めて対応してくれていました。しかし、平成26年9月29日より対応時間が変更されているので注意して下さい。

・プロミスATM(専用ATM)の利用明細で確認可能

プロミスのATMを利用することで、設定されている実質年利率と借入残高が確認できます。

返済後残額と書かれているところが、返済残高です(返済利用時の利用明細)。

借入利率(年率)と書かれているところが、設定されている実質年利率です(借入利用時の利用明細)。

  • いつもより多く返済したいとき

プロミスの残高スライド元利定額返済方式の返済額についてお話してきましたが、毎月必ずその返済方式で設定された返済しか出来ないのではありません。繰り上げ返済(増額返済)といったものにも対応してくれているのです。

そもそも、設定された返済額で返済し続けていると、なかなか返済が終わりません。利息金は、借入期間が長く続けば続くほど発生してしまいます。少しでも早く支払ってしまったほうが、返済総額を減らせるのです。

今回はプロミスにおいて繰り上げ返済(増額返済)をしたい場合にはどうすればいいのか、といったことをお教えします。

・様々な返済方法で繰り上げ返済は対応可能

プロミスでは繰り上げ返済について随時受け付けてくれています。設定されている毎月の返済額よりも多く入金させた時点で繰り上げ返済をしたことになるのです。

【インターネット返済による繰り上げ返済】

インターネット返済であれば、会員サービスより瞬時に処理が完了します。会員サービスで返済金額を指定するのですが、その時に返済できる金額を指定します。その後に金融機関へログインしてインターネット返済を実行します。指定されたお金が入金されれば繰り上げ返済が実行されたことになります。

【店頭窓口による繰り上げ返済】

通常の返済額よりも大きなお金を渡せば、繰り上げ返済として対応してもらえます。店頭窓口であれば、返済計画の相談をしながらの対応もしてもらえるメリットが有ります。

【ATMによる繰り上げ返済】

専用ATMや提携ATMを利用して、繰り上げ返済を実施します。

ATMによって手続き方法が異なりますが、通常の返済額よりも多く入金すれば、繰り上げ返済分に充当されるシステムとなっています。